2018年 プロ野球 新人王 予想!パ・リーグの候補選手やルーキーをご紹介

2018年 プロ野球 新人王 予想 パ・リーグ 候補選手 ルーキー 紹介

こんにちは~

たけぽんです。

プロ野球の開幕まで残り一週間となりましたね!

今回は2018年のパ・リーグ新人王の予想をしたいと思います。

3月23日時点の情報を元に新人王の可能性が高そうな選手を3名ご紹介したいと思います。

記事の最後にはアンケートも実施していますので、投票してくれると嬉しいです!

 

2018年 パ・リーグ 新人王 予想!

まず最初に2018年のパ・リーグ新人王の予想を公開します。

2018年パ・リーグ新人王予想
  • 宗佑磨
  • 田嶋大樹
  • 藤岡裕大

の3名をピックアップしました。

この中から新人王が出てくるかな?

それでは順番に各選手の特徴や、現時点での最新情報、どのくらいの成績を残しそうか?をご紹介していきたいと思います。

勘に頼っている部分が大きいので間違ってもあまり責めないでください(笑)

2018年 パ・リーグ 新人王 No.1候補 宗佑磨

私の中での新人王No.1候補はオリックスの宗佑磨です。

2014年のドラフト2位の高卒選手で、ギニア人と日本人のハーフです。まだ21歳と若いですね~

4年目で1軍での通算打席数は30なので、新人王の資格があります。

まずはオープン戦の成績を見てみましょう。

宗佑磨のオープン戦成績

11試合 打率.310 4本塁打 5打点 4盗塁 OPS1.013

主に1番センターでオープン戦に出場しています。

今シーズンのキャンプまでは内野手登録だったようですが、打撃の良さや身体能力の高さを生かすために外野へ転向したと思われます。

ちなみに外野は昨年のフェニクスリーグから挑戦をしていたようです。

現時点でオープン戦の成績を見てみると4ホームランも打っており、現時点でオープン戦のホームラン王です。

守備の転向をみると、首脳陣がかなり期待しているのがわかります。おそらくこのまま開幕スタメンになるでしょうね?

宗佑磨はどんな選手なのか?

紹介動画があったので貼っておきます。

この紹介を見るとやばいですね~

打撃はかなり良いものを持っていそうですね。逆方向にホームランを打てる技術もありますし、変化球にも崩されながらも対応出来ています

内角も上手く対応出来そうなので、かなりの成績を残せそうです。

さらに50m5秒8の俊足で、遠投100mの肩を持っているので3拍子揃った選手です。

将来性を考えると首脳陣はなんとしても使ってみたいですよね。

どのくらいの成績を残せそうか?

具体的には?ズバリ!

130試合 打率.285 15本塁打 50打点 20盗塁

くらいは残してくれそうですね。

もしこのくらいの成績を残すとなると、2018年のオリックス打線はけっこうやばそうですね。

2018年パ・リーグの打者タイトルホルダー予想!!下記の記事をチェック!

2018年プロ野球パ・リーグ 打撃タイトルホルダー 予想!首位打者、ホームラン王、打点王は?

2018.03.22

2018年 パ・リーグ 新人王 No.2候補 田嶋大樹

続いて新人王No.2候補はオリックスの田嶋大樹です。

2017年ドラフト1位の期待のルーキーです。

まずはオープン戦の成績を見てみましょう。

廣岡大志のオープン戦成績
  • 3月4日 3回2/3 3安打 3失点 1奪三振 1四球
  • 3月10日 5回 3安打 2失点 4奪三振 2四球

計 2試合 8回2/3 6安打 5奪三振 3四球 防御率3.12

オープン戦ではまずまずの成績を残していますね。

3月10日の投球では5回を投げしっかり試合を作っていますし、この日はMAX151km/hを記録したそうです。

3月17日には慶応大戦で打ち込まれる場面もあったようですが、既に開幕ローテ当確との情報も出ており、開幕2戦目の先発が濃厚のようですね。

まだ3戦しか投げてないのに凄い信頼感ですね。

田嶋大樹はどんな選手なのか?

動画を見ていきましょう

右打者の内角に速球をバンバン投げられるのは非常に良いですね!質も良いです。

阿部になげた151km/hの速球はコースも質も一級品ですね。

変化球も非常に腕が振れているので、打者はかなり対応しにくそうですね。

特に右打者への外角の落ちる球は厄介でしょう。

制球もまずまずで、若干変化球が高めに入る場面がありますが、四球で崩れていくタイプではなさそうです。

ではどのくらいの成績を残すのか?

具体的には?ズバリ!

10勝8敗 防御率3.30

ローテーション守れれば二桁は行ってくれるでしょう。

先ほどの宋や田島が活躍したらオリックスはかなり良い戦いが出来そうですね。

2018年パ・リーグの投手タイトルホルダー予想!!下記の記事をチェック!

2018年プロ野球パ・リーグ 投手タイトルホルダー 予想!最多勝、最優秀防御率、最多セーブは?

2018.03.22

2018年 パ・リーグ 新人王 No.3候補 藤岡裕大

続いて新人王No.3候補はソフトバンクホークスの藤岡裕大です。

2017年のドラフト2位で社会人卒なので即戦力として期待されているルーキーですね。

まずはオープン戦の成績を見てみましょう。

藤岡裕大のオープン戦成績

1試合 打率.750 0本塁打 2打点

3月3日のオープン戦に出場して猛打賞していますが、その1試合のみの出場です。首痛があって出遅れていたようです。

最近1軍に復帰したようで、23日から開幕ショートスタメンのテストをするそうで、首脳陣の期待の高さが伺えますね。

ショートには平沢がいますので、どうなるかわからないのが正直なところですが、社会人時代は外野もやっていたそうなので外野での起用もあるかもしれません。

藤岡裕大はどんな選手なのか?

動画を見ていきましょう

バッティングフォームは良い感じですね。

タイミングも取れてますしボールの見極めも出来ています。

動画では引っ張りで強い打球を打っていますが、逆方向にも強い打球を打つことが出来るようです。

打撃センスはかなり高そうですね。

50m走は6秒1の俊足で、遠投110m、投手としては149km/hを計測したこともあるようです。

身体能力も高いので外野も面白そうですよね。

ではどのくらいの成績を残すのか?

具体的には?ズバリ!

120試合 打率.270 5本塁打 30打点 10盗塁

このくらいは残しそうな気がします。

一応、開幕はサブで途中から外野起用という感じで想定しています。

平沢がオープン戦調子いいので開幕スタメンは厳しいでしょうね。

2018年パ・リーグ優勝予想!どこが優勝なのかチェック!!

プロ野球 2018年 ペナント パリーグ順位予想!優勝ソフトバンク、2位楽天、3位西武、4位オリックス!

2018.02.25

2018年 プロ野球 パ・リーグの新人王はどうなる?

以上が2018年プロ野球パ・リーグの新人王予想でした。

改めて予想と成績をまとめておきます。

2018年パ・リーグ新人王予想
  1. 宗佑磨・・・130試合 打率.285 15本塁打 50打点 20盗塁
  2. 田嶋大樹・・・10勝8敗 防御率3.30
  3. 藤岡裕大・・・120試合 打率.270 5本塁打 30打点 10盗塁

この中の選手が来たら当たりということにしておいてください。

2018年パ・リーグ新人王アンケート是非投票お願いします!!

2018年 パ・リーグ 新人王は?




2018年 プロ野球 新人王 予想 パ・リーグ 候補選手 ルーキー 紹介

Twitterで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です