【ドラフト】三浦瑞樹(東北福祉大)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は東北福祉大学の三浦瑞樹投手です。

最速147km/hのストレートと空振りが奪えるチェンジアップが特徴の左腕投手。

大学野球日本代表候補にも選出されています。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 東北福祉大学・三浦瑞樹

記事の内容

をご紹介しています。

三浦瑞樹の経歴やプロフィール

三浦瑞樹

三浦瑞樹の経歴です。

経歴
  • 名前:三浦瑞樹(みうら みずき)
  • 出身地:神奈川県大和市
  • 生年月日:1999年9月2日
  • 身長 :175cm
  • 体重:71kg
  • 投打:左投両打
  • ポジション:投手
  • 経歴:大和中央クラブ(大和市立柳橋小学校)→ 瀬谷ボーイズ(大和市立引地台中学校)→ 盛岡大附属高校 → 東北福祉大学
  • 関連ページ:東北福祉大HPTwitterInstagram

詳しく見ていきましょう。

高校2年生夏の甲子園で3試合に登板!

小学校2年生の時から軟式野球をはじめ、大和中央クラブでプレーしました。

中学生になってからは、硬式野球チームの瀬谷ボーイズに入り、その頃から投手をやります。

高校は、盛岡大附属高校に進みます。

4歳上の兄・智聡(現・西濃運輸)さんが進んだという影響もあったかもしれません。

高校1年生秋からベンチ入りし、岩手県大会で優勝して出場した東北大会では、2試合に投げました。

2年生夏の県大会では、先発3試合を含む5試合に投げ、計22 2/3回を3失点に抑え、優勝に貢献します。

甲子園に出場し、3試合でリリーフ登板しました。

1回戦の九州国際大学付属高校(福岡)戦では、ビハインドの場面から登板し、6回2失点に抑え、逆転勝ちにつなげました。

この試合での球速は、135km/hを記録しています。

3季連続で甲子園に出場!

2年生秋の東北大会で準優勝し、センバツ甲子園に出場、3試合に先発として投げます。

2回戦の智弁学園高校(奈良)戦では、9回を投げて4安打1失点に抑え、球速を140km/hに伸ばしました

3年生夏も、3季連続となる甲子園に出場し、先発2試合を含む3試合に投げます。

2回戦の松商学園高校(長野)戦では先発として6回を1失点に抑えました。

準々決勝の花咲徳栄高校(埼玉)戦にも先発しますが、野村佑希一(現・日本ハム)に本塁打を打たれるなど、8回を投げて7失点、試合も敗れます。

試合後は、「相手が一枚上手だった」と振り返りました。

大学1年生夏に全国優勝に貢献!

高校卒業後は、東北福祉大学に進みます。

高校の関口監督の出身校だったというのが、進学理由だそうです。

1年生春からベンチ入りし、初登板となった東北大学戦でリリーフし、1回を無失点に抑えます。

「緊張しなかった。投げたくてしようがなかったし、投げさせてもらって感謝したい」と振り返りました。

リーグ戦で優勝し、全日本大学野球選手権では3試合にリリーフ登板します。

1回戦の広島大学戦、準決勝の慶応大学戦で、それぞれ1回、1 1/3回を無失点に抑えました。

決勝の国際武道大学戦では、同点に追いつかれた2回途中から登板、2 2/3回を無失点に抑え勝ち投手となり、優勝に貢献します。

「勝負どころで思い切り投げられた」そうです。

大学野球日本代表候補選考合宿で球速147km/h!

