2019巨人順位予想!戦力分析や開幕スタメン・ローテーションも!

2019巨人順位予想!戦力分析や開幕スタメン・ローテーションも!

今シーズンから原監督が指揮を執る巨人(読売ジャイアンツ)。

オフシーズンの大型補強により2019年が非常に楽しみですね。

スローガンもShow The Spirit〜和と動ということで、今シーズンに期待が掛かります。

そこで今回は2019巨人の順位予想や戦力分析、開幕スタメンやローテーションを予想します。

2019年巨人の順位予想

まずは2019年巨人の順位予想をご紹介します。

2019年巨人の順位予想は?

2019年のセ・リーグ順位予想は下記としました!

順位球団
1位巨人8261
2位広島77665.0
3位阪神71726.0
4位ヤク70731.0
5位横浜65785.0
6位中日64791.0

私が予想した巨人の順位予想は1位です。

昨シーズンは三位でしたが、大型戦力補強により首位となりました。

昨年首位だった広島から丸をFAで獲得したことで、戦力差が逆転しています。

丸の移籍の影響は大きいですよね~

セ・リーグの順位予想結果の詳細は下記で紹介していますので、気になる方はチェック!

合せて読みたい!

【2019】セ・リーグ順位予想まとめ!ペナントレースの戦力分析結果を公開!

2019年巨人の戦力分析

先ほどの順位予想は「戦力値」という数値で計算しています。

その戦力値が2018年 → 2019年でどう変わるかをご紹介します。

項目加点減点
丸加入(7→6)6 
クック加入1 
ビヤヌエバ加入2 
高橋優貴加入
0.5
岩隈加入0 
炭谷加入0 
カミネロ退団 0.5
マギー退団 1.5
内海退団 1
長野退団 2
畠アップ(0.5→2)1.5 
田口アップ(1→2)1 
阿部アップ(0→1)1 
陽アップ(0→1)1 
石川アップ(0→2)1.5
メルセデスアップ(3→4)1 
今村アップ(1.5→2.5)1 
亀井ダウン(1.5→0)1.5
岡本ダウン(4→3) 1
重信ダウン(1→0.5) 0.5
アダメスダウン(0.5→0) 0.5
上原ダウン(0.5→0) 0.5
17.59

戦力値はトータルで8.5もアップしています。

大幅な戦力アップといって良いでしょう。

特に広島からFAで加入した丸が非常に大きなインパクトですね。

丸だけでも大幅な戦力アップとなっています。

また、マギーやカミネロが退団していますが、ビヤヌエバやクックといった新外国人が加入しており、戦力ダウンとはならないでしょう。

その他には、昨年良かったメルセデスや今村あたりは今シーズンも活躍してくれるでしょう。

続いての巨人の現状や課題を分析していきます。

2019巨人のスタメン予想!

まず戦力分析していく為に、巨人の開幕スタメンを予想しました。

打順名前守備位置年齢
1番坂本勇人遊撃手31
2番吉川尚輝二塁手24
3番丸佳浩中堅手30
4番岡本和真一塁手23
5番阿部慎之介捕手40
6番ビヤヌエバ三塁手28
7番石川慎吾左翼手26
8番陽岱鋼右翼手32

強力な打線ですね~

丸が加入したことで、打順がどうなるかは悩ましい所です。

それだけ選手が豊富にいるということですね。

阿部慎之介の捕手はどうなる?

やはり気になるのは阿部の捕手挑戦です。

個人的には良い挑戦だなと思いますが、年齢的なことを考えるとかなり厳しいでしょう。

フル出場はまず無理で、小林や大城あたりと併用しながらの起用となるでしょうね。

捕手としてみればまだまだ阿部の打撃力は高いので、捕手として出場する試合数が多ければ、その分貢献度は多くなるでしょう。

ビヤヌエバは活躍する?

続いて気になるのは新外国人のビヤヌエバです。

下記で分析してみましたが、個人的には「そこそこ」という印象です。

合せて読みたい!

巨人 新外国人助っ人クリスチャン・ビヤヌエバを獲得!?メジャーでの成績や傾向を徹底分析!

