【ドラフト】河野佳(広陵)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 河野佳(広陵)の成績・経歴・特徴は?

2019年の高校生ドラフト注目選手をご紹介します。

今回ご紹介する選手は、強豪校で有名な広陵高校のエース河野佳です。

最速148km/hのストレートと抜群の安定感が売りの本格派右腕。

中国大会優勝の大きな立役者となりました。

2019年春のセンバツ出場は確実となっており、これからの活躍に期待がかかる投手です。

今回はそんな2019年ドラフト候補 広陵・河野佳の経歴や成績、特徴やスカウト評価をご紹介します。

河野佳(広陵)の経歴は?

まずは河野佳の経歴紹介です。

経歴
  • 名前:河野佳(かわの けい)
  • 出身地:広島県広島市
  • 生年月日:2001年生まれ
  • 身長:174cm
  • 体重:76kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:広島南シニア(広島市立大州中学校)→ 広陵高校

詳しく見ていきましょう。

河野佳は中学時代から投手としての頭角を現す

広島県広島市で生まれた河野佳は、中学生になると硬式野球チームとなる広島南シニアに入団します。

広陵高校入学時の最高球速が135km/hだったことから、中学の時から130km/h前後のストレートを投げていたと思われます。

中学生で130km/hとなるとかなりの速球派ですね。

その速球を武器に、中学3年生最後の大会となる関西連盟中国支部卒団記念大会で優勝をし、河野佳はベストナインに選出される活躍を見せました。

河野佳は変化球を捨てストレートを磨いた

広陵高校に入学すると、1年生の秋から控えとしてベンチ入り。

しかし、入学当時では速球派だった河野佳は球速に伸び悩んでいました。

入学当時の球速を更新できず、変化球に頼りがちな投手となります。

投手としての才能があるため、変化球も多彩でスライダー2種類、ツーシーム、フォークと投げていたようです。

しかし、広陵高校の監督である中井監督から「投げるボールをストレートとスライダーだけにしろ」とアドバイスを受け、そこからストレートを磨くことを心がけたようです。

そして迎えた2018年夏の甲子園では、初戦に途中登板し145km/hのストレートを記録し、監督の教えを守り成長を見せました。

河野佳は2019年ドラフト上位候補との投げ合いに勝利

新チームとなり、広陵高校のエースを任された河野佳は秋の大会から躍動します。

県大会、中国大会の試合で全11試合に登板、そのうち8試合を先発してチームの勝利へ大きく貢献しました。

中国大会の準決勝では、2018年の夏の甲子園で話題となった創志学園の西純也と投げ合いになりました。

そこで河野佳は8回4安打無失点の快投を見せ、チームもコールド勝ちを決めています。

そのまま中国大会を優勝、春の選抜大会を確約させました。

河野佳の目標は大先輩の低めの制球力

新チームのエースとしてチームを春の選抜へと導くことができた河野佳ですが、今のピッチングに満足しているわけではありません。

2年生になってから、変化球を捨てて強いストレートを投げることに加えて、もう一つ重点的に行ってきたのが低めへの制球力を磨くことだったそうです。

夏の甲子園で自己最速を更新し河野佳自身は速球への魅力を感じていたようなのですが、監督からの教えを守り低めへの制球力を大事にしていました。

その成果もあり、秋季大会では十分に低めへ制球された140km/h越えのまっすぐが投げ込めていていました。

しかし、それでも満足していないようです。

低めのストレートはノビが足りないと低めに垂れてしまいます。

そのため制球力に加えて安定して質の良いストレートを投げれなければいけません。

低めへの制球力といえば広陵高校の先輩でもある広島の野村投手の代名詞ともいえます。

河野佳自身は野村投手とはタイプが違うものの、あの低めへの制球力は見習っていきたいと話していました。

この冬で先輩の制球力にどれだけ近づくことができるのか楽しみです。

河野佳(広陵)の成績は?

続いて河野佳の成績を見ていきましょう。

成績
  • 甲子園大会通算:1試合、1投球回、防御率0.00、奪三振1、四死球0
  • 平成30年度秋季中国大会・明治神宮大会通算:5試合、17 2/3投球回、防御率3.57、奪三振15、四死球5

注目が集まった秋季大会の結果にスポットを当ててみました。

防御率は中国地区大会準々決勝で7失点を記録しているため通算の記録で見ると低いように見えます。

しかし、その他登板した4試合は全て自責点0という成績も残しており、好成績と言えます。

また、投球回数と近い数の三振が取れており、三振が多く取れるタイプであることがわかります。

与四球率2ほどなので四死球で崩れるタイプでは無いでしょう。

春の選抜大会ではどのようなピッチングを見せてくれるのか楽しみです。

河野佳(広陵)の特徴は?