大会後は、大学野球日本代表候補に選ばれます。

候補選手は50人いましたが、1年生は他に1人だけでした。

選考合宿の紅白戦では、球速を147km/hまで伸ばしています

1年生秋からは先発としても登板し、1年生秋のリーグ戦では、先発3試合を含む5試合19 2/3回を投げ、2勝を挙げました。

2年生春は、4試合に投げ3勝を挙げ、リーグ優勝に貢献しますが、全日本大学野球選手権での登板はありませんでした。

3年生秋は、リーグ戦で5試合17 1/3回を投げて無失点に抑え優勝、東北地区大学野球王座決定戦決勝の富士大学では4回を投げて1失点に抑えます。

チームメイトには一学年上にドラフト2020でヤクルト二位指名の山野太一、四位指名の元山飛優、ドラフト2021候補の椋木蓮がいます。

三浦瑞樹の特徴や動画

続いて、三浦瑞樹の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2021候補】三浦瑞樹の球質分析&投球フォーム【スロー撮影】

右足を大きく一塁方向に上げてタメを作っています。

テイクバックは小さいですが、大きな腕の振りです。

柔らかく肘を使えています

制球の良いストレート!

球速は常時130km/h後半です。

制球の良いストレートを投げており、見逃しを奪えている印象です。

回転数が比較的多く、ジャイロ成分が少ないので、シュート変化が多めの球質です。

その為、左打者にとっては厄介かもしれません。

また、捕手が内角に要求しているシーンもあり、信頼されていることがわかります。

左にも投げるチェンジアップ!

動画では、スライダー、カーブ、チェンジアップを投げています。

チェンジアップは、左右どちらの打者相手にも有効に投げられます。

球数も一番多く、信頼しているボールだと思われます。

スライダーは打者の手元で鋭く曲がっており、空振りを奪うのにもストライクカウントを取るのにも使えていました。

カーブは、大きく緩く変化しており、緩急をつけた投球ができ、コースが決まればストライクカウントを取るのに使えそうです。

制球力はまずまず!

動画を見ると、概ねキャッチャーの構えた所に投げられており、低めや内外角といったストライクゾーンぎりぎりの所にも投げていました。

一方で、投球が抜けて明らかなボール球となったこともあったので、制球力はまずまずと言ったところでしょう。

特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速147km/hのノビのあるストレート
  • 変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ
  • 制球力はまずまず

です。

最速147km/hのストレートと左右どちらでも投げられるチェンジアップが魅力です。

三浦瑞樹の成績

次に、三浦瑞樹の成績です。

成績
  • 全国大会通算(全日本18):3試合、5投球回、1勝0敗、防御率0.00、被安打率9.00、奪三振率3.60、四死球率1.80
  • リーグ戦・東北大会通算(リーグ戦18春20秋、東北19秋):24試合、9勝0敗、72 2/3投球回、防御率1.36、被安打率5.57、奪三振率7.56、四死球率2.85

成績は3年生秋までのものです。

先発11試合、リリーフ16試合に投げており、先発・リリーフどちらで投げる事もできます

全国大会では、ヒットを打たれましたが、要所を抑えて失点はありませんでした。

リーグ戦では、被安打も少ないです。

四死球の数も少なく、四死球で崩れる可能性も低いと言っていいでしょう。

一方で、イニング数より多くの三振を奪えているので、三振を奪えるタイプのピッチャーといっていいでしょう。

三浦瑞樹のスカウト評価や指名の可能性

次に、三浦瑞樹のスカウト評価です。

現時点で、スカウトの寄せたコメントはなく、そこまで注目されていないかもしれません。

しかし、大学でも安定した投球をしているので、今後、スカウトが視察する可能性はあると思います。

貴重な左投手ということもあり、活躍次第では2021ドラフトで指名されそうです。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

三浦瑞樹の関連ニュース

次に、三浦瑞樹の関連ニュースです。

>>椋木、三浦が侍ジャパン大学代表候補に選出

>>東北福祉大 ルーキー左腕・三浦、名火消しで全国デビュー

>>侍ジャパン大学代表候補強化合宿の参加メンバー発表 法大・三浦ら40人

三浦瑞樹のまとめ!

以上が、東北福祉大学 三浦瑞樹経歴、成績や特徴でした。

最速147km/hのストレートと左右どちらでも投げられるチェンジアップが魅力です。

活躍次第では、2021ドラフトで指名されると思います。

今後の活躍や動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です