【2022】ソフトバンクホークスのドラフト指名予想と狙い

本記事ではソフトバンクホークスのドラフトの指名予想をご紹介しています。

具体的には

本記事の内容

となっています。

【2022】ホークスのドラフト指名予想

まずは指名予想をご紹介します。

この章のあとに説明している戦力分析や報道を加味しての予想です。

情報が出次第、随時更新していきます。

順番に説明していきます。

一位指名予想

本命は山田陽翔です。

補強ポイントから、次世代の右のエース候補が欲しいところです。

スカウトコメントでは「早い時期から一軍で投げられる」という非常に高い評価をしていることがわかります。

対抗としては荘司康誠です。

190cm近くの恵まれた体格で、まだまだ細身な体格からは、非常に高いポテンシャルを感じる投手です。

スカウトは「田中正義のようなタイプ」と、2016年ドラフト一位と重ねてみているほど高い評価をしています。

二位指名予想

二位指名は一位を投手で行った場合に外野手で予想しています。

本命は古川雄大です。

恵まれた体格と非常に高い身体能力が魅力の選手で、スカウトからは「柳田のようになれる可能性」という評価をしています。

大分出身ということも、指名を後押ししそうです。

対抗は西村瑠伊斗です。

ホークスの二位指名まで残っている可能性は低そうですが、こちらは打撃センス抜群の三拍子揃った外野手です。

スカウトからは「高校生トップクラス」と評価され、打撃フォームは王会長を参考にしているという、ホークスと縁を感じる選手です。

三位指名予想

三位は投手です。

一位に早めに戦力になる選手を選択しているので、こちらは将来性重視です。

本命は日高暖己です。

質のいいストレートが魅力で、184cmながら体重77kgと、まだまだ細身でポテンシャル抜群の選手です。

こちらも長崎出身ということで、指名を後押ししそうです。

対抗は田中晴也です。

こちらも、身長186cmという恵まれた体格が魅力の素材型右腕です。

スカウトからは「いずれプロで出てくる」と評価されており、素材的に注目していることがわかります。

打撃もよく、大谷を彷彿とさせる広角に長打を打ち分ける打撃も魅力です。

合せて読みたい!

【ドラフト2022】指名予想と注目候補ランキングと評価一覧!

【2022】ソフトバンクホークスの戦力分析

まずは現状の戦力分析です。

現状戦力と年齢構成

*年齢は2022年12月31日時点

年齢右投手左投手捕手内野手外野手
18
19風間球打木村大成井上朋也
20田上奏大牧原巧汰川原田純平笹川吉康
21小林珠維水谷瞬
22渡邉陸野村大樹
23スチュワート
尾形崇斗
大竹風雅
田浦文丸増田珠
リチャード
三森大貴
正木智也
24津森宥紀
中村亮太
九鬼隆平佐藤直樹
25杉山一樹
髙橋純平
泉圭輔
大関友久
笠谷俊介
谷川原健太
海野隆司
川瀬晃
黒瀬健太
柳町達
26甲斐野央
藤井皓哉
松本裕樹
周東佑京
野村勇
栗原陵矢
27高橋礼
椎野新
板東湧梧
大竹耕太郎
モイネロ
上林誠知
28田中正義真砂勇介
29武田翔太
千賀滉大
中谷将大
30森唯斗
奥村政稔
甲斐拓也牧原大成
31石川柊太今宮健太
32又吉克樹
東浜巨
レイ
髙田知季
ガルビス
33秋吉亮嘉弥真新也中村晃
34柳田悠岐
35
36明石健志デスパイネ
37グラシアル
39松田宣浩
41和田毅

