2019年ドラフト 東洋大 佐藤 都志也は三拍子揃った捕手!成績・経歴・特徴は?

2019年 ドラフト 東洋大 佐藤 都志也 三拍子揃った捕手 成績 経歴 特徴

こんにちは~

PBL会長のたけぽんです。

今回も2019年ドラフトの注目選手をご紹介します!

それた東洋大学の佐藤都志也です。

三拍子揃った捕手として、3年生ながら大学侍ジャパン代表にも選出されています。

名前と捕手ということで、アニメのメジャーを連想する方も多いかもしれませんね(笑)

今回はそんな東洋大 佐藤都志也の経歴や成績、特徴やスカウト評価をご紹介します。

 

東洋大 佐藤 都志也の経歴は?

まずは、佐藤 都志也の経歴を見ていきましょう。

経歴
  • 名前:佐藤 都志也(さとう としや)
  • 出身地:福島県いわき市
  • 生年月日:1998年1月27日
  • 身長:180cm
  • 体重:80kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:捕手
  • 経歴:みまやソフトボール少年団(平第六小) → 平第二中 → 聖光学院高 → 東洋大

平第六小の5年生の時に、みまやソフトボール少年団でソフトボールを始めました。

平第二中では軟式野球部に所属し、2年生から捕手となっており、選抜チームの松風クラブでは全国大会も経験しています。

聖光学院では1年生から正捕手としてプレーし、2年生夏・3年生夏には甲子園も出場

3年生時にはプロ志望届を提出するも、指名漏れとなっています。

東洋大学へ進学すると、1年生春からリーグ戦に出場し、レギュラーとなった2年生春には首位打者を獲得。

3年生春には4本塁打を放つなど活躍し、2018年夏には侍ジャパン代表にも選出されています。

東洋大 佐藤 都志也の成績は?

続いて佐藤 都志也の成績です。

リーグ戦は2018年10月18日時点の結果となっています。

  • リーグ戦通算:54試合、打率.337、6本塁打、27打点、21四死球、21三振、出塁率.403
  • 国際試合:11試合、打率.333、0本塁打、5打点、3四死球、5三振、出塁率.381

リーグ戦では54試合に出場し、打率.337という高い数字を記録しています。

レベルの高い東都リーグでここまでの成績ですから、打撃能力は高いでしょう。

四球も選べており、出塁率は4割以上なので、選球眼も良さそうです。

しかし、2018年秋は絶不調となっており、打率.212と苦しんでいます。

東洋大全体が不調というのもありますが、ちょっと気になりますね~

国際試合では、打率.333と安定した成績を残しています。

東洋大 佐藤 都志也の特徴は?

続いて佐藤 都志也の特徴です。

まずは動画を見ていきましょう。

目線近くにバットを構えたフォームで、足はそこまで大きく上げないタイプですね。

スムーズにバットが出ていますね~

佐藤 都志也は抜群のバットコントロール

動画を見ると、内角・外角に対してもスムーズにバットが出ており、左右に打ち分ける技術が高いですね~

さらに、低めの変化球にも崩されながらうまく拾っており、バットコントロールは抜群です。

三振が少ないという成績からも、バットコントロールに優れていることがわかりますね。

プロ野球界でいったら、ヤクルトの川端に近いタイプでしょうか。

佐藤 都志也は超強肩!

捕手にとって重要なのは肩です。

捕球やワンバンは練習でなんとかなりますが、肩はなかなか強くなりません。

なので、肩の強さは捕手としては絶対条件ですよね~

佐藤 都志也は、二塁までの送球タイムは2秒以内に収まっていますので、プロレベルであることがわかります。

また、大学日本代表ではライトを守ったこともありますが、レーザービームを放っており、強肩であることがわかります。

これだけ低い弾道で、鋭い送球を投げられる選手はプロでもなかなかいませんよね。

この強肩を持っているということだけでも、捕手として非常に価値があります!

佐藤 都志也は足も速い!

佐藤 都志也は俊足です。

50m走は5秒9というタイムで、プロ野球界でもトップクラスです。

また、一塁到達タイムは4秒前後なので、内野安打も多いでしょう。

リーグ戦の盗塁は通算4個なので、多くはありませんが、練習すれば盗塁も十分出来るようになるでしょう。

以上から、佐藤 都志也は三拍子揃った選手であることがわかりますね。

東洋大 佐藤 都志也のスカウト評価は?

#佐藤都志也 #東洋大学野球部 #高校日本代表vs大学日本代表

K .🍃さん(@usagi__baseball)がシェアした投稿 –

続いて佐藤 都志也のスカウト評価です。

ネットを探してみましたが、スカウトのコメントは現時点で見つかりませんでした。

3年生ということもあるので、注目度はまだまだ低いようですね。

実力的には十分2019年のドラフト候補だと思いますので、そのうち出てくるでしょう。

情報があり次第、更新させて頂きますね。

合せて読みたい!

【2019】注目ドラフト候補まとめ!ドラフト指名候補を採点してみた!

東洋大 佐藤 都志也のまとめ

以上が東洋大 佐藤 都志也の経歴や成績、特徴やスカウト評価でした。如何でしたでしょうか?

2018年秋季リーグの低迷は気になりますが、これまでの実績は素晴らしいものがあります。

捕手に重要な肩の強さもありますし、打撃センスも高いです。

さらに俊足なので、高打率を残せるタイプでしょう。

捕手として厳しければ、外野手といった使い方も十分出来る選手でしょうね。

まだ3年生ということで、今後のさらなる活躍に期待したいですね。

合せて読みたい!

【ドラフト2018】全指名選手の結果まとめ!全球団の採点&評価しちゃいます!






2019年 ドラフト 東洋大 佐藤 都志也 三拍子揃った捕手 成績 経歴 特徴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です