ドラフト2019候補 高橋亮吾(慶應大)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 高橋亮吾(慶應大)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は、慶應大学の高橋亮吾選手です。

ストレートは150km/hをマークし、ナックルボールも投げるピッチャーで、全国大会の出場経験もあります。

今回はそんな慶應大学 高橋亮吾経歴、成績や特徴を見ていきましょう。

2019年ドラフト 高橋亮吾(慶應大)の経歴は?

高橋亮吾の経歴です。

経歴
  • 名前 : 高橋亮吾(たかはし りょうご)
  • 出身地 : 神奈川県逗子市
  • 生年月日 : 1997年9月19日
  • 身長 : 180cm
  • 体重 : 80kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:逗子リトル(逗子市立久木小小学校)→ 慶應義塾湘南藤沢中学校 → 慶應義塾湘南藤沢高校 → 慶應義塾大学

詳しく見ていきましょう。

高橋亮吾は甲子園出場なし!

小学校1年生の時から野球をはじめ、逗子リトルに入ります。

中学校は、中高一貫校の慶應義塾湘南藤沢中学校に進み、軟式野球部に所属。

主にキャッチャーとしてプレーしていました。

そのまま、慶應義塾湘南藤沢高校に進み、1年生の時から控えのキャッチャーとしてベンチ入り。

高校2年生の春からは、4番投手(エース格)として試合に出場します。

高校3年生は、春と夏の県大会で、いずれも、4回戦まで進みました。

春の県大会2回戦(川和高校戦)で2打席連続ホームランを打つなどバッティングでも活躍します。

夏の県大会では、2試合に登板し、6 1/3回を投げて無失点(5奪三振)でした。

甲子園出場はなく、県大会4回戦が最高成績です。

高橋亮吾は、外野手として入部も投手に再転向!

大学は慶應義塾大学に進学。

大学で野球を続けるか迷っていましたが、「神宮で野球をしている姿が見てみたい」というお父さんの話を聞いて、野球部に入ります。

入部当初は、打撃を活かしたいという理由で外野手でしたが、助監督の目に留まった事もあり、春季リーグ後に投手に再転向しました。

大学1年生秋から、リリーフとしてリーグ戦に出場。

2年生春は、9試合に登板します。

東京大学2回戦では、最速145km/hをマーク。

明治大学1回戦では、3回無失点の好投もあってリーグ戦初勝利を挙げます。

しかし、優勝の懸かった早稲田大学2回戦では2 2/3回を投げ5失点、負け投手となり、優勝も逃しました。

高橋亮吾は2季連続のリーグ優勝に貢献!

2年生秋からは、初先発した東京大学2回戦で初完投勝利(10奪三振)。

リーグ優勝し、明治神宮野球大会に出場しますが、登板機会はありませんでした。

3年生春は立教大学1回戦で自己最速を147km/hに更新。

リーグ戦では、リーグ2位の防御率1.23となるなど活躍し、2季連続のリーグ優勝に貢献します。

出場した全日本大学野球選手権では、初戦(2回戦)の苫小牧駒澤大学戦で、5回コールドですが1安打無失点の完封勝利。

しかし、準決勝の東北福祉大学戦では、6回2アウトからから5失点するなど7失点試合も破れました。

2018年の大学野球日本代表候補にも選ばれましたが、代表入りはなりませんでした。

リリーフした3年生秋の法政大学1回戦で球速を149km/h、4年生春の立教大学戦で150km/hに伸ばします。

同学年には、同じ2019ドラフト候補の高橋佑樹郡司裕也柳町達中村健人、一学年下には佐藤宏樹います。

2019年ドラフト 高橋亮吾(慶應大)の成績は?

