2019中日ドラゴンズ 戦力分析!開幕スタメン・ローテーションも!

2019中日ドラゴンズ順位予想!戦力分析や開幕スタメン・ローテーションも!

昨年5位と低迷した中日ドラゴンズ。

近年は苦しい戦いが続いていますね。

スローガンを昇竜復活!WITH BLUEとし、かつての強かった中日の復活を目指します。

今回は、そんな2019中日ドラゴンズの順位予想や戦力分析、開幕スタメンやローテーションを予想します。

*予想は3/8時点の情報を元にしています。

2019年中日ドラゴンズの順位予想

まずは2019年中日ドラゴンズの順位予想をご紹介します。

2019年中日ドラゴンズの順位予想は?

2019年のセ・リーグ順位予想は下記としました!

順位球団
1位巨人8162
2位広島77664.0
3位ヤク71726.0
4位阪神70731.0
5位横浜66774.0
6位中日64792.0

私が予想した中日ドラゴンズの順位予想は6位です。

残念ながら予想は最下位となってしまいました。

ただ、勝敗表を見ると、三位の阪神まではそこまで差が大きくないので、十分Aクラス入りできる可能性はあるでしょう。

CS争いが面白くなりそうですね。

セ・リーグの順位予想結果の詳細は下記で紹介していますので、気になる方はチェック!

合せて読みたい!

【2019】セ・リーグ順位予想まとめ!ペナントレースの戦力分析結果を公開!

2019年中日ドラゴンズの戦力分析

先ほどの順位予想は「戦力値」という数値で計算しています。

その戦力値が2018年 → 2019年でどう変わるかをご紹介します。

中日
項目加点減点
ロメロ加入2.5 
勝野加入0.5 
ガルシア退団 3
岩瀬退団 0.5
高橋アップ(2→2.5)0.5 
加藤アップ(0→0.5)0.5 
ロドリゲスアップ(1→2)1 
田嶋アップ(0→1)1 
又吉アップ(0→1.5)1.5 
笠原アップ(1.5→2)0.5 
鈴木博アップ(0.5→1)0.5 
山本アップ(0→0.5)0.5 
柳アップ(1.5→2)0.5 
松坂ダウン(0.5→0) 0.5
平田ダウン(6→4.5) 1.5
ビシエドダウン(6→4.5) 1.5
アルモンテダウン(3→2.5) 0.5
藤嶋ダウン(0.5→0) 0.5
9.58

昨年素晴らしい活躍だったガルシアの退団はインパクトがありますね。

元々先発不足なだけに、この退団を食い止められなかったのは大きな痛手です。

また、昨年素晴らしい成績を残したビシエド・平田あたりが、今シーズンも同様の活躍が出来るのか?注目したいところですね。

2019中日ドラゴンズの開幕スタメン予想!

まず戦力分析していく為に、中日ドラゴンズの開幕スタメンを予想しました。

打順名前守備位置年齢
1番大島洋平中堅手34
2番京田陽太遊撃手25
3番平田良介右翼手31
4番ビシエド一塁手30
5番アルモンテ左翼手30
6番福田永将三塁手31
7番高橋周平二塁手25
8番松井雅人捕手32

昨年の打線は非常に強力でしたね。

特に平田・ビシエドの飛躍により中軸に厚みが出ました。

全体的にもレベルが高く、セ・リーグでもトップクラスの打撃陣です。

ビシエド・平田が昨年の活躍が出来るか?

2019年で気になるのは、昨年活躍した平田・ビシエドが同様の活躍が出来るか?という点です。

二人ともキャリアハイの成績を大きく伸ばしており、実力以上の成績だった感が否めません。

もちろん主軸として十分な成績を残すでしょうが、昨年並みの成績を期待するのは酷でしょう。

そう考えると、打線は昨年よりも勢いが無くなるでしょうね。

二塁手はどうなる?

