2019広島カープ戦力分析!や開幕スタメン・ローテーションも!

2019広島カープ順位予想!戦力分析や開幕スタメン・ローテーションも!

昨年三連覇を果たした王者広島カープ。

オフシーズンには丸が退団となりましたが、それに代わる選手は沢山いますので、そこまで心配する必要はないでしょう。

スローガンも水金地火木ドッテンカープということで、破壊力がありそうですね(笑)

今回は、そんな2019広島カープの順位予想や戦力分析、開幕スタメンやローテーションを予想します。

*予想は3/8時点の情報を元にしています。

2019年広島カープの順位予想

まずは2019年広島カープの順位予想をご紹介します。

2019年広島カープの順位予想は?

2019年のセ・リーグ順位予想は下記としました!

順位球団
1位巨人8162
2位広島77664.0
3位ヤク71726.0
4位阪神70731.0
5位横浜66774.0
6位中日64792.0

私が予想した広島カープの順位予想は2位です。

昨シーズンは一位でしたが、やはり丸の移籍は大きなインパクトです。

丸の移籍の影響は大きいですよね~

ただ、勝敗表を見ると、そこまで大きな差ではないので、十分首位を狙える位置と言えるでしょう。

セ・リーグの順位予想結果の詳細は下記で紹介していますので、気になる方はチェック!

合せて読みたい!

【2019】セ・リーグ順位予想まとめ!ペナントレースの戦力分析結果を公開!

2019年広島カープの戦力分析

先ほどの順位予想は「戦力値」という数値で計算しています。

その戦力値が2018年 → 2019年でどう変わるかをご紹介します。

広島
項目加点減点
ローレンス加入0 
レグナルド加入2 
長野加入(2→0.5)0.5 
丸退団 7
ジャクソン退団 0.5
福井退団 0
菊池アップ(3→4)1 
野間アップ(1→2)1 
バティスタアップ(1→2)1 
松山アップ(1→1.5)0.5 
坂倉アップ(0→0.5)0.5 
床田アップ(0→2)2 
今村アップ(0.5→1)0.5 
大瀬良ダウン(4→3) 1
ヘルウェグダウン(0.5→0) 0.5
99

丸が移籍しましたが、戦力値は昨年と変わっていません。

丸が抜けた穴は、元々いた選手たちで十分カバーできている証拠ですね。

特に若手の有望株が多いので、今シーズンもブレークする選手が出てきそうなので、非常に楽しみです。

続いての広島カープの現状や課題を分析していきます。

2019広島カープの開幕スタメン予想!

まず戦力分析していく為に、広島カープの開幕スタメンを予想しました。

打順名前守備位置年齢
1番田中広輔遊撃手30
2番菊池涼介二塁手29
3番松山竜平左翼手34
4番鈴木誠也右翼手25
5番バティスタ一塁手27
6番野間峻祥中堅手26
7番西川龍馬三塁手25
8番曾澤翼捕手31

丸は抜けましたが強力な打線ですね~

1番から8番まで全体的に高レベルな選手が揃っているな、という印象です。

中軸の層も厚いですし、今年も得点力はセ・リーグ上位でしょうね。

丸に代わるセンターは野間!

やはり気になるのは丸に代わるセンターですよね。

そこにスッポリはまるのは野間でしょう。

昨年は自身初の規定打席に達し、打率.286という好成績を残しました。

三振も少なく、出塁率も比較的高いですし、昨年は盗塁を17個決め足も速いです。

丸ほどの成績は残せないでしょうが、十分レギュラーとして活躍してくれるはずです。

松山&バティスタに期待!

昨年までは、松山やバティスタが併用という形で、出場機会が少なかったですね。

しかし二人ともフルで出場すれば、かなりの成績を残すはずです。

今シーズンは丸がいなくなったこともあり、彼らの出場機会はかなり増えるでしょう。

そうなると、昨年以上の貢献度になるはずです。

野間が飛躍し、松山・バティスタが出場機会を増やすことで、丸が退団した影響はあまり感じないでしょうね。

西川・坂倉の外野起用は?

キャンプやオープン戦を見ていると、西川・坂倉の外野守備はまだむりでしょう。

まだまだ不慣れで、守備面で足を引っ張ってしまいます。

なので、坂倉は出場機会はそう多くないはずです。

西川については、サードでの起用は多くなるでしょう。

昨年の西川は100試合以上の出場をし、打率.309という素晴らしい成績でした。

やっと天才が頭角を現し始めたな、という印象です。

今シーズンはさらに飛躍の年となるでしょう。

最低でも規定打席に到達し、打率3割、10本塁打くらいの活躍はしてくれるでしょうね。

2019年 広島カープが優勝する為に打撃陣は何が必要?

昨年は菊池が不調でも優勝できましたが、今シーズンはそうは行かないでしょう

戦力という意味では、他球団ともだいぶ詰まってきている印象です。

なので、優勝する為には各選手が実力通りの力を出すことです。

特に、田中・菊池・鈴木あたりが、納得いく成績を残さないと優勝は厳しいでしょうね。

2019年 広島カープの先発ローテーション

続いて先発ローテーションです。

日程によって変わるでしょうが、良い順に並べています。

順番名前投げ年齢
1大瀬良大地28
2ジョンソン35
3野村祐輔30
4床田寛樹24
5九里亜蓮28
6岡田明丈26

先発陣が揃ってきたなという印象です。

昨年好成績だった大瀬良・ジョンソンは今年も二けた勝利はしてくれるでしょう。

この二人に続く先発陣をどこまで整備出来るかがカギとなるでしょう。

2019広島投手陣のカギは野村・岡田!

野村・岡田あたりは昨年の投球を見ると、二けた勝利は難しいかなという印象です。

野村については、ボール球を振らすことが出来なくなり、四球が増え苦しい投球でした。

岡田については、相変わらず四球で崩れるシーンが多く、好不調の波が多いです。

ただ、実績的にはこの二人に頑張ってもらわないと話になりません。

最低でも防御率3点台で二桁勝利して欲しい所ですね。

2019年は床田の復活に期待!

2017年開幕に怪我して、今シーズン復活となりました。

たまたまキャンプ中継の紅白戦?シート打撃?を見ていたら、凄い投球をしていたので非常に驚きました!

ストレートの勢いはありますし、変化球もしっかり投げられています。

3/5のオープン戦でも巨人相手に素晴らしい投球をしており、開幕ローテーションは確定でしょう。


ジョンソンに続く先発左腕がいなかったので、床田の台頭は大きなプラスですね。

2019年 広島カープが優勝する為に先発陣は何が必要?

広島唯一の弱点は先発陣といって良いでしょう。

大瀬良・ジョンソンに続く先発投手をどこまで整備出来るかが課題です。

床田あたりはローテーションを守れれば、二けた近く勝てそうです。

また、実績がある野村・岡田がいるので、彼らが奮起して二けた勝利するようだと、優勝も見えてくるでしょう。

2019年 広島カープのリリーフ陣

続いて2019年の広島カープのリリーフ陣です。

役割名前投げ年齢
抑え中崎翔太27
勝ちフランスア26
勝ちレグナルド31
勝ち一岡竜司28
負け今村猛28
負け中田廉29
ロングアドゥワ21

リリーフについては層が厚いという印象ですね。

抑えは4年連続で防御率2点台以下という安定感がある中崎で決まりでしょう。

さらに、昨年大活躍だったフランスアは今シーズンも同様に活躍するでしょうね。

2019年広島カープのキーマンはレグナルド

外国人枠を考えると、ヘルウェグかレグナルドか?という選択になります。

昨年の投球を見ると、ヘルウェグは活躍しそうですが、レグナルドはもっと良さそうです。

左腕から勢いのあるストレートを投げますし、「ハンマーカーブ」といわれるスライダー系のボールも良い変化をしていました。

昨年のフランスア同様に、レグナルドもかなり活躍しそうです。

アドゥワは今年もリリーフで

先発挑戦をしていたアドゥワですが、先発争いから脱落したそうですね。

床田が先発ローテに入りそうなので、しょうがないでしょう。

なので、昨年同様にリリーフでの起用となるでしょう。

昨年はロングリリーフや負け試合中心でしたが、便利屋として重宝しました。

今シーズンも同様の働きを期待して位ですね。

2019年 広島カープが優勝する為にリリーフ陣は何が必要?

全体的にレベルの高いリリーフ陣です。

中崎・一岡は毎年安定しており、今年も同様の活躍をするでしょう。

その中でもフランスアが昨年並みの活躍を活躍をすれば、かなり安定した戦いができるでしょう。

そこにヘルウェグが入ってくると、非常に層が厚い勝ちパターンを形成できます。

ヘルウェグの活躍次第では優勝も見えて来そうですね。

スカパー 野球中継 オープン戦 公式戦

2019広島カープ戦力分析!まとめ

以上が2019年広島カープの順位予想や戦力分析、スタメン・ローテーション予想でした。

まとめると

2019広島カープのまとめ
  • セ・リーグ順位予想は2位
  • 打線は強力で、1番から8番まで全体的に高レベル
  • 丸が抜けた穴は、野間・松山・バティスタでカバーできる
  • 西川龍馬が覚醒するか?
  • 先発陣は若干手薄だが床田が面白い
  • 野村・岡田の奮起に期待
  • リリーフは層が厚い
  • レグナルドが活躍すると鉄壁の勝ちパターンに

です。

丸が退団しましたが、既存選手で十分カバーできるほどの層の厚さがあり、戦力ダウンはほぼ無いといって良いでしょう。

ただ、巨人の層がだいぶ厚くなっているので、その分厳しい戦いとなりそうです。

それでも戦力的に豊富なので十分優勝を狙える位置ですね。

リリーフ陣についてはレグナルドが活躍することで、トップクラスのリリーフ陣になるでしょう。

ただ、先発投手陣には若干の不安があり、大瀬良・ジョンソンに続く投手を整備出来るかがカギとなるでしょう。

そんな状況ですが、面白いのは床田です。

二桁&新人王も狙えそうな素晴らしいボールを投げています。

さらに野村・岡田あたりが活躍すると、先発もかなり厚くなってきますね。

合せて読みたい!

2019巨人順位予想!戦力分析や開幕スタメン・ローテーションも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です