2018年ドラフト 東洋大学 梅津晃大は本格派右腕!成績・経歴・特徴は?

2018年 ドラフト 東洋大学 梅津晃大 本格派右腕 成績 経歴 特徴

こんにちは~

PBL会長のたけぽんです。

今回もドラフト候補選手をご紹介します。

今回はドラフト上位候補である上茶谷大河甲斐野央、と並んで東洋大の三本柱である、梅津晃大をご紹介します。

最速は150km/h超え、恵まれた体格から将来性を非常に感じさせてくれる逸材です。

今回はそんな梅津晃大の成績・特徴・経歴について紹介します!

 

東洋大学 梅津晃大の経歴

Shunsuke Deguchiさん(@deguchishunsuke)がシェアした投稿

まず、梅津晃大の経歴を見ていきましょう。

経歴
  • 氏名:梅津 晃大(うめつ こうだい)
  • 身長:187㎝
  • 体重:92㎏
  • 生年月日:1996年10月24日
  • 出身地:福島県福島市
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 学歴:南大泉小学校(南小泉メッツ)→ 私立秀光中学校 → 仙台育英高校 → 東洋大学

小学2年生から南小泉メッツで軟式野球を始めました。

中学は地元を離れ、私立秀光中学校へ進み軟式野球部に入部し、2、3年時は全国大会に出場しています。(※秀光中学は仙台育英高校の付属中学です。)

その後、仙台育英高校へ進み硬式野球部に入部。

高校2年生の春より、背番号11を背負い控え投手でベンチ入り、春の選抜でチームは出場ベスト8入りするも、梅津晃大の登板はありませんでした。

2年秋から背番号1を獲得、3年夏は宮城大会4回戦で東北学院と戦い、延長13回の末3対4で敗退となり、甲子園での登板はありません。

東洋大学へ進学後は1年春(2部)からベンチ入り。

1年秋から3年春まで登板がありませんが、3年秋で初めて1部の試合にリリーフで登板し、ここで結果を残します。

4年生春には開幕投手を任され好投しましたが、オープン戦で怪我をして離脱。

大学生活最後の秋季リーグに期待が掛かります。

また、入部時79キロだった体重は、筋力アップにより92キロまで増加し、高校時代の最速140km/hが現在最速153km/hとなっています。

遅咲きという事もあり、今後にさらなる成長が期待できそうです。

合せて読みたい!

2018年ドラフト東洋大 上茶谷大河の指名予想球団!成績・経歴・特徴は?

東洋大学 梅津晃大の成績

続いて梅津晃大の成績を見ていきましょう。

10月5日までの大学通算成績は

  • リーグ戦:登板数7、0勝2敗、投球回数29、奪三振27、四死球9、自責点4、防御率1.24
  • 全国大会:登板数1、投球回数4.1回、被安打7、奪三振5、四死球0、自責4、防御率9.00

となっています。

こうしてみると登板数は少ないですね~

レベルの高い東洋大であること、先発レギュラーとなった4年生春にいきなり怪我で離脱、という事を考えれば仕方ないでしょう。

なので、いまだ勝ち星はありません。

ただ、数少ない登板の中で、防御率は1点台という成績を残しており、実力の高さを感じます。

さらに、奪三振率8.38という高い数字を見ると、三振を沢山奪える投手であることがわかります。

秋季リーグでは復帰して、さっそく5回無失点、7回1失点と好投していますので、どこまで成績を伸ばせるか注目です。

東洋大学 梅津晃大の特徴は?

まず、投球フォームを見てみましょう!

187㎝の角度あるオーバースローで、長身から投げ下ろすフォームは大谷翔平を連想させますね~

まさに本格派右腕といった印象です。

常時145~150km/hの速球で、指に掛かった時は空振りが取れる質の良いストレートを投げています。

ちなみに、3年夏にオープン戦で記録した153km/hが最速です。

持ち球は、スライダー、カットボール、カーブ、フォークとなっており、130km/h前後の大きく変化するスライダーを得意としています。

動画でもスライダーの割合が多いですね。

また、135km/h前後のフォークも落差が大きく、空振りが取れる球ですね。

150km/hを超える速球を持ちながら、2つの軸となる変化球があるので、かなりレベルの高い投手であることがわかります。

実戦経験は少ないですが、大学生トップクラスの選手であることは間違えないでしょう。

合せて読みたい!

2018年ドラフト東洋大 甲斐野央の指名予想球団!成績・経歴・特徴は?

東洋大学 梅津晃大 スカウト評価と考察

続いてスカウトの評価です。

非常にスカウトから注目されているので、主なコメントをご紹介しますね。

中日:正津スカウト「久々の実践でうまくまとめてきた。良いときはもっと球速が出る。」

中田スカウトディレクター「梅津くんは本来の力が10としたらまだ5ぐらい。2人とも(上茶谷)素晴らしい素材を持っているし、我々の評価は変わらない。

楽天:長島スカウト「打たれた、点を取られた、負けたからといって、評価は不変。秋まで徹底的に追っていきます。」

DeNA:「本格派らしい、いい投げ方をしている。」

広島:苑田スカウト統括部長「しなりがあり、フォームがなめらか。160キロ台もすぐに出る。大化けするだろうね。」

以上のスカウト評価から言えるのは

  • 150キロ台のストレートを評価
  • 本来の力を発揮できていないが、評価は変わらない。
  • 上位候補を匂わすコメントが目立つ
  • 将来性を高く評価するコメントが多い

の4点がわかりますね。

リーグ戦の成績から、ここまでスカウトに注目されるのは珍しいですね。

ただ、実際の投球を見れば大学生トップクラスであるのは明らかです。

また、体格に恵まれていることもあり、まだまだ成長途中な印象を受けますので、スカウト陣も潜在能力を高く評価しています。

ドラフト上位は確実、外れ1位の可能性も十分あるでしょうね。

合せて読みたい!

【ドラフト2018】一位指名予想!プロ野球全球団のドラフト会議候補選手は?

東洋大学 梅津晃大のまとめ

ピンボケしてるけど、めっちゃ可愛かった😊 . . . . #東洋大学 #東都大学野球 #梅津晃大

ruriさん(@wa_wa_wa_i)がシェアした投稿 –

以上が東洋大学 梅津晃大の経歴・成績・特徴・スカウト評価についてでした。如何でしたでしょうか?

動画やスカウトの評価から、ドラフトの上位指名は確実でしょう。

現在は先発ですが、個人的にはリリーフでやるのが面白いかな、と感じます。

将来的には守護神になれる、そんな逸材だと思います。

ドラフト会議当日梅津晃大はどの球団に指名されるのでしょうか?

10月25日が楽しみですね。

合せて読みたい!

【2018年】プロ野球FA選手の移籍先チーム予想!FA権行使予想と主力選手のご紹介!






2018年 ドラフト 東洋大学 梅津晃大 本格派右腕 成績 経歴 特徴

Twitterで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です