【ドラフト】関戸康介(大阪桐蔭)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は大阪桐蔭高校の関戸康介投手です。

勢いのあるストレートと緩く大きく変化するカーブが武器の本格派右腕。

小学校6年生の時にプロ野球ジュニアトーナメントに出場し、中学校3年生夏は全国大会で準優勝まで勝ち進みました。

高校では、右中指骨折などもありましたが、高校2年生夏には球速を154km/hに伸ばします。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 大阪桐蔭高校・関戸康介

記事の内容

をご紹介しています。

関戸康介の経歴やプロフィール

関戸康介

まず、関戸康介の経歴です。

経歴
  • 名前:関戸康介(せきど こうすけ)
  • 出身地:長崎県佐世保市
  • 生年月日:2003年4月14日
  • 身長:179cm
  • 体重:80kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:セインツジュニア(佐世保市立広田小学校) → 明徳義塾中学校 → 佐世保市立広田中学校 → 大阪桐蔭高校
  • 関連ページ:大阪桐蔭HP

詳しく見ていきましょう。

小学校6年生の時にホークスジュニア

小学校1年生の時から軟式野球をはじめ、セインツジュニアでプレーします。

小学校6年生の時に、福岡ソフトバンクホークスジュニアに選ばれ、NPBジュニアトーナメントに出場、大会では129km/hの球速をマークしました。

小学校卒業後は、長崎を離れ、高知県の明徳義塾中学校に進み、軟式野球部に入ります。

学校から誘われ、監督が自分の特徴を分かってくれていたのと、「投打ともに高いレベルの環境でプレーしたい」という想いが本人にあったのが進学理由です。

中学校時には全国準優勝

中学校3年生夏に行われた全国大会で準優勝を果たし、その頃には、球速を146km/hまで伸ばしています。

しかし、大会後に地元の中学校に転校しました。

明徳義塾高校に内部進学する選択肢も考えられましたが、「自分をさらにレベルアップするには、環境を変えないといけないと思い、指導者の方にお願いして地元に戻ることにした」そうです。

中学卒業までの間は、週に1度、佐賀県小城市で行われていたホークスジュニアアカデミーの練習に参加してレベルアップに力を入れました。

高校2年生春に右中指を骨折!

高校は、一般入試を受験して、大阪桐蔭高校に進みます。

高いレベルの環境で野球をしたいほか、進学校でもあるので「野球を辞めた時のために勉強もしっかり学びたい」というのも進学理由だそうです。

高校1年生秋からベンチ入りし、府大会3回戦の岸和田高校戦でリリーフし、2回を無失点に抑え、3個の三振を奪います。

「緊張で球が少し浮いたが、先輩が優しくリードしてくれて楽しく投げられた」と初登板を振り返りました。

府大会で優勝して進んだ近畿大会では、準決勝の智弁学園高校(奈良)戦で2回を無失点に抑えます。

しかし、決勝の天理高校(奈良)戦では本塁打を打たれ1回1失点、試合も敗れました。

高校2年生3月中旬の練習試合で右中指を骨折しますが、5月上旬から投球練習を始めます。

しばらく投げるうちに、「腕が振れ、指の違和感がなく、逆によくなった」そうです。

高校2年生夏に球速を154km/hまで伸ばす!

2年生夏の府大会では、3試合にリリーフとして投げます。

5回戦の上宮太子高校戦では、4球団のスカウトが視察する中で3回を投げて1失点、5個の三振を奪いました。

また、この試合では、ロッテスカウトのスピードガンの計測ですが154km/hを記録します。

2年生秋は、府大会で優勝、近畿大会では1回戦の長田高校(兵庫)戦では1回を無失点に抑えました。

智弁学園高校戦では、リリーフとして3回を投げますが、本塁打を打たれるなど2失点、試合も敗れます。

因みに、2020ドラフトで西武に指名された仲三河優太は、1学年上です。

関戸康介の特徴や動画

続いて、関戸康介の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

【MAX154km/h】大阪桐蔭 関戸康介(2年) 3回1失点6奪三振【2021ドラフト候補】

左足を三塁方向に上げてタメを作っていました。

大きな腕の振りで、体重移動を使って投げることができています。

また、肘の使い方も柔らかそうです。

勢いのあるストレート!

勢いのあるストレートを投げています。

球速は、最速154km/hですが、バッターがストレートに振り遅れている場面もありました。

球速以上に速く感じるかもしれません。

緩く大きく変化するカーブ!

動画では、カーブ、スプリットを投げています。

カーブは、緩く大きく変化しており、コースが決まれば、ストライクカウントを取ったり空振りを奪うことができそうです。

また、緩急をつけるにも使えます。

スプリットは、打者の近くで落ち、空振りを奪うにに使えそうです。

そのほかには、スライダーやカットボールも投げます。

制球力はまずまず!

