【ドラフト】畔柳亨丞(中京大中京)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】畔柳亨丞(中京大中京)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は中京大中京高校の畔柳亨丞投手です。

力のあるストレートと鋭く曲がるスライダーなどの変化球が魅力の本格派右腕。

中学校3年生の時には、15歳以下の日本代表に選ばれました。

高校に入ってからは、1年生夏にベンチ入りしたものの肘の怪我で戦線を離脱します。

それでも、2年生秋の県大会から再度ベンチ入りし、球速を151km/hに伸ばしました。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 中京大中京高校・畔柳亨丞

記事の内容

をご紹介しています。

畔柳亨丞(中京大中京)経歴やプロフィール

まず、畔柳亨丞の経歴です。

経歴
  • 名前:畔柳亨丞(くろやなぎ きょうすけ)
  • 出身地:愛知県豊田市
  • 生年月日:2003年5月3日
  • 身長 :177cm
  • 体重:80kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:SASUKE名古屋ヤング(豊田市立竜神中学校)→ 中京大中京高校

詳しく見ていきましょう。

畔柳亨丞は中学校3年生の時に15歳以下の日本代表に選ばれる!

小学校1年生の時から野球を始めます。

中学生になってからは、硬式野球チームのSASUKE名古屋ヤングに入りました。

中学校3年生の時に、投手として全国大会に出場し、ベスト8まで勝ち進みます。

さらに、15歳以下の日本代表に選ばれ、ワールドカップに出場しました。

試合を振り返って、「ノビのある直球が通用したのが大きかった」そうです。

初戦のオーストラリア戦では、3 1/3回を投げて無失点、6個の三振を奪います。

当時の球速は、130km/h台後半でした。

畔柳亨丞は1年生秋に肘を怪我する!

高校は、中京大中京高校に進み、1年生夏の愛知県大会からベンチ入りしました。

県大会5回戦の国府高校戦では、リリーフとして1回を無失点に抑えます。

この試合で、球速142km/hをマークしました。

しかし、その後は肘を怪我し、1年生秋からは、ベンチ外となります。

2年生春の紅白戦で実戦復帰し、3回を投げて無失点に抑えます。

「秋以降は怪我でベンチを外れ、悔しかった。きょうは実戦感覚がない中で、工夫して投げることができた」そうです。

ただ、夏の大会はベンチを外れました。

畔柳亨丞は2年生秋の県大会で球速を151km/hに伸ばす!

2年生秋から再びベンチ入りし、県大会では先発4試合を含む6試合に登板します。

1回戦の名古屋国際高校戦で6回1失点、12個の三振を奪います。

試合を終え、「直球がうわずっていたので、40点くらいだった。低めに変化球を決めることができて良かった」と振り返りました。

3回戦の愛産大三河高校戦では、8回を投げて1失点、この試合で球速を151km/hに伸ばします

また、体重も入学時よりも8kgほど増やしたそうです。

決勝の東邦高校戦では、9回を投げて2安打1失点、完投勝利を挙げ、優勝に貢献しました。

続く東海大会初戦(準々決勝)の登板はありませんでしたが、準決勝せ先発すると7回コールド勝ちで完封勝利を収めています。

決勝の岐阜商戦では同点の9回からリリーフ登板し、無失点で切り抜け、チームをサヨナラ勝ちに導いています。

選抜出場は当確となっており、選抜での活躍が期待されます。

因みに、2020ドラフト候補の高橋宏斗松島元希中山礼都印出太一は、高校の1学年上です。

畔柳亨丞(中京大中京)の成績

次に、畔柳亨丞の成績です。

成績
  • 地方大会計(19夏、20秋):9試合、47投球回、防御率1.15、被安打率4.79、奪三振率10.34、四死球率2.11
  • 20近畿大会:2試合、8投球回、防御率0.00、被打率1.13、奪三振率14.63、四死球率3.38

2020年終了時点での成績です。

登板数はそこまで多くありませんが、ヒットをそこまで打たれておらず、失点も多くありません。

また、四死球の数も少ないです。

そして、イニング数以上の三振を奪えており、三振を奪えるピッチャーと言っていいでしょう。

畔柳亨丞(中京大中京)の特徴や動画

続いて、畔柳亨丞の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

147キロ計測 7回1安打11三振 畔柳 亨丞(中京大中京) 【2021ドラフト候補】

左足を上げてタメを作っています。

テイクバックは大きくないですが、しっかりと腕が振れていました。

肘の使い方も柔らかそうです。

畔柳亨丞は力のあるストレート!

力のある球を投げており、バッターが振り遅れています。

球速は最速151km/hですが、球速よりも速く感じるかもしれません。

畔柳亨丞は鋭く曲がるスライダー!

動画では、スライダーを投げています。

スライダーは打者の手元で鋭く曲がり、ストライクカウントを取れていました。

他にも、緩いカーブやチェンジアップを投げます。

畔柳亨丞の制球力はまずまず!

動画を見ると、大体はキャッチャーの構えた所に投げられており、内外角や低めなどにも投げられていました。

一方で、高めに浮いたり、投球が抜けて明らかなボールとなった事もあったので、制球力はまずまずと言ったところです。

畔柳亨丞の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速151km/hの力のあるストレート
  • 変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ
  • 制球力はまずまず

です。

最速151km/hの力のあるストレートと鋭く曲がるスライダーなどの変化球を投げ分けて抑えます。

高校1年生秋から夏にかけて登板がなく、これまでの登板数は少なかったですが、その分、伸びしろがありそうです。

畔柳亨丞(中京大中京)のスカウト評価や指名の可能性

次に、畔柳亨丞のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 中日・近藤スカウト「もっと球速も出ると思う。しっかり腕を振って投げられるので楽しみ」「コースにしっかり投げ分けられるし、球速以上に球は走っていた。変化球もいいし、一冬越えて、もっと成長すると思う。楽しみ」

球速や腕を振れる投球を評価しており、将来性を期待しています。

現時点で、2021ドラフトで指名される可能性も考えられ、今後の活躍次第では、上位指名もあるかもしれません。

中京大中京高校の高橋源一郎監督は、「秋のこの段階では高橋宏斗よりも球速が速い」という評価で、その一方で「速く強い直球が一番の持ち味だが、それ一辺倒では対応される。変化球の精度も大事」と今後の課題も口にしています。

15歳以下の日本代表でコーチだった徳元敏さん(元オリックスなど)は「真面目でフォームのことを凄く聞いてきた」と話しており、中学校の時から、高い意識を持って野球に取り組んでいたようです。

本人は、高橋宏斗を目標にしており、「すごい先輩。高橋さんが世代ナンバーワンを目指していたので、自分も目指したい」と上を目指しています。

また、一時期は無観客だった中で、観客を入れて試合が行われるようになった際には、「観客が入って燃える部分があった」とも話しているので、プロ野球など注目される場面で投げるのが夢かもしれません。

畔柳亨丞(中京大中京)のまとめ!

以上が、中京大中京高校 畔柳亨丞経歴、成績や特徴でした。

最速151km/hの力のあるストレートと鋭く曲がるスライダーなどの変化球が持ち味です。

2021ドラフトでは指名される可能性が高く、今後の活躍次第によっては、上位指名もあるでしょう。

まずは、選抜での活躍に期待です。

今後の動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です