ソフトバンクホークス選手一覧

右投手は30歳前後に主戦投手が多く、そこに続く若手先発候補が不在です。

左投手は和田に頼るなど、コマ数的にも足りていない状況です。

捕手については30歳の甲斐がいる中で、海野・渡邉あたりがファームでも結果を残しており、次世代の正捕手候補の準備が出来つつあります。

内野手については高齢化が進んでいますが、周東や野村勇・三森の台頭がある中で、期待の若手が豊富です。

外野手については高齢化が進んではいますが、上林・栗原など実績がある若手がいる中で、柳町の台頭もあり選手層は厚いです。

しかし、上林・栗原の怪我は不安材料です。

2022シーズンの成績

続いて2022シーズンの投打の成績です。

*9月5日時点

打者

数値順位
得点460一位
打率.255一位
本塁打84四位
盗塁69四位
OPS.691一位
WAR22.1一位
UZR44.5一位

得点数は勝率と相関がありますが(ピタゴラス勝率)、現時点で一位となっています。

ホームラン数こそ多くありませんが、二塁打や三塁打が多いため、長打率がリーグNo.1となっています。

そのため、高いOPSを記録していることが得点力の高さに繋がっているようです。

また、勝利への貢献度を表すWARも一位となっており、打撃陣はパ・リーグNo.1といえます。

また、守備の指標を表すUZRもリーグNo.1となっており、守備面でも優れた打撃陣であることがわかります。

捕手

捕手は絶対的な正捕手である甲斐がいますが、30歳前後とそろそろ次を考えたいところです。

甲斐に続く次世代の正捕手候補としては、ファームでも結果を残している海野や渡邊あたりが筆頭です。

今シーズンは、2選手共に一軍を経験していることもあり、準備は順調のようです。

内野手

内野手は松田の高齢化、今宮・牧原が30歳前後と、高齢化が進んでいます。

しかし、周東がいることや、新人の野村勇の台頭があり、二遊間は準備が出来そうです。

打てる一塁・三塁手が欲しいところですが、一塁・三塁は助っ人に任せやすいポジションでもあります。

そのため、補強の優先順位は低そうです。

外野手

外野手は柳田や中村といった主力の高齢化が進んでいます。

そこに続く上林・栗原といった実績のある選手がいますが、両選手共に大けがをしたこともあり、不安材料が出てきました。

柳町の台頭はあったものの、上林や栗原の怪我を考えると、補強の優先度は高そうです。

投手

 数値順位
失点404三位
防御率3.14三位
先発防3.34五位
中継防2.78二位
tRA3.77五位
WAR15.5五位

失点数はリーグ三位とまずまずですが、守備の影響を除外したtRAでは五位となっています。

リーグ屈指の守備力を誇る野手陣の功績がありながら、失点数がリーグ三位に甘んじていることがわかります。

そのため、勝利への貢献度を表すWARではリーグ五位となっており、投手陣に課題がある事がわかります。

右投手

先発では東浜・石川・千賀と揃っていますが、共に30歳前後と、そろそろ次を考える時期です。

また、千賀についてはMLB移籍の可能性もあるようです。

そこに続く杉山は今シーズンはピリッとせず、次世代のエース候補が不在です。

リリーフは、藤井・津森・松本など、20歳中盤の選手が非常に多く、層が厚くなっています。

層は厚いですが、次世代のエース候補が不在で、先発補強の優先度は高いでしょう。

左投手

先発では大関の台頭があったものの、40歳の和田が左腕二位の投球回数となっています。

また、リリーフも嘉弥真はいるものの、そこに続くリリース左腕が全くいません。

先発・リリーフともに補強の優先度は高いでしょう。

補強ポイント

以上を踏まえたソフトバンクホークスの補強ポイントまとめです。

右投左投捕手内野手外野手
即戦力
育成

さらに詳しく言うと、

補強ポイント
  • 右投手:次世代のエース候補
  • 左投手:即戦力重視
  • 捕手:当面必要なし
  • 内野手:当面必要なし
  • 外野手:数年後のレギュラー候補

です。

右投手は現状揃っていますが、次世代を任せられる投手が不在なので、将来性豊かな投手が欲しいところです。

ただし、千賀の移籍有無によって、即戦力投手獲得の優先順位が高くなるでしょう。

左投手は先発もリリーフも補強は急務です。即戦力がいれば積極的に補強したいところです。

捕手については甲斐がいることや次世代の正捕手候補もいるので優先度は低いでしょう。

内野手については、現在のスタメンがしっかりいて、次世代の二遊間もいるので、優先度は低いでしょう。

外野手については、現在のスタメンが高レベルですが、上林・栗原の怪我を考えると、バックアップ選手を補強したいところです。

ソフトバンクホークスのドラフトに関するニュースや報道まとめ

続いてソフトバンクホークスのドラフトに関する情報をピックアップしました。

情報が出次第、随時更新していきます。

報道はこちらのページを参考にしています。

一位指名のニュースや報道

まずは浅野翔吾です。

ホークスは一位指名としてリストアップしていることが明らかになり、スカウトからは「素材として魅力がありすぎる」という非常に高い評価となっています。

もう一人は山田陽翔です。

スカウトコメントでは「早い時期に1軍に出てくる投手」と評価しており、即戦力としての評価をしているようです。

>>ソフトバンク編成育成本部長が注目球児チェック「今2軍戦で投げても勝てる」剛腕は

>>高松商・浅野が清原氏超えの通算66号! 「活躍した選手だったので、記録を抜けてうれしい」/甲子園

>>ソフトバンクドラ1候補に高松商・浅野翔吾リストアップ チームの弱点埋める逸材

上位指名のニュースや報道

まずは古川雄大です。

スカウトコメントでは「柳田のようになれる可能性」とコメントしています。

恵まれた体格と身体能力から将来性を高く評価しているようです。

次は蛭間拓哉です。

スカウトコメントでは「プロのレベルでも十分やっていける」という非常に高い評価をしています。

鍛えがいがあるというコメントをしており、すでに指名を想定したコメントであることも気になります。

最後は西村瑠伊斗です。

担当スカウトからは「高校生トップクラス」というコメントが出ており、高い評価を受けています。

>>大分大会に9球団25人のスカウト集結 ソフトバンクチーフが「柳田のようになれる可能性」と高評価するスラッガー

>>早大・蛭間「積極的に」2安打1打点 プロとの対戦に刺激「まだまだ実力不足。とにかく練習したい」

>>ドラフト2022候補 西村瑠伊斗「高校生トップクラス」

【2022】ソフトバンクホークスのドラフト指名予想まとめ

以上がドラフト2022のソフトバンクホークスの指名予想でした。

再度、まとめると

です。

一位指名は補強ポイントである右投手を優先しました。

どちらもスカウト評価の高い、将来性ある投手です。

二位には外野手としました。

補強の優先度はそこまで高くはありませんが、将来の中軸を期待できる選手を予想。

三位は将来のエース候補になりそうな、ポテンシャルの高い選手を予想しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA