【ドラフト】藤田健斗(中京学院大中京)の成績・経歴・特徴は?

【ドラフト】藤田健斗(中京学院大中京)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は、中京学院大中京高校の藤田健斗捕手です。

二塁送球タイム1.79秒のプロトップレベルに匹敵する肩の強さが魅力の強肩捕手です。

今回はそんな中京学院大中京 藤田健斗経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

藤田健斗(中京学院大中京)の経歴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

あおきはなさん(@hn__baseball_2)がシェアした投稿

藤田健斗の経歴です。

経歴
  • 名前 : 藤田健斗(ふじた けんと)
  • 出身地 : 滋賀県長浜市
  • 生年月日 : 2001年10月18日
  • 身長 : 173cm
  • 体重 : 73kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:捕手
  • 経歴:長浜市立高月小学校 → 滋賀ユナイテッドjboy’s(長浜市立高月中学校) → 中京学院大中京高校

詳しく見ていきましょう。

藤田健斗は高校2年生秋からキャプテンに!

小学校2年生から軟式野球を始めます

中学生になってからは、軟式野球チームの滋賀ユナイテッドjboy’sでプレー。

高校は滋賀を離れ、岐阜県の中京学院大中京高校に進みます。

1年生春からベンチ入り、1年生秋からキャッチャーのレギュラーとなり、4番を打つようになりました。

秋は地区大会の3戦目と県大会決勝で本塁打を打ちます。

県大会優勝で東海大会に進みますが、東海大会準決勝で敗れベスト4、センバツ甲子園出場はなりませんでした。

2年生夏の県大会は、2回戦で3ラン本塁打を打ちますが、準々決勝で敗れます。

県大会では、4試合で打率.500、1本塁打、8打点と活躍しました。

2年生秋からはキャプテンとしてチームを引っ張り、二年連続の県大会優勝、東海大会ベスト4。

藤田健斗は高校野球日本代表合宿に参加!

3年生春は、高校野球日本代表候補に選ばれ、代表候補合宿に参加。

ドラフト候補を含むピッチャーの球を受け、佐々木朗希が163km/hを記録した時にもマスクをかぶっていました。

「捕りにいったらさらに伸びるので、ついていくのが精いっぱい。目も体も追いつかなかった」というのが、受けたときの感想です。

163km/hの投球を受けた影響で、左手人さし指の付け根を裂傷し、完治するまでの間に1カ月かかったそうです。

なお、代表候補合宿では、及川雅貴投手からヒットを打っています。

藤田健斗は2019夏の甲子園でベスト4!

3年生夏の県大会は、本塁打は出なかったものの4割近くの打率を残し、県大会優勝、そして自身初の甲子園出場

2回戦の北照高校戦で4打数1安打1打点1盗塁、捕手としても3人の投手を好リードし3失点に抑えます。

3回戦の東海大相模高校戦で5打数3安打1打点、4人の投手をリードし4失点。

4回戦の作新学院高校戦では、初回の3ラン本塁打による失点のみで、逆転勝利。

準決勝の星稜高校戦で2019ドラフト候補の奥川恭伸投手からヒットを打ちますが、試合は敗れ甲子園はベスト4に終わりました。

ちなみにチームメイトには2019ドラフト候補の赤塚健利がいます。

藤田健斗(中京学院大中京)の成績は?

藤田健斗の成績です。

打撃と守備に分けて見ていきましょう。

藤田健斗の打撃成績は?

まずは打撃成績です。

打撃成績
  • 19年夏甲子園通算:4試合、打率.467、0本塁打、2打点、2三振、出塁率.529、長打率.533、1盗塁
  • 東海大会(17秋、18春秋)・県大会(18夏、19夏)通算:15試合、打率.373、1本塁打、13打点、1盗塁

成績は3年生夏の甲子園終了時点でのものです。

打率は打てるときと打てないときで波がありそうですが、甲子園では高打率を残せました。

また、本塁打や二塁打などの長打も打てます

一方、打てない時でも四死球を選び、打率以上に貢献していることが分かります。

甲子園では四球を2つ選んでおり、四球もしっかり選べるタイプのようです。

また、三振は2つしていますが、一つは奥川恭伸との対戦なので、三振は少な目といった良いでしょう。

なので、選球眼もまずまずと言えそうです。

さらに、4番を打っていますが盗塁を決めており、足も速そうです。

藤田健斗の守備成績は?

