【2020】広島カープのドラフト指名予想

【2020】広島カープのドラフト指名予想

本記事では広島カープのドラフトの指名予想をご紹介しています。

具体的には

本記事の内容

となっています。

【2020】広島ドラフトの指名予想

まずは指名予想をご紹介します。

この章のあとに説明している戦力分析や報道を加味しての予想です。

情報が出次第、随時更新していきます。

順番に説明していきます。

一位指名予想

本命対抗
一位指名佐藤輝明栗林良吏

一位指名の本命は佐藤です。

補強ポイントの外野手、そしてパンチ力のある野手獲得がテーマということで、佐藤以外に考えにくいでしょう。

対抗としては栗林です。

リリーフでもこなせそうな即戦力右腕を考えると栗林が適任でしょう。

二位指名予想

本命対抗
二位指名古川裕大宇田川優希

一位で佐藤が獲得できなかった場合は、二位指名の本命は古川です。

佐藤ほどではないものの、パンチ力が魅力の捕手ですが、走力が非常に高く、外野手としても十分やれるでしょう。

一位で佐藤が獲得できれば、二位は即戦力の投手となるでしょう。

なので宇田川を対抗としました。

大学では先発ですが、質の良いストレートと、落差のあるフォークがあり、体が強そうなのでリリーフとしても活躍してくれそうです。

三位指名予想

本命対抗
三位指名大道温貴元山飛優

三位はスカウトが高く評価している大道です。

投手はいくらいても困りませんので、将来のローテーション候補としての指名がありそうです。

対抗としては元山です。

遊撃は田中広輔の後釜として小園がいますが、そこを脅かす存在が必要でしょう。

また、器用な選手なので、遊撃だけでなく、二塁など幅広い適性を見せてくれそうです。

【2020】広島カープの戦力分析

まずは現状の戦力分析です。

現状戦力と年齢構成

年齢右投左投捕手内野外野
~20鈴木寛人
田中法彦
玉村昇悟持丸泰輝林晃汰
小園海斗
韮澤雄也
中神拓都
羽月隆太郎
永井敦士
木下元秀
21~22山口翔
アドゥワ誠
遠藤淳志
藤井黎來
佐々木健
中村奨成
坂倉将吾
石原貴規
23~24森下暢仁
藤井皓哉
島内颯太郎
高橋昂也
塹江敦哉
高橋樹也
桒原樹宇草孔基
正隨優弥
大盛穂
25~26矢崎拓也
ケムナ誠
中村祐太
平岡敬人
畝章真
コルニエル
床田寛樹
モンティージャ
曽根海成
西川龍馬
鈴木誠也
高橋大樹
27~28岡田明丈
中﨑翔太
薮田和樹
スコット
メナ
戸田隆矢
フランスア
磯村嘉孝堂林翔太
三好匠
メヒア
野間峻祥
29~30九里亜蓮
大瀬良大地
今村猛
中田廉
一岡竜司
上本崇司
菊池涼介
ピレラ
31~32野村祐輔
菊池保則
DJ.ジョンソン
中村恭平會澤翼田中広輔
安部友裕
33~34白濱裕太松山竜平
35~36K.ジョンソン小窪哲也長野久義
37~38
39~40石原慶幸

