【最新】プロ野球 オープン戦・公式戦中継をネット放送で見る方法や最安値のまとめ!

【最新】プロ野球のオープン戦・公式戦をネット放送で見る方法や最安値のまとめ!

プロ野球のオープン戦や公式戦の中継をネットで視聴する方法のご紹介です。

各チームごとに視聴可能な各種サービスや価格を一覧表でご紹介。

無料視聴できるサービスもご紹介しています。(違法視聴は含まれておりません)

これを見て、プロ野球をネットで楽しみましょう!

プロ野球のネット放送一覧!

プロ野球のネット放送について各チームごとに一覧表でご紹介していきます。

セ・リーグのネット放送一覧!

月額広島ヤク巨人横浜中日阪神
DAZN1,750円  〇 〇 〇 〇 
J SPORTSオンデマンド2,400円〇 〇 
フジテレビオンデマンド1,000円〇 
楽天TV
1,620円〇 
GLS1,500円〇 
Hulu933円〇 
ニコニコ動画無料〇 
AbemaTV無料〇 
Paravi925円 
虎テレ648円〇 
カープ動画LIVE1試合324円〇 

*スマホは右にスクロール可

セリーグのネット中継一覧は上記となっています。

2019年DAZNのセ・リーグ放送は広島とヤクルトが無くなり、横浜、中日、阪神の3球団となるようです。

*3/23のオープン戦から巨人が追加となります。

その為、ネットでセ・リーグの試合をすべて網羅するには、複数のサービスに加入しなくてはなりません。

無料では、横浜主催試合がニコニコ動画とAbemaTVで視聴可能です。

DAZN、フジテレビオンデマンドは一カ月無料、Huluは2週間無料となっているので、試してみるのも良いですね。

パ・リーグのネット放送一覧!

 月額西武ホー日ハオリ千葉楽天
DAZN1,750円
Rakuten パ・リーグSpecoal690円
パ・リーグTV1,450円
J SPORTSオンデマンド2,400円
フジテレビオンデマンド1,000円
楽天TV1,620円 
At Eagles無料

*スマホは右にスクロール可

パ・リーグの場合は、セ・リーグと違って、複数のサービスに加入する必要はありません。

パ・リーグ主催ゲームのみであれば、パ・リーグTV、Rakuten パ・リーグSpecoal、DAZNのどれかに加入することで網羅することが可能となっています。

無料では、楽天主催試合がAt Eaglesにて視聴可能となっています。

DAZN、フジテレビオンデマンドは一カ月無料となっているので、試してみるのも良いですね。

プロ野球を全試合ネットで見たい方向けの最安値!

プロ野球を全試合ネットで見たい方向けに最安値を検討してみます。

ネットでセ・リーグを全試合視聴する最安値は?

計4,981円

セリーグの場合は、上記4サービスに加入することで、セ・リーグ主催の全試合の視聴が可能となります。

ただ、J SPORTSオンデマンドがかなり高いです。

広島主催を捨てても良いというのであれば、

計2,750円

となり、さらにヤクルトを捨てると

計1,750円
  • 巨人&横浜&中日&阪神主催:DAZN・・・1,750円

となり、だいぶ安くなってきますね。

また、応援チームの対戦カードによって月額課金を停止するなどの対応をすれば、さらに費用を削ることが出来ます。

ネットでパ・リーグを全試合視聴する最安値は?

計690円

パ・リーグの場合は、Rakuten パ・リーグSpecoal一択でしょう。

パ・リーグ全主催の放送、さらにCSまで放送があるにもかかわらず、格安ですよね~

しかも、2月28日までの契約であれば、早割りとして50%引きクーポンが貰えます。

クーポンを使うことで、年額プランで2,750円(229円/月)という破格の安さです。

3/28までに年額パックを契約すれば、2,019円引きで月額290円で利用することが可能です。

楽天IDがあればすぐに見れますし、支払いをクレジットカードにすることで、楽天スーパーポイントも貯まります。

さらに、楽天市場でのお買い物が常時+1倍となり特典もあります。

ネットでパ・リーグの試合を視聴する予定の方は、ぜひ検討してみましょう!

ネットで全試合視聴する最安値まとめ

セ・リーグとパ・リーグでだいぶ費用が変わってきますね。

交流戦期間は普段と別のリーグ主催が入ってくるので、交流戦期間中は上記を参考に契約してみて下さい。

応援するチームの対戦カードを考え、1カ月だけ契約することで、費用を抑えられますね。

プロ野球のネット放送まとめ

以上がプロ野球のネット放送まとめです。

2019年シーズンはDAZNの放送球団減少により、セ・リーグをネットで全試合視聴するのは難しくなりましたね。

どうしてもネットで全試合見たい場合は、

計4,981円

という契約になってしまいます。

これだとちょっと面倒ですよね。

これを機会にCSを検討したいという方は、全球団全ての試合が視聴可能な、スカパーのプロ野球パックがおススメです。

3/31までの加入で割引もあるようです。

逆にパ・リーグはパ・リーグTV、Rakuten パ・リーグSpecoal、DAZNの3サービスでパ・リーグ主催を全試合視聴できます。

おススメはRakuten パ・リーグSpecoalですね。

2/28までなら年間パック半額キャンペーンで、月額229円という破格の安さです!

3/28までなら年額パックが2,019円お得になり、月額290円となるそうです。

セ・リーグファンからすると、この格差を何とかして欲しいところです。

MLBをお手本にして、NPBが全主催ゲームを視聴できるようなサービス展開を考えて欲しいですよね。

合せて読みたい!

【2019最新】プロ野球の順位予想まとめ!解説者予想やタイトル争い予想もご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です