2019千葉ロッテ 戦力分析!開幕スタメン・ローテーションも!

2019千葉ロッテ順位予想!戦力分析や開幕スタメン・ローテーションも!

昨年五位だった千葉ロッテ。

オフシーズンは補強も活発で、今シーズンへの意気込みが感じられます。

スローガンを「マウエ↑」とし、垂直に上を目指そうという決意が感じられます。

今回は、そんな2019千葉ロッテの順位予想や戦力分析、開幕スタメンやローテーションを予想します。

3/8時点の情報を元にしています。

2019年千葉ロッテの順位予想

まずは2019年千葉ロッテの順位予想をご紹介します。

2019年千葉ロッテの順位予想は?

2019年のパ・リーグ順位予想は下記としました!

順位球団
1位ホーク8261
2位日ハム78654.0
2位西武78650.0
4位楽天677611.0
5位オリ63804.0
6位ロッテ61822.0

私が予想した千葉ロッテの順位予想は6位です。

やはり戦力的には今シーズンも厳しそうで、オリックスとの最下位争いとなりそうです。

パ・リーグの順位予想結果の詳細は下記で紹介していますので、気になる方はチェック!

合せて読みたい!

【2019】パ・リーグ順位予想まとめ!ペナントレースの戦力分析結果を公開!

2019年千葉ロッテの戦力分析

先ほどの順位予想は「戦力値」という数値で計算しています。

その戦力値が2018年 → 2019年でどう変わるかをご紹介します。

ロッテ
項目加点減点
藤原加入0.5 
小島加入0.5 
バルガス加入1 
レアード加入1.5 
レイビン加入0 
ブランドン加入0.5 
シェッパーズ退団 1
ドミンゲス退団 0.5
角中アップ(0.5→1.5)1 
荻野アップ(0.5→1.5)1 
藤岡アップ(-0.5→1.0)1.5 
酒居アップ(0→0.5)0.5 
チェンアップ(0→0.5)0.5 
大谷アップ(0→0.5)0.5 
唐川ダウン(1→0.5) 0.5
ボルシンガーダウン(3→2.5) 0.5
92.5

今シーズンは実績のあるレアードを獲得し、新外国人も3名補強していますね。

また、藤原・東妻あたりの新人選手も即戦力として貢献してくれそうです。

球場改修の影響は見逃せない!?

ZOZOマリンスタジアムが2019年から変わりますね。

改修内容は

マリン改修内容
  • ホームランラグーンの設置
  • サブマリンシートの設置
  • ダッグアウトボックスの設置

です。

詳細は下記サイト確認下さい。

改修内容全てが打者有利となる変更です。

なので、2019年シーズンのロッテは打高投低となるでしょう。

どのくらい影響が出るかわかりませんが、地の利を生かすことが、上位に食い込む重要なポイントとなりそうですね。

2019千葉ロッテの開幕スタメン予想!

まず戦力分析していく為に、千葉ロッテの開幕スタメンを予想しました。

打順名前守備位置年齢
1番荻野貴司中堅手34
2番中村奨吾二塁手27
3番角中勝也右翼手32
4番井上晴哉一塁30
5番バルガスDH29
6番レアード左翼手32
7番鈴木大地三塁30
8番田村龍弘捕手25
9番藤岡祐大遊撃手26

打線は打撃重視にしました。

守備面は厳しい感じですが、ZOZOマリンの改修もあるので、思い切って攻撃に振ってみました。

新外国人はどうなる?

気になるのは外国人枠です。

ボルシンガー・レアードは確定でしょうから、残り二枠となります。

候補としては新加入のブランドン・レイビン・バルガス、そしてチェンの4名です。

ロッテの場合左腕が少ないので、リリーフでチェンが入って来るでしょう。

ただ、打線を考えるとバルガスは入れたいところです。

なので、ブランドン・レイビンは外れるでしょう。

新人の藤原に期待!

高卒一年目ですが、藤原恭大を開幕一軍と予想しました。

一年目から打撃で結果を残すのは難しいでしょうが、走力と守備力では既に一軍トップクラスです。

走力野球を掲げている井口野球にピッタリの選手なので、将来性も考えて使いたい選手ですね。

特に、先ほどのスタメンですと外野の守備に難があるので、守備要因として重宝しそうです。

期待の安田は?

やはり気になるのは期待の安田ですよね。

昨年は二軍で打率.271、12本塁打という好成績を残しました。

高卒一年目でここまでの成績を残せるのですから、素晴らしいですよね~

今シーズンは一軍で経験を積ませたいでしょうね。

しかし、安田が出場するとすれば、三塁・一塁・DHです。

ただここには井上・レアード・鈴木大地・バルガスがいるので、出場するのは厳しい状況です。

今シーズンも出場機会は少なくなりそうです。

2019年 千葉ロッテが優勝する為に打撃陣は何が必要?

打線は長打力が課題です。

その為、レアードを獲得しましたが、正直なところ成績以上に貢献度が少ない選手です。

なので、得点力を上げるには、中村・井上・角中あたりの中軸が、キャリアハイくらいの成績を残さないと厳しいでしょうね。

そう考えると、井口監督の掲げる走力野球の方向性は間違っていないと言えるでしょう。

2019年 千葉ロッテの先発ローテーション

続いて先発ローテーションです。

日程によって変わるでしょうが、良い順に並べています。

順番名前投げ年齢
1石川歩31
2ボルシンガー31
3涌井秀章33
4有吉優樹28
5二木康太24
6酒居知史26

先発投手はまずまず揃っています。

ボルシンガー・石川・涌井という3枚看板は、今シーズンもある程度のイニングは消化してくれそうです。

若手でこの3人に続く先発投手陣が出てきつつあるので、楽しみなシーズンとなりそうです。

新外国人は?