広島選手一覧

右投手は全体的に若めで、20代前半の選手も多めです。

左投手もジョンソン以外は30代前半以下で若くなっています。

捕手はベテランから若手まで年齢層が幅広いです。

内野手、外野手ともに幅広い年齢層となっています。

2020シーズンの成績

続いて2020シーズンの投打の成績です。

*8月3日時点

打者

数値順位
WAR4.5二位
得点165三位
打率.281一位
本塁打39三位
盗塁15四位

打率が一位でWARでは二位となっています。

打率の割には得点が少ないので、現状では勝率が5割を切り、勝ちにつながらないのかもしれません。

また、盗塁が少なめでした。

では、ポジション別に現状を詳しく見ていきましょう。

捕手

30代の會澤翼、石原慶幸といった選手が試合に出場しています。

その一方で、若手の坂倉将吾が打撃面を中心に活躍しだしており、今後の出場が増えそうです。

さらに中村奨成がウエスタンで好成績を残しており、順調に次世代の捕手が育っている印象です。

その為、補強を急ぐ必要はないでしょう。

内野手

現状では、堂林翔太、菊池涼介、田中広輔といった30歳前後の選手の出場が中心となっています。

また、小園海斗をはじめとする20歳前後の選手も豊富です。

その為、補強の優先順位は低いでしょう。

ただ、田中広輔がFA宣言するとなると状況は大きく変わってきます。

外野手

長野久義、野間峻祥、鈴木誠也、高橋大樹のほかに内野手登録の西川龍馬が出場しています。

長野の年齢は気になるものの、全体的に若手中心で層が厚いです。

ただ、気になるのは鈴木誠也の移籍です。

FAだと最短は2022年ですが、ポスティングという選択肢もあります。

向上心が強い選手なだけに、MLB移籍はするものだと考えた方が良いでしょう。

その為、鈴木誠也が抜ける前提で、補強を急ぐ必要があるでしょう。

投手

数値順位
WAR4.9五位
失点173四位
先発防4.01五位
中継防5.23六位
奪三振279三位

先発、中継ぎとも防御率がそこまで良くありませんでした

WARでも五位となって入り、投手陣の苦しさが目立ちます。

では、利き手別に詳しく見ていきましょう。

右投手

先発では、大瀬良大地、九里亜蓮といった30歳前後の選手の他、高卒3年目の遠藤淳志、新人の森下暢仁が出場しています。

また実績のある岡田明丈、野村祐輔あたりもおり、彼らが本来の力を出せれば、充実したローテーションとなります。

リリーフでは、菊池保則、薮田和樹といった30歳前後の選手が投げています。

その他にも実績のある中崎や今村がいますが、近年の成績を見ると不安です。

その一方で、島内颯太郎などの力のある若手も出てきていますがコマが足りていません。

彼らに続く、即戦力のリリーフが欲しいところでしょう。

左投手

左の先発では、K.ジョンソン、床田寛樹といった選手が投げていますが、現状では、そこまで防御率が良くありません。

ジョンソンの年齢を考えると、将来的に左の先発候補が欲しい所です。

一方で、リリーフでは、抑えの経験もあるフランスアのほか、塹江敦哉、高橋樹也といった若い選手が一軍に定着しつつあります。

現時点では左腕投手は足りている印象です、20歳前後の若手が少ないです。

その為、育成タイプの左腕が欲しいところです。

補強ポイント

以上を踏まえた広島の補強ポイントまとめです。

右投左投捕手内野手外野手
即戦力
育成

さらに詳しく言うと、

補強ポイント
  • 右投手:リリーフの即戦力
  • 左投手:育成タイプ
  • 捕手:当面必要なし
  • 内野手:田中広輔のFA次第で即戦力
  • 外野手:即戦力重視で育成タイプも獲得したい

です。

投手は右の即戦力で、リリーフが出来る力強い投手が欲しいところです。

野手は即戦力のレギュラー候補を最優先で、育成タイプの外野手も欲しいところです。

広島ドラフトの過去の傾向

続いて広島の過去のドラフトの傾向です。

データは2008年からのドラフトを対象に集計しています。

競合の傾向

まず、競合についての傾向です。

くじ引き回数9回
成功率33%

くじ引き回数は、他球団と比べると少なめです。

それでも、獲得したい選手がいれば競合を覚悟で指名しているので、競合は気にしないと思われます。

経歴の傾向

続いて、学歴別の傾向です。

一位指名

高校生率28%
大学生率67%
社会人率6%

1位指名は、大学生中心でした。

できるだけ早く一軍で活躍できそうな、即戦力の選手を獲得する傾向にあります。

全体

高校生率49%
大学生率33%
社会人率13%
独立割合4%
専門割合1%

全体では、高校生の指名が多いです。

上位で、大学生を指名した後は、高校生を中心に指名して育成する考えなのかもしれません。

出身地の傾向

次に、出身地による傾向です。

一位指名

地元率17%
地元地域率28%

全体

地元率12%
地元地域率17%

地元地域(中国地方)出身の選手の割合は12球団平均に近かったです。

その一方で、地元出身の選手の割合は、一位指名では12球団で1位、全体では12球団で2位でした。

ある程度、地元枠について考慮しているのかもしれません。

ポジションの傾向

次に、ポジション別の傾向です。

一位指名

投手率72%
捕手率6%
内野率6%
外野率17%

投手の割合が多いですが、全体的に投手の指名の割合が多いので平均より少し多い程度でした。

また、外野手をドラフト1位で指名した割合が多いです。

全体

投手率61%
捕手率11%
内野率15%
外野率14%

指名全体では、どのポジションも12球団の平均に近い割合でした。

ドラフトの傾向まとめ

ドラフトの傾向をまとめると、

ドラフトの傾向まとめ
  • くじ引き回数は気にしないが、競合は気にしない
  • 一位指名は大学生中心
  • 二位指名以降は高校生などの指名が増える
  • 地元枠はある程度考慮している
  • 一位指名は外野手の指名割合が多い
  • 全体では12球団平均に近い指名割合

です。

これは、過去の傾向なので、現状のチーム状態が重要になってきます。

広島のドラフトに関するニュースや報道まとめ

続いて広島のドラフトに関する情報をピックアップしました。

情報が出次第、随時更新していきます。

一位指名のニュースや報道

現時点では一位候補としてコメントしているのは佐藤輝明です。

またスカウト会議では、高校生一位候補として中森俊介高橋宏斗山下舜平大小林樹斗をリストアップ。

プラス野手1名は名前は明かされていないものの、鈴木誠也の後釜を想定したパンチ力のある野手獲得がテーマという事を考えると、来田涼斗井上朋也あたりが対象となりそうです。

佐藤輝明

>>近大の“糸井2世”佐藤は「最上位候補」、阪神スカウトが20年初視察で断言

>>近大・佐藤輝明、ドラ1確実 ヤクルト・村上級、打って走れる左の大型スラッガー

中森俊介・高橋宏斗・山下舜平大・小林樹斗

>>広島がスカウト会議 高校生49人をリストアップ 1位候補は投手4人、野手1人

上位指名のニュースや報道

パンチ力のある野手獲得がテーマで、先ほどの佐藤が最有力です。

その他には、栗林良吏牧秀悟山崎伊織高橋宏斗が上位候補としてリストアップされているようです。

さらにスカウトコメントからは大道温貴小牟田龍宝の評価も高そうです。

栗林良吏、牧秀悟、山崎伊織、高橋宏斗

>>広島 ドラフトはパンチ力ある野手獲得がテーマ トヨタ・栗林、中大・牧ら候補

大道温貴

>>八戸学院大・大道 8球団スカウトの前で3回零封4K!150キロ「1試合で2度出たのは初」

小牟田龍宝

>>小牟田龍宝(青森山田)、広島「東北ではずぬけてる」

【2020】広島カープのドラフト指名予想まとめ

以上がドラフト2020の広島の指名予想でした。

再度、まとめると

です。

やはり鈴木誠也の移籍を前提に考えるべきでしょう。

おそらくフロントもそれを承知の上でテーマを「パンチ力のある野手獲得」としているのだと思います。

その為、打てる外野手の獲得が最優先になりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です