ドラフト2019候補 西川晋太郎(智辯和歌山)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 西川晋太郎(智辯和歌山)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019年候補の高校生野手を紹介していきます。

今回は守備に定評のある智辯和歌山の西川晋太郎の紹介です。

西川晋太郎は2019年春の選抜甲子園大会に出場し7安打、打率.467を記録。

智辯和歌山のベスト8入りに貢献しています。

そんな智辯和歌山の西川晋太郎の経歴や成績・特徴・成績やスカウト評価をご紹介します。

2019年ドラフト 西川晋太郎(智辯和歌山)の経歴は?

まずは智辯和歌山の西川晋太郎の野球経歴の紹介です。

経歴
  • 名前:西川晋太郎(にしかわ しんたろう)
  • 出身地:和歌山県有田市出身
  • 生年月日:2001年生まれ
  • 身長:168cm
  • 体重:68kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:ショート
  • 経歴:少年野球チーム(有田市保田小学校)→ 紀州由良シニア(有田市保田中学校)→ 智辯和歌山

詳しくみていきましょう。

西川晋太郎は中学時代に海外遠征メンバーに抜擢

西川晋太郎は小学1年生から地元の軟式野球チームに所属。

中学生になると紀州由良シニアに入り、中学2年時の春には全国選抜大会に2番ショートで出場しています。

持ち前の守備力からチームに貢献し、チームは見事ベスト4入りを果たしています。

その後も順調に活躍し、関西連盟の海外遠征メンバーに選出されました。

中学の時から全国、海外と大きな舞台での実績がある選手です。

西川晋太郎は元投手

ショートとしての守備力の高さに定評のある西川晋太郎ですが、中学生の頃には投手としても活躍を見せいています。

肩の強さが光る選手なので、そのため投手として抜擢されたようですが、その実力は和歌山県予選大会でノーヒットノーランをするほどの力があったようです。

予選大会とはいえ、シニアでそれだけの記録が残せるというのはかなりいい投手だったと言えます。

西川晋太郎は智辯和歌山で1年生からベンチ入り

中学時代に十分な成績を残した西川晋太郎は地元である和歌山県の名門智辯和歌山高校に進学します。

ここでも、守備力が高く評価され1年の夏からベンチ入りを果たすと夏の地方予選では5試合に出場。

守備だけではなく3割以上の打率を記録しチームに貢献しています。

甲子園の舞台でも2試合に先発で出場し、打率5割と好成績を残しました。

西川晋太郎は2019年春の選抜大会で7安打を記録

2019年の春の選抜大会でも西川晋太郎は躍動します。

守備力が高い選手として評価が多い選手でしたが、2019年の春の選抜大会では長打を含む7安打を記録。

打率は.467と好成績を残しています。

守備力だけではなかなか、ドラフト上位候補には入りにくいですが、打力としても十分戦力になれるという成績を残せているためこれからのスカウト陣の評価に期待がかかります。

2019年ドラフト 西川晋太郎(智辯和歌山)の成績は?

続いて智辯和歌山の西川晋太郎の成績です。

成績
  • 甲子園通算:11試合、打率.400、本塁打0、打点6、三振1、盗塁0、出塁率.510

1年の夏から3年の春の選抜大会まで、全ての甲子園大会に出場を果たしている西川晋太郎の甲子園での通算成績となります。

甲子園という大舞台に連続で出場できる強豪校でありながら、1年生の頃からレギュラーになれる実力があるというのに驚きです。

守備に目がいってしまいがちですが、打力に関しては現在は2番バッターとして出場しており、甲子園では16本の安打を記録しており打率4割となっています。

長打こそ少ないもののシェアなバッティングが持ち味で、2番バッターとしては申し分ない成績です。

また、注目したいのは三振の少なさです。

11試合で三振はわずかに1個、しかもその三振は一年生の甲子園初出場した試合です。

そこから三振はしておらず、9四死球を選んでおり、高い選球眼があることがわかります。

成績以上にチームへの貢献度が高い選手であることがわかりますね。

2019年ドラフト 西川晋太郎(智辯和歌山)の特徴は?

