中日 新外国人助っ人エニー・ロメロは最速163.3km/h左腕!メジャーでの成績や傾向を徹底分析!

中日 新外国人 助っ人 エニー・ロメロ 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

こんにちは~

PBL会長のたけぽんです。

2018年のプロ野球も日本シリーズが終わり、移籍情報が出てくるようになりましたね。

そんな中、中日が新外国人選手の獲得を発表しました!

そのれは、エニー・ロメロという選手です。

最速163.3km/hの本格派左腕投手のようです。

今回はそんなロメロのメジャーリーグの成績やデータから、日本で活躍が出来るのか分析してみました!

記事の一番下でロメロについてのアンケートを実施中です。投票お願いします!

 

中日 新外国人助っ人エニー・ロメロの経歴は?

エニー・ロメロの経歴は下記です。

ロメロ経歴
  • 生年月日:1991年1月27日
  • 年齢:27歳
  • 出身:アメリカ
  • 身長:190.5 cm
  • 体重:95.3 kg
  • 投打:左投左打
  • 守備:投手

長身の左腕ですね。

年齢は27歳なので、日本野球にマッチ出来れば、長く活躍してくれそうです。

2008年にレイズと契約し、2013年まではマイナーで先発投手として活躍していました。

2013年末には、ワイルドカード争いの中、メジャーに昇格し、4回 2/3を無失点に抑えましたが、この1登板のみの出場となっています。

2014年はメジャー登板はありませんでしたが、2015年には23登板、2016年には52試合に登板

2017年からトレードでナショナルズへ移籍しますが、開幕前のWBCドミニカ代表に選出されています。

シーズンでは53試合で防御率3.56という成績を残しましたが、2018年は8試合のみの登板となり、マイナー契約となっていました。

合せて読みたい!

【2019】注目ドラフト候補まとめ!ドラフト指名候補を採点してみた!

中日 新外国人助っ人エニー・ロメロのメジャーでの成績は?

まずは気になるエニー・ロメロのメジャーでの成績をご紹介します。

年度試合防御率ホールド奪三振四死球
201310.0000004
2015235.100233113
2016525.912065029
2017533.5624106528
2018812.60001010
通算1375.12461915684

MLB通算では137試合に登板しており、メジャー経験は豊富ですね。

通算防御率5.12という安定感に欠ける成績ですが、2017年は53試合登板で防御率3.56というまずまずの成績を残しています。

奪三振率は9.62という数字で、非常に多くの三振が取れるタイプであることがわかります。

四死球率は5.18という高い数字なので、制球力が高いというわけではなさそうです。

2017年にはMLBでも通用していますので、日本球界にマッチすれば、好成績を残せるかもしれませんね。

では、実際にプレーを見てみましょう!

合せて読みたい!

広島 新外国人助っ人ケイシー・ローレンスを獲得!?メジャーでの成績や傾向を徹底分析!

中日 新外国人助っ人 エニー・ロメロのメジャーのプレイ動画

2分30秒くらいから2017年のナショナルズ在籍時の映像が出ていますが、コンスタントに161km/h(100マイル)前後を投げていますね!

メジャーでも活躍していた頃で、ボールの勢いが非常にあります。

球速はMLBでもトップクラスといって良いでしょう。

ただ、動画冒頭のロイヤルズ時代を見ると、153km/h(95マイル)前後となっており、2017年に比べると、勢いが全く違っています。

この差は明らかで、躍動感が無くなっている印象です。

変化球は動画を見る限り、142km/h(88マイル)前後の縦のスライダーを投げています。

スピードも速く、キレもそこそこ良さそうです。

ストレートが抜け、甘く入るケースがありますが、スライダーは低めに制球出来ています。

そこまで制球難といった印象ではありませんね。

動画だと、こういったことがわかりますが、次の章でもう少し詳しく分析していきます。

合せて読みたい!

巨人 新外国人助っ人クリスチャン・ビヤヌエバを獲得!?メジャーでの成績や傾向を徹底分析!

スタットキャストから見るエニー・ロメロの分析は?

メジャーリーグでは「スタットキャスト」と言われる計測システムがあります。

打球速度や打球角度などの細かなデータが見れる素晴らしいシステムです。

以前スタットキャストで大谷翔平を分析しましたが、今回はスタットキャストでロメロのデータを見てみましょう。

2018年は登板数が少なくデータが参考にならないので、MLBで活躍した2017年データを見てきます。

中日 ロメロの球種と投球割合は?

