プロ野球 2018年 ペナント セリーグ順位予想!優勝広島、2位横浜、3位巨人、4位阪神!

2018年 セリーグ 順位 予想 優勝 広島 2位 横浜 3位 阪神 4位 巨人

こんにちは~

たけぽんです。

春季キャンプも終わり、開幕までわずかとなりましたね~

今回はプロ野球セ・リーグの順位予想をやってみます!

阪神ファンですが、ひいき無しでセ・リーグの順位予想してみます!

ただ単に予想するだけだとつまらないので、今回は「戦力値」という数値を使って公平に順位を決めます。

簡単な内容なので、最後までご覧頂けると嬉しいです。

追記:3月21日時点で追記した記事となっています。

また、この記事の最後に優勝アンケートやっていますので、是非投票お願いします!!

 

セ・リーグ順位予想の方法!?

2018年 セリーグ 順位 予想 優勝 広島 2位 横浜 3位 阪神 4位 巨人

今回のセ・リーグ順位予想の方法を簡単にご紹介します。

2017年の勝率から1位の広島カープの戦力値を100として他球団の現在の戦力値を割り出します。

下の表は各球団の戦力値です。

順位球団勝率戦力値
1広島885140.633100
2阪神786140.56189
3横浜736550.52984
4巨人726830.51481
5中日597950.42868
6ヤクルト459620.31950

こうして戦力値を見るとわかりやすいですね。

ヤクルトは広島の半分ということがわかります(笑)

この戦力値を基準として2017年シーズンから2018年シーズンへ何が変わるのか?を洗い出しすることで2018年の戦力値を算出します。

例えば阪神から横浜にFA移籍した大和。

これにより阪神の戦力値が下がり、横浜の戦力値があがります。

では大和選手の戦力値は?

目安は下記にしておきます。

  • 一流選手の戦力値=6
  • 主力の戦力値=5
  • レギュラークラス=4
  • 準レギュラー=3
  • 途中交代要員=2

なので大和選手は4です。(内外野守れることを考慮して)

つまり大和選手の移籍で阪神の戦力値は89→85へ、横浜の戦力値は84→88へ。

あら?阪神の戦力値よりも横浜の方が上に!

という具合に変化ポイントを洗い出し戦力値を予想して2018年のセリーグ順位予想をしてみます!

どこかで見たようなシステムですが気にしないでください(笑)

リクエスト制度のチーム別の成功率や審判別の誤審率をご紹介しています!

合せて読みたい!

これを見ればプロ野球のリクエスト制度の全てが分かる!?誤審率や成功率は?

2018年 セ・リーグの順位予想

ずばり予想は下の表です。

順位球団勝率戦力値
1広島855800.594102
2横浜796400.55293
3阪神776600.53892
4巨人766700.53191
5中日638000.44175
6ヤクルト588500.40670

広島が優勝となりました!

ついでに各チームの戦力値から引き分けなし想定で勝敗も入れ込んでみました。

戦力値100はあくまで2017年1位の広島カープを元にしているので、2018年の1位が戦力値100になるとは限りませんね。

今回の予想では広島の102がトップで、2~4位の横浜、阪神、巨人は非常に接戦です。

選手の好不調の状況や、けが人の状況で順位は変わりそうですね。

全体としてはヤクルトの戦力値がかなり向上して1~6位の差が少なくなった印象です。

それでは各球団の戦力値の推移を予想順位通りにご紹介していきます。

合せて読みたい!

【最新】2018年プロ野球セ・リーグの新人王は誰だ!候補選手の新人王争いをランキング!

順位予想!優勝は広島東洋カープ

2018年 セリーグ 順位 予想 優勝 広島 2位 横浜 3位 阪神 4位 巨人

まずは広島カープからです。

戦力値の推移はこちら!

項目加点減点
鈴木 アップ2 
バティスタ アップ2 
西川 アップ2 
ジョンソン アップ3 
岡田 アップ1 
外人補強3 
ブレイシア退団 3
阿部 ダウン 2
田中 ダウン 1
新井 ダウン 1
丸 ダウン 1
一岡 ダウン 2
中崎 ダウン 1
1311
2017年戦力値100
2018年戦力値予想102

戦力値102となり、昨年の100を超えています。

広島の場合は大きな戦力の補強だったり、退団はありません。

多少外人の入れ替わりがある程度ですね。

あとは、各選手の上乗せや低迷を考慮して、戦力値102となりました。

アップは成績向上を意味しています。

シーズン終盤怪我をしてしまった鈴木誠也選手、シーズン序盤に戦線離脱していたジョンソン選手、成長が期待できる西川選手あたりは成績アップでプラスポイントに。

逆に、昨シーズン好成績で昨シーズンよりも成績が落ちそうな選手をダウンとしてマイナスしています。

これは私の勘なので、あまりつっこまないようにお願いします(笑)

一点だけ感想言っておくと「やはり広島は強い」ということですね。

2018年セ・リーグ新人王の有資格者を全選手紹介!!