先発候補としてブランドン・レイビンがいますが、活躍は厳しそうです。

特に外国人枠もあるので、出場自体も少ないでしょうね。

ただ、先発の左腕がいないので、ブランドンあたりは投げるケースも出てくるかもしれません。

石川の奮起に期待!

今シーズンこそは石川の奮起に期待したいですね。

ここ2年は二桁勝利を逃し、苦しいシーズンとなっています。

ただ、昨年前半は良かった時の石川が見られたりと、復調の兆しは見えています。

今シーズンは開幕投手を務めることが決定しているだけに、期待したいところです。

最低二桁はして欲しいですね。

二木には規定投球回を希望!

2017年に初の規定投球回に到達しましたが、昨年は二軍落ちする等、期待に応えられませんでした。

それでも防御率3点台で100イニングという成績を残せています。

なので、もっと出来るはずです。

今シーズンは規定投球回を投げて、二けた勝利を狙いたいところですね。

2019年 千葉ロッテが優勝する為に先発陣は何が必要?

ロッテの先発陣はまずまずです。

その中でもボルシンガー・石川・涌井あたりは十分二桁勝利できる実力があります。

特に石川・涌井はもっと成績を残せても不思議ではありません。

この二人がどこまで成績を伸ばせるかが、ロッテ浮上のカギでしょうね。

2019年 千葉ロッテのリリーフ陣

続いて2019年の千葉ロッテのリリーフ陣です。

役割名前投げ年齢
抑え内竜也34
勝ち益田直也30
勝ち大谷智久34
勝ち松永昂大31
チェン29
負け東妻勇輔23
ロング唐川侑己30

全体的に見て層が薄いです。

特に勝ちパターンでビシッと〆てくれる感じではありません。

また全体的に年齢も高く、厳しい状況なのがわかりますね。

抑えは誰?

抑えは昨年に続いて内でしょう。

ロッテリリーフ陣の中では一番信頼できる選手です。

リリーフとしての実績もありますし、ある程度の成績は残せるでしょうね。

ただ、昨年の成績を見ると不安な部分も大きいです。

正直なところ、内に代わる守護神の台頭を願うか、または助っ人を探したいところです。

レイビンは抑えにならない?

はやり抑えはやはり悩みます。

現時点のメンバーで考えられるのは新助っ人のレイビンです。

私が調査した限りでは、2015年の速球の平均球速は157km/hという球速が武器の投手でした。

ただ、その後に薬物違反で出場停止になって以降、速球の平均球速は151.5km/hまで下がっています。

年々球速は落ちていることを考えると、日本で活躍するのは非常に厳しい印象です。

外国人枠の問題もあり、レイビンが一軍で活躍するのは難しいでしょうね。

若手の台頭に期待

ロッテの投手陣は全体的に年齢が高いですね。

さらに有望な20代前半で活躍している選手が少ないので、将来的な不安もあります。

そこで期待したいのは東妻勇輔です。

最速155km/hの勢いある速球が武器で武器の本格派右腕です。

三振を多く奪えるタイプなので、リリーフでも面白いと思います。

また、こういったタイプはロッテに少ないので、いい相乗効果も発揮しそうですよね。

合せて読みたい!

2018年ドラフト 日本体育大学 東妻勇輔は最速155キロ!成績・経歴・特徴は?

その他にも、期待の種市・成田・岩下あたりには実戦経験を積ませたいですね。

その為、今シーズンあたりは中継ぎで起用するのもありでしょう。

2019年 千葉ロッテが優勝する為にリリーフ陣は何が必要?

ロッテのリリーフ陣は層が薄いです。

ただ、内・益田・大谷・松永といった実績がある選手が多い印象です。

彼らが勝ちパターンとして、キャリアハイくらいの成績を残せれば、素晴らしいリリーフ陣となるでしょう。

逆にそのくらいのインパクトが無いと、優勝は厳しいでしょうね。

2019千葉ロッテ戦力分析!まとめ

以上が2019年千葉ロッテの順位予想や戦力分析、スタメン・ローテーション予想でした。

まとめると

2019千葉ロッテのまとめ
  • パ・リーグ順位予想は6位
  • 打撃陣は攻撃重視になる?
  • 先発は揃っておりボルシンガー・石川・涌井の三枚看板は高レベル
  • 4枚目以降が三人に続けるかがポイント
  • リリーフ陣は層が薄い
  • 全員で成績を上げて行く必要がある

です。

順位予想は六位で、オリックスとの最下位争いになるでしょう。

先発陣は比較的高レベルで揃っています。

ただ、課題は打撃陣とリリーフ陣です。

打撃陣については得点力不足なので、井上・角中あたりのさらなる奮起に期待したいところ。

リリーフ陣については、全体的に手薄です。

全員で成績を上げていくことが必要になるでしょうね。

特にZOZOマリンの改修の影響もあるので「投手陣の奮起」は重要なポイントでしょう。

合せて読みたい!

2019オリックス戦力分析!開幕スタメン・ローテーションも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です