【2022】日本ハムファイターズのドラフト指名予想と狙い

本記事では日本ハムファイターズのドラフトの指名予想をご紹介しています。

具体的には

本記事の内容

となっています。

【2022】日本ハムのドラフト指名予想

まずは指名予想をご紹介します。

この章のあとに説明している戦力分析や報道を加味しての予想です。

情報が出次第、随時更新していきます。

順番に説明していきます。

指名は北海道関連であることと補強ポイントを優先して予想しています。

一位指名予想

一番の補強ポイントは即戦力投手です。

本命は菊地吏玖と予想しました。

ドラフト一位候補で北海道出身といえば、菊地ただ一人です。

最速152km/hのストレートとスプリットが武器で、先発もリリーフもこなせるタイプです。

制球面でも安定し、要所でギアを上げる投球は圧巻です。

2020年の伊藤のように一本釣りの可能性もありそうです。

対抗は曽谷龍平です。

スリークウォーターから投げる最速151km/hの速球が武器で、補強ポイントである即戦力投手です。

リリーフもこなせるタイプなので、補強ポイントにピッタリです。

まだまだ細身で伸びしろがあるポテンシャルを感じる投手です。

二位指名予想

二位には北海道優先で高校生二名を予想。

一人目は門別啓人です。

先ほどの曽谷のようなタイプで、スリークウォーター気味から投げるストレートが抜群です。

リリーフとしてなら早くから出てくるかもしれません。

二人目は坂本拓己です。

こちらも恵まれた体格からノビのあるストレートを投げ込む本格派です。

三振が非常に奪えるタイプで、先発でもリリーフでもこなせそうな選手です。

三位指名予想

三位は課題であるセカンド補強です。

一人目は奈良間大己です。

本職は遊撃手ですが、セカンドもこなせるセンスの良さを持ち合わせています。

また、小力があり、狭くなる新球場ではホームランも狙える長打力も持ち合わせています。

二人目は山田健太です。

こちらは大型セカンドで、打撃力が魅力です。

また、大阪桐蔭出身であることや、ルックスが良いこと、長身でスラっとしたシルエットから人気の高い選手です。

新庄監督好みの選手ではないでしょうか。

合せて読みたい!

【ドラフト2022】指名予想と注目候補ランキングと評価一覧!

【2022】日本ハムの戦力分析

まずは現状の戦力分析です。

現状戦力と年齢構成

*年齢は2022年12月31日時点

年齢右投手左投手捕手内野手外野手
18達孝太松浦慶斗
根本悠楓
有薗直輝
阪口樂
19畔柳亨丞
20細川凌平
21吉田輝星上野響平
22柿木蓮北浦竜次田宮裕涼野村佑希
水野達稀
万波中正
23北山亘基
田中瑛斗
長谷川威展清宮幸太郎
24立野和明
望月大希
河野竜生
堀瑞輝
古川裕大
郡拓也
梅林優貴
五十幡亮汰
25伊藤大海
鈴木健矢
上川畑大悟
佐藤龍世
今川優馬
片岡奨人
宮田輝星
26石川直也福田俊清水優心髙濱祐仁淺間大基
27生田目翼
古川侑利
メネズ石川亮渡邉諒
28上沢直之
井口和朋
ポンセ
池田隆英
上原健太ヌニエス
石井一成
29西村天裕宇佐見真吾王柏融
近藤健介
松本剛
30杉浦稔大
ガント
玉井大翔
谷川昌希
加藤貴之
31ロドリゲス杉谷拳士
アルカンタラ
中島卓也
谷内亮太
34木村文紀
37宮西尚生
39金子千尋

