2019年ドラフト候補 黒川史陽(智弁和歌山)は天性の打撃!成績・経歴・特徴は?

2019年 ドラフト 智弁和歌山 黒川史陽 天性の打撃 成績 経歴 特徴

こんにちは~

PBL会長のたけぽんです。

今回も2019年のドラフト注目選手をご紹介します。

それは智弁和歌山の黒川 史陽です。

2年生ながら天性の打撃センスで甲子園を沸かしているので、ご存知の方も多いでしょう!

今回はそんな智弁和歌山 黒川史陽の経歴や成績、特徴やスカウト評価をご紹介します。

智辯和歌山 黒川史陽の経歴は?

まずは黒川史陽の経歴を見ていきましょう。

経歴
  • 名前:黒川 史陽(くろかわ ふみや)
  • 出身地:奈良県河合町
  • 生年月日:2001年4月17日
  • 身長:180cm
  • 体重:80kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:三塁手兼外野手
  • 経歴:河合小学校 → 泉州阪堺ボーイズ(河合第一中学校) → 智辯和歌山

河合小学校1年生の時に、軟式野球を始めました。

河合第一中学校では泉州阪堺ボーイズに所属し、主に三塁手や外野手として活躍し、3年生時には全国大会に出場しています。

さらにNOMOジャパンに選出され、アメリカ遠征も経験。

智辯和歌山に進学すると、1年生春からベンチ入りを果たしています。

春の県大会で全試合に出場し活躍すると、夏の選手権予選では3番サードでレギュラーとして活躍し、甲子園出場&初ヒットを記録。

2年生春の選抜では、6番セカンドとして好成績を残し、チームの準優勝に大きく貢献しています。

続く夏の選手権大会でも甲子園出場をしており、チームの3大会連続甲子園出場の原動力となっています。
なお、東妻純平が同級生のチームメイト。

智辯和歌山 黒川史陽の成績は?

続いて黒川史陽の成績です。

成績
  • 2018年秋季大会:6試合、打率.316、0本塁打、5打点、1三振、4四球、出塁率.434
  • 甲子園通算:10試合、打率.357、1本塁打、10打点、8三振、7四死球、出塁率.449

甲子園通算で7試合に出場し、打率.346とまずまずの成績です。

注目したいのは、出塁率の高さです。

試合数と同じ数の四死球を選んでおり、選球眼が良いのがわかりますね。

また、二塁打も多く、長打率も高めとなっています。

1、2年生の成績、ということを考えると、十分な成績ですよね~

智辯和歌山 黒川史の特徴は?

続いて黒川史陽の特徴です。

動画を見ていきましょう~

バットを高めに構え、小さく足を上げてタイミングをとるフォームですね。

構えを見ると、打ちそうな雰囲気を感じます。

黒川史陽は逆方向に長打が打てるバッティング!

動画を見ると、いきなり逆方向にホームランを打っていますね。

ボールは捕手の要求通り、外から入ってくるスライダーですが、しっかり踏みこんで打てています。

外角の対応は素晴らしいですね~

ベースから離れた打席位置となっており、外角が得意なのでしょう。

黒川史陽は抜群の選球眼

甲子園通算成績を見ても、7試合で7四死球ですから、しっかり四球を選べています。

動画内では、満塁のイケイケの場面でも、際どいコースをしっかり見極め四球を選んでおり、選球眼がいいですね~

低めの空振りを誘う変化球にも、しっかりバットが止まります。

こういったバッティングが出来るので、安定した成績を残せているのでしょうね。

黒川史陽は芸術的な低め打ち

黒川史陽は低め打ちが芸術的です。

上の動画は、2018年ドラフトで注目の根尾昂ですね。

彼のスライダーは、キレ曲がりともに一級品ですが、非常にうまく拾っていますね~

さらに、上の動画では低めの難しいボールを、左中間にフェンスダイレクトのあたりを放っています。

これらを見ると、低めの対応は芸術的ですね~

天性の打撃センスを持っていることがわかります!

さらに、50m走は6秒2で、一塁到達タイムは4.3秒台なので、走力も高いといえるでしょう。

遠投も100mなので、そこそこ強い肩も持っています。

合せて読みたい!

2019年ドラフト 横浜高校 及川 雅貴は152キロ左腕!成績・経歴・特徴は?

智辯和歌山 黒川史陽のスカウト評価は?

続いて黒川史陽のスカウト評価を見ていきましょう。

ネットを探してみましたが、スカウトのコメントは現時点で見つかりませんでした。

2年生ということもあるので、注目度はまだまだ低いようですね。

実力的には十分2019年のドラフト候補だと思いますので、そのうち出てくるでしょう。

情報があり次第、更新させて頂きますね。

合せて読みたい!

【ドラフト2019まとめ】指名予想や候補選手評価一覧!

スカパー 野球中継 オープン戦 公式戦

智辯和歌山 黒川史陽まとめ

以上が智辯和歌山 黒川史陽の経歴や成績、特徴やスカウト評価でした。如何でしたでしょうか?

打撃のレベルはすでに、高校生トップレベルでしょう。

コースに逆らわないバッティングが出来ていますし、逆方向に長打を打つことも出来ます。

また、選球眼が良いので、安定した成績を残せるタイプでしょうね。

まだ2年生ですが、甲子園の経験も豊富なので、3年生はもっといい成績を期待したいです。

これからの成長と活躍が楽しみですね!

合せて読みたい!

ドラフト2019 高校生候補まとめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です