2018年プロ野球新人王対象選手や条件!セ・リーグ有資格者全選手まとめ

2018.04.28

順位予想!2位は横浜DeNAベイスターズ

2018年 セリーグ 順位 予想 優勝 広島 2位 横浜 3位 阪神 4位 巨人

続いて2位は横浜DeNAベイスターズです。

戦力値の推移はこちら!

項目加点減点
大和加入4 
東加入4 
筒香 アップ2 
倉本 アップ1 
石田 アップ1 
三上 アップ2 
宮崎 ダウン 1
ロペス ダウン 2
ウィーランド 出遅れ 1
濱口 出遅れ1
145
2017年戦力値84
2018年戦力値予想93

昨年の84ポイントから9ポイント上乗せの93ポイントです。

今シーズンは新加入の大和選手東選手が大きなポイントになりそうです。

大和選手の補強は、二塁手が弱点だった横浜にピッタリはまった補強です。

打撃はそこまで期待できないと思いますが、大和選手は非常に守備が良いのと、遊撃手や外野も出来るので不測の事態への対応もしやすいですね。

東選手は新人選手ですがかなりのレベルの選手と感じています。

速球の質は非常に良くて、なんといっても制球力が抜群なのが厄介です。

たけぽんの予想では、フルシーズン登板出来れば最低10勝してくれるのでは?と考えています。

 

主なアップ選手は筒香選手、倉本選手、石田選手、三上選手です。

筒香選手や倉本選手は昨シーズン前半の絶不調もあり、トータルとしては成績が低迷しました。

昨シーズン以上の成績は残せる可能性は高いでしょう。

ダウン選手は昨シーズン非常に好成績だった宮崎選手、ロペス選手、ウィーランド選手、濱口選手です。

特にロペス選手は昨年出来すぎというほどの好成績だったので、さすがに昨年の成績を下回るでしょう。

ウィーランドと濱口は3月16日の報道では開幕間に合わずということで、遅れる事と調整不足で昨年よりはパフォーマンスは下がりそうですね。

全体的に横浜を見ると中継ぎ陣の手薄感はありますが、先発投手、打線は申し分なしですね。

うまくはまれば、広島以上の成績も残せそうな気がします。

合せて読みたい!

大谷翔平 メジャーの最速は?投球や球種を徹底分析!スプリットが好成績のカギ!?

順位予想 3位は 巨人

2018年 セリーグ 順位 予想 優勝 広島 2位 横浜 3位 阪神 4位 巨人

3位は巨人です。

戦力値の推移は下記です。

項目加点減点
ゲレーロ加入5 
野上加入4 
上原 アップ4 
坂本 アップ2
陽 アップ2 
山口俊 アップ3 
澤村復活4 
村田退団 3
マイコラス退団 6
高木退団 2
阿部 ダウン 1
マギー ダウン 1
2413
2017年戦力値81
2018年戦力値予想92

昨シーズンオフに加入したゲレーロ選手野上選手のアップは大きいですね。さらにメジャーから上原が帰ってきますね!

さらには、澤村選手山口俊選手がフルシーズン働いてくれればかなりの戦力アップになります。

また、昨シーズン後半に低迷した坂本選手はアップ材料ですね。

今シーズン期待されていた畠選手が怪我により出遅れていますが、畠の復帰時期によりアップの可能性はあるでしょうね。

ダウンで大きいのはマイコラス選手の退団でしょう。

エース級の退団は非常に大きいものがあります。

それでもトータルとしては昨シーズンの戦力値よりも多くなりました。

打線はゲレーロ選手の加入によりかなりの厚みですし、リリーフ陣は上原、澤村でかなり良い感じですね。あとは先発投手のコマが揃えば優勝も見えてきそうです。

プロ野球ファンなら知っておきたいセイバーメトリクスの8つの指標を下記リンクで紹介しています!