日本ハム選手一覧

右の先発は主力級が少なく、リリーフも枚数が足りていない状況で、頭数が足りていません。

左の先発は主力級がいて、若手の有望株も揃っていますが、リリーフに課題があります。

捕手はレギュラーが決まっておらず、複数人でカバーしている状況で、20歳前後の若手も不足しています。

内野手は遊撃手が決まりつつあり、若手有望株も多くいるので、頭数は揃っています。

外野手はレギュラー陣が揃いつつあり、人材は豊富ですが、20歳前後の若手がいません。

2022シーズンの成績

続いて2022シーズンの投打の成績です。

*9月13日時点

打者

数値順位
得点4086位
打率.2324位
本塁打904位
盗塁833位
OPS.6415位
WAR9.16位
UZR3.34位

得点数は勝率と相関がありますが(ピタゴラス勝率)、現時点で6位となっています。

打率や本塁打はそこまで悪くはありませんが、出塁率がリーグワーストとなっています。

そのため、OPSが伸びず、得点力不足に陥っている状況でなので、ボールを選んでいく事をしていくと、得点力が向上しそうです。

ただし、若い選手が多く、まずは振ることを意識させているのかもしれません。

若いチームなだけに、成長を我慢する事も大事でしょう。

捕手

現状は正捕手が決まっていません。

宇佐美がマスクを被ることが多いですが、複数人でカバーしている現状です。

そして他球団と比較し、ウイークポイントとなっています。

現状、捕手として飛躍しそうな有望株もいないので、補強の優先度はまずまず高いでしょう。

内野手

課題だった遊撃手に上川畑がハマってくれました。

投打で存在感をみせており、来年以降も期待できます。

一塁・三塁は清宮や野村がいるので、我慢しながら彼らに経験をさせていけばいいと思います。

二塁に関してはアルカンタラなど複数人でカバーしている現状です。

遊撃手が本職の選手をコンバートさせるか、補強するなどの対策が必要でしょう。

外野手

外野手は近藤が不動のレギュラーですが、そこに松本の飛躍がありました。

若い時から期待されていましたが、やっと出てきたという感じですね。

また、有望株として万波や今川あたりもスタンバイしており、頭数は揃っている印象です。

補強の優先度は低いでしょう。

投手

 数値順位
失点4766位
防御率3.445位
先発防3.294位
中継防3.716位
tRA3.442位
WAR17.05位

失点数は6位ですが、勝利への貢献度を表すWARは5位となっています。

また、守備の影響を除外したtRAでは二位になっており、数字以上に悪い投手陣ではないようです。

防御率をみると、先発よりもリリーフ陣の成績が悪くなっており、リリーフに課題がある事がわかります。

右投手

先発は上沢・伊藤と軸になる投手がいますが、ここに続く投手がいません。

期待されていた吉田もリリーフ転向となり、先発の枚数確保は必要です。

リリーフでは新人の北山が戦力になりましたが、20歳中盤の主力級がなかなか出てきません。

先発・リリーフ共に即戦力投手の補強は急務でしょう。

左投手

左の先発は加藤・上原とまずまずの人員です。

また、若手の根本も台頭し、先発人員は揃いつつあります。

リリーフでは宮西や堀の低迷があり、そこを埋める人員も出てきていません。

出来ればリリーフが出来る左腕が欲しいところです。

補強ポイント

以上を踏まえた日本ハムの補強ポイントまとめです。

右投左投捕手内野手外野手
即戦力
育成

さらに詳しく言うと、

補強ポイント
  • 右投手:即戦力エース候補
  • 左投手:左腕リリーフ候補
  • 捕手:即戦力
  • 内野手:二塁を任せられる即戦力
  • 外野手:補強の必要性は無し

です。

右投手は即戦力でローテーションや勝ちパターンをこなせる実力派が欲しいところです。

左腕はリリーフを任せられる即戦力がいれば獲得したいところです。

捕手は宇佐美のバックアップ要員でありながら、宇佐美を脅かすほどの即戦力が欲しいところです。

内野手はセカンドが課題ですが、遊撃手からのコンバートをするか、即戦力を獲得したいところです。

外野手は補強の必要はないでしょう。

日本ハムのドラフトに関するニュースや報道まとめ

続いて日本ハムのドラフトに関する情報をピックアップしました。

情報が出次第、随時更新していきます。

報道はこちらのページを参考にしています。

一位指名のニュースや報道

一位評価同等のコメントが出ているのは浅野翔吾です。

「スタートして期待」というコメントが出ているほど高い評価となっています。

>>高松商・浅野が清原氏超えの通算66号! 「活躍した選手だったので、記録を抜けてうれしい」/甲子園

補強ポイントではありませんが、例年一番の選手を獲得する方針です。

そのため、指名の可能性が無いとは言い切れません。

もう一人は矢澤宏太です。

日本ハムのスカウト会議で「一番注目が集まっている」という新庄監督のコメントが出ており、球団内でも評価が高そうです。

>>新庄ビッグボス”二刀流”日体大・矢沢は野手で評価「投手は投げるだけ。もったいない」【日本ハム】

新庄監督は野手評価をしていますが、外野手は補強ポイントではありません。

しかし、日本ハムなので何が起きるかわかりません。

その他には蛭間拓哉、荘司康誠、曽谷龍平を一位指名候補としてリストアップしているようです。

>>【日本ハム】スカウト会議で80人をリストアップ 日体大の二刀流左腕・矢沢宏太らが1位候補

投手を中心に12名をリストアップしたようで、補強ポイントである投手指名の優先度が高そうです。

上位指名のニュースや報道

上位指名同等のコメントが出ているのは奈良間大己です。

>>ドラフト2022候補 奈良間大己「上位指名される力を持っている」

日本ハムはセカンドに補強ポイントがありますので、二塁手として考えている可能性はあります。

もう一人は澤井廉です。

4月時点で早々に「上位候補」としているところから、かなり高い評価であることがわかります。

>>プロ注目スラッガー中京大・沢井廉、快音なしも5球団スカウト高評価「力があるのは分かっている」【愛知大学野球】

最後は西村瑠伊斗です。

「関西の高校生打者No.1」という非常に高い評価をしています。

>>【高校野球】京都外大西のプロ注スラッガー西村瑠伊斗が48号!日本ハム武部スカウト「関西では一番ではないか」

澤井も西村も外野手で、日本ハムの補強ポイントとはずれているため、指名の可能性は低そうです。

【2022】日本ハムのドラフト指名予想まとめ

以上がドラフト2022の日本ハムの指名予想でした。

再度、まとめると

です。

指名は北海道出身者を優先しています。

一位位指名は一番の補強ポイントである即戦力投手で、北海道出身の菊地を本命としています。

二位には高い将来性が期待できる、こちらも北海道出身の門別です。

三位には補強優先度の高いセカンドで、奈良間と新庄監督好みの山田健太としました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA