【ドラフト】有村大誠(立命館)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】有村大誠(立命館)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は立命館大学の有村大誠投手です。

力のある最速151km/hのストレートと縦横のスライダー、チェンジアップなどの変化球を投げ分けて抑えます。

今回はそんな立命館大学 有村大誠

記事の内容

をご紹介しています。

有村大誠(立命館)経歴やプロフィール

まず、有村大誠の経歴です。

経歴
  • 名前:有村大誠(ありむら たいせい)
  • 出身地:大阪府枚方市
  • 生年月日:1998年11月29日
  • 身長 :185cm
  • 体重: 88kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
    経歴:枚方市立津田小学校 → オール枚方ボーイズ(枚方市立津田中学校)→ 秀岳館高校 → 立命館大学

詳しく見ていきましょう。

有村大誠は中学校時代は控え投手!

小学校の時から軟式野球をはじめます

中学生になってからは、硬式野球チームのオール枚方ボーイズに所属しました。

中学生時代は、試合に出場することがほとんどなく、チームが5度の日本一になったときも全国大会で投げることなく終わります。

中学生時代の球速は最速118km/hでした。

オール枚方ボーイズの鍛治舎巧監督が秀岳館高校の監督に就いた事もあって、高校は秀岳館高校に進みます。

有村大誠はセンバツ甲子園で球速144km/hをマーク!

高校に入ってからは、ウエートなどのトレーニングを続けたほか、1日2000gのお米を食べるのを心掛けました

そういった成果もあり、高校2年生からベンチ入りし、球速も140km/h以上に伸ばします。

2年生秋は、エースとして熊本県大会5試合(うち先発4試合)、九州大会4試合(うち先発2試合)を投げ、九州大会で優勝しました。

明治神宮野球大会では、初戦の東邦高校(愛知)戦にリリーフで登板しますが、現・中日投手の藤嶋健人に本塁打を打たれ、試合も敗れます。

3年生春のセンバツ甲子園では、リリーフした1回戦の花咲徳栄高校(埼玉)戦で144km/hをマークしました。

準々決勝の木更津総合高校(千葉)戦では、先発して8回を投げ、準決勝の高松商業高校(香川)戦では、7回からリリーフ登板しましたが、延長戦の末に敗れます。

有村大誠は2季連続で甲子園に出場!

3年生夏は、県大会の熊本工業高校戦で4 2/3回を投げて5失点するなど調子を落としましたが、2季連続となる夏の甲子園に出場します。

甲子園では、常総学院高校(茨城)戦で9回2アウト満塁の場面から登板して抑えるなど3試合にリリーフ登板しました。

3試合とも無失点で、創部初となる甲子園ベスト4に導きます。

福岡ソフトバンクの九鬼隆平捕手は高校の同級生で、中学生時代もオール枚方ボーイズで一緒にプレーしました。

高校時代から注目されていましたが、プロ志望届を提出せず、大学進学を希望します。

有村大誠は大学3年生春の時に球速を151km/hに伸ばす!

大学は、立命館大学(関西学生野球連盟)に進学しました。

大学2年生からリーグ戦に投げ、3試合にリリーフ登板します。

同志社大学戦でリーグ戦初勝利を挙げました。

リーグ優勝し、全日本大学野球選手権に出場、2回戦の国際武道大学戦では、リリーフとして1回を投げ、無失点に抑えます。

2年生秋は、先発2試合を含む8試合に投げて2勝、防御率はリーグ1位の0.68でした。

3年生からは、先発メインの登板となります。

春のリーグでは、9回を投げて完封した関西大学戦では、球速を151km/hに伸ばしました

2年連続の出場となった全日本大学野球選手権では、リリーフした1回戦の東海大学戦では、海野隆司(現・ソフトバンク捕手)2点タイムリーヒットを打たれ2失点、逆転負けとなります。

3年生秋は、5試合に先発して3勝を挙げ、防御率も0.92でリーグ1位でした。

なお、同級生にはドラフト2020候補の栄枝裕貴がいる。

有村大誠(立命館)の成績

次に、有村大誠の成績です。

成績
  • 全国大会(全日本:18、19):2試合、2投球回、防御率9.00、被安打率22.50、奪三振率4.50、四死球率4.50
  • リーグ戦通算(18春~19秋):23試合、8勝2敗、118 1/3投球回、防御率1.06、被安打率6.77、奪三振率8.82、四死球率1.98

成績は、2019年終了時点のものです。

全国大会では、イニング数が短く、失点したのが響き、防御率、被安打率、四死球率が悪くなっています。

リーグ戦では、被安打率はまずまずで失点を抑えられているようです。

四死球はそこまで多くありません

一方で、三振を奪うこともできるピッチャーのようです。

有村大誠(立命館)の特徴や動画

続いて、有村大誠の特徴です。

まずは、こちらの動画を見ていきましょう。

20年アマ野球有力選手 立命大・有村大誠【⑧スポニチ潜入】

長身で手足が長いですね。

左足を上げて体をひねってタメを作っています。

そこまでテイクバックは大きくありませんが、大きな腕の振りで、肘の振りも柔らかそうです。

有村大誠は力のあるストレート!

冒頭の動画では回転数が2300rpmとのことで、プロ平均以上の回転数であることがわかります。

その為、ストレートは力があり、長身から投げているので球に角度がついています。

有村大誠の投球シーン【2019全日本選手権】

若干マッスラ気味に変化しており、初見で対応するのは難しそうですね。

ストレートは最速151km/h、常時140km/h以上です。

有村大誠は鋭く曲がるスライダー!

変化球は、縦横のスライダー、チェンジアップを投げています。

最初の動画で投げていた横方向のスライダーは、左バッターに使えるかもしれません。

縦スライダーは打者の手元で鋭く曲がっており、空振りを取れているので、決め球として使えそうです。

チェンジアップは落差が大きいので、バットの芯を外すのに使えています。

他にも、カーブ、フォークといった変化球を投げるそうです。

有村大誠の制球力はまずまず!

動画を見ると、キャッチャーの構えた場所に大体は投げられていて、内外角にも投げ分けられています。

一方で、ボールが高めに抜けたり、明らかなボール球になるケースも目立っており、制球力はまずまずといったところでしょう。

有村大誠の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速151km/hの力のあるストレート
  • 変化球は、縦横のスライダー、チェンジアップ、カーブ、フォーク
  • 制球力はまずまず

です。

力のある最速151km/hのストレートと縦横のスライダー、チェンジアップなどの変化球を投げ分けて抑えます。

有村大誠(立命館)のスカウト評価や指名の可能性

次に、有村大誠のスカウト評価です。

スカウト評価
  • プロスカウト「(関西の大学生投手では)森浦と有村が双璧」
  • 巨人・山下スカウト部長「秀岳館・有村大誠は先発でも見たい」
  • ヤクルト・小川シニアディレクター「花咲徳栄との試合に抑えで登板した秀岳館の右腕・有村は、どっしりした体から思い切りよく投げ込んでいた」

一番上のコメントは大学3年生秋に、それ以外は高校時代に視察したコメントです。

思い切りのよい投球などを評価されています。

今後の活躍次第では、2020ドラフトで指名される可能性は十分にありそうです。

また、本人は、「球速はどの場面でも大事になるので、155km/hを出せるようにしたい。ドラフト1位でいけたらいいと思う」と意気込み十分です。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

有村大誠(立命館)のまとめ!

以上が、立命館大学 有村大誠経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

力のある最速151km/hのストレートと縦横のスライダー、チェンジアップなどの変化球が持ち味です。

2020ドラフトでの指名も考えられます。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です