順位予想!4位は阪神タイガース

2018年 セリーグ 順位 予想 優勝 広島 2位 横浜 3位 阪神 4位 巨人

4位は阪神タイガースです。

やっと出た(笑)

戦力値の推移はこちら!

項目加点減点
ロザリオ獲得5 
大山 アップ2 
石崎 アップ2 
糸原 アップ2 
藤浪復活3 
大和移籍 4
福留 ダウン 1
糸井 ダウン 1
桑原 ダウン 2
高橋 ダウン 2
上本 ダウン 2
1412
2017年戦力値89
2018年戦力値予想91

まずは、プラス材料としては新外国人選手のロサリオ選手ですね。

韓国リーグでも安定した成績を残しており、メジャーリーグでもロッキーズの新人シーズン最多本塁打28本を放つなど実績十分です。

おそらく4番起用で行くと思いますが、最低でも打率.280、本塁打30は欲しいところ。

また、昨シーズン絶不調に終わった藤浪選手が今年は最低限ローテーションで1年間回ってくれるでしょう。

ダウン要因は大和選手の退団が一番大きいでしょう。

さらには昨年好調だった中継ぎ陣が昨年以上の成績を残すのは難しいので、桑原選手高橋選手をダウンとしています。

また、大山がサードになることで、鳥谷セカンドとなると上本の出場機会が減るのでダウンとしています。個人的には鳥谷ショートで良いかと思うんですけどね。

全体的な戦力値はそんなに変化はありませんが、昨年のように中継ぎ陣におんぶにだっこ状態から、打撃は向上、先発投手も向上、中継ぎ投手はダウンという感じで、全体のバランスが良くなった感じでしょう。

順位は4位ですが、横浜、巨人とは僅差なので、ちょっとしたプラス材料で逆転、横浜、阪神にも言えますが、広島の調子次第では優勝も狙える位置と言えるでしょう。

2018年阪神の開幕スタメンやローテーション、各選手の成績予想!

2018年 阪神 開幕スタメン オーダーと成績予想!開幕投手や先発ローテーション

2018.03.02

順位予想!5位は中日ドラゴンズ

2018年 セリーグ 順位 予想 優勝 広島 2位 横浜 3位 阪神 4位 巨人

5位は中日ドラゴンズです。

戦力値の推移は下記です。

項目加点減点
大野加入3 
ガルシア加入3 
ジー加入4
アルモンテ 加入4 
ビシエドアップ2 
平田 アップ2 
小笠原 アップ1 
ゲレーロ退団 5
ジョーダン退団 4
バルデス退団3
又吉 ダウン 1
祖父江 ダウン 1
1914
2017年戦力値68
2018年戦力値予想73

正捕手不在だったので、FAで大野選手を獲得したのは中日にとっては大きいですね。捕手は単純に表向きの成績だけではないですからね。

また、昨シーズン離脱やケガで実力を出せなかったビシエド選手平田選手のアップも大きいでしょう。

また、新加入のアルモンテ選手はけっこう技術力が高そうなので良い感じの成績を残しそうです。もちろん未知数なところはあるので、控えめに4にしておきます。

ジー選手もけっこう活躍しそうな気がします。ガルシア選手もローテーション入り確定とのことで、この二人でジョーダン選手、バルデス選手の穴を埋めてくれそうですね。

ダウンで一番大きいのはゲレーロ選手

さすがにホームラン王の退団は大きいですね。

全体としては若干戦力値が向上していますが、それでも4位の巨人からは大きく離され厳しい状況であることは間違えありません。

一位のカープとはかなりの戦力差なので、優勝するには新加入の助っ人外国人が思わぬ好成績を残すしかなさそうですね。

合せて読みたい!

プロ野球人気は低迷?視聴率、観客動員数、競技人口は?サッカーとの比較は?

順位予想!6位は東京ヤクルトスワローズ

2018年 セリーグ 順位 予想 優勝 広島 2位 横浜 3位 阪神 4位 巨人

6位は東京ヤクルトスワローズです。

戦力値の推移は下記です。

項目加点減点
青木 加入4
ハフ 加入4
カラシティー加入3
アルメンゴ加入4
山田 アップ2 
雄平 アップ2 
石川 アップ2 
廣岡アップ3
畠山復活4 
川端復活4 
ルーキ退団 5
ギルメット退団 3
坂口 ダウン3
石山 ダウン 1
3212
2017年戦力値50
2018年戦力値予想70

一番の好ニュースは青木の加入でしょう。青木のリーダーシップはヤクルトに成績以上の効果をもたらしてくれそうですね。

そして、中日で活躍したジョーダン選手が登録名アルメンゴとして加入。これも大きいですね。

さらにハフ投手もオープン戦で良い投球をしているので期待が出来そうです。

また、アップ要因は畠山選手川端選手の復活でかなりの戦力アップになります。

また、不調だった山田選手や怪我で離脱した雄平選手もアップ対象です。

さらに、山田二世と言われる廣岡選手がそろそろ出てきそうということで、大胆にもアップに盛り込んでます!

