2018年 阪神の契約更改 年俸予想!主力選手のアップ額ランキングや契約更改はいつ?

2018年 阪神 主力選手 年俸予想 アップ額最高は誰 契約更改 いつ

こんにちは~

PBL代表のたけぽんです。

今シーズンの阪神は最下位という残念な結果に終わりましたね。

しかし、ゲーム差的にはそこまで離れていたわけではないので、悲観する必要はありません。

若手選手で台頭してきた選手も出てきましたし、来年が非常に楽しみです。

そんな阪神ですが、オフシーズンになり表彰や移籍も気になりますが、契約更改も気になります!

そこで今回は、阪神の年俸予想です。

阪神主力選手の年俸について、アップ額を予想し、ランキングでまとめてみました。

また、契約更改の時期や傾向も紹介します!

 

2018年 阪神 主力選手の年俸予想とアップ額ランキング!

年俸アップ額予想が大きい5選手のランキングを発表します。

順位名前アップ額来季予想年俸今季年俸
1メッセンジャー5,000万円4億円3.5億円
2桑原 謙太郎3,000万円7,500万円4,500万円
2梅野 隆太郎2,500万円5,000万円2,500万円
4糸原 健斗2,400万円4,000万円1,600万円
5能見 篤史2,000万円1.4億円1.2億円

*複数年で出来高の選手は対象外

やはり1位は、エースであるメッセンジャーですね。

続いて、今シーズンも安定したリリーフだった桑原なっています。

ランキング順に、年俸予想の解説をしていきますね。

2018年 阪神 年俸アップ額ランキング1位はメッセンジャー!

やはり虎のエースです!

年度防御率完封奪三振
20172.391151155
20183.631170149

今年も開幕投手として、3年連続の二けた勝利を挙げ、安定感はチーム1ですね。

チーム状況が苦しい中、良い投球を続けてくれました。

今年で来日8年ということで、FA権を獲得していますが、行使せずに残留を表明しています。

メッセンジャーの年俸を考える上で参考になるのは、現在の阪神年俸ランキング1位の鳥谷と糸井の4億です。

現在のメッセンジャーは3.5億円ですから、その差は5,000万円。

来季は5,000万円プラスして、同級生3人仲良く、4.0億円で良いのではないでしょうか?(笑)

2018年 阪神 年俸アップ額ランキング2位は桑原謙太郎!

今年も安定した成績を残しましたね~

年度防御率試合数ホールド奪三振
20171.516739463
20182.686232565

昨年に続き、リリーフエースとして、活躍してくれました。

不安定な時期はありましたが、最終的にはしっかりした成績を残しましたよね~

阪神に欠かせない選手です。

桑原の年俸を予想するのに、参考になるのが昨年の上昇幅です。

昨年は、800万円 → 4,500万円となっており、3,700万円アップとなっています。

今シーズンは、昨年ほどの成績では無いので、3,000万円ほどのアップとなるでしょう。

現在の桑原の年俸は4,500万円ですから、3,000万円プラスして、7,500万円と予想します!

合せて読みたい!

【2018年】プロ野球FA選手の移籍先チーム予想!FA権行使予想と主力選手のご紹介!

2018年 阪神 年俸アップ額ランキング3位は梅野隆太郎!

今年は飛躍した年になりましたね~

年度試合打率HR打点OPS
2017112.206233.548
2018132.259847.724

自身初の規定打席に到達し、打率2割5分超えという素晴らしい成績でした。

さらに、ゴールデングラブ賞も受賞し、阪神の捕手争いで頭一つ抜け出した印象です。

「甲斐キャノン」も素晴らしいですが、「梅ちゃんバズーカ」も負けていません!

今後、阪神を背負う正捕手として、ますます成長していって欲しいですね。

そんな梅野の来期の年俸を予想するには、2016年の高山が参考になります。

高山は規定打席到達し、打率.275、8本塁打、新人王という成績で、1,500万円 → 4,000万円の2,500万円アップとなっています。

成績的には梅野の方が低く感じますが、捕手というポジションや守備面を考慮すれば、同等評価だと思います。

現在の梅野の年俸は2,500万円ですから、2,500万円アップで、来季は5,000万円と予想します!

2018年 阪神 年俸アップ額ランキング4位は糸原健斗!

今シーズン台頭しましたね~

年度試合打率HR打点OPS
201766.259124.720
2018143.286135.752

全試合出場、自身初の規定打席に到達し、打率.286という素晴らしい成績でした。

出塁率.390という非常に高い数字を見れば、貢献度の高さがわかりますよね~

来年もこの調子で、頑張って欲しいですね!

糸原の来季の年俸を予想するには、2016年の北條が参考になります。

北條はこの年、規定打席到達し、122試合、打率.273、5本塁打という成績で、730万円 → 2,200万円で1,470万円のアップとなっています。

成績的に言えば、糸原の方が上ですから、2,000万円前後のUPとなるでしょうね。

現在の糸原の年俸は1,600万円ですから、2,000万円アップで3,600万円、全試合出場のおまけで、4,000万円と予想します!

2018年 阪神 年俸アップ額ランキング5位は能見篤史!

今年はリリーフとして大活躍でした!

年度防御率試合数ホールド奪三振
20173.722360119
20182.564541648

シーズン序盤は、先発でしたが、打ち込まれる場面が目立ち、6月からリリーフになりました。

リリーフだけで見ると、42試合、防御率0.86、4勝1敗というとんでもない数字を記録しています(笑)

金本前監督が「能見がいなかったら、どうなっていたのか」という通り、能見がいなかったら、今シーズンはもっとゲーム差が離れた最下位だったでしょう。

2017年と比べてリリーフが全体的に悪かっただけに、貢献度は高いといえます。

来季の能見の年俸を予想するのに、参考になるのは2017年の岩崎です。

岩崎はこの年、66試合、防御率2.39、4勝1敗、15ホールドという素晴らしい成績を残し、2,500万円 → 4,500万円で2,000万円のアップとなっています。

今シーズンの能見の成績をトータルとしてみれば、同等評価と言えるでしょう。

現在の能見の年俸は1.2億円なので、2,000万円をプラスして、来季は1.4億円と予想します!

合せて読みたい!

2018年 プロ野球 MVP予想!候補選手や選考基準、発表日は?

2018年の阪神契約更改はいつから?

昨年の契約更改日程の傾向

  • 2軍若手選手 ・・・ 11/中旬
  • 一軍若手・中堅選手・・・11/下旬~12/上旬
  • ベテラン選手・・・12/中旬

となっています。

昨年のデータを見ると、11月8日に守屋、藤谷、浜地、西田、横山といった2軍選手を皮切りに契約更改が始まっています。

11月下旬から12月初旬にかけては、大山、北條、原口、藤浪、梅野といった一軍若手、伊藤隼、俊介中堅の一軍中堅という流れになっています。

12月6日から、高橋聡文、桑原、能見、西岡、福留、藤川、岩田、糸井といった、ベテランから大御所という流れで契約更改をしているようです。

今年も11月初旬から12月の中旬で契約更改が行われるのではないかと予想します。

合せて読みたい!

2018年 プロ野球 ベストナイン予想!候補選手や選考基準、発表日は?

2018年 阪神 主力選手の年俸予想!まとめ

以上が2018年の阪神主力選手の年俸予想とアップ額ランキング予想でした。如何でしたでしょうか?

今年は最下位ということもあり、飛びぬけた成績の選手がすくなく、査定自体も厳しくなりそうです。

その中でも、糸原や梅野といった次世代の阪神を担う選手が、台頭してきたのはうれしいことです。

今年活躍した選手たちの年俸がどうなるのか?

契約更改を楽しみに待ちましょう!

合せて読みたい!

【2019】注目ドラフト候補まとめ!ドラフト指名候補を採点してみた!






2018年 阪神 主力選手 年俸予想 アップ額最高は誰 契約更改 いつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です