次に守備の成績を見ていきましょう。

守備成績
  • 19夏甲子園:4試合、0失策、0捕逸、盗塁阻止率.375(盗塁刺3、許した盗塁5)
  • 18秋季東海大会・19夏県大会(決勝のみ):3試合、0失策、0捕逸、盗塁阻止率.200(盗塁刺1、許した盗塁4)

試合は少ないですが、エラーや捕逸はありません

甲子園でも盗塁を刺しており、地方大会と合わせた阻止率も3割を越えていて、肩が強そうです。

藤田健斗(中京学院大中京)の特徴は?

藤田健斗の特徴です。

まずはこちらの動画を見ていきましょう。

動画の後半部分(1分20秒以降)は打撃を特集しています。

足を開いて構え、左足を上げてタイミングを取っています。

その後は、体重移動をして打っていますが、頭の位置はほとんどぶれていないようです。

藤田健斗はバッティングコントロール!

動画の2分40秒辺りでは、低めの球でしたが、レフト前に鋭い打球を打ちヒットにしています。

1分50秒辺りでは、アウトになりましたが、外角気味の球を外野に運んでいます。

打つときに頭の位置がほとんど動かないので、難しい球をヒットにするバットコントロールがありそうです。

また、体重移動を利用して打っているので、鋭い打球が打てるのでしょう。

藤田健斗の選球眼は?

ボール球を見逃す事が出来ていて、三振数も少ないので、選球眼はやや高めといった所です。

ただ、3分30秒辺りでは、低めの変化球を打った打球がゴロになっており、もっと、打ちやすい球を待って打っていけるといいかも知れません。

藤田健斗はプロのトップレベルに近い送球の速さ!

先ほどの動画の最初の部分は守備(送球)を特集しています。

捕球してから投げるまでの動作が速く、野手のミットの近くに正確に送球できています。

遠投も120mまでできて、肩が強いです。

2塁への送球は最速1秒79で、プロのトップレベルに近いタイムで投げることも出来ています。

藤田健斗のキャッチングは?

次にこちらの動画を見ていきましょう。

動画の50秒辺りからは、キャッチングを特集しています。

ミットを動かさずに、捕球する事ができ、変化球も捕れています。

ただ、もう少し難しい球がの場合は、正面に入って捕った方がいいかもしれません。

藤田健斗のそれ以外の守備力は?

動画の45秒辺りでは、キャッチャー前の打球に対して素早く反応し、アウトにしています。

50m走のタイムも6秒3と足の速さもまずまずです

また、動画内では「内角をうまく使ってリードした」と話しており、リードにも自分の考えを持っているようです。

元ヤクルトの古田敦也氏も守備やリードについて高い評価をしています。

藤田健斗の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 難しい球をヒットにするバットコントロール
  • 選球眼はやや高め
  • 二塁送球タイム1.79秒はプロトップレベル
  • キャッチングはまずまず
  • 守備の動きが素早い

です。

プロトップレベルに匹敵する送球が魅力で、守備全般の能力やバッティングの技術も高そうです。

高校生という事で、まだ、伸びしろもありそうです。

藤田健斗(中京学院大中京)のスカウト評価は?

藤田健斗のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 楽天・後関スカウト部長「(星稜・山瀬、智弁和歌山・東妻、中京学院大中京・藤田の3人は)みんな地肩が強い」
  • 巨人・長谷川国利スカウト部長「地肩が強い。最近の中では見たことがないくらい。地肩の強さは、大学でも社会人でもそんなに変わらない。2人(中京学院大中京・藤田、星稜・山瀬)が目立っている」

いずれも2019夏の甲子園の時に寄せられたコメントで、肩の強さを評価されていています。

二塁送球タイム1.79秒とプロトップレベルに匹敵する送球が魅力で、伸びしろもありそうです。

2019ドラフトでは将来性を考えて指名されそうですね。

合せて読みたい!

【ドラフト2019】指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

藤田健斗(中京学院大中京)のまとめ!

以上が、中京学院大中京 藤田健斗経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

二塁送球タイム1.79秒とプロトップレベルに匹敵する肩の強さが魅力です。

守備全般の能力やバッティングの技術も高く、伸びしろもまだまだありそうです。

将来性を考えて2019ドラフトで指名される可能性もあるでしょうね。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です