【2022】中日ドラゴンズのドラフト指名予想と狙い

本記事では中日ドラゴンズのドラフトの指名予想をご紹介しています。

具体的には

本記事の内容

となっています。

【2022】中日ドラフトの指名予想

まずは指名予想をご紹介します。

この章のあとに説明している戦力分析や報道を加味しての予想です。

情報が出次第、随時更新していきます。

順番に説明していきます。

一位指名予想

本命は澤井廉です。

補強ポイントの強打の外野手であることや、身体能力も高いことから、広いナゴヤドームでも守れます。

また愛知県出身ということも指名を後押しするでしょう。

対抗としては蛭間拓哉です。

こちらも強打の外野手で、身体能力が高く澤井に似たタイプです。

昨年はブライト・鵜飼と右の大砲候補を獲得しました。

なので、今年は左にこだわるのではないかと予想しています。

二位指名予想

一位で外野手を獲得できれば二位は投手でしょう。

二位で残り、即戦力として期待できそうなのは河野圭です。

高卒社会人三年目という若さがあり、昨年は全日本選手権でMVPを獲得するほどの活躍を見せました。

今シーズンはやや調子を落としている事もあり、二位指名に落ち着くと思われます。

対抗としては安西叶翔です。

高校が東海地区であることもありますが、右の変則右腕ということで、中日に少ないタイプです。

恵まれた体格からはまだまだ伸びしろを感じますので、さらに球速が上がって行くでしょう。

変則なので先発だけでなくリリーフという選択肢もありでしょう。

三位指名予想

一位で外野手、二位で投手とくれば、三位は野手でしょう。

本命は遊撃手のイヒネです。

184cmの大型遊撃手で、土田との兼ね合いもあるので、どちらかがセカンドという選択肢もあり得ます。

内野で長打が打てるタイプは中日の補強ポイントに合致しているので、評価は高そうです。

また出身が名古屋市という事も指名を後押ししそうです。

対抗は三井健右です。

一位で左の外野手を取る想定ですが、バックアップとしての指名があるかもしれません。

三井健右も恵まれた体格からの強打が魅力で、走力や肩の強さもまずまずです。

外野手3人が固定されていないだけに、社会人の即戦力候補は欲しいところでしょう。

合せて読みたい!

【ドラフト2022】指名予想と注目候補ランキングと評価一覧!

【2022】中日ドラゴンズの戦力分析

まずは現状の戦力分析です。

現状戦力と年齢構成

*年齢は2022年12月31日時点

年齢右投手左投手捕手内野手外野手
19味谷大誠星野真生
20髙橋宏斗
加藤翼
上田洸太朗土田龍空岡林勇希
21石川昂弥
22根尾昂
山本拓実
垣越建伸石橋康太伊藤康祐
ガルシア
23清水達也髙松渡
レビーラ
鵜飼航丞
福元悠真
ブライト健太
24森博人
藤嶋健人
橋本侑樹
近藤廉
石垣雅海
25ロドリゲス
勝野昌慶
鈴木博志
小笠原慎之介
石森大誠
郡司裕也三好大倫
26梅津晃大
マルティネス
マルティネスワカマツ滝野要
27マルク笠原祥太郎
28柳裕也
岡野祐一郎
タバーレス
京田陽太
高橋周平
溝脇隼人
29佐藤優後藤駿太
渡辺勝
30福敬登山下斐紹三ツ俣大樹
31福谷浩司岡田俊哉木下拓哉
桂依央利
加藤翔平
32松葉貴大
33田島慎二
岩嵜翔
阿部寿樹
ビシエド
34大野雄大福田永将
堂上直倫
平田良介
35祖父江大輔大野奨太
36
37谷元圭介大島洋平
45福留孝介