高橋亮吾の成績です。

成績
  • リーグ戦通算(16年秋~18年秋):33試合、6勝3敗、111 1/3投球回、防御率2.75、被安打率7.44、奪三振率7.92、四死球率2.75
  • 全国大会通算(18年全日本):2試合、10 2/3投球回、防御率5.91、被安打率7.59、 奪三振率6.75、 四死球率2.53

成績は、2018年秋季リーグ戦までのものです。

リーグ戦の成績を見ると、被安打が多い割には、失点を抑えられている印象です。

そこまで四死球を与えていないからでしょう。

奪三振率を見ると、三振を奪う事もできるピッチャーのようです。

ただ、2018年秋は防御率が4点台で、ベストの2018年春の防御率1.23と波がありますね。

2019年は安定して自分の力を出せるかが課題でしょうね。

経歴の所でも書きましたが、入学当初はリリーフでしたが、先発でも投げるようになり、先発とリリーフ両方こなせます。

2019年ドラフト 高橋亮吾(慶應大)の特徴は?

高橋亮吾の特徴です。

まずはこちらの2019年春季リーグ立教大学戦の動画を見ていきましょう。

上から投げ下ろす投球フォームです。

ゆっくりタメを作り、そこから鋭く腕を振るので、タイミングが合いにくそうですね。

高橋亮吾は威力のあるストレート!

ストレートは最速150km/hで、威力のあるストレートを投げていますね。

バッターが振り遅れたり、空振りしており、質の良いストレートであることがわかります。

上から投げ下ろすので、回転軸が水平に近いのでしょうね。

シュート気味に抜けるケースも多いので、質のバラツキは今後の課題でしょう。

また、セットポジションでも140km/h後半が出ており、威力が落ちていない点は高評価です。

高橋亮吾は多彩な変化球!

動画では、落ちる変化球を2種類を投げていて、いずれも120km/h台から130km/h台です。

フォークは打者の手元で鋭く落ち、スライダーは大きく変化しています

いずれも、打ち取ったり空振りを取れていて、決め球として使えそうです。

また、動画の2分30秒あたりでは、カットボールを投げています。

140km/hという球速で、切れが良く良い変化をしています。

あまり投げていませんが、左打者には非常に有効なボールでしょうね。

高橋亮吾(慶應大)の制球力は?

動画を見ると、概ねキャッチャーの構えたに投げられていて、制球力はまずまずと言っていいでしょう。

変化球も全体的に低めに集められている印象です。

成績を見ても与四球率は高くないので、四球で崩れるタイプでは無さそうですね。

ただ、ストレートが抜けて逆球になるシーンが目立ちます。

相手のレベルによっては、こういったボールを痛打される確率はあがります。

ワンランク上のレベルで活躍する為には、こういったバラツキを抑えたいところですね。

高橋亮吾(慶應大)の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 威力のある最速150km/hのストレート
  • 落ちる変化球は、フォークと縦スライダー
  • カットボールも良いがあまり投げていない
  • 制球力はまずまず

です。

威力のある速球が武器の本格派右腕投手です。

スライダーやフォークで空振りが奪え、良いカットボールを持っており、変化球も多彩です。

制球力がもっと良くなれば、安定した投球が出来るでしょう。

2019年ドラフト 高橋亮吾(慶應大)のスカウト評価は?

高橋亮吾のスカウト評価です。

残念ながら、コメントを寄せたスカウトはいません。

2018年春に大活躍しましたが、秋で低迷してしまっただけに、2019年春には猛アピールが必要でしょう。

慶應大学には、他にもドラフト候補がいてスカウトの視察が増えると思うので、スカウトの前でアピールしておきたい所ですね。

実力的には十分ドラフト指名されるレベルなので、2019年の活躍に期待したいですね。

追記:将来の夢はパイロットのようで、野球は大学までのようです。

合せて読みたい!

【ドラフト2019まとめ】指名予想や候補選手評価一覧!

スカパー 野球中継 オープン戦 公式戦

2019年ドラフト 高橋亮吾(慶應大)のまとめ!

以上が、慶應大学 高橋亮吾経歴、成績や特徴でした。

最速150km/hの質の良い速球が武器の本格派右腕です。

スライダー、フォークといったレベルの高い決め球もあり、変化球も多彩です。

球速もどんどん伸びているだけに、伸びしろもまだまだありそうですね。

実力的には十分ドラフト指名されるでしょう。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です