2019日本ハムファイターズ 戦力分析!開幕スタメン・ローテーションも!

2019日本ハムファイターズ順位予想!戦力分析や開幕スタメン・ローテーションも!

昨年三位とAクラス入りした日本ハム。

オフシーズンの補強も活発で、今シーズンに掛ける意気込みが感じられますね。

スローガンを驀進(ばくしん)とし、勢いよくまっしぐらに首位を目指します。

今回は、そんな2019日本ハムの順位予想や戦力分析、開幕スタメンやローテーションを予想します。

3/8時点の情報を元にしています。

2019年日本ハムの順位予想

まずは2019年日本ハムの順位予想をご紹介します。

2019年日本ハムの順位予想は?

2019年のパ・リーグ順位予想は下記としました!

順位球団
1位ホーク8261
2位日ハム78654.0
2位西武78650.0
4位楽天677611.0
5位オリ63804.0
6位ロッテ61822.0

私が予想した日本ハムの順位予想は2位です。

昨年は三位でしたが、首位との差はかなり縮まっています。

十分優勝できる戦力が揃っていると言えそうですね。

パ・リーグの順位予想結果の詳細は下記で紹介していますので、気になる方はチェック!

合せて読みたい!

【2019】パ・リーグ順位予想まとめ!ペナントレースの戦力分析結果を公開!

2019年日本ハムの戦力分析

先ほどの順位予想は「戦力値」という数値で計算しています。

その戦力値が2018年 → 2019年でどう変わるかをご紹介します。

日本ハム
項目加点減点
王柏融加入2.5 
ハンコック加入1 
バーベイト加入1 
金子加入(2→3)3 
秋吉加入1 
レアード退団 1.5
アルシア退団 0.5
トンキン退団 1
高梨退団 0.5
渡邊アップ(0.5→1.5)1 
清宮アップ(0→0.5)0.5 
横尾アップ(0.5→1)0.5 
有原アップ(1.5→2.5)1 
清水ダウン(0.5→0) 0.5
浅間ダウン(0.5→0) 0.5
上沢ダウン(4.5→4) 0.5
浦野ダウン(1.5→1) 0.5
11.55.5

打線の中軸だったレアードを放出しましたが、金子・王柏融といった選手を獲得しています。

またトレードで秋吉を獲得したりと、オフシーズンは活発な動きでしたね。

期待の若手も多く、今シーズンも期待できそうです。

2019日本ハムの開幕スタメン予想!

まず戦力分析していく為に、日本ハムの開幕スタメンを予想しました。

打順名前守備位置年齢
1番西川遥輝中堅手27
2番太田泰示右翼手29
3番近藤健介三塁手26
4番中田翔一塁手30
5番王柏融左翼手26
6番横尾俊建DH26
7番渡邊諒二塁手24
8番鶴岡慎也捕手38
9番中島卓也遊撃手28

打線の方はかなり厚みが出てきた印象ですね。

新加入の王柏融がそこそこ打ってくれれば、パ・リーグでもトップクラスの得点力となるでしょう。

ただ、期待していた清水優心がヘルニアにより離脱、清宮が骨折となっています。

復帰時期はわかりませんが、早めに戻ってこれれば、さらに打線の厚みが増しますね。

レアードの穴を埋めるのは?

2019年の日本ハム打線のキーポイントは三塁手でしょう。

レアードが抜けたことにより、誰を三塁で守らせるかは難しい問題です。

単純に考えれば、横尾が一番手候補でしょう。

しかし、日本ハムの場合は外野手が多いので、ここをなんとかしたいところです。

特にレギュラークラスの近藤・西川・太田・王・清宮はスタメンで出したいですね。

そこで、個人的には近藤が三塁へ行くのが良いと思っています。

2014年に三塁を守ってUZRが8.5という、比較的高い水準の守備力を発揮していました。

近藤を三塁手にすることで、王柏融と清宮をDH・左翼手で出場させることが可能になります。

これが一番しっくりくるのではないでしょうか?

太田を三塁という案もありますが、外野守備での貢献度は非常に高く、UZRは13.3です。

太田の代りに右翼手を守れる選手もいませんので、太田は外野で固定した方が良いでしょうね。

王柏融の打撃に期待!

新加入の王柏融にはかなり期待できるでしょう。

昨シーズンは不調でしたが、2016・2017と台湾リーグで4割を超える素晴らしい成績を残しています。

侍ジャパンとの親善試合でも、則本からホームランを打ったり、菅野から安打を放ったり、素晴らしい打撃をしていました。

選球眼も高く、三振が少ないタイプなので、日本でも安定した成績を残せるでしょう。

個人的には首位打者も狙えるのでは?という印象を持っています。

守備については、台湾でゴールデングラブを受賞していますが、上手いとは言えません。

マイナス評価になるほどではないでの、左翼手であれば守らせても良いでしょう。

合せて読みたい!

台湾の4割&三冠 王柏融とは?日本移籍の可能性や成績、特徴、経歴まとめ!

清宮の覚醒はあるか?

清宮には期待したいですね。

昨年は高卒一年目ながら一軍で7本塁打を放ち、十分一軍でやれることを証明しました。

規定打席くらいの打席に立てれば、打率.250、20本塁打くらいは行くでしょう。

なので十分戦力になるはずです。

骨折により復帰時期は7月くらいになるでしょうが、清宮復帰が起爆剤となる可能性もあります。

しっかり完治させ、元気な姿で大暴れしてほしいですね。

2019年 日本ハムが優勝する為に打撃陣は何が必要?

