【ドラフト】黒川史陽(智弁和歌山)は天性の打撃!成績・経歴・特徴は?

2019年 ドラフト 智弁和歌山 黒川史陽 天性の打撃 成績 経歴 特徴

今回も2019年のドラフト注目選手をご紹介します。

それは智弁和歌山の黒川 史陽です。

一年生から五期連続の甲子園出場をしている注目選手です。

巧みなバットコントロールと高校通算34本塁打の長打力が魅力。

今回はそんな智弁和歌山 黒川史陽の経歴や成績、特徴やスカウト評価をご紹介します。

智辯和歌山 黒川史陽の経歴は?

まずは黒川史陽の経歴を見ていきましょう。

経歴
  • 名前:黒川 史陽(くろかわ ふみや)
  • 出身地:奈良県河合町
  • 生年月日:2001年4月17日
  • 身長:180cm
  • 体重:80kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:三塁・二塁
  • 経歴:河合小学校 → 泉州阪堺ボーイズ(河合第一中学校) → 智辯和歌山

黒川史陽はNOMOジャパンに選出!

河合小学校1年生の時に、軟式野球を始めました。

河合第一中学校では泉州阪堺ボーイズに所属し、主に三塁手や外野手として活躍し、3年生時には全国大会に出場しています。

さらにNOMOジャパンに選出され、アメリカ遠征も経験。

黒川史陽は智辯で一年生で甲子園を経験!

智辯和歌山に進学すると、1年生春からベンチ入りを果たしています。

春の県大会で全試合に出場し活躍する夏の選手権予選では3番サードでレギュラーとして活躍。

甲子園出場&初ヒットを記録しています。

黒川史陽は五期連続の甲子園出場!

2年生春の選抜では、6番セカンドとして好成績を残し、チームの準優勝に大きく貢献しています。

続く夏の選手権大会でも甲子園出場をしており、チームの3大会連続甲子園出場の原動力となっています。

三年生春のセンバツでは主軸として活躍。

夏の県大会も優勝し、五期連続の甲子園出場を決めています。

最後の甲子園では13打数1安打と調子が上がらず、ベスト8をかけた試合で2019ドラフト一位候補の奥川恭伸に好投され敗戦となっています。

試合後には、プロ志望届を提出する意向があることがわかっています。

なお同級生には2019ドラフト候補の、東妻純平西川晋太郎池田陽佑がいます。

智辯和歌山 黒川史陽の成績は?

続いて黒川史陽の成績です。

成績
  • 甲子園通算:13試合、打率.291、1本塁打、11打点、9三振、出塁率.400
  • 公式戦通算:40試合、打率.399、5本塁打、42打点、15三振、出塁率.484
  • 2019夏予選:5試合、打率.444、2本塁打、3打点、3三振、出塁率.545

甲子園通算で打率3割中盤をマークしており、公式戦通算でも4割近い打率となっています。

どの大会でも安定して安打を打てています。

注目したいのは、出塁率の高さです。

打率よりも1割近く高い出塁率となっており、四球を選べるタイプです。

ただ、三振が多くなっている傾向にあります。

理由としては、本塁打のペースが年々上がっているので、長打重視に打撃スタイルを変えているからでしょう。

その為、2019年の公式戦8試合で4本塁打とホームラン量産体制に入っています。

智辯和歌山 黒川史の特徴は?

続いて黒川史陽の特徴です。

動画を見ていきましょう~

バットを高めに構え、足をしっかり上げてタイミングをとるフォームですね。

構えを見ると、打ちそうな雰囲気を感じます。

黒川史陽は広角に長打が打てるバッティング!

動画を見ると、内角の難しいボールをホームランにしていますね。

内角のさばきは上手です。

上の動画では逆方向にホームランを打っていますね。

ボールは捕手の要求通り、外から入ってくるスライダーですが、しっかり踏みこんで打てています。

外角の対応は素晴らしいですね~

ベースから離れた打席位置ということからも、外角が得意なのがわかります。

黒川史陽は抜群の選球眼

甲子園通算成績を見ても、7試合で7四死球ですから、しっかり四球を選べています。

動画内では、満塁のイケイケの場面でも、際どいコースをしっかり見極め四球を選んでおり、選球眼がいいですね~

低めの空振りを誘う変化球にも、しっかりバットが止まります。

こういったバッティングが出来るので、安定した成績を残せているのでしょうね。

黒川史陽は芸術的な低め打ち

黒川史陽は低め打ちが芸術的です。

上の動画は、2018年ドラフトで注目の根尾昂ですね。

彼のスライダーは、キレ曲がりともに一級品ですが、非常にうまく拾っていますね~

さらに、上の動画では低めの難しいボールを、左中間にフェンスダイレクトのあたりを放っています。

これらを見ると、低めの対応は芸術的ですね~

天性の打撃センスを持っていることがわかります!

さらに、50m走は6秒2で、一塁到達タイムは4.3秒台なので、走力も高いといえるでしょう。

遠投も100mなので、そこそこ強い肩も持っています。

智辯和歌山 黒川史陽のスカウト評価は?

続いて黒川史陽のスカウト評価を見ていきましょう。

スカウトコメント
  • ホークス・永井智浩編成育成本部長兼スカウト・育成部長「二塁、三塁が守れて、打つ方もいいのは魅力」
  • その他・スカウト氏「黒川史陽(ふみや)は二塁手としては大柄な181センチで、1年夏から5季連続で甲子園の土を踏む。2人とも活躍次第ではドラフト指名もありえるよ」
  • その他・パ・リーグスカウト「リストを柔らかく使え、広角に長打を打てることが魅力。 守備が課題。 左右の違いはあるが、横浜DeNAの宮碕敏郎タイプ」

ホークスと匿名でのコメントが出ていました。

打撃面で評価するコメントがあり、横浜の宮崎タイプというコメントがあります。

実際に見てみても打撃レベルは非常に高いですし、三年生になり長打力も発揮して成長も伺えます。

実力的には十分2019年のドラフト候補だと思います。

*追記:プロ志望届を提出する意向のようです。

合せて読みたい!

【ドラフト2019】指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

智辯和歌山 黒川史陽まとめ

以上が智辯和歌山 黒川史陽の経歴や成績、特徴やスカウト評価でした。

打撃のレベルは高校生トップレベルでしょう。

コースに逆らわないバッティングが出来ていますし、逆方向に長打を打つことも出来ます。

また、選球眼が良いので、安定した成績を残せるタイプでしょうね。

最後の甲子園でどこまでの結果を残せるのか、注目しましょう!

合せて読みたい!

【高校生】ドラフト2019候補まとめ!投手、野手の注目選手をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です