【ドラフト】高野脩汰(関西大)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】高野脩汰(関西大)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は関西大学の高野脩汰投手です。

力のある147km/hのストレートとスライダー、フォークといった変化球を投げ分ける本格派左腕。

大学に入学してからは、体重の増量に力を入れ、3年生秋は明治神宮野球大会に出場しました。

今回はそんな関西大学 高野脩汰

記事の内容

をご紹介しています。

高野脩汰(関西大)経歴やプロフィール

まず、高野脩汰の経歴です。

経歴
  • 名前:高野脩汰(たかの しゅうた)
  • 出身地:島根県出雲市
  • 生年月日:1998年8月13日
  • 身長 :181cm
  • 体重: 70kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:島根県立出雲商業高校 → 関西大学

詳しく見ていきましょう。

高野脩汰は甲子園出場なし!

小学校3年生から野球をはじめ、その時から投手としてプレーしていました。

高校は、島根県立出雲商業高校に進み、高校1年生の時からベンチ入りします。

2年生夏の県大会では、1回戦の益田東高校戦で10回を投げて2失点10奪三振、2回戦の三刀屋高校戦では9回2失点15奪三振を挙げるなど、43回を投げて47個の三振を奪いました

準決勝の大東高校戦で9回を1点に抑えますが、試合は敗れ甲子園出場はなりませんでした。

3年生夏は、県大会1回戦の邇摩高校戦で8回を投げて11個の三振を奪いますが3失点、試合も敗れ高校野球生活を終えます。

高野脩汰は3年生秋に明治神宮野球大会に出場!

大学は、関西大学(関西学生野球連盟)に進学しました。

2年生春からリーグ戦に登板し、近畿大学戦ではリリーフとして5 2/3回を投げ、リーグ戦初勝利を挙げます。

また、この試合で143km/hをマークしました。

2年生春は、先発2試合を含む5試合に投げて4勝を挙げ、リーグ1位となる防御率0.63の活躍でベストナインに選ばれます。

3年生秋は、先発7試合を含む8試合に先発し、4勝を挙げリーグ2位の防御率1.01、MVPとなり、リーグ優勝もしました。

さらに、明治神宮野球大会に出場しますが、肘の違和感もあって、リリーフとして投げます。

準決勝の東海大学戦では1回を投げて1失点、決勝の慶応大学戦では1回を投げて2失点で試合も敗れました。

入学後から、体重の増量に力を入れており、4年生春の社会人チーム・カナフレックスとの練習試合では球速を147km/hに伸ばしました

因みに、大学3年生までにリーグ戦で下記のタイトルを獲得しています。

タイトル
  • MVP:19秋
  • 最優秀投手:19秋
  • ベストナイン:18春、19秋

高野脩汰(関西大)の成績

次に、高野脩汰の成績です。

成績
  • 全国大会(神宮:19):2試合、2投球回、防御率13.50、被安打率13.50、奪三振率18.00、四死球率13.50
  • リーグ戦通算(18春~19秋):25試合、10勝4敗、150投球回、防御率1.20、被安打率6.12、奪三振率9.48、四死球率2.58

成績は、2019明治神宮神宮野球大会までのものです。

全国大会では、投球回が短かったり1イニングで2失点するなど、防御率、被安打率、四死球率が悪くなっています。

リーグ戦では、打たれたヒットはまずまずで失点を抑えられており、四死球もそこまで多くありません

また、奪三振率を見ると、三振を奪うタイプのピッチャーといっていいでしょう。

高野脩汰(関西大)の特徴や動画

続いて、高野脩汰の特徴です。

まずは、こちらの動画を見ていきましょう。

2020年ドラフト候補 高野 脩汰(関西大)

右足を一塁方向に大きく上げて、タメを作っています。

全身を使って大きく腕を振れており、肘の使い方も柔らかそうです。

元メジャーリーガーの岡島秀樹投手(レッドソックス、巨人など)のように、投げ切った時に顔が下を向いています。

因みに、小学生の頃からフォームはほとんど変わっていないそうです。

高野脩汰は力のあるストレート!

球に角度がついていて、力のあるストレートを投げています。

バッターが振り遅れている場面も見られ、球速以上に速く感じていそうです。

また、常にセットポジションで投げているので、球威を落とさずに投げられるかも知れません。

ストレートは常時130km/h台後半、最速147km/hです。

高野脩汰は鋭く曲がるスライダー!

変化球は、スライダー、フォークを投げています。

スライダーは、打者の手元で鋭く変化し、打ち取ったり左バッターから空振りを奪うのに使えそうです。

フォークは、打者の近くで大きく落ち、空振りを奪ったり打ち取る事ができています。

他にも、チェンジアップを習得中だそうです。

高野脩汰の制球力はまずまず!

動画を見ると、概ねキャッチャーの構えた所に投げられており、内外角などストライクゾーンぎりぎりの所にも投げています。

その一方で、ボールが高めに浮いた場面もあったので、制球力はまずまずといったところでしょう。

今後は、もう少し細かいコントロールが求められそうです。

高野脩汰の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 力のある最速147km/hのストレート
  • 変化球は、スライダー、フォーク、チェンジアップ
  • 制球力はまずまず

です。

力のある147km/hのストレートとスライダー、フォークといった変化球を投げ分けて抑えています。

高野脩汰(関西大)のスカウト評価や指名の可能性

次に、高野脩汰のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 阪神・渡辺スカウト「いい真っすぐを投げるし、2種類で三振を取れるのは面白い。これからが楽しみな選手」
  • 中日・中田宗男スカウト顧問「彼の最大のセールスポイントは頭が前へ出て腕も遅れて出てくるから、打者の反応が遅れる。でも、きょうは腕が振り切れてなくて、リリースもバラバラ。狙ったところへいかない。昨年の良いときには、右打者のヒザ元へ伸びのあるストレートを投げ込めていた。最大の長所が今は欠点になっている。 いいコースへ行けば空振りを取れる。これから、どれだけ(状態を)上げていけるか。」

現時点で2球団からコメントが出ています。

ストレートやタイミングの取りにくさを評価されているようです。

貴重な左投手なので、2020ドラフトで指名される可能性もありそうです。

関西大学の早瀬万豊監督は「軸になって投げてもらいたい投手」と4年生になってからの活躍を期待しており、アドバイザーの山口高志さん(元・阪急投手)は「見たときにビックリした。今あるもので打者を抑えられる」と評価しています。

本人は、「シーズン通して調子を維持できるようになり、卒業後はプロを目指したい」との事です。

20年アマ野球有力選手 関大・高野脩汰【⑩スポニチ潜入】

プロ入りを考えるようになったのは、同じリーグの立命館大学で1学年上の坂本裕哉投手(現・横浜DeNA)がプロ入りしたのも大きかったのかもしれません。

さらに、対戦相手ながら親しくなり「体のケアが大事」などとアドバイスを送ってもらっているそうです。

因みに、坂本裕哉との直接対決は4回ありましたが、完封勝利2試合を含む3勝を挙げています。

合せて読みたい!

【超速報】ドラフト2020指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

高野脩汰(関西大)のまとめ!

以上が、関西大学 高野脩汰経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

力のある147km/hのストレートとスライダー、フォークといった変化球が持ち味です。

左投手という事もあり、2020ドラフトでの指名も十分あると思います。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です