【ドラフト】池田陵真(大阪桐蔭)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、大阪桐蔭の池田陵真です。

U15日本代表で4番を打ち、大阪桐蔭でも秋から4番を任されています。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 大阪桐蔭・池田陵真

記事の内容

をご紹介しています。

池田陵真の経歴やプロフィール

まずは、池田陵真の経歴です。

プロフィール
  • 名前:池田陵真(いけだ りょうま)
  • 出身地:大阪府和泉市
  • 生年月日:2003年8月24日
  • 身長:172cm
  • 体重:80kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:外野
  • 経歴:和泉サークルズ(和泉市立国府小学校) → 忠岡ボーイズ(和泉市立和泉中学校) → 大阪桐蔭
  • 関連ページ:大阪桐蔭HP侍ジャパンHP

詳しく見ていきましょう。

小学校時代にはオリックスジュニア

和泉市立国府小学校から軟式野球チームの和泉サークルズで野球を始めます。

小学校六年生時にはオリックスジュニアに選出されています。

中学校時代に日本代表の主将

和泉市立和泉中学校では硬式野球チームの忠岡ボーイズでプレーし、捕手として活躍。

中学校三年生時にはU15日本代表に選出され、主将兼4番打者として世界四位に貢献しています。

二年生時に甲子園初出場

大阪桐蔭高校では一年生秋からベンチ入り。

秋季大会では打率.472という成績で、近畿大会準優勝に貢献。

二年生夏の代替試合では主に一番打者として、大阪大会で2試合連続ホームランを放つなど活躍。

チームを準優勝に導いています。

春の選抜の代替えとして行われた甲子園交流戦で甲子園デビューを果たします。

東海大相模戦では甲子園初安打を含む2安打で勝利に貢献しています。

二年生秋には四番兼主将

秋からは主将に任命され、秋季府大会では準決勝の履正社戦で4安打を放つなど、打率6割超え、3本塁打の活躍でチームの優勝に貢献。

近畿大会で全4試合で打点を挙げる活躍で、チームを準優勝に導いています。

2021年春の選抜出場は確実となっており、活躍が期待されます。

なお、チームメイトには一学年上には仲三河優太(現西武)、ドラフト2021候補の松浦慶斗関戸 康介がいます。

池田陵真の特徴や動画

次に、池田陵真の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【2021ドラフト候補】大阪桐蔭 池田陵真(2年) 4打数2安打

足を大きく上げる打撃フォームで、顔の近くにトップを置き、スムーズにバットが出ています。

抜群の長打力

しっかりフルスイングが出来ています。

スイングスピードが速く、本人も自身の特徴を「スイングスピード」とコメントしています。

また、前で捌けるので、アッパー局面で捉える傾向にあり、打球角度が付きやすいです。

身長が172cmですが、長打が打てるタイプと言えるでしょう。

まずまずの選球眼

これだけ振るタイプなので三振は少なくありません。

しかし、ボール球も見送ることが出来ており、四死球で出塁するケースも多いです。

その為、まずまずの選球眼と言えそうです。

高い身体能力

50m走は6秒3で、二塁打の場面では二塁到達タイムが8秒前後となっており、プロでもトップクラスのタイムとなっています。

遠投は90mと肩の強さもまずまずです。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 抜群の長打力
  • まずまずの選球眼
  • 高い身体能力

です。

三拍子揃った外野手で、魅力は抜群の長打力です。

小柄ではありますが、フルスイングからのホームランは圧巻です。

池田陵真の成績

続いて、池田陵真の成績を見ていきましょう。

成績
  • 19秋:10試合、打率.472、0本塁打、6打点、8三振、出塁率.548、OPS1.159
  • 20夏交流戦:1試合、打率.500、0本塁打、0打点、1三振、出塁率.500、OPS1.250
  • 20秋府大会:7試合、打率.609、3本塁打
  • 20秋近畿:4試合、打率.300、0本塁打、5打点、2三振、出塁率.400、OPS0.800

成績は2020年終了時です。

2020年秋の近畿大会では、そこまで結果を残していません。

しかし、情報が完全ではない府大会の成績は、打率6割超えで3本塁打と大活躍を見せています。

夏の府大会でも2試合連続ホームランを放つなど、ホームラン量産体制に入っていることがわかります。

三振は少なくありませんが、同等数の四死球を選ぶことが出来ています。

池田陵真のスカウト評価や指名の可能性

続いて、池田陵真のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 巨人・渡辺スカウト「(関戸・松浦・池田の)3人は来年の(ドラフト)候補に入ってくる。(池田は)小さい中田(翔)みたい。体に力があり、球に対してスムーズにバットが出る」
  • 中日・中田宗男アマスカウト・アドバイザー「もともとスピード系、瞬発力のある選手。今年の春にはパワー系に変わった印象を受けていた。体が大きくなり、長距離ヒッターを目指していたのか、強引な打撃が目立っていたが、今日は彼本来の持ち味である右方向へのヒットを打っていた。春には影を潜めていた打撃。今後も注目していきたい」
  • ロッテ・永野プロ・アマスカウト部長「(関戸・松浦・池田について)みんなポテンシャルが高い。球速も(今年のドラフト候補では)かなり上位。コンスタントに左(投手)は取っているけど、課題の一つではある」

現時点で巨人とロッテからコメントが出ています。

大阪桐蔭の三名に対してのコメントですが、巨人からはバットの出し方について評価を受けています。

コメントはまだまだ少ないですが、現時点での実力から言えば、ドラフト2021では指名の可能性は十分にあるといえるでしょう。

今後の活躍に期待しましょう。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

池田陵真の関連ニュース

続いて、池田陵真の関連ニュースです。

>>【高校野球大阪大会】大阪桐蔭のプロ注目打者が先制打!大量点呼んだ 中日スカウト「持ち味である右打ち」

>>大阪桐蔭の松浦、関戸、池田のドラフト候補トリオが始動 ロッテが一番乗りで視察

>>大阪桐蔭4番池田4安打大暴れ「やり返したかった」

>>大阪桐蔭の新4番・池田陵真が3試合連発!

>>大阪桐蔭・池田2戦連発、憧れ森友哉を研究/大阪

>>【大阪】大阪桐蔭・関戸&池田&松浦2年生トリオで7回コールド 巨人スカウト「来年のドラフト候補」

池田陵真のまとめ

以上が、大阪桐蔭 池田陵真経歴、成績や特徴でした。

身長172cmながら豪快なフルスイングからのホームランが魅力の三拍子揃った外野手。

2021ドラフトで指名される可能性も十分にあると思います。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です