今シーズンの日本ハムの打線はかなり強力です。

そして守備力も高く足も使えます。

王柏融が実力通りの結果を残せれば、非常に得点力のある打線になるでしょう。

この二人の活躍次第では、優勝を狙えるでしょうね。

2019年 日本ハムの先発ローテーション

続いて先発ローテーションです。

日程によって変わるでしょうが、良い順に並べています。

順番名前投げ年齢
1上沢直之25
2マルティネス29
3金子弌大36
4有原航平27
5加藤貴之27
6バーベイト27

日本ハムの先発陣は層が厚いですね。

高梨は抜けたものの、上沢・マルティネス・金子・有原あたりは二桁狙える可能性が有ります。

ここには載せていませんが、村田も2年連続で安定した成績を残しており、全体的に層が厚いです。

追記:栗山監督から開幕投手上沢、二戦目金子が発表されました。

金子の復活はあるのか?

ここ数年は思うような成績を残せていない金子です。

ただ、成績的には悪くなっていますが、悪いながらもそれなりの投球回数を投げてくれます。

高梨が抜けた中で、彼のイニング数を金子が消化してくれるというだけでも十分戦力となるでしょう。

そして、気になるのは、どこまで成績を残せるかです。

年齢的な面から言うと、飛躍的な成績アップというのは考えにくいでしょうね。

しかし、本人も自由契約となった悔しさがあるでしょうし、拾ってくれた日本ハムへの感謝も大きいと思います。

そういった背景もあり、意地でも成績を残したいところでしょう。

バーベイトはどうなの?

日本ハムの外国人枠ですが、打撃では王、投手ではマルティネス・ハンコックが決まりでしょう。

残すはバーベイトかロドリゲスということになります。

ロドリゲスの昨年の投球を見ると、少し厳しそうな感じがしますので、バーベイトが四枠目の助っ人となりそうです。

平均球速152km/hと球速が速く、キレの良いスライダーを武器としています。

ボール自体を見ると、いいボールを投げていました。

しかし、与四球率が高く、制球力に難がありそうです。

ある程度ローテーションで投げてくれそうですが、一線級の活躍は難しいでしょうね。

新人の吉田輝星は?

気になるのは新人の吉田輝星ですね。

先ほど紹介したローテーションには入れていませんでした。

現時点でストレートは通用するでしょうが、変化球はまだまだなので、即一軍は難しいでしょう。

期待の逸材なのであせらずじっくり育成して欲しいですね。

ただ、首脳陣の期待はかなり高いでしょうから、シーズン途中の一軍登板はあるかもしれません。

私たちファンも焦らず成長を温かく見守りましょう!

2019年 日本ハムが優勝する為に先発陣は何が必要?

全体的に非常に層が厚い先発陣と言えます。

上沢・マルティネスは昨年同様に活躍するでしょうし、金子・有原と実績十分な選手が続きます。

彼らが一年間ローテーションを守ってくれれば、日本ハム優勝もみえてくるでしょうね。

2019年 日本ハムのリリーフ陣

続いて2019年の日本ハムのリリーフ陣です。

役割名前投げ年齢
抑え石川直也23
勝ち宮西尚生34
勝ちハンコック29
勝ち浦野博司30
堀端輝21
負け井口和朋25
ロング公文克彦27

昨年は増井が抜け、不安な部分が多い開幕でしたが、多くの若手が台頭してきましたね。

全体的に防御率も良く、左右バランスも良いので、パ・リーグでもトップクラスの中継ぎ陣と言えるでしょうね。

新守護神の石川直也!

抑えは石川でしょう。

開幕直後は不安定でしたが、シーズン途中からは素晴らしい活躍してくれました。

ストレートの勢いは抜群で空振りが取れるフォーク・カーブと変化球も良いですよね~

今シーズンの目標は40セーブということで、高い目標を掲げています。

まだまだ若いですが、新守護神の活躍に期待したいですね。

新外国人のハンコックは?

新外国人としてハンコックが加入しました。

タイプ的にはリリーフで、首脳陣の構想もリリーフのようです。

気になるのは活躍出来るかということですね。

MLBの成績を見ると微妙ですが、最速158km/h、平均155km/hとストレートの勢いはかなりありあそうです。

MLBのデータを見ると、投球の75%がストレート、25%がスライダーとなっていました。

スリークウォーター気味から投げているので、速球がシュート気味です。

なので、右打者はけっこう厄介かもしれません。

ただ、球種が少ないので、左打者には脆さを見せるかもしれませんね。

2019年 日本ハムが優勝する為にリリーフ陣は何が必要?

日本ハムのリリーフは先発同様に層が厚いです。

そして全体的に防御率が低く、安定感がありますね。

そんな状況ですが、やはり重要なのは勝ちパターンです。

特に、石川・宮西あたりには、昨年くらいの成績を残してもらいたいところですね。

2019日本ハム戦力分析!まとめ

以上が2019年日本ハムの順位予想や戦力分析、スタメン・ローテーション予想でした。

まとめると

2019日本ハムのまとめ
  • パ・リーグ順位予想は2位
  • 打線は強力で高い得点力がある
  • 王次第でもっと厚みが出る!
  • 先発陣はパ・リーグでもトップクラス
  • 金子の奮起に期待
  • リリーフ陣はも非常に層が厚い
  • 石川・宮西には昨年同様の活躍がノルマ

です。

順位予想は三位ですが、一位のホークスとは大きな差が無いので、十分優勝を狙える位置です。

投手陣は先発・リリーフ共に層が厚いですし、今シーズンも安定した試合運びができるでしょう。

さらに打線の方も王柏融が加入し厚みが出ましたし、骨折してしまいましたが清宮の飛躍も期待できます。

この二人が活躍すると、優勝も見えてきますね!

合せて読みたい!

2019西武ライオンズ 戦力分析!開幕スタメン・ローテーションも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です