続いて智辯和歌山の西川晋太郎の特徴です。

まずは動画をご覧ください。

この動画は西川晋太郎の3年春の選抜大会での全打席と守備の動画となっています。

西川晋太郎には守備力に定評がある

安定した守備が持ち味ということでほとんどミスがありません。

守備範囲が広く、捕ってからの送球の速さと正確さも十分にあります。

元投手ということもあり、ショートの深い位置で捕球した打球も難なくアウトにしていました。

ショートは内野の守備の要なため、打撃よりも守備力が優先されるのでスカウトから高い評価を得られているのではないでしょうか。

西川晋太郎にはミート力がある

先ほどの動画を見ていただければわかるように、西川晋太郎には抜群のミート力があります。

シェアなバッティングが持ち味で、広角に打ち分ける技術があります。

コースに逆らわずに打ち分けができている印象です。

2019年の春の選抜大会ではその打撃センスを遺憾なく発揮し、ヒットを7本放ちチームで1番の打率を記録しました。

また、三振の少なさにも定評があり、どんなボールでもバットに当てることができる技術があります。

投手からすると打ち取るのが難しいバッターだと言えます。

西川晋太郎はカットも上手い

まずはこちらの動画をご覧ください。

早いカウントで追い込まれていますがそこから難しい球を上手くカットしています。

カットする技術が高く、簡単に三振をしません。

さらにこの打席では外のボールが多投されていたため、狙い球を外に絞って結果的に外の難しいためを右中間に運んでいました。

四球での出塁もでき、さらに難しい球をヒットにできるため、かなりバッティングセンスがあります。

打順も2番ということもあり得点に絡むケースが多い選手です。

チームの勝利に大きく貢献している選手であると言えます。

西川晋太郎には長打力がある?

現在はシェアなバッティングで打率の高い選手ですが、1年生の頃には智辯和歌山の監督であった高嶋監督から「ホームランが狙える選手」というコメントがありました。

小柄ではあるものの、スイングが鋭いため長打が打ててもおかしくはないはずです。

春の選抜大会でも長打を放つなど存在感をアピールしています。

現状の打率を維持しながら、さらに長打力があることもアピールできればドラフト上位候補になっていくのではないでしょうか。

まだまだ伸びしろが期待できる選手なので、これからの大会での活躍に期待がかかりますね。

西川晋太郎の特徴のまとめ

特徴をまとめてみると

・守備力が高い

・シェアなバッティングが持ち味

・カット技術があり、三振が少ない

となっています。

こうしてみると、西川晋太郎はかなり野球センスが高い選手です。

チームの勝利に貢献できる選手なため、チームとしてはかなり必須な選手だといえます。

そのため注目しているスカウト陣も多いのではないでしょうか。

2019年ドラフト 西川晋太郎(智辯和歌山)のスカウト評価は?

続いて西川晋太郎のスカウト評価の紹介です。

残念ながら今のところスカウト評価はありませんでした。

しかし、全国や海外といった豊富な経験の多い選手なので見ているスカウト陣も多いのではないでしょうか。

派手な印象はありませんが堅実で、チーム力の底上げをしてくれる選手だと言えます。

このような選手は大学、社会人を経験してからプロに行くイメージがあります。

西川晋太郎自身も将来の夢はプロ野球選手と話しているのですが、高卒ということは特にはコメントしていませんでした。

しかし、これからの成績次第では高卒ドラフトも十分にあり得るのではないでしょうか。

最後の夏の大会でどのような成績を残すことができるの楽しみです。

2019年ドラフト 西川晋太郎(智辯和歌山)のまとめ

以上が、2019年ドラフト候補 智辯和歌山の西川晋太郎の経歴、成績、特徴、スカウト評価の紹介でした。

野球センスが抜群に高い選手であり、さらに経験豊富なところをみると高卒としては十分な戦力が備わっている選手だと言えます。

また、伸びしろもまだまだあるようなので最後の大会で、甲子園で活躍することができるの楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です