ビールかけはもったいない?ビールは本物?理由、費用、批判、未成年は?

なぜビールかけをするのか ビールは本物 費用 批判 未成年

こんにちは~

PBL会長のたけぽんです。

広島のビールかけを見ていてふと、

「なぜビールなんだ?」

「沢山のビールを使っているけど、どのくらいの費用なんだ?」

「なんか薄くね?偽物なんじゃ?」

「これ見てて、もったいないとか批判する人いるんだろうな~」

と次々と疑問が。

そしてビールかけそっちのけで、ビールかけについて調べている自分が(笑)

そこで、今回はビールかけのルーツやビールが本物なのか?費用、批判があるのか?などのビールかけについての疑問についてご紹介します!

 

ビールかけのきっかけはシャンパンファイト?

日本のプロ野球では、優勝したら「ビールかけ」ですよね。

ネットで調べてみると下記の経緯のようです。

  • 1959年にパ・リーグで優勝した南海ホークスが始まり
  • 当時の南海ホークスのカールトン半田選手が、他の選手にビールを掛けたことがきっかけ
  • カールトン半田選手は、日系二世でマイナーリーグでプレーした経験があり、MLBで行われていたシャンパンファイトをまねて、ビールを掛けた

約60年もの歴史があり、日本のビールかけはMLBのシャンパンファイトを真似たものなんですね。

そこから、プロ野球では優勝するとビールかけをする、という伝統になりました。

そこでシャンパンファイトもウィキペディアで調べてみました。

  • 1967年のルマン24時間レースで、アメリカ人ドライバーで初優勝を成し遂げたダン・ガーニーが始まり
  • 表彰台で巨大なシャンパンボトルを渡され、何か特別なことをしないとと思い、消防ホースのように全員にかけた

上の内容はドキュメンタリー映画『The 24 Hour War』で紹介されているようです。

南海がビールかけをしたのが1959年で、シャンパンファイトの始まりが1967年・・・

あれ?おかしくね?

そこで再度調べてみると、シャンパンファイトはアメリカスポーツ界ではもっと古くからおこなわれていたそうです。

いつから?という情報はありませんでしたが、ルマン24時間レースからではないようです。

なので、アメリカ人のダン・ガーニーが、ルマン24時間レースでアメリカ発祥のシャンパンファイトをヨーロッパに広めた、というのが事実のようですね。

ビールかけはアメリカMLBのシャンパンファイトを真似たことがきっかけ、で間違えなさそうです。

ちなみに、世界的にはシャンパンですが、ドイツはビールかけが行われているそうです。

ビールかけのビールは本物?批判は無いの?

さすがにあれだけ大量にビールを掛けると、

「もったいない」

「飲み物を無駄にするなんてけしからん!」

といった批判が出てきそうですね。

調べてみるとやっぱり批判はあるそうです。

  • 1984年に広島が優勝した際、「ビールかけは資源を浪費する無益な行為」という内容が新聞に書かれるが、報道陣をシャットアウトして実施
  • 1999年にホークスが優勝した際、当時スーパーマーケットのダイエーが親会社ということもあり、「商品を無駄にしている」という批判で、祝勝水(炭酸水)で代用

もったいないという理由で影響を受けたのは上の2件のみです。

1999年のホークス優勝時に1度だけ、本物ではなく祝勝水という偽物でビールかけをやったことがあります。

もっとあるかと思いましたが、意外と少ないですね。

なので、ビールかけのビールはメーカーから取り寄せた、本物のビールを使っているようです。

ビールかけの費用、ビールの本数は?

なぜビールかけをするのか ビールは本物 費用 批判 未成年

本物のビールを使っている、ということで費用がかなり掛かりそうですよね~

本数は球団によって変わってきますが、ビールかけでは3,000~6,000本の瓶ビールを使います。

参考に直近のビールかけの本数を紹介します。

  • 2018年広島:6,000本
  • 2017年広島:6,000本
  • 2017年ホークス:3,000本
  • 2016年広島:3,000本
  • 2016年日本ハム:3,000本

500mlビンなので、1本300円として計算すると90~180万円ですね。

結構しますね~

金額を見るとちょっともったいないような気がしますが、実はこのビール代は無料のようです。

なんでも、ビールメーカーから下記理由で協賛として提供を受けるケースが大半らしいです。

  • 広告宣伝
  • 不良品の処分

確かに考えてみれば、ビールかけのテレビ中継もありますし、ニュースでは各局で何回も取り上げられますから、その広告効果は高いでしょう。

メーカーからしてみれば、お金を払ってでも提供したいはずですよね。

さらに、製造過程で発生する不良品(シール剥がれや位置ずれ、ビンの傷など)を使っているそうです。

処分品なので、メーカーも処理するのにお金が掛かりますね。

広告宣伝にもなり処分品を処理できる、メーカーにとってビールかけは都合の良いイベントなんです。

なので、ビール代はタダなんですね。

もちろん、会場代や係員、掃除費用は掛かるでしょうが、せいぜい数十万くらいでしょう。

こういった背景を知ると「ビールかけもったいない」という考えはなくなりますね。

ビールかけって未成年は参加できるの?

「お酒は20歳から」

法律で決まっていますので、未成年はお酒を飲んではいけません。

なので、「未成年はビールかけに参加できないの?」、「未成年がビールかけに参加してけしからん」、そう思う方も多いと思います。

しかし、口から飲むことに対して法律で規制されていますので、ビールかけについては参加しても大丈夫です。

実際に過去には1986年の清原和博、1987年の桑田真澄、最近では2008年の坂本勇人、2009年の中井大介、大田泰示がビールかけに参加しています。

下の動画では2009年の中井大介が炭酸水で参加しているのがわかります。

なので、未成年ということで参加できないというわけではありませんね。

しかし、2012年に日本ハム優勝の際、近藤健介が参加を見送り会場の入り口で見学、2018年の広島優勝ではアドゥワ誠と高橋昂也が不参加となっています。

高橋昂也は後1日広島の優勝が遅ければ、誕生日が来て参加出来たんですけどね~

球団の判断によって、未成年を参加させない処置をとる場合があるようです。

おそらく、未成年が参加しているのを見て、クレームを入れる方がいるからだと思います(笑)

ただ、未成年だからといって貴重なビールかけを味わえない選手はかわいそうですよね。

球団としては、未成年者がいる場合は、炭酸水やノンアルコールビールでやることも検討して欲しいですね。

合せて読みたい!

【ドラフト2018】一位指名予想!プロ野球全球団のドラフト会議候補選手は?

なぜビールかけをするのか?まとめ

以上がなぜビールかけをするのか?やビールかけの費用や批判、未成年についてでした。如何でしたでしょうか?

調べてみると、協賛ということや、捨てる予定の不良品を使っているということで、逆に再利用しているんですね。

飲食物でクレームもあるでしょうから、こうした事実はどんどん表に出してくべきでしょう。

しっかり公表すれば、もったいないというクレームは少なくなるはずですからね。

ただ、今回調べてみて気になったのは未成年者の対応です。

今回の広島優勝では未成年者は不参加となっています。

「未成年は参加出来ません」、球団としてはこれが楽でしょう。

でも、選手としては納得できないですよね。やりようはいくらでもあるはずですから。

球団側としては、未成年の選手でも参加できるように配慮すべきですし、それが優勝に貢献してくれた選手に対する礼儀だと思います。

そういった対応をしてくれない球団に対して、不信感が出なければ良いですが・・・

合せて読みたい!

【2018年】プロ野球FA選手の移籍先チーム予想!FA権行使予想と主力選手のご紹介!






なぜビールかけをするのか ビールは本物 費用 批判 未成年

Twitterで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です