【ドラフト】内海貴斗(横浜)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 内海貴斗(横浜)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフトの高校注目野手を見ていきましょう。

今回ご紹介するのは、横浜高校の主将で4番の内海貴斗です。

名門である世田谷西リトルの出身で、1年生の春から強豪校である横浜高校で試合経験を積んできた、大型スラッガーとして活躍しています。

2019年の春のセンバツにも出場が決まっており、活躍が期待されている選手です。

今回はそんなドラフト2019候補 横浜高校・内海貴斗の成績・経歴・特徴をご紹介します。

内海貴斗(横浜)の経歴は?

まずは経歴のご紹介です。

経歴
  • 名前:内海貴斗(うつみ たかと)
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 生年月日:2001年生まれ
  • 身長:182cm
  • 体重:78kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:一塁・二塁
  • 経歴: 世田谷西シニア(横浜市立末吉中学校)→ 横浜高校

詳しくみていきましょう。

内海貴斗は先輩に憧れて横浜高校に進んだ

内海貴斗は小学生の頃に、バッティングセンターで運命的な出会いを果たします。

そのバッティングセンターにすごいバッターがおり、話しかけたところ当時中学生だった3つ上の先輩にあたる村田雄大でした。

その村田雄大に憧れて横浜高校に進学を決めたようです。

かなり憧れているようで、中学のクラブチームも村田雄大に教えてもらい名門である世田谷西シニアに入団します。

内海貴斗は中学から名門クラブで鍛えられる

憧れの先輩を追って入団したシニアのチームは、名門である世田谷西シニアです。

世田谷西シニアといえば、多くの野球選手を強豪校に進学させており、春夏連覇を2度も飾っているチームです。

オーナーが元西武の東尾修さんということもあり、有名なチームですね。

そんなトップクラスのチームで3年間鍛えられた内海貴斗は、強豪校である横浜高校で入学当初から期待される選手となります。

内海貴斗は1年の春から公式戦に3番バッターで出場

横浜高校に入学した内海貴斗は、1年の春から背番号をもらい春の大会に出場します。

いきなりファーストの座を争う存在となり、同年の春の県大会2回戦目で3番ファーストで初スタメンを記録。

中学から上がりたての選手がいきなりベンチ入りというだけでも凄いですよね。

さらにクリーンナップでファーストを任されるというのは、かなり期待されていることがわかります。

内海貴斗は甲子園でランニングホームランを放っている

1年の秋にファーストの座を勝ち取った内海貴斗は躍動します。

春の関東大会では5番バッターとなりホームランも記録

さらには、2年の夏時に甲子園大会に出場しています。

この時内海貴斗は県大会で打撃不振となり、足を肉離れして戦線を離脱していたようです。

しかし、監督から「お前の力が甲子園では必要だ」と言われメンバーから外れずに黙々と怪我を治すことに集中しました。

そして迎えた甲子園初戦、低めのボールをすくい上げて放った打球はライトフェンスに直撃。

そのままボールが転々としランニングホームランを記録しています。

そのランニングホームランを含め、結果的には甲子園で5安打とその名前を全国に知らしめる結果となりました。

内海貴斗はドラフト1位選手から安打を打っている

2018年の夏の甲子園を沸かせた、選手といえば吉田輝星ですよね。

3回戦で横浜高校は吉田輝星率いる金足農業と当たります。

チームは惜しくも敗退となってしまいましたが、内海貴斗は吉田輝星からライト前にヒットを放っています。

ドラフト1位からヒットを打ったというのは大きな自信になったのではないでしょうか。

ちなみに同級生のチームメイトとしてドラフト候補の及川雅貴小泉龍之介、一学年下には度会隆輝います。

内海貴斗(横浜)の成績は?

続いて成績の紹介です。

成績
  • 甲子園通算:4試合、打率.438、1本塁打、2打点、5三振、出塁率.526
  • 公式戦通算記録:52試合、打率.323、5本塁打、41打点、25三振、出塁率.441、13盗塁
  • 2019年夏予選:5試合、打率.333、1本塁打、0三振、出塁率.565、5盗塁

甲子園の記録と全公式戦の記録となります。

全52試合に出場できる高校野球の選手はなかなかいないですよね。

その中で打率を3割以上残しているいうのはかなりの好成績です。

さらに長打も多く公式戦だけでも4本のホームランを放っています。

公式戦通算では三振数が多めですが、2019年夏の予選では0三振です。

四球をしっかり選べており、出塁率も高くなっているので、選球眼がさらに良くなっている印象です。

内海貴斗(横浜)の特徴は?

次に特徴の紹介となります。

まずは動画をみていきましょう。

変化球に崩され、ちょこんと当てただけのように見えますが、打球はグングン伸びていきホームランとなっています。

捉えるポイントが良いので、このようなホームランを打つことが出来るのでしょう。

また、しなりを感じるバッティングフォームで、ムチのようにバットを使えているという印象です。

内海貴斗には広角に打ち分ける能力がある

内海貴斗は広角打法が身についている選手です。

動画をご覧ください。

この動画は 甲子園での打席をまとめたものとなります。

2年生ながら臆することなくしっかりとバットが振り切れていますよね。

外角のボールでも体の前でしっかり捌けており、逆方向にも良い打球が打てています。

さらに崩されながらも拾えるバットコントロールもあります。

こういった打撃が出来るので、安定した高い打率が残せるんでしょうね。

内海貴斗のバッティングは慎重さが売り

広角に打ち分けができるのはボールをちゃんと見極めている証拠です。

その見極めがよくわかる動画がありますのでご覧ください。

難しいコースには手を出さずに甘く入った球を強打しています。

カウントもバッター有利になるように持ち込めているので投手からすると嫌なバッターです。

4番バッターというと多少ボール球でも強引に打って長打にするイメージですが、内海貴斗はそういったタイプではありません。

結果を着実に残すことができる三番タイプといって良いでしょうね。

内海貴斗は両親への感謝を忘れない

内海貴斗は横浜高校の主将に選ばれたのは、実力だけというわけではありません。

キャプテンへのインタビューで、両親のサポートがあって野球ができていることに感謝をしており、毎日両親にありがとうと言いたいと話していました。

他人を思いやる気持ちがある選手だからこそ、選手たちからもあつい信頼がありまとめ上げる力があるのだと思います。

強豪のキャプテンというだけあり、人格がとても優れていますよね。

内海貴斗(横浜)のスカウト評価は?

続いてスカウト評価のご紹介です。

残念ながら今のところスカウトからの評価はありませんでした。

ただ春のセンバツ大会は出場が決まっており、夏の甲子園でも好成績を残しているためマークしている球団も多いはずです。

2019年の横浜にはエースである及川雅貴を筆頭にドラフト候補選手が数多くいます。

これから横浜高校が勝ち上がれば上がっていくほどドラフト上位になっていくはずです。

今後の活躍が期待されます。

合せて読みたい!

【ドラフト2019】指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

内海貴斗(横浜)のまとめ

以上がドラフト2019候補 内海貴斗(横浜)の成績・経歴・特徴・スカウト評価のご紹介でした。

四番打者ですが、バッティング技術抜群の好打者タイプの選手です。

層の厚い横浜打線の中で繋ぐ四番といったイメージです。

現時点ではまだまだ評価は低いですが、今後の活躍次第では十分ドラフト指名はあるでしょう。

今後の活躍に期待したいですね。

合せて読みたい!

【2019】高校生ドラフト候補まとめ!投手、野手の注目選手をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です