打率は低いものの、30本塁打くらいは打ちそうな感じです。

巨人の場合は打者の外国人は一人になるでしょう。

なので、ビヤヌエバかゲレーロかという選択です。

仮にビヤヌエバがダメであれば、ゲレーロが代わりに出ることになります。

ゲレーロもしっかり出場すれば30本塁打くらいはするでしょうから、ビヤヌエバが活躍しなくても大した問題ではありませんね。

2019年は石川がブレーク!?

個人的には2019年に石川慎吾がブレークすると思っています。

さっそく2月3日の紅白戦で結果を残しましたね。

内角の非常に難しいボールをしっかりとらえてホームランにしています!

このバッティングが出来れば、十分一軍で好成績を残せるでしょう。

昨年は一軍でわずか17試合のみの出場でしたが、二軍では95試合で打率.335、12本塁打、52打点という素晴らしい成績でした。

守備面でも無難にこなしてくれるので、そろそろ出てきて欲しい選手ですね。

2019年 巨人が優勝する為に打撃陣は何が必要?

巨人の場合は戦力的には一位なので、戦力通りの力を出すことです。

坂本・丸あたりは2019年も安定した成績を残すでしょう。

岡本に関しても、若干成績を下げる可能性はありますが、それでも十分四番としての働きをしてくれると思います。

逆にこの三人のうち誰かが怪我をしたり、極端に成績を落とすと厳しい戦いとなるでしょう。

なので、巨人が優勝する為には、特にこの三人が離脱せず、安定した成績の残すことでしょうか。

2019年 巨人の先発ローテーション

続いて先発ローテーションです。

日程によって変わるでしょうが、良い順に並べています。

順番名前投げ年齢
1菅野智之30
2山口俊32
3メルセデス25
4田口麗斗24
5今村信貴25
6畠世周25

非常に厚みのある先発ローテーションですね。

菅野・山口・メルセデスで35勝くらいは狙えるでしょうか。

また、昨年不調だった田口も本調子に戻れば、十分二桁勝利を狙える選手です。

こうしてみると、巨人の先発陣はかなり厚いことがわかります。

2019年のメルセデスの活躍に期待!

菅野・山口は普通に活躍するとして、他に注目したいのはメルセデスです。

昨年はシーズン途中からの合流でしたが、13試合に登板し、防御率2.05、5勝4敗という成績でした。

防御率2点台前半というのは凄いですよね。

なので、2019年シーズンも活躍するでしょう。

フルにローテーションを回れば、最低二桁勝利をしてくれるでしょう。

上手くすれば、菅野並の成績を残す可能性もあるでしょう。

2019年の今村信貴に期待!

今シーズンは今村信貴の飛躍に期待しましょう。

昨年はシーズン途中からの合流でしたが、防御率3.86、6勝2敗という成績でした。

ストレートの勢いもあり、空振りが取れる切れの良さがありましたね。

それによりチェンジアップやカーブを有効に使えていました。

昨年のような投球が出来れば、十分二桁勝利も見えてくるでしょう。

2019年 巨人が優勝する為に先発陣は何が必要?

巨人の場合は戦力的には一位なので、戦力通りの力を出すことです。

菅野・山口・メルセデスで最低でも30勝はしたいところです。

逆のこの三人が怪我をしたり、調子を落としたりすると、苦しくなるでしょう。

なので、特にこの三人が実力通りの働きをすることが必要でしょうね。

2019年 巨人のリリーフ陣

続いて2019年の巨人のリリーフ陣です。

役割名前投げ年齢
抑えマシソン32
勝ちクック35
勝ち澤村拓一31
勝ち吉川光夫31
対左高橋優貴22
負け池田駿27
ロング宮國椋丞27

全体的に手薄感がありますね。

抑えについてはマシソンかクックという選択でしょうが、実績から見ればマシソンが良いでしょうね。

澤村も昨年の状況を見ると厳しそうですし、上原も手術開けや年齢のことを考えると、戦力として考えるのは酷でしょう。

そろそろ若手の生きのいい投手が欲しいところですね。

2019年の巨人の抑えは誰だ?