現時点の報道や起用方法を見ると、セカンドは亀澤や堂上あたりになるでしょうか。

しかし、昨年高橋がセカンドでまずまず成功していたので、これは戻すべきでしょう。

セカンドの守備面でもUZR-0.2と、意外と守ることが出来ていた印象です。

打撃面でもまだまだ向上するでしょうから、貴重な打てるセカンドとして育てて行って欲しいと思うのは私だけでしょうか?

また、三塁は福田がいます。

わざわざスタメン級で競わせる必要はないでしょう。

京田の奮起に期待!

2017年は新人王を獲得した京田ですが、昨年は苦しいシーズンとなりました。

守備面では安定した活躍をしてくれていますが、打撃面はかなり厳しい結果となりました。

京田はどんどん積極的に振っていくタイプなので、出塁率が非常に低くなっています。

昨年は出塁率が.266で、規定打席到達者の中でも断トツの最下位です。

これでは京田の魅力である高い走力を活かせてるとは言えませんし、打線に悪影響をもたらします。

自分の役割をしっかり把握し、出塁する意識をもって今シーズンに臨んで欲しいですね。

根尾の一年目からレギュラーはあるは?

スター候補の根尾ですが、一年目からは一軍は厳しいかなと思っています。

遊撃手には京田がいて、セカンドは高橋周平がはまりそうです。

外野も層が厚いので、高卒一年目の新人にとっては厳しい状況でしょう。

ただ、気になるのは先ほど紹介した京田です。

昨年は打撃面で大きくチームの足を引っ張る形となってしまいました。

出塁率が高いタイプでは無いので、思った以上に打撃面で貢献出来ないタイプです。

もし、こういったスタイルから脱却できないのであれば、今後使い続けるのは厳しいでしょう。

そう考えると、数年後を見据えて根尾をレギュラーにすることもあるかもしれません。

2019年 中日ドラゴンズが優勝する為に打撃陣は何が必要?

中日ドラゴンズの打線は強力です。

優勝する為には、最低限昨年並みの活躍が必要でしょう。

特に平田・ビシエドあたりが昨年のような活躍をしてくれないと厳しいでしょうね。

さらに、昨年打撃で貢献できなかった京田に期待したいところです。

昨年は打撃でマイナス評価だっただけに、出塁率を上げられれば、それだけで打線の厚みがかなり増すでしょう。

2019年 中日ドラゴンズの先発ローテーション

続いて先発ローテーションです。

日程によって変わるでしょうが、良い順に並べています。

順番名前投げ年齢
1ロメロ28
2又吉克樹29
3吉見一起35
4笠原祥太郎24
5大野雄大31
6柳裕也25

中日の先発陣はセ・リーグで一番層が薄いでしょう。

昨年13勝を挙げたガルシアを放出しましたので、エース格がいません。

さらに、期待していた藤嶋も血行障害の疑い、松坂も怪我により出遅れており、幸先不安です。

かなり厳しい戦いとなるでしょう。

そんな状況ですが、新外国人のロメロには救世主として期待したいですね。

2019年の外国人枠はどうなる?

外国人枠については、ビシエド・アルモンテ・ロドリゲスは確定でしょう。

そうなると残り一枠です。

そこに新加入したロメロが入ってくるでしょう。

本人は先発を希望しているようで、12月から開催されたドミニカウインターリーグでも先発として結果を残しています。

ただ、MLBではリリーフでしたし、個人的にも適性はリリーフの方が高いと思っています。

それでも先発陣の層が薄い中日にとっては歓迎すべきことでしょう。

上手くすれば、昨年のガルシア並みの成績を残してくれるかもしれません。

左腕でありながら最速163.3km/hのストレートを早く見たいですね!

合せて読みたい!

中日 新外国人助っ人エニー・ロメロは最速163.3km/h左腕!メジャーでの成績や傾向を徹底分析!

松坂・吉見に続く投手は?

