2019ソフトバンクホークス 戦力分析!や開幕スタメン・ローテーションも!

2019ホークス順位予想!戦力分析や開幕スタメン・ローテーションも!

昨年二位だったソフトバンクホークス。

オフシーズンは大きな補強はありませんが、戦力的にはNo.1でしょう。

スローガンを奪Sh!(ダッシュ)とし、2年ぶりの首位奪還を目標に、3年連続の日本一を目指します。

今回は、そんな2019ホークスの順位予想や戦力分析、開幕スタメンやローテーションを予想します。

3/8時点の情報を元にしています。

2019年ホークスの順位予想

まずは2019年ホークスの順位予想をご紹介します。

2019年ホークスの順位予想は?

2019年のパ・リーグ順位予想は下記としました!

順位球団
1位ホーク8261
2位日ハム78654.0
2位西武78650.0
4位楽天677611.0
5位オリ63804.0
6位ロッテ61822.0

私が予想したホークスの順位予想は1位です。

やはり戦力はパ・リーグNo.1で優勝する可能性が高いでしょう。

しかし、2位の日本ハム・西武までは大きな差は無いので、油断はできません。

パ・リーグの順位予想結果の詳細は下記で紹介していますので、気になる方はチェック!

合せて読みたい!

【2019】パ・リーグ順位予想まとめ!ペナントレースの戦力分析結果を公開!

2019年ホークスの戦力分析

先ほどの順位予想は「戦力値」という数値で計算しています。

その戦力値が2018年 → 2019年でどう変わるかをご紹介します。

ホークス
項目加点減点
甲斐野加入1 
杉山加入0.5 
本多退団 1
今宮アップ(1→3)2 
牧原アップ(2.5→3)0.5 
内川アップ(0→2)2 
サファテアップ(0→2)2 
岩嵜アップ(0→0.5)0.5 
ミランダアップ(1.5→2.5)1 
柳田ダウン(9→8) 1
グラシアルダウン(1→0) 1
バンデンダウン(2.5→1.5) 1
モイネロダウン(1→0) 1
加治屋ダウン(1.5→1) 0.5
明石ダウン(1→0) 1
福田ダウン(1→0.5) 0.5
9.57

今シーズンは大きな補強も無く、また影響のある退団も少なかったですね。

特に助っ人外国人については1人も補強しませんでした。

既存選手で十分やれるという自信の表れでしょうね。

2019ホークスの開幕スタメン予想!

まず戦力分析していく為に、ホークスの開幕スタメンを予想しました。

打順名前守備位置年齢
1番上林誠知右翼手24
2番今宮健太遊撃手28
3番柳田悠岐中堅手31
4番内川聖一一塁37
5番デスパイネDH33
6番松田宣浩三塁手36
7番中村晃左翼手30
8番甲斐拓也捕手27
9番牧原大成二塁手27

打撃陣は12球団でもトップクラスの得点力です。

昨年は主力の内川・デスパイネ・今宮が離脱した苦しいシーズンでしたが、それでも2位でした。

代わりに出場する選手もレベルが高く、層も厚いので、今年も安定した成績を残すでしょうね。

4番は内川?

昨年は柳田が4番を打つ場面が多かったですが、内川が元気であれば、4番内川になるでしょう。

昨年は調子を落とし、怪我による影響もあり、71試合の出場に終わりました。

2年連続規定打席未到達ですが、長年安定した成績を残してきたバッターです。

今シーズンあたりはやってくれそうな気がします。

一番は上林?

ホークスの場合、主軸が強力なだけに、一二番の活躍がキーポイントになります。

一番打者の候補としては、上林・今宮・牧原といますが、三選手ともに、出塁率が高いタイプとはいえず、どんどん振っていくタイプです。

なので、一番の適性が高いとは言えず、非常に悩ましいですね。

そんな中ではありますが、個人的には上林を推したいと思います。

昨年は上林の飛躍の年となりましたね。

打率.270、23本塁打という素晴らしい成績で、フル出場を果たしました。

高い走力もありますし、長打がある一番打者というのも面白そうです。

三振が多いですが、出塁率を意識して、さらにワンランク上の選手へと成長して欲しいですね。

グラシアルはどうなる?

ホークスは外国人枠が悩ましいですよね~

外国人枠については、デスパイネ・サファテの二人は確定といって良いでしょう。

残り二枠については、グラシアル、バンデンハーク、ミランダ、モイネロ、スアレスといった選手が候補になります。

ホークスの場合は打線が強力で層も厚いですから、残り二枠は投手となるでしょう。

そうなると、グラシアルの出番は少なくなりそうです。

ただ、昨年のように怪我人が出る可能性もありますので、そういったバックアップでグラシアルがいるのは安心できますね。

2019年 ホークスが優勝する為に打撃陣は何が必要?

ホークスの打線は非常にレベルが高いです。

打撃だけでなく、守備力も非常に高いので、12球団でもトップクラスの打撃陣といって良いでしょう。

内川・松田と年齢が気になる時期となりましたが、そこまで大きな心配はいらないでしょう。

グラシアルも含め、バックアップ要員は豊富なので、カバーできる戦力があります。

こういった層の厚さもホークスの強さの秘訣ですよね。

2019年 ホークスの先発ローテーション

続いて先発ローテーションです。

日程によって変わるでしょうが、良い順に並べています。

順番名前投げ年齢
1千賀滉大26
2東浜巨29
3ミランダ30
4石川柊太28
5バンデン34
6武田翔太26

メンバーを見ると、頭数が揃っているなという印象です。

ただ、思った以上に成績を残せておらず、昨年は苦しいシーズンとなりました。

昨年の成績を見ると、千賀・東浜・武田あたりはもっとやれそうですね。

外国人枠が悩ましい!