ダウン要員はルーキ選手の退団です。中継ぎとして貴重な戦力だっただけに、非常に痛い戦力ダウンですね。

また、青木選手の加入で坂口選手の出場機会が減るという想定でダウンとしています。

昨シーズンからはだいぶ戦力アップして、中日との戦力差はほぼ無いと言って良いでしょう。

中日とはいい勝負になりそうですが、全体的に見て課題は投手不足でしょう。

先発、中継ぎがあと数コマ出てくればかなり良い成績を残せそうな気がします。

ここには盛り込んでいませんが、首脳陣の変化もかなり良い方向に行きそうな気がしています。

合せて読みたい!

2018年プロ野球新人王予想!セ・リーグの候補選手やルーキーの成績予想も!

まとめ

2018年 セリーグ 順位 予想 優勝 広島 2位 横浜 3位 阪神 4位 巨人

以上が2018年シーズンのセ・リーグ順位予想でした。

広島カープが頭一つ抜けていて、横浜、巨人、阪神が非常に接戦で広島を追いかけるという状況ですね。

ちょっと離れて中日、ヤクルトが5、6位争いという感じでしょう。

ただ、この予想は大きな怪我をまったく考慮していないので、これによる順位逆転はあると思います。

実際にはすべてがうまく行くチームは無いですからね。と言い訳しておきます(笑)

また、ペナントレースでは勢いが大事ですから、単純に戦力だけでは順位が決まらないという面白さがありますので、正直そうなるかはわかりませんね。

キャンプまで残り2週間となり、わくわくが止まらないので書いてしまったこの記事ですが、球春の到来を待てない野球ファンの方の時間つぶしになれば幸いです。

下記の記事でパ・リーグの順位予想やってます!!

プロ野球 2018年 ペナント パリーグ順位予想!優勝ソフトバンク、2位楽天、3位西武、4位オリックス!

2018.02.25
2018年セ・リーグの優勝は!?






2018年 セリーグ 順位 予想 優勝 広島 2位 横浜 3位 阪神 4位 巨人

Twitterで

3 件のコメント

  • 最下位予想になるのはヤクルトファンとしても今年は致し方ないとは思いますが、それでも結構この予想は粗くないですか。
    例えば、外国人投手としてハフ、カラシティー、アルメンゴと3人入っているのに合計で+5点で、ルーキ、ギルメットで-8点ですか。それもハフはお宅のファンの阪神相手にOP戦ながらこの前好投したのに。また、野手にしても、バレンティンに+も-もない点は別としても、青木が無視されている(怒)。おかしいでしょう、これ。
    他球団を見ても、逆に広島の鈴木や岡田のアップ要因が分からず、薮田や大瀬良はよくないのに触れず、DeNAにしても開幕前の時点で今永、濱口、東が不安視されているのにそのコメがなく、逆にロペスがダメな理由も不明だし、大和の+4とする根拠も不明(元阪神だから評価しているんですか)。
    阪神も藤浪(「藤波」ってお宅本当にファンですか?)の高評価、実質2年目の秋山、中谷へのコメなしとかの根拠もなし。巨人についても上原入団の事実が入っていないし、畠+の根拠も不明(彼は今まともに投げられない筈)。
    中日の大野奨太にしても過去の成績とか、彼が出てくれば他の捕手の出場機会がなくなることを踏まえれば+3の根拠が不明。

    そもそもこの数値って何の数値ですか?
    さらには去年の数値の根拠って何ですか?
    で、あくまで3月21日時点での話ですよね。
    なので、お宅の順位予想については、並びはともかく、コメントとともに根拠が分かりません。以上

    • お、長いご指摘有難うございます。
      この執筆はオープン戦以前のものです。
      そろそろオープン戦も終盤になってだいたい選手像、離脱状況もわかってきましたので、
      修正作業をします。
      数値については記事をお読みいただければ幸いです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です