ドラフト2019候補 津森宥紀(東北福祉)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 津森宥紀(東北福祉)の成績・経歴・特徴は?

2019年ドラフト候補の大学生投手を見ていきましょう。

その中の一人が東北福祉大学の津森宥紀投手です。

サイドハンドから最速149km/hのストレートを投げ、大学野球日本代表にも選ばれました

今回はそんな2019年ドラフト候補 東北福祉大学・津森宥紀経歴や成績、特徴やスカウト評価をご紹介します。

2019ドラフト  津森宥紀(東北福祉)の経歴は?

Shunsuke Deguchiさん(@deguchishunsuke)がシェアした投稿


津森宥紀の経歴です。

経歴
  • 名前:津森宥紀(つもり ゆうき)
  • 出身地:和歌山県和歌山市
  • 生年月日:1998年1月21日
  • 身長:177cm
  • 体重:78kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:楠見野球スポーツ少年団(和歌山市立楠見小学校)→和歌山ビクトリーズ(和歌山市立楠見中学校)→ 和歌山県立和歌山東高校→東北福祉大学

詳しく見ていきましょう。

津森宥紀は中学校時代に全国大会に出場!

小学校3年生から楠見野球スポーツ少年団で軟式野球を始めます。

中学校時代は、ヤングリーグ(硬式野球)の和歌山ビクトリーズに所属。

中学校3年生の夏に全国大会に出場しました。

高校は、地元の和歌山県立和歌山東高校に進学し、この時からスリークォーターからサイドハンドに転向します。

入学した時には、創部わずか4年目だったそうです。

津森宥紀は近畿大会に出場!

高校2年生夏の県大会では、1回戦、2回戦はリリーフで登板し、いずれも無失点でした。

3回戦の箕島高校戦で先発しますが、8安打を打たれて7回途中で降板、チームも敗れてしまいます。

2年生秋からはエースとなり、準々決勝・高野山高校戦、準決勝・日高高校中津分校戦で完投するなどの活躍で県大会準優勝、近畿大会に出場

近畿大会初戦の滋賀・北大津高校戦に先発しますが、9回15安打8失点と打たれ、試合も敗れました。

津森宥紀は高校3年生の時に利き腕をケガ!

高校3年生春に試合中に打球を直撃するアクシデントがあり、右腕の上腕二頭筋を断裂、1ヶ月半投球できない状況が続きました

トレーナーからは「夏の大会に間に合わないかもしれない」と言われていましたが、リハビリを懸命に行った事もあり間に合いました。

1回戦、2回戦は先発で投げ、3回戦の耐久高校戦ではロングリリーフ。

5回を投げ3安打しか打たれませんでしたが、サヨナラ負けで高校野球生活を終えました。

津森宥紀は大学野球日本代表に選出!

大学は、宮城県の東北福祉大学(仙台六大学野球連盟所属)に進学。

1年生の春から、リリーフで登板します。

全日本大学野球選手権大会にも出場し、3試合にリリーフ登板、いずれも無失点。

2年生春の東北工業大学戦で初先発初勝利を挙げてからは、先発とリリーフ両方で投げるようになります。

この年も、全日本大学野球選手権大会に出場し、1回戦の四国学院大学戦でリリーフ登板し、1回無失点に抑えますが、試合には敗れます。

2年生夏に大学野球日本代表に選ばれ、わずか2/3投球回(無失点)の登板でしたが、この年の日米大学野球にも出場しています。

津森宥紀は全日本大学野球選手権で優勝、最優秀投手に!

大学3年生の春のオープン戦で、座っていたダグアウトのベンチが壊れて転倒、地面に手をついた時に剥離骨折してしまいます。

その影響で、春のリーグ戦では2試合の登板にとどまりました。

それでもリーグ戦で優勝し全日本大学野球選手権に出場、準々決勝の白鴎大学戦で先発、10回3安打1失点(自責点0)の投球を見せます。

それ以外の試合はリリーフで投げていずれも無失点、東北福祉大学の日本一に貢献、最優秀投手にも選ばれました。

直後の大学日本代表選考合宿の紅白戦では149km/hをマークし、前年に続いて日本代表に選ばれます。

日米大学野球、ハーレムベースボールウィークでリリーフとして投げ、無失点に抑えました。

3年生秋には、リーグ戦自己最多を更新する25 1/3イニングを投げ、最優秀投手賞のタイトルを獲得します。

2019年は先発として登板する機会が増えるかもしれません。

2019年ドラフト  津森宥紀(東北福祉)の成績は?