先ほども紹介した通り、外国人枠についてはデスパイネ・サファテの二人は確定といっていいでしょう。

残すはグラシアル、バンデンハーク、ミランダ、モイネロ、スアレスといった選手が候補になります。

昨年の成績を見ると、リリーフの方が結果を残しているので、先発に残り2名の助っ人枠を入れたいところです。

そうなると、バンデンハーク、ミランダ、今シーズン先発を希望しているスアレスが対象になるでしょう。

実績的に見れば、素直にバンデンとミランダとなるでしょうね。

千賀・東浜・武田の奮起に期待!

昨年ホークスが苦しかった要因の一つに、先発陣の低迷がありました。

特に千賀・東浜・武田の三名です。

千賀や東浜については怪我があり、調子が上がりませんでしたね。

二桁&規定投球回数は最低ラインとして、頑張って欲しいです。

また武田についてはここ2年苦しい投球となっています。

昨年はリリーフも経験し、終盤は良い投球していました。

今シーズンは復活の年になって欲しいですね。

バンデンハークが心配?

ローテーションの中で心配なのはバンデンハークです。

昨年は二桁勝利をしましたが、防御率4.30という成績で、かつての投球が見られませんでした。

空振りを奪った割合を示す、K%が年々悪くなっており、与四球率が年々上昇しています。

こういった背景があり、年々パフォーマンスが落ちています。

年齢的なことを考えると、今シーズンあたりは厳しいシーズンとなるかもしれませんね。

2019年 ホークスが優勝する為に先発陣は何が必要?

昨年は先発で苦労しましたが、メンバー的には揃っています。

各選手が実力通りの成績を残せれば、パ・リーグでもトップクラスの先発陣となるでしょう。

特に千賀・東浜・武田あたりには、最低でも二桁勝利&規定投球回を満たしてほしいですね。

三名がこのくらいの結果を残せば、安定した試合運びができるでしょうね。

2019年 ホークスのリリーフ陣

続いて2019年のホークスのリリーフ陣です。

役割名前投げ年齢
抑えサファテ38
勝ち森唯斗27
勝ち加治屋蓮28
勝ち甲斐野央23
嘉弥真新也30
負け杉山一樹22
ロング高橋礼24

昨年は絶対的守護神のサファテ、岩嵜が離脱となりましたね。

それでも抑えに森が入り、加治屋の台頭もあったことで、それを感じさせない素晴らしいリリーフ陣でした。

新人の甲斐野も加入し、さらに厚みを増したリリーフ陣は12球団でもトップクラスでしょう。

新人の甲斐野・杉山に期待!

厚みのあるリリーフ陣ですが、甲斐野央、杉山一樹の開幕一軍に期待したいです。

2月12日のシート打撃でも良いボールを投げていましたね。

甲斐野については、最速159km/hの速球は勢いがありますし、鋭く落ちるフォークが武器です。

まだまだ粗削りな部分はありますが、将来の守護神として、今シーズンから一軍で経験を積ませたい選手ですね。

また、杉山も最速153km/hの勢いある速球が武器で、良いスライダーを持っています。

193cmという長身でまだまだ伸びしろがありそうですし、高卒社会人なので、甲斐野より1歳若いです。

こちらも今シーズンから一軍で経験を積ませたい選手ですね。

岩嵜は間に合う?

現時点の情報ではなんとも言えなかったので、間に合わない想定で考えました。

昨年9月に二軍で復帰登板しましたが、10月に再手術をしています。

こういった経過をみると、長引きそうだなという印象を受けます。

シーズン後半からの合流くらいに考えておいた方が良さそうですよね。

ホークスの場合は層が厚いですし、無理せずゆっくり完治を目指してほしいです。

2019年 ホークスが優勝する為にリリーフ陣は何が必要?

昨年はサファテ・岩嵜の離脱があったものの、リリーフ陣はまずまずの成績でした。

サファテ・岩嵜が帰ってくることで、さらに厚みを増したリリーフ陣となるでしょう。

特に勝ちパターンのサファテ・森・岩嵜は、誰でも守護神が出来るほど強力です。

彼らが、実力通りのパフォーマンスを発揮すれば、安定した試合運びができるでしょう。

ただ、岩嵜については遅れる可能性が有るので、その間は新人の甲斐野・杉山に期待したいですね。

スカパー 野球中継 オープン戦 公式戦

2019ホークス戦力分析!まとめ

以上が2019年ホークスの順位予想や戦力分析、スタメン・ローテーション予想でした。

まとめると

2019ホークスのまとめ
  • パ・リーグ順位予想は1位
  • 走攻守高レベルの打撃陣
  • 内川の奮起に期待
  • 先発は揃っているが力を発揮出来ていない
  • 千賀・東浜・武田にはもっと活躍を期待
  • リリーフ陣は層が厚い
  • 特に勝ちパターンは鉄壁

です。

順位予想は一位ですが、三位の日本ハムと大きな差が無いので、油断は禁物です。

ただ、層の厚さはピカイチなので、昨年のように怪我人や不調選手が多発しても、大きく成績を落とすことはないでしょう。

打撃陣は走攻守揃って高レベルですし、投手陣も高レベル出揃っています。

先発に若干の不安がありますので、千賀・東浜・武田あたりには実力通りの活躍を期待したいですね。

合せて読みたい!

2019日本ハムファイターズ 戦力分析!開幕スタメン・ローテーションも!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です