動画を見ると、大体はキャッチャーの構えた所に投げられており、内外角や低めを使ったピッチングができています。

一方で、投球が抜けて明らかなボール球となり四死球となった場面や高めに浮いた場面も見られました。

制球力はまずまずと言ったところでしょう。

特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速154km/hの勢いのあるストレート
  • 変化球はカーブ、スプリット、スライダー、カットボール
  • 制球力はまずまず

です。

最速154km/hの勢いのあるストレートと緩く大きく変化するカーブなどの変化球を投げ分けて抑えます。

まだ、高校2年生であり、今後の成長も期待できそうです。

関戸康介の成績

次に、関戸康介の成績です。

成績
  • 20秋季大会:4試合、7投球回、防御率1.29、被安打率3.86、奪三振率7.71、四死球率5.14
  • 21選抜:1試合、1 1/3投球回、防御率6.75、被安打率13.50、奪三振率13.50、四死球率20.26

秋季大会では投球回数は少ないものの4試合に登板し、防御率1.29という安定した成績を残しています。

四死球率が高いですが、奪三振率がやや高く、被安打率が低いことが成績に繋がっているようです。

選抜では、制球面で安定せずに苦労していましたが、それでも三振を奪える投球を見せてくれました。

関戸康介のスカウト評価や指名の可能性

次に、関戸康介のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 巨人・渡辺スカウト「1年の時から140キロ中盤を出していた」「(関戸と松浦は)2年生の中ではモノが違う」「これだけ変化球でストライクが取れたら十分。真っすぐもセンバツまでに上がってくると思う」「(関戸は)直球の強さ、速さ、キレが魅力。(楽天の)則本昂みたいになってくれたら」
  • 中日・中田スカウト顧問「来年ドラフトの目玉になる投手。体もいいし、モノが違う。もともと鳴り物入りだが、素晴らしい素材。もっともっとスピードも出てくると思うし、ひと冬越せば150キロは出るでしょう」
  • ヤクルト・阿部スカウト「スケールの大きな投手になる可能性を秘めている。今後の成長次第では(関戸とともに)どちらも上位(指名)もあるのでは。」「大柄なタイプじゃないけど、力強い球を投げられるポテンシャルがある。初めての対外試合でもしっかり投げられている。」
  • ソフトバンク・宮田スカウト「2年生の中では抜けている。来年十分(ドラフトに)入る」
  • ロッテ・永野プロアマスカウト部長「まだ(投げるタイミングが)合っていない。合ったらもっと球速が出るんじゃないかな」「(松浦、関戸、池田について)みんなポテンシャルが高い。球速も(今年のドラフト候補では)かなり上位。コンスタントに左(投手)は取っているけど、課題の一つではある」
  • ロッテ・三家スカウト「真っすぐは力強いし、変化球もいい。(松浦とともに)ポテンシャルが高い、持っているものは素晴らしい。」
  • オリックス・下山スカウト「来年も楽しみです」
  • ロイヤルズ大屋博行国際スカウト「2番手の関戸君も意気込みすぎたが、本来は球を押し出す感覚に優れ、球足が長い投手。松浦君ほど長身ではないのに150キロ超を投げるのは、体のバネが強く、効率よく投げている証拠だ。」

現時点で複数球団からコメントが出ています。

各球団から「目玉」「上位」「則本」といったコメントが出ており、非常に高い評価を受けていることがわかります。

また、阪神や中日が一位候補としてリストアップしたという報道も出ています。

2021ドラフトで上位指名される可能性もあり、活躍次第では一位での指名もあるかもしれません。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

関戸康介の関連ニュース

次に、関戸康介の関連ニュースです。

>>大阪桐蔭・関戸 150キロ計測も「真っすぐ悪かった」5回1安打0封9奪三振

>>大阪桐蔭・関戸、直球不調でも変化球主体に5回9K

>>中日が初のスカウト会議 高校生ドラ1はコロナが向かい風に

>>阪神今秋1位候補に市和歌山・小園&大阪桐蔭・関戸

>>大阪桐蔭の松浦、関戸、池田のドラフト候補トリオが始動 ロッテが一番乗りで視察

>>あるぞ4年連続高校生1位指名!投手王国復活へエース候補3人をリストアップ【中日】

>>150キロ超が既に7人! 来年のドラフトは高校生投手が“超豊作”に?

>>【大阪】大阪桐蔭の2年生・関戸康介が自己最速更新154キロで3回無安打5K…中学時代に軟式でMAX146キロ

>>来年のドラフト候補、大阪桐蔭高の関戸康介(2年)が自己最速154キロをマーク 大阪府の独自大会で ネット裏のスカウト陣もビックリ

>>大阪桐蔭2年関戸、最速更新154キロマーク/大阪

>>「来年ドラフトの目玉」中日スカウト絶賛の大阪桐蔭・関戸が最速147キロ計測…1イニング2奪三振

>>【大阪】大阪桐蔭・関戸&池田&松浦2年生トリオで7回コールド 巨人スカウト「来年のドラフト候補」

>>大阪桐蔭 2年生の左右両輪快投、先発左腕・松浦は2回零封 3番手・関戸は2回完全5K

関戸康介のまとめ!

以上が、大阪桐蔭高校 関戸康介経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

最速154km/hの勢いのあるストレートと緩く大きく変化するカーブが魅力の本格派投手です。

2021ドラフトで上位指名される可能性は十分にあり、一位指名もあるかもしれません。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です