西舘勇陽(中央大)【ドラフト】

ドラフト 候補の西舘勇陽(にしだて ゆうひ)は、183cm・79kgの右投右打の投手。岩手県一戸町出身。中央大所属。

最速155km/hのストレート、変化球はカットボール、カーブ、フォークを操る。

スカウトからは球速や制球面で評価されており、中日が1位候補としてリストアップしている。

西舘勇陽

基本情報
名前西舘勇陽
(にしだて ゆうひ)
出身地岩手県一戸町
生年月日2002年3月11日
身長183 cm
体重79 kg
血液型
SNS
選手情報
投打右・右
守備位置投手
最高球速155 km/h
球種カットボール、カーブ、フォーク
遠投m
50m走
好きな球団

西舘勇陽の経歴・プロフィール

西舘勇陽の経歴・プロフィール

経歴(所属チーム)
小学校一戸南小学校
中学校一戸中学校
高校花巻東
大学中央大
国際大会
全国大会
全国中学校軟式野球大会
2015年
春の選抜2018年
夏の甲子園2018年
2019年

中学校時代は軟式野球部で127km/h

一戸南小学校3年生時に野球を開始。

一戸中学校では軟式野球部に所属していました。

2年生時に全国中学校軟式野球大会で全国大会を経験。

中学時には127km/hを記録していました。

花巻東では一年生から主力

花巻東では1年生夏からベンチ入りします。

1年生秋の県大会準々決勝の盛岡工業高校戦では、リリーフとして4回無失点の好投を見せ、チームの東北大会出場に貢献。

東北大会では準々決勝の由利工業高校(秋田)戦で先発完投(2失点、0自責点)するなど3試合に登板。

東北大会準優勝を経験します。

高校2年生時に甲子園を経験

2年生春のセンバツ甲子園では、準々決勝の大阪桐蔭高校戦でリリーフ登板

2 0/3回を7失点と打ち込まれ、試合も敗れます。

選抜後には腰痛となり夏選手権の2週間前まで練習ができない状況でした。

それでも、県大会決勝の盛岡大付属高校戦で復帰登板し、3回を1失点に抑え、チームの優勝に貢献します。

夏の甲子園では、1回戦の下関国際高校(山口)戦で延長戦のビハインドの場面で登板。

一人のバッターを打ち取りますが、そのまま試合は敗れます。

高校3年生で149km/hを計測

3年生夏の県大会初戦(2回戦)の花巻北高校戦では、9回途中からリリーフし逆転を許しますが、チームはサヨナラ勝ち。

4回戦の水沢高校戦で、6回途中から登板し、1失点に抑え、球速は149km/hまで伸ばします。

準々決勝の一関学院高校戦で、3失点8奪三振で完投勝利。

準決勝の黒沢尻工業高校戦、決勝では佐々木朗希擁する大船渡高校でロングリリーフで好投。

自身3度目のとなる甲子園出場を決めました。

甲子園1回戦の鳴門高校(徳島)戦では、2番手で登板しますが、6失点し敗戦となっています。

中央大では一年生時から主力

中央大では1年生秋からリーグ戦に出場。

2年生時まではリリーフとしてチームに貢献します。

3年生春季リーグでもリリーフで貢献し、初の規定投球回に到達するも、リーグ戦最下位となります。

続く東洋大との入れ替え戦では、初の先発を任され、細野晴希との投げ合いに敗戦。

1勝1敗で迎えた最終戦でも先発を任され、再び細野との投げ合いを演じ、1失点11奪三振完投でチームの1部残留に貢献しています。

大学3年生時に先発で154km/hを計測

秋季リーグからは先発を任され、開幕戦の駒沢大戦で7回0失点12奪三振の投球で勝利に貢献。

青山学院戦では154km/hを計測し、リーグ戦初完投勝利を挙げています。

リーグ戦終了後には大学日本代表候補に選出され、強化合宿に参加しています。

西舘勇陽の動画と特徴

2023年ドラフト1位候補 中央大学 西舘勇陽 侍ジャパン大学代表候補強化合宿でのピッチング

常にクイックで投げ込みます。

勢いあるストレート

一番の魅力はストレートです。

最速155km/hで、先発時でも140km/h後半を安定して投げ込みます。

常にクイックでこの球速なので、NPBに入っても出力は上位レベルです。

回転数は2500rpm以上を計測しているようで、MLB平均を大きく上回るレベルです。

回転軸はジャイロ成分が大きいので、そこまで良いタイプではありません。

しかし、回転数が多い分、まずまずホップ量が多いノビのある球質です。

多彩な変化球

変化球はカットボール、2種類のカーブ、フォークを持ち球としています。

中でも140km/h前後を計測するカットボールが持ち味です。

横変化量が大きく、ジャイロ系のスラッターに近いボールとなっています。

また、130km/h後半のフォークや125km/h前後の速めのカーブ、110km/h台の緩いカーブと多彩に投げ分けます。

制球面ではやや課題がある

制球面ではやや課題があります。

抜け球や逆球が見られ、ストライクゾーンから大きく外れるシーンも見られます。

リーグ戦通算で与四死球率が5前後なので、非常に多くの四死球を出しています。

しかし、数字ほど制球が悪い印象はなく、打たれるのを恐れてボール球勝負が多くなっている印象です。

ボール自体が良いだけに、ストライクゾーンで勝負すれば、もっと四死球数は減るでしょう。

西舘勇陽の成績

西舘勇陽の成績

試合投球回防御率奪三振率与四死球率被安打率
リーグ通算34111 1/31.629.465.014.77
22秋963 2/31.708.623.685.37

成績は2022年終了時です。

リーグ戦通算防御率は1点台という非常に安定した成績を残しています。

また、奪三振率が9を超えており、三振が奪えるタイプであることがわかります。

そして、被安打率が5を切るほど低く、安打を打たれる割合も非常に少なくなっています。

その為、ボール自体が非常に良いことがわかります。

反面、与四死球率が5前後となっており、四死球で多くのランナーを出しています。

ただ、2022年秋季リーグでは与四死球率が3台まで改善しています。

先発を任されるようになり、球数を抑えるために、ストライクで勝負するようになったからでしょう。

その為、与四死球率の悪さは、制球面が悪いわけでなく、「打たれたくない」という意識の問題なのだと思います。

今後、どこまで成績を伸ばせるのかに注目です。

西舘勇陽のスカウトコメント・視察情報と指名予想

西舘勇陽のスカウトコメント・視察情報と指名予想1

現時点で複数球団からコメントが出ています。

球速やボールの強さを評価するコメントが多く、制球面でも評価されていることがわかります。

高校時代から注目されていることや、大学1年時から結果を残していますので、多くの球団が視察しているでしょう。

その為、多くの球団でリストアップされていると思います。

実際に中日が一位候補としてリストアップしているとの報道も出ています。

今後の活躍次第ではコメントもどんどん出てきそうですね。

皆様のドラフト指名予想

読者の皆様のドラフト指名順位予想をしています。

是非ご投票ください!

西舘勇陽のドラフト指名順位を予想しよう

西舘勇陽のまとめ

以上が、西舘勇陽のご紹介でした。

最速155km/hの高回転数のストレートと切れ味抜群のカットボールが魅力の本格派右腕。

ドラフト2023では一位指名の可能性が高そうです。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

合せて読みたい!

【ドラフト2023】注目候補ランキングと候補一覧!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA