【ドラフト】徳丸天晴(智辯和歌山)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】徳丸天晴(智辯和歌山)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、智辯和歌山高校の徳丸天晴外野手です。

高校1年生春から4番を任されている大砲候補。

今回はそんな2021年ドラフト候補 智辯和歌山高校・徳丸天晴経歴や成績、特徴をご紹介します。

徳丸天晴(智辯和歌山)の経歴やプロフィール

まずは、徳丸天晴の経歴です。

プロフィール
  • 名前:徳丸天晴(とくまる てんせい)
  • 出身地:大阪府大阪市
  • 生年月日:2003年9月4日
  • 身長:183cm
  • 体重:79kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:外野手
  • 経歴:大阪市立成育小学校 → 大阪東ボーイズ(大阪市立蒲生中学校)→ 智辯和歌山高校

詳しく見ていきましょう。

徳丸天晴は中学通算22本塁打!

小学校3年生の頃から野球をはじめ、その頃はピッチャー兼ショートでした。

小学校6年生の時には、プロ野球ジュニアトーナメントの阪神Jr.に選ばれます。

中学生になってからは、硬式野球チームの大阪東ボーイズでプレーし、投手・野手両方で出場し、4番を打ちました。

因みに、中学校通算本塁打は22本です。

高校は、元阪神の中谷仁さんが監督をしている智辯和歌山高校に進みます。

中谷仁さんは、阪神Jr.時代にコーチをしており、直接指導を受けたことが進学の決め手となったそうです。

徳丸天晴は高校1年生夏の甲子園に出場!

1年生春から、先発出場するようになり、4月中旬に行われた明石商業高校(兵庫)との練習試合では、高校入学後初となる本塁打を打ちました。

1年生春の県大会では、4番・レフトで出場し、決勝の市立和歌山高校戦でランニングホームランを打ちます。

中谷監督は、1年生から4番を任せたことについて、「練習試合の結果を見ても彼しかいない。どしっと座ってもらえるだけの飛距離があり、期待しています」とコメントしたそうです。

夏の県大会では、3回戦の粉河高校戦で本塁打を打ち、準決勝の南部高校戦では先制タイムリーを含む4本のヒットを打ちました。

全5試合でヒットを打ち、7打点の活躍で、県大会で優勝、夏の甲子園に出場します。

甲子園では、1回戦の米子東高校(鳥取)戦ではタイムリーヒットを含む2安打、2回戦の明徳義塾高校(高知)戦では1安打しました。

しかし、3回戦の星稜高校(石川)戦では、奥川恭伸投手(現・東京ヤクルト)の前に5打数ノーヒット3三振で、試合も敗れます。

星稜高校戦の後、「積極的にいくのはよかったけれど、ボール球に手を出してしまい全く自分のバッティングができなかった。甲子園の歓声はすごく良い経験をさせてもらえた。チームの勝利に貢献できるバッターになりたい」と振り返りました。

徳丸天晴は高校1年生秋の時点で高校通算本塁打は8本!

1年生秋は、県大会で優勝、近畿大会初戦の初芝立命館高校(大阪)戦ではタイムリーヒットを打ちます。

準々決勝の智辯学園高校戦では3ラン本塁打を打ちましたが試合は敗れました。

近畿大会ベスト8なので、2020センバツ甲子園に出場できる可能性も残されています

また、1年生秋の近畿大会終了時の高校通算本塁打は8本で、本人は「高校通算本塁打の目標は50本。まだ体が細いので大きくして、スイングスピードをあげたい」と話しました。

体づくりやトレーニングを通して、高校通算本塁打をどれだけ伸ばせるか注目です。

徳丸天晴(智辯和歌山)の成績

続いて、徳丸天晴の成績を見ていきましょう。

成績
  • 甲子園(19夏):3試合、打率.200、1打点、4三振、出塁率.200
  • 地方大会通算(近畿大会:19春秋、県大会:19夏):8試合、打率.400、3二塁打、2本塁打、12打点、6三振、出塁率.486、1盗塁

成績は2019年までのものです。

甲子園では打率を残せませんでしたが、地方大会では高い打率を残しており、本塁打や二塁打などの長打も打っています

今後、甲子園などに出場することがあれば、全国大会で結果を残せるかが課題となりそうです。

また、四死球で出塁する事ができており、打率以上に貢献できています

ただ、三振が多く、地方でも三振数が四死球数(5)を上回っていました。

長打を狙うバッターなので、ある程度の三振は仕方ありませんが、三振を減らし四球を選んでの出塁をもう少し増やしていけるといいでしょう。

また、数は少ないですが、盗塁を決めており、足も速そうです。

徳丸天晴(智辯和歌山)の特徴や動画

次に、徳丸天晴の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

智辯和歌山1年生四番徳丸君の6打席・1ホームラン!2019秋季近畿大会準々決勝 智辯和歌山×智辯学園

足を曲げて構えており、左足を上げてタイミングを取っています。

また、体全体を使って体重移動をしており、振り切るスイングです。

徳丸天晴は長打力!

動画の1分15秒辺りでは、外角やや低めの球をレフトスタンドに運んでいます。

フルスイングしているので、当たれば遠くに飛ばせそうです。

徳丸天晴の選球眼はまずまず!

ボール球やボールに近い球を見極める事ができています。

一方で、変化球に空振りしており、選球眼はまずまずのようです。

また、三振が少し多めなので、三振を減らせるかが課題となります。

徳丸天晴は逆方向にも打て足の速さもまずまず!

次に、こちらの動画を見ていきましょう

智辯和歌山 徳丸天晴 ランニングホームラン!!(市和歌山戦/2019春季和歌山大会 決勝戦)

センターのライト寄りにヒットを打っており、逆方向に打つこともできます

バットがスムーズに出ているので、上手く合わせることができるのでしょう。

また、ヒットを打ってから、ホームベースに帰ってくるまで15秒程度かかっており、50m走のタイムは6秒4なので、足の速さはまずまずです。

徳丸天晴は肩が強い!

こちらの守備練習の動画を見ていきましょう。

https://www.youtube.com/watch?v=LyvvX8nTFXg?start=444

最後の部分では、ライトからキャッチャーにワンバウンド以内で送球できています。

肩が強いので外野を守れるのでしょう。

徳丸天晴の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • フルスイングしていて長打を打てる
  • 選球眼はまずまず
  • 逆方向にも打てる
  • 走力はまずまず
  • 肩が強い

です。

フルスイングからの長打と逆方向に打つてる打撃技術が魅力です。

走力もまずまずで、肩が強く、走攻守揃った選手です。

1年生冬に、体作りやトレーニングを行うそうなので、今後の成長に期待しましょう。

徳丸天晴(智辯和歌山)のスカウト評価や指名の可能性

続いて、徳丸天晴のスカウト評価です。

現時点でスカウトが寄せたコメントはありません。

まだ、高校1年生なので注目度はそこまで高くないように思います。

ですが、1年生夏の甲子園を視察したスカウトもいると思いますし、今後、スカウトの視察が増えそうです。

まだ、伸びしろもあり、2021ドラフトで指名される可能性も十分に考えられ、活躍次第では上位指名もあるかも知れません。

徳丸天晴(智辯和歌山)のまとめ

以上が、智辯和歌山高校・徳丸天晴経歴や成績、特徴でした。

フルスイングから打つ長打、逆方向に打てるバッティングのほか肩の強さが魅力の選手です。

今後の活躍によっては、2021ドラフトで上位指名される可能性もあると思います。

伸びしろもあり、これからの活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です