続いて河野佳の特徴をご紹介していきます。

まずは動画を見てみましょう。

この動画は河野佳の投球フォームをスローに再生させている動画です。

大きく振りかぶり、軸足に体重をしっかり乗せてスムーズに体重移動をさせているとても合理的なフォームなのがわかります。

がっしりとした下半身により軸がぶれることなく投球ができているようです。

顔が投げ終わるまでブレないというのがいいフォームの証拠ですよね。

安定したピッチングフォームだからこそ制球力の高さが光ります。

また、身長174cmと決して大きくない体ですが、バネがあるのを感じますね。

一見本気で投げてないように見えますが、このフォームから常時140km/h越えの速球を繰り出しているのは驚きです。

このバネにより、ここまでの球速が出ているのでしょうね。

河野佳の持ち味はアウトコースへの直球

次に神宮大会での動画です。

河野佳のピッチングをまとめた動画です。

途中登板の場面ですが、それでも変わらず自分の投球をしています。

注目すべきはアウトコースへの直球。

キャッチャーが構えたミットが全く動かずにボールが収まっています。

制球力重視のピッチャーの多くは130km/h台の直球を投げ分けているイメージがありますが、河野佳は常時140km/h台のボールをアウトコースに制球しています。

あれだけの直球をアウトコースに投げられるとバッターは手が出ないですよね。

すでにレベルの高い位置にいることがわかります。

河野佳にはクイックになっても変わらない制球力がある

神宮大会での投球はランナーを背負っての場面なのでクイックで投球をしています。

河野佳はクイックになっても安定したピッチングができており、球速も落ちていません。

その大きな要因が軸足の使い方にあります。

クイックモーションになっても軸足に体重を乗せて安定させているからこそブレない投球ができています。

クイックでの安定感は高校トップレベルです。

調子のいい河野佳を打ち崩すのはかなり難しいと思われます。

河野佳の課題はストレートの質

すでに完成度の高い河野佳ですが、課題を上がるとしたらストレートの質です。

最速148km/hの速球は勢いもあり、空振りを取れています。

しかし、シュート回転で抜け気味の球が多いですね。

外角に狙ったボールが甘く入ったり、高めに抜けたりするケースがあるので気になります。

抜け球はバッターからしたら狙い球となるので、いかにその抜け球を少なくできるか、が今後の課題でしょうね。

逆に言えば、ここを改善出来ればさらに良くなるという事でもあります。

そういった意味でも可能性を秘めた選手であることがわかりますね。

河野佳の変化球は?

動画内ではスライダー・チェンジアップを投げています。

スライダーの曲がりは大きく、打者がのけ反るシーンもあるので、キレは良さそうですね。

チェンジアップもしっかり腕が振れており、空振りが取れそうな球種です。

その他に、縦のスライダーもあるそうで、多彩な球種を持っています。

元々、変化球投手だったこともあり、様々な球種を投げ分ける器用な投手であることがわかります。

河野佳(広陵)のスカウト評価は?

続いてスカウト評価についてです。

残念ながら現段階ではスカウトからの評価はまだないようですね。

中国大会で注目を集めましたが、全国大会である神宮大会では1回戦で星稜高校に負けています。

この時、1回途中登板の機会しかなかったので、まだアピールができていません。

ただ、春の選抜の出場が確約となっているので、そこで十分にアピールが出来れば、評価は上がっていくでしょう。

これからの成績次第ではドラフト上位指名も可能性が有るかもしれませんね。

今後の活躍が楽しみです。

合せて読みたい!

【2019】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

河野佳(広陵)のまとめ

以上が2019年ドラフト候補 広陵・河野佳の経歴や成績、特徴やスカウト評価のご紹介でした。

球速の勢いがあり、全体的な完成度は高い投手です。

まだスカウト陣からの注目は集まっていないものの、十分ドラフト候補に入る能力を持っています。

春の選抜、夏の選手権の結果次第では、上位指名も見えてくるでしょう。

今後の活躍に期待したいですね。

合せて読みたい!

【2019】高校生ドラフト候補まとめ!投手、野手の注目選手をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です