個人的にはマシソンに落ち着くと思います。

若干不安定な時がありますが、4年連続防御率2点台という毎年安定した成績を残しています。

現在の巨人のリリーフ陣を見れば、一番信頼出来るのがマシソンでしょう。

ただ、唯一抑えをやった2014年はあまり良い成績では無かったので、抑えが苦手の可能性もあります。

その場合は、クックという選択になるでしょうね。

2019年新外国人のクックはどうなの?

個人的にはクックはそこそこ活躍すると思います。

下記で分析してみましたが、

合せて読みたい!

巨人 新外国人助っ人ライアン・クックのメジャーでの成績や傾向を徹底分析!

MLBでの実績もありますし、三振を多くとてるタイプです。

特に2012~2014年はチームのセットアッパーとして素晴らしい成績を残しています。

その後トミージョン手術により球速が落ち、成績が低迷していましたが、昨年あたりから回復しています。

そう考えると2019年あたりは本領発揮といった感じでしょうか。

ただ、クイックが遅いので、リリーフとしては脆さが出ることもありそうです。

クイックを改善できるのであれば、抑えでも面白いかもしれませんね。

吉川光夫のリリーフは面白い!

巨人のリリーフを見ると左腕不足です。

そこで白羽の矢が立つのが吉川光夫。

昨年は先発・中継ぎとして6勝を挙げましたが、中継ぎの際の投球は非常に良かったです。

元々球速は150km/hくらいを投げますし、非常に勢いがある速球です。

左のリリーフとしてこのくらいのボールを投げられる投手はなかなかいません。

リリーフに専念すれば、かなり良い成績を残せそうです。

先発ローテに入るのは難しいでしょうから、リリーフで使いたい選手ですね。

高橋優貴が一年目から活躍?

また左としては新人の高橋優貴が面白そうです。

最速152km/hの速球を持っていますし、スライダー・スクリュー共に良いボールを投げていましたね。

三振が取れるタイプですので、リリーフとしてはかなり使えそうですね。

先発は層が厚いのでローテーションに入るのは難しそうですが、リリーフであれば即一軍である程度の活躍は出来るでしょう。

2019年 巨人が優勝する為にリリーフ陣は何が必要?

巨人の弱点はリリーフです。

昨年もリリーフがある程度機能すれば、二位も狙えたはずです。

打線や先発が良いだけに、リリーフがもう少し良くなれば、ぶっちぎりの一位になるでしょう。

優勝を狙うには、抑えと勝ちパターンの投手の防御率が3点台に収まるくらいの成績を残すことです。

このくらいのリリーフを揃えられれば、一位になるでしょうね。

2019巨人順位予想!まとめ

以上が2019年巨人の順位予想や戦力分析、スタメン・ローテーション予想でした。

まとめると

2019巨人のまとめ
  • セ・リーグ順位予想は1位
  • 打線は強力で、坂本・丸・岡本は12球団屈指
  • 阿部が捕手で出場する機会が多ければその分プラスに
  • ビヤヌエバはそこそこ活躍するが、ダメだとしてもゲレーロなどのバックアップは豊富
  • 石川慎吾が覚醒するか?
  • 菅野・山口・メルセデスで35勝
  • 田口・今村も二桁狙える
  • リリーフが弱点だが、吉川・高橋の左コンビニ期待
  • 抑え・勝ちパターンで防御率3点台には抑えたいところ

です。

順位予想は一位で、戦力的にもセ・リーグNo.1でしょう。

特に丸が加入したことで、打線にさらなる厚みが出ています。

また、先発陣も非常に厚く、菅野を筆頭に二桁狙える選手が沢山います。

ただ、リリーフ陣には不安が残ります。

昨年のように崩壊せず、勝ちパターンで防御率3点台に収まれば、十分優勝を狙えるでしょう。

合せて読みたい!

2019阪神タイガース順位予想!戦力分析や開幕スタメン・ローテーションも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です