苦しい中日先発陣ですが、松坂・吉見あたりは年齢的にも厳しい状況です。

これ以上の成績アップを期待するのは酷でしょう。

そんな中、期待したいのは又吉です。

投手陣の全体のバランスを考えると、リリーフの又吉を先発にせざる得ません。

2017年には先発で結果を残していますので、先発としても適性は高いでしょう。

今シーズンはフルで先発として使いたいところでしょうね。

新人の勝野に期待!

新人で期待したいのは勝野昌慶です。

高卒社会人なので、同期の大卒よりも1歳若いですが、素晴らしいボールを投げます。

中日の場合右の若手先発が不足しているので、そんな状況にもピッタリな選手です。

フルでローテーションは難しいでしょうが、5勝くらいはしてくれそうです。

2019年 中日ドラゴンズが優勝する為に先発陣は何が必要?

全体的に層が薄いのでかなり厳しい状況であると言えます。

優勝するためには、複数人の二けた勝利投手が出ないと厳しいでしょうね。

そんな状況で期待したいのは又吉です。

2017年の投球を見る限りでは、先発として二桁勝利が出来る実力は十分あると感じました。

その他には、ロメロともう一人若手の中から二けた勝利して欲しいですね。

2019年 中日ドラゴンズのリリーフ陣

続いて2019年の中日ドラゴンズのリリーフ陣です。

役割名前投げ年齢
抑え田島慎二30
勝ちロドリゲス28
勝ち佐藤優26
勝ち鈴木博志22
岡田俊哉28
負け福谷浩司28
ロング祖父江大輔32

又吉を先発にしていますが、顔ぶれを見るとそこまで悪くない印象ですね。

ただ、昨年は田島が極端に悪かったので、今シーズンどうなるか不安ですね。

そんな中でも、ロドリゲスや佐藤といった選手が出てきたのは好材料です。

田島に活躍してもらわないと困る!

長年中日を支えてきた田島には期待したいですね。

昨シーズンは大炎上しましたが、長年の登板過多の影響と言えるでしょう。

昨年は登板機会も減り、イニング数も抑えられましたので、疲労も回復しているはずです。

今シーズンはやってくれるでしょうし、やってくれないと困ります!

若手の山本に期待!

上の表では入れていませんが、二年目の山本拓実には期待しましょう。

昨年は1試合のみの出場でしたが、良い投球をしました。

シーズンオフの台湾ウインターリーグでも、素晴らしい投球をしていましたね。

非常にキレの良いスライダーを投げており、面白い存在です。

今シーズンあたりはリリーフで登板機会が増えそうですね。

2019年 中日ドラゴンズが優勝する為にリリーフ陣は何が必要?

優勝する為には勝ちパターンの確立は最低限必要です。

昨年はゲーム終盤でひっくり返される試合が多く、苦しいシーズンとなりました。

そんな状況を打開するには、田嶋が実力通りの力を発揮することです。

最低限、防御率2点台前半で30セーブはして欲しい所です。

スカパー 野球中継 オープン戦 公式戦

2019中日ドラゴンズ戦力分析!まとめ

以上が2019年中日ドラゴンズの順位予想や戦力分析、スタメン・ローテーション予想でした。

まとめると

2019中日ドラゴンズのまとめ
  • セ・リーグ順位予想は6位
  • 打線は強力で高い得点力がある
  • 京田が打撃面では弱点になっており奮起に期待
  • セカンドには高橋を使いたい
  • 先発陣はセ・リーグで一番手薄
  • ロメロと若手の奮起に期待
  • リリーフ陣はまずまず
  • 守護神田島が活躍しないと困る!

です。

順位予想は六位ですが、三位の阪神までは大きな差ではないので、十分Aクラス入りできる戦力です。

打線は強力ですし、田島の復調次第ではリリーフも揃いつつあります。

ただ、先発が弱いです。

なので、又吉を先発で使わざる得ない状況と言えます。

また、ロメロや若手先発陣の奮起にも期待したいですね。

合せて読みたい!

2019阪神タイガース順位予想!戦力分析や開幕スタメン・ローテーションも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です