中日選手一覧

右投手はバランスよく構成され、20代前半から中盤の有望株が多いです。

左投手は小笠原がいるものの、そこに続く投手が欲しいところで、上田が頭角を現してきていますが、頭数が不足しています。

捕手は正捕手の木下がいるので、当面は安泰ですが、そこに続く次世代の正捕手候補が不在です。

内野手はセカンドの阿部の高齢化が進み、ショートの京田・サード高橋周平の伸び悩みがあり、頭数が足りていません。

外野手は大島が健在ですが、年齢的にも送球に後釜を準備したいところに岡林が台頭してきました。

ただし、頭数が足らない状況なので、補強は急務でしょう。

2022シーズンの成績

続いて2022シーズンの投打の成績です。

*8月28日時点

打者

数値順位
得点336六位
打率.247四位
本塁打55六位
盗塁47四位
OPS.645五位
UZR3.5二位

得点数は勝率と相関がありますが(ピタゴラス勝率)、現時点で六位と厳しい状況です。

打率がまずまずであることや球場補正を加えたWARでは三位となっており、球場の広さが起因している印象です。

ただし、それでも長打が少なく、リーグワーストであることから、OPSも低い水準です。

「長打力」の改善が必要でしょう。

捕手

現状は木下が正捕手で、年齢的にもまだまだやれます。

そろそろ後釜を考える時期で、候補として石橋あたりがいますが、需要なポジションだけに頭数が多いに越したことはありません。

昨年同様に高校生捕手の指名をしたいところです。

内野手

内野手はセカンドの阿部の高齢化が進み、また遊撃手の京田の低迷、三塁の高橋の伸び悩みなど、課題が山積みです。

しかし、今シーズンは遊撃手として土田の出場機会が増えており、新たなレギュラー候補が出てきました。

一塁や三塁はビシエドのように助っ人でも代用しやすいので、優先度は低いです。

そのため、阿部の後釜になるような、打てるセカンドが欲しいところでしょう。

外野手

信頼できる外野手が大島だけの状況でしたが、今シーズンは岡林の飛躍がありました。

当面はセンターで困ることはないでしょう。

課題はライトとレフトですが、昨年はブライトと鵜飼を獲得しています。

しかし、どちらも結果を残せていないことを考えると、今年も外野手を補強したいでしょう。

投手

 数値順位
失点408二位
防御率3.36二位
tRA3.64二位
先発防3.49二位
中継防3.09三位

失点数が非常に少なく、先発もリリーフもまずまずの結果です。

ただし、球場補正を加えたWARでは三位で、他球団と比べてもそこまで良い数字ではありません。

なので、見えてくる数字は球場に助けられたものであることがわかります。

右投手

柳に続く先発が出てきそうで出なかった状況がありましたが、今年は高橋広斗の飛躍がありました。

圧倒的なスピードボールが魅力で、今後は絶対的な中日のエースになって行くでしょう。

ただ、そこに続く先発は不在な状況です。

リリーフは清水、藤島、根尾と若手で有望株が揃っており、成長とともに安定感が増していくでしょう。

なので、先発投手の補強の優先度は高いでしょう。

左投手

大野・小笠原・松葉と安定感ある投球をしています。

ただし、大野・松葉は年齢的にも後釜を準備する時期になっています。

上田が台頭してきていますが、そこに続きそうな投手が見当たりません。

リリーフは左腕不足で福や橋本はピリッとしていません。

なので、先発・リリーフ共に補強の優先度は高いでしょう。

補強ポイント

以上を踏まえた中日の補強ポイントまとめです。

右投左投捕手内野手外野手
即戦力
育成

さらに詳しく言うと、

補強ポイント
  • 右投手:先発の即戦力
  • 左投手:先発・リリーフの即戦力
  • 捕手:当面必要なし
  • 内野手:育成タイプ
  • 外野手:即戦力重視

です。

投手は即戦力が急務で、リリーフも出来る左腕投手であればなお良いでしょう。

野手は外野手の即戦力レギュラー候補が最優先で、セカンドの後釜候補も欲しいところです。

中日のドラフトに関するニュースや報道まとめ

続いて中日のドラフトに関する情報をピックアップしました。

情報が出次第、随時更新していきます。

報道はこちらのページを参考にしています。

一位指名のニュースや報道

一位指名に関する情報はまだまだ少ないですが、2021年末のスカウト会議で矢澤と蛭間をリストアップしています。

どちらも走力の高い強打のスラッガータイプで、長打力不足の中日にピッタリです。

また矢澤は二刀流として抜群の身体能力を兼ね備え、左腕ながら152km/hを投げる本格派です。

打者としても投手としても中日の補強ポイントに合っています。

>>【中日】23年ドラフト候補に『令和の怪物』花巻東・佐々木麟太郎をリストアップ「 2年後に間違いなく候補に挙がってくる」

上位指名のニュースや報道

上位指名関連の情報として、打者では浅野翔吾・イヒネ・澤井廉あたりが出ています。

浅野と澤井は強打の外野手で、優先順位が高い補強ポイントです。

イヒネは184cmの大型遊撃手ですが、土田との兼ね合いもあるので、阿部の後釜のセカンドという構想があるかもしれません。

投手では吉村・河野あたりで、社会人の即戦力をリストアップしています。

立浪監督は「即戦力の投手は1人は欲しい」とコメントしており、投手陣の補強は優先順位が高いです。

社会人や大学生の即戦力投手の上位での指名がありそうです。

>>中日・立浪監督がドラフト候補に熱視線 日本航空石川・内藤は「凄く可能性を秘めている」

>>甲子園、全49校が初戦終了…中日スカウトが注目する打者「少なくとも2位以上では消えるでしょう」

>>V候補の東芝が初戦敗退 大会No・1右腕の吉村が150キロ連発も一球に泣く「悔いが残る球もあった」

>>【中日】ドラフト上位候補に日体大の二刀流左腕・矢沢宏太ら スカウト会議で157人に絞り込む

>>12球団スカウト22人の前で決勝3ラン プロ注目遊撃手イヒネの快打で愛知・誉が初戦突破【高校野球】

>>【今秋ドラフト候補】中京大・沢井廉は本塁打にあこがれる 正真正銘の長距離打者へ脱皮

【2022】中日ドラゴンズのドラフト指名予想まとめ

以上がドラフト2022の中日の指名予想でした。

再度、まとめると

です。

現状の最重要補強ポイントは外野手です。

昨年は右の外野手を獲得したので、今年は左の外野手を獲得したいところです。

また二位には投手を予想しており、即戦力で行くか、変則タイプで行くか、という感じです。

三位にはできれば次世代のセカンド候補が欲しいところですが、外野手のバックアッププランとして即戦力大砲候補の指名がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA