【ドラフト】山瀬慎之介(星稜)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 山瀬慎之介(星稜)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフトの高校注目キャッチャーを見ていきましょう。

その中の一人が星稜高校の山瀬慎之介選手です。

同じ星稜高校でドラフト候補の奥川恭伸投手とバッテリーを組む、低めへのスローイングが持ち味の選手です。

2019年春の選抜甲子園にも選ばれ、3季連続での甲子園出場を決めています。

今回はそんな2019年ドラフト候補 星稜高校・山瀬慎之介経歴や成績、特徴をご紹介します。

山瀬慎之介(星稜高校)の経歴は?

まずは山瀬慎之介の経歴です。

経歴

  • 名前:山瀬 慎之介(やませ しんのすけ)
  • 出身地:石川県かほく市
  • 生年月日:2001年5月4日
  • 身長:177cm
  • 体重:82kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:捕手
  • 経歴:宇ノ気ブルーサンダー(かほく市立宇ノ気小学校)➡かほく市立宇ノ気中学校➡星稜高校

詳しく見ていきましょう。

山瀬慎之介は中学校時代に全国制覇!

山瀬慎之介は小学校2年生の時から軟式チームの宇ノ気(うのけ)ブルーサンダーで野球を始めました。

小学校4年生からキャッチャーとなり、同学年の奥川恭伸とバッテリーを組みます。

2019年ドラフト候補でもある奥川恭伸投手とは、中学、高校でもバッテリーを組むことになります。

かほく市立宇ノ気中学校では野球部に所属していました。

中学校3年生の夏には、全国中学校軟式野球大会で優勝し、全国制覇を果たしました。

因みに、名前の慎之介は、巨人のキャッチャーである阿部慎之助選手からとって名付けられたものです。

本人も阿部慎之助選手のような打てるキャッチャーを目標にしているそうです。

山瀬慎之介は、2018春夏の甲子園に出場

高校は、石川県の星稜高校に進み、1年生の夏からベンチ入りします。

1年生の秋からは正捕手となり、奥川恭伸とのバッテリーで、県大会優勝、北信越大会準優勝、さらには2018年春のセンバツにも選ばれました。

初戦(2回戦)の宮崎・富島高校戦で2二塁打3打点を挙げるなど、打率0.600(10打数6安打)、4打点の活躍で、ベスト8までいきました。

2年夏の石川県大会では、奥川投手をはじめとする7投手をリードし、5試合すべて無失点に抑えて優勝します。

2018年夏の甲子園では、1回戦の大分・藤蔭で二盗を刺し、チームも勝ちましたが、2回戦の愛媛・済美高校戦では延長タイブレークの末に敗れました。

山瀬慎之介は、2年生秋からキャプテンに!

新チームとなった2年生の秋からは、キャプテンなります。

2年生秋は県大会で優勝し、進んだ北信越大会では、準決勝までリードで無失点に抑えるなどの活躍で優勝します。

そして、明治神宮野球大会に進みますが、ヒットは打てませんでした。

星稜高校は、勝ち進みますが、決勝の札幌大谷高校戦で、1点差で負けて準優勝となります。

2019年1月末に、星稜高校のセンバツ甲子園出場が決まりました。

ちなみにチームメイトは同級生で奥川恭伸、一学年下に内山壮真がいます。

山瀬慎之介(星稜高校)の成績は

続いて、山瀬慎之介の成績を見ていきましょう。

山瀬慎之介(星稜高校)の打撃成績は

まず、打撃成績です。

打撃成績
  • 甲子園通算成績:7試合、打率.444、0本塁打、7打点、出塁率.483
  • 公式戦通算:39試合、打率.254、1本塁打、16打点、26三振、出塁率.393
  • 2019年夏予選:5試合、打率.375、0本塁打、2打点、3三振、出塁率.474

2018年までの主な公式戦の成績です。

打率を見ると、好不調の波がありそうですが、2018年春の活躍(10打数6安打4打点)もあって甲子園での成績はいいです。

調子が良ければ固め打ちできそうな気がします。

また、ヒットが出なくてもフォアボールなどを選んで塁に出ているケースは多そうです。

山瀬慎之介(星稜高校)の成績は

続いて、守備の成績(盗塁阻止率)です。

守備成績
  • 甲子園通算成績(2018年春、夏):5試合、盗塁刺1、阻止率0.143(盗塁企図7)
  • 2018年秋季北信越大会:3試合、盗塁刺1、阻止率0.250(盗塁企図4)

甲子園でも盗塁を刺しています。

阻止率は低いですが、1試合平均で相手が盗塁を仕掛ける数は1ないし2といったところで少ないです。

山瀬慎之介(星稜高校)の特徴は?

山瀬慎之介の特徴です。

まずは、動画(2018夏の甲子園、藤蔭高校戦など)を見ていきましょう。

低いボールでも体で受け止めて、しっかりと獲れています。

また、がっちりとした体形ですね。

山瀬慎之介は低めへのスローイング!

山瀬慎之介の特徴は、低めへのスローイングです。

スローイングが逸れることがあり、精度は高くありませんが、低めに行くように投げられています。

送球が低いと、ランナーをアウトにしやすいですね。

低めにコントロールでき、送球も速いのでランナーをアウトにしやすいでしょう。

また、遠投120mという強肩で、二塁送球タイムは1.8秒ほどと、プロレベルです。

捕球してからの動作がスムーズで速いです。

送球を警戒して、盗塁を仕掛けてこない相手チームもあるかもしれません。

山瀬慎之介はキャッチングが良い

ボール球をストライクに見せるキャッチング技術をフレーミング技術と言います。

動画を見ると、フレーミング技術が良いですね。

低めのボールを、ストライクゾーンに見せるキャッチング技術は高いと言えるでしょう。

また、投手の投球動作中、ミットが落ちずに投手に対して面を向けていますね。

いわゆる「谷繁型キャッチング」です。

こういった技術を勉強し、取り入れられる意識の高さを感じますね。

ただ、変化球の時にはグラブが落ちているのが気になります

山瀬慎之介のバッティングは?

バッティングはどうでしょうか?

この動画は、2018年秋の北信越大会(長野・東海大諏訪高校戦)のものです。

コンパクトなスイングながらも、しっかりと振れているようです。

追い込まれてからは、ファウルで粘れています

動画では、内野安打を打っていますが、50m走のタイムが6秒5足はそこそこといったところでしょう。

別の動画(2018年春の甲子園準決勝の三重高校戦)を見てみましょう。

甲子園でタイムリーを打った時のものですが、内角のボールを上手く外野に運んでいます。

バッティングに波はありますが、打撃センスは感じられます

山瀬慎之介は星稜高校のキャプテン

星稜高校の野球部には、現在、50人ほどの部員がいて、新入生が入ると80人くらいになると思います

その大所帯をまとめるキャプテンが、山瀬慎之助選手です。

チームの中でも一番練習し責任感が強いということで、キャプテンに選ばれました。

プレーの他、言動や態度などでもチームを引っ張っています。

キャプテンとして、どう星稜高校を率いるかも注目ですね。

山瀬慎之介の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴
  • 低めにコントロールされたスローイング
  • 二塁送球の速さは高校生トップクラス
  • フレーミング技術が高い
  • 打撃センスや足はまずまず
  • 責任感の強いキャプテン

です。

スローイングの安定性やバッティングなどの課題はありますが、警戒するチームも多い肩の強い選手という印象です。

また、「谷繁型キャッチング」を実践する等、意識が高い選手であることがわかります。

山瀬慎之介(星稜高校)のスカウト評価は?

続いてスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 巨人・長谷川国利スカウト部長「キャッチャーは山瀬が断トツ。 イニング間の二塁送球も、試合の時と同じように後ろで構えてから投げている。 他の子は、試合ならバットが当たるんじゃないか、というぐらい前で構えているけど。 それでも、山瀬は二塁送球が1秒8台を出していた。 奥川のリードも考えてやっていた。」

現時点で巨人のみのコメントとなっています。

コメントでは、非常に高い評価をしており、二塁送球について言及しています。

やはり捕手は二塁送球の速さが求められますので、プロでの通用する肩の強さは魅力ですね。

次世代の捕手を育てたいチームは、2019年のドラフトで指名する可能性がありそうですね。

合せて読みたい!

【ドラフト2019】指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

山瀬慎之介(星稜高校)のまとめ

以上が、星稜高校・山瀬慎之介経歴や成績、特徴でした。

肩の強い高卒のキャッチャーで、プロレベルの強肩です。

また、キャッチング技術が高く、谷繁型キャッチングを取り入れるなど、意識も高そうですね。

キャプテンをやっていることもあり、将来性や人間性を加味してのドラフト指名もありそうです。

山瀬慎之介のこれからの活躍や動向に注目したいですね。

合せて読みたい!

【高校生】ドラフト2019候補まとめ!投手、野手の注目選手をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です