まずエニー・ロメロの球種を見てみましょう。

中日 新外国人 助っ人 エニー・ロメロ 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

球種は、4シーム、スライダー、カットボールの3つです。

ほぼストレートで、変化球はスライダー、ほんの少しカットボールを投げていますね。

中日 新外国人 助っ人 エニー・ロメロ 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

投球全体の結果割合を見てみると、MLB平均よりも三振が多いです。

被打率はMLB平均とあまりかわりませんね。

では、これらの球種ごとに詳しく見ていきます。

中日 ロメロのストレートはMLBトップクラスの球速!

まずはストレートの変化量と球速・回転数を見ていきましょう。

中日 新外国人 助っ人 エニー・ロメロ 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

左のグラフは、捕手からの目線でどのくらい変化したか?を表しています。

薄色はMLB平均を表しており、グラフの中心は理論上無回転のボールを想定して頂くと、わかりやすいです。

左のグラフを見ると、青色の4シームは、MLB平均に比べ、縦変化が大きいことがわかります。

ホップ量が多いということですね。

右のグラフでは球速と回転数がわかります。

球速はMLB平均よりも非常に速いことがわかります。

ちなみにストレートの平均球速は157.5km/h、最速は163.3km/hなので、球速は非常に速いです!

続いて、速球の判定割合で、左がロメロ、右がMLB平均です。

中日 新外国人 助っ人 エニー・ロメロ 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

やはり、MLB平均よりも、空振りやファールが多いですね。

ボールの割合はMLB平均と変わらないことから、そこそこコントロール出来ているのでしょう。

続いて下のグラフは、速球の投球結果です。

中日 新外国人 助っ人 エニー・ロメロ 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

被打率こそMLB平均と変わりませんが、やはり三振の確率が高いですね。

以上のことから、ロメロの速球は空振りが取れる、良いボールであることがわかります。

中日 ロメロのスライダーは変化が大きく速い!

続いてカットボールの変化量と球速・回転数を見ていきましょう。

中日 新外国人 助っ人 エニー・ロメロ 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

グラフを見ると、オレンジのスライダーはMLB平均に比べ、横変化がありません。

むしろ、若干シュート気味に変化しており、落差も少なく、特殊なボールと言えそうです。

ちなみにスライダーの平均球速は142.0km/h、最速は149.2km/hなので、球速は非常に速いです!

続いてスライダーの判定割合を見ていきましょう。

中日 新外国人 助っ人 エニー・ロメロ 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

MLB平均と比べて、空振りが少ないですね。

その分ボール判定が多くなっていますが、そこまで大差は無さそうです。

続いてスライダーの投球結果です。

中日 新外国人 助っ人 エニー・ロメロ 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

やはり変化量が少ないという事で、被打率が高いですね。

三振の割合も少なくなっています。

中日 ロメロの分析のまとめ!

最後にまとめです。

2017年は防御率3.56でしたね。

MLBの平均防御率は4点を超えていますから、数字を見るそこそこの数字ですね。

球種が2球種のみなので、抑えるのが難しい状況ですが、これだけの成績を残せているのは、ストレートがそれだけ素晴らしいという事でしょう。

しかし、気になるのは2018年の成績低迷です。

動画でもはっきりとわかりますが、生命線であったストレートの威力が落ちたことで、成績が低迷したのだと推測できます。

なので、ロメロが活躍するかどうかのカギは、

ストレートの勢いをどこまで戻せるか?

でしょうね。

合せて読みたい!

阪神が新外国人助っ人ピアース・ジョンソンを獲得!?メジャーでの成績や傾向を徹底分析!

中日 新外国人助っ人エニー・ロメロを徹底解剖!まとめ

以上が中日の新助っ人外国人エニー・ロメロの分析でした。如何でしたでしょうか?

まとめると

ロメロまとめ
  • 年齢は27歳
  • メジャー通算137試合登板
  • 2017年には53登板で防御率3.56
  • 最速163.3km/hのストレート
  • 2018年はストレートの勢いが落ち低迷
  • 日本で活躍する鍵はストレートを戻せるか?

です。

2017年の投球を見るとストレートの勢いが凄いですよね~

その素晴らしさはデータでもしっかりわかります。

しかし、2018年はそのストレートの勢いが落ちたことで成績低迷となっています。

日本で活躍する鍵は「ストレートの勢いが戻るか?」でしょう。

2017年のように、160km/hオーバーの速球をバシバシ投げられるようになれば、広島のフランスアのような素晴らしい活躍が出来るでしょうね。

合せて読みたい!

2018-2019年プロ野球 全球団の移籍情報!退団・戦力外・移籍・新外国人・育成選手まとめ!

下記でアンケート実施中です。投票してくれると嬉しいです!

中日の新外国人助っ人 エニー・ロメロは活躍出来るか?






中日 新外国人 助っ人 エニー・ロメロ 獲得 メジャー 成績 傾向 徹底分析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です