津森宥紀の成績です。

成績
  • 甲子園出場:なし(2014年秋の近畿大会出場が最高成績)
  • リーグ戦通算(16春~18秋): 34試合、8勝3敗、91投球回、防御率0.70、奪三振率9.89、四死球率3.76
  • 全国大会通算(全日本:16、17、18):8試合、23 1/3投球回、0自責点、防御率0.00、奪三振率7.33、四死球率4.63
  • 国際大会通算(日米:17、18、ハーレム:18):6試合、6 2/3投球回、防御率0.00、奪三振率6.75、四死球率4.05

リーグ戦の防御率でも1点まで行っておらず、全国大会・国際大会の防御率は0.00となっています。

非常に高い安定感であることがわかります。

奪三振率を見ると、  そこそこ三振を取れるピッチャーといえるでしょう。

四死球率がやや高めで四死球が多いのが気になります。

ただ、この与四球率でこれだけの防御率ですから、凄いですよね。

四死球を減らせるようだと、さらにワンランク上の投手となるでしょう。

2019年ドラフト  津森宥紀(東北福祉)の特徴は?

津森宥紀の特徴です。

まずは動画(2018全日本大学野球大会、国際武道大学戦)を見てみましょう。

左足を大きく上げてタメを作り、サイドスローで投げていますね。

球の出所が見にくそうです。

クイック時でも球速が変わっておらず、ランナーがいる際でも球威が落ちることはなさそうです。

また、一塁側のプレートを踏んで投げています。

おそらく左打者への外角のボールを有効的に使いたいからでしょうね。

津森宥紀は勢いのあるストレート!


サイドから投げる最速149km/h、常時140km/h前後の速球は非常に勢いがあります。

特に高めのストレートに打者が空振りしたり振り遅れていますね。

サイドスローのボールに慣れていない選手は、対応が難しいでしょう。

また、サイドスローでシュート気味に変化しています。

プレートの一塁側から投げることもあり、右打者の内角に食い込んでくる軌道になります。

なので、右打者はかなり苦戦しそうですよね。

津森宥紀はストレートと変化球のコンビネーション

持ち球はスライダー、シンカー、カーブです。

動画では、シンカーやスライダーを投げています。

シンカーは130km/h前後で大きく変化していて、空振りを取れています。

コースが決まれば、空振りを取るのに使えそうです。

スライダーは120km/h台で打者の手元で変化していて、バッターを打ち取られたりファウルにしています。

バットの芯を外すのに有効そうです。

これらの変化球とストレートのコンビネーションが持ち味です。

津森宥紀の制球力は?

では、制球力はどうでしょうか。

動画を見た限りでは、制球力はそこまで高くありません

キャッチャーの構えたところから大きく外れたり、甘く入るケースが多いです。

なので、コースにキッチリ投げていくタイプではないことがわかります。

成績で紹介したように、与四球率も4前後なので、そこまで制球力が高いわけではなさそうですね。

もっと安定した制球力を身に付ければ、さらにワンランク上の投手のなるでしょう。

津森宥紀の特徴まとめ!

もう一度、まとめると

特徴まとめ
  • 出所が見にくいサイドスロー
  • 最速149km/hの勢いあるストレート
  • 変化球はシンカー、スライダー、カーブ
  • 制球力は高くはない

です。

制球力に課題はありますが、ストレートの威力は非常に魅力がありますね。

また、左右に曲がる変化球があるので、右左関係なく安定して投球できるでしょう。

2019年ドラフト  津森宥紀(東北福祉)のスカウト評価は?

津森宥紀のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 千葉ロッテマリーンズ・井辺スカウト:
      • 「サイドからの直球の伸び、変化球のキレは変わらずよかった。」
      • 「長く放っても(ボールが)ブレない。ブルペンで球がバラついても、マウンドでしっかり結果を出す修正能力もあった。」
      • 「あとは左打者対策がしっかりできれば。」
      • 「サイドスローは重宝する。来年のドラフト上位候補。」
  • 元ロサンゼルス・ドジャース日本担当スカウト・小島氏:
      • 「投手らしさを感じないシルエットですが、この横からの角度から140キロを超えるスピードボールをコンスタントに投げられる」
      • 「投手のバリエーションを考えるNPBスカウトなら欲しいでしょう。」
      • 「ボールのキレ、コントロールはまだ物足りませんが、この角度と勢いは大きな武器になります。」
      • 「経験を積めば、大きく成長する可能性があります。」

いずれも、大学3年生の全日本大学野球選手権後のコメントです。

サイドスローからのストレートが評価されているのが分かります。

コントロールなどの課題もありますが、ドラフトで指名されるのは確実といっていいでしょう。

現時点でのスカウト評価からも上位指名の可能性が高そうです。

今年の冬場は走り込みや体幹強化などで鍛え、「直球の球威や変化球の精度を上げたい」との事です。

今後の成長次第では、ドラフト一位で指名される可能性もありそうですね。

合せて読みたい!

【ドラフト2019】候補まとめ!評価一覧や特徴をご紹介!

2019年ドラフト  津森宥紀(東北福祉)のまとめ!

以上が、東北福祉大学 津森宥紀経歴や成績、特徴やスカウト評価でした。

勢いのあるストレートと変化球のコンビネーションが特徴です。

最速149km/hと球速の出るサイドスローなので、先発もリリーフもこなせそうです。

なので、2019年ドラフトで指名はほぼ確実でしょう。

スカウト評価からもドラフト上位の可能性が高く、制球力が向上すれば、一位指名の可能性も考えられます。

これからの津森宥紀の活躍や動向に注目したいですね。