【ドラフト】西舘勇陽(花巻東)の成績・経歴・特徴は?

【ドラフト】西舘勇陽(花巻東)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は、花巻東高校の西舘勇陽投手です。

最速150km/hのストレートと多彩な変化球が持ち味の投手です。

今回はそんな花巻東高校 西舘勇陽経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

西舘勇陽(花巻東)の経歴は?

西舘勇陽の経歴です。

経歴
  • 名前 : 西舘勇陽(にしだて ゆうひ)
  • 出身地 : 岩手県一戸町
  • 生年月日 : 2002年3月11日
  • 身長 : 182cm
  • 体重 : 80kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:一戸町立一戸南小学校 → 一戸町立一戸中学校 → 花巻東高校

詳しく見ていきましょう。

西舘勇陽の小学校、中学校時代は?

小学校3年生から軟式野球を始めます

中学校時代は軟式野球部に所属。

中学校2年生夏は、全国大会ベスト16となりました。

1学年上の兄である洸希さんも投手としてプレーしており、盛岡第三高校から筑波大学へ進んでいます。

西舘勇陽は2年生春にセンバツ甲子園出場!

高校は県内の花巻東高校に進み、1年生夏からベンチ入りします。

高校入学時の球速は135km/hでした。

1年生秋の県大会は、準々決勝の盛岡工業高校戦では、リリーフとして4回を投げ無失点の好投もあり、逆転勝利となりました。

準決勝の一関学院高校戦にもリリーフし、3回を無失点で、1点リードを守ります。

県大会優勝で東北大会に出場。

準々決勝の由利工業高校(秋田)戦で先発完投(2失点、0自責点)するなど3試合に登板し、東北大会準優勝に貢献。

この頃には球速を140km/hまで伸ばしています。

2年生春のセンバツ甲子園では、準々決勝の大阪桐蔭高校戦でリリーフしますが、2 0/3回を7失点と打ち込まれ、試合も敗れます。

西舘勇陽は2年生冬にフォームを改造!

センバツ甲子園が終わったあと、腰痛となり、2年生夏の県大会の2週間前まで練習ができない状況でした。

それでも、県大会決勝の盛岡大付属高校戦で復帰登板し、3回を1失点に抑えています。

県大会で優勝し、2季連続で甲子園に出場。

夏の甲子園では、1回戦の下関国際高校(山口)戦で延長戦のビハインドの場面で登板し、一人のバッターを打ち取りますが、そのまま試合は敗れます。

2年生秋も東北大会に出場し、先発としても投げますが、早い回に失点し降板します。

準決勝の八戸学院光星高校(青森)戦では、3回途中5失点で降板し、試合も敗れ、二年連続のセンバツ甲子園出場はなりませんでした。

腰痛でフォームを崩していて思うような投球ができなかった事もあり、2年生冬は、上半身のブレをなくすようにフォームを改造しました。

その成果もあり、3年生春の県大会の一関第一高校戦で、5回を無失点に抑え、球速も147km/hをマークします。

西舘勇陽は自身3度の甲子園出場!

3年生夏の県大会初戦(2回戦)の花巻北高校戦では、9回途中からリリーフし逆転を許しますが、チームはサヨナラ勝ち。

4回戦の水沢高校戦で、6回途中から登板し、1失点に抑え、球速も149km/hまで伸ばします

準々決勝の一関学院高校戦で、3失点8奪三振で完投勝利。

準決勝の黒沢尻工業高校戦、決勝の大船渡高校戦はロングリリーフで好投し優勝、自身3度目のとなる甲子園出場を決めました。

甲子園1回戦の鳴門高校(徳島)戦では、2番手で登板しますが、6失点し試合も敗れ、高校野球生活を終えます。

西舘勇陽(花巻東)の成績は?

西舘勇陽の成績です。

成績
  • 甲子園通算:3試合、8投球回、防御率12.38、奪三振率4.50、四死球率7.88
  • 公式戦通算:16試合、64 1/3投球回、防御率3.63、奪三振率7.27、四死球率2.93
  • 2019夏県大会:5試合、23 1/3投球回、防御率2.31、奪三振率9.64、四死球率2.31

甲子園や公式戦通算では結果を残せていません。

しかし、フォーム改造を行った後の2019年夏には、ある程度の結果を残せていますね。

奪三振率は9.64とイニング数を超える三振を奪っており、三振が奪えるタイプであることがわかります。

また、四死球率は2前半となっており、比較的少ない四死球数です。

三振が奪えるようになり、四球数も減って、安定した投球が出来るようになったことがわかりますね。

西舘勇陽(花巻東)の特徴は?

西舘勇陽の特徴です。

まずは、こちらの動画(2019夏の県大会、花巻北高校戦)を見ていきましょう。

左足を一塁方向に上げてタメを作ってからは、体全体を使って投げています

テイクバックは小さく、腕の振りも柔らかそうです。

西舘勇陽は最速150km/hのストレート!

ストレートの最速は150km/hとなっています。

バッターがやや振り遅れており、球速以上に早く感じそうです。

ただ全体的にシュート回転しており、質が良いとは言えません。

上のレベルになると、ストレートで抑えるのは厳しい印象です。

西舘勇陽の変化球は?

動画内では、スライダーを投げています。

125km/h前後のスライダーは、変化量が大きく、空振りが奪えています。

決め球としては十分使えそうです。

その他にはスプリット、カーブ、チェンジアップと多彩な持ち球となっています。

西舘勇陽の制球力は?

動画を見ると、概ねキャッチャーの構えた所に投げられています。

スライダーも低めにしっかり投げられています。

制球力はまずまずと言っていいでしょう。

ただ、ストレートが高めに浮いたり、逆球になったりとバラツキも多いですね。

バラツキを抑えることが今後の課題となるでしょう。

西舘勇陽の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • 最速150km/hのストレート
  • 変化球は、スライダー、スプリット、カーブ、チェンジアップ
  • 制球力はまずまず

です。

最速150km/hのストレートと多彩変化球が持ちあじの本格派右腕です。

フォームを改造してから球速もどんどん伸びており、伸びしろもまだあると思います。

西舘勇陽(花巻東)のスカウト評価は?

西舘勇陽のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 広島・近藤芳久スカウト「ボールに角度があるし、フォークもいい。体が出来てくればもっといいボールを投げられる」
  • 東北楽天・宮越徹スカウト「腕の振りがかなり良くなってきた。夏までにもっと化けそう」
  • 横浜DeNA・欠端光則スカウト「以前は投球がアバウトな印象もあったが、140キロを超える球をアウトローにしっかり投げていたのが素晴らしい」

広島のスカウトは3年生夏の県大会、それ以外のスカウトは3年生春の県大会を視察したときのコメントで、横浜DeNAはそれ以前から視察していたようです。

ストレート、変化球、フォーム、コントロールなどについて評価され、将来性に期待しているコメントが多いです。

2019ドラフトでは、将来性を見据えて指名される可能性があると思います。

西舘勇陽(花巻東)のまとめ!

以上が、花巻東高校 西舘勇陽経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

最速150km/hのストレートと多彩な変化球が持ち味の投手です。

一年生時はあの佐々木朗希よりも注目されていた投手ですが、やっと頭角を現してきたという印象です。

甲子園は初戦敗退でしたが、2019ドラフトでは将来性を考えての指名がありそうです。

今後の動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です