【ドラフト】廣澤優(日大三高)は大型本格右腕!成績・経歴・特徴は?

2019 ドラフト 廣澤 優 日大三高 大型本格右腕 成績 経歴 特徴

今回も2019年のドラフト注目選手をご紹介します。

それは日大三高の廣澤優です。

身長193cmの大型右腕で、2年生ながら148km/hを記録したストレートが魅力。

まだまだ細身なので、今後どこまで成長するのか楽しみな選手です。

今回はそんな2019年ドラフト 日大三高 廣澤優の経歴や成績、特徴やスカウト評価をご紹介します。

廣澤優(日大三高)の経歴は?

まずは廣澤優の経歴です。

経歴
  • 名前:廣澤優(ひろさわ ゆう)
  • 出身地:東京都世田谷区
  • 生年月日:2001年度
  • 身長:193cm
  • 体重:83kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:大田リトル(世田谷区立玉提小学校) → 世田谷西シニア(世田谷区立尾山台中学校) → 日大三高

詳細を説明していきますね。

廣澤優は中学校時代に名門世田谷西シニアで全国を経験!

世田谷区立玉提小学校の時に、大田リトルで野球を始めました。

世田谷区立尾山台中学校では、世田谷西シニアでプレーをし、全国大会出場も経験しています。

ちなみに、世田谷西シニアは、西武でも活躍した東尾修さんが名誉監督を務め、巨人の山本泰寛も所属していた強豪チームです。

廣澤優は1年生秋から急成長!

日大三高へ進学すると、1年生秋から控え投手としてベンチ入りしています。

1年生秋には最速133km/hの速球でしたが、冬のトレーニングによって、春の都大会では142km/hを計測しています。

このころから、チームの主力投手として、登板機会が多くなります。

その後も順調に球速を伸ばし、夏の選手権前の練習試合で146km/hを記録、全国デビューした2018年夏の選手権大会では、148km/hをマークしています。

この間に、なんと体重は15kgも増加したそうです!

まさにトレーニングの成果といって良いでしょうね。

夏以降の新チームからは、エース番号を任され、同チームの井上広輝と一緒に、Wエースとして注目されています。

二年生秋以降は結果を残せず

井上広輝とのWエースとして注目されていましたが、二年生秋以降は結果を残せませんでした。

秋季東京大会では一回戦負け、三年生春季大会では4回戦負けとなります。

そして夏の予選でもベスト8まで勝ち進みますが、準々決勝で敗退となり、甲子園出場はなりませんでした。

廣澤優(日大三高)の成績は?

続いて廣澤優の成績です。

  • 甲子園通算成績:2試合、8 2/3投球回、防御率3.12、0勝1敗、5奪三振、4四死球

甲子園では2試合のみの出場となっています。

チームメイトの井上広輝がエースなので、登板機会は少なくなっていますね~

成績だけを見ると、防御率3.12であまり良くありませんし、奪三振率も5.19なので、平均的な印象です。

この後の活躍を見たいところでしたが、日大三高は秋季東京都大会1回戦負けとなっており、廣澤優の登板はありませんでした。

なので、春の選抜出場もないでしょう。

まだまだ伸びしろは十分ありそうなので、冬のトレーニングをしっかりして、春以降の活躍に期待したいですね。

廣澤優(日大三高)の特徴は?

続いて廣澤優の特徴です。

まずは動画を見てみましょう!


ゆったりとした始動から、長身で上から投げ下ろすタイプの投球フォームですね。

体つきはまだまだ細く、下半身が出来ていないので、フォームのバラツキを感じます。

それだけ、伸びしろがあるということでしょう!

廣澤優はキレの良い速球

たまにシュート回転で抜けるボールはあるものの、安定した質の良い速球を投げています。

回転の質が良いので、空振りが取れる素晴らしい速球ですね。

特に低めの速球は良い伸びをしています!

ちなみに最速は148km/hとなっており、先発では常時140km/h前後のスピードです。

長身で投げ下ろすタイプなので、打者も打ちにくそうです。

廣澤優は落差の大きいフォークが武器

変化球は、フォーク・チェンジアップ・スライダー・カーブを持ち球としています。

この中でも130km/h前後のフォークボールのは素晴らしいです。

落差が非常に大きく、スピードも速く、長身から投げ下ろしていることもあり、高校生で打つのは難しいでしょうね。

また、それよりもう少し遅い120km/h前後のチェンジアップも良い感じで抜けており、技術力の高さが伺えますね。

廣澤優の制球力はバラツキがある

全体的にみると、制球力にバラツキがあります。

まあ、高校生なのであたりまえですが(笑)

ストライクは取れていますが、逆球があったり全体的に高めに浮いています。

速球に力があるので打ち取れていますが、全体的に低めに制球出来ると、もうワンランクレベルアップできるでしょうね。

廣澤優はまだまだ細い

やはり見ていて気になるのは、体が出来ていないということです。

長身のせいもあり、余計に細く見えますね。

投げ終わった後も、一塁側に体が流れてしまったり、バランスを崩したりしています。

こういった動作から、まだまだ下半身が出来ていないことがわかります。

しかし、それは廣澤優が高い潜在能力を持っている可能性が有るという事です。

しっかり下半身を強化し、もっと体重が増えてくれば、球速も大幅にアップするでしょうし、制球の安定感も増すでしょう。

この冬にしっかりトレーニングをして、春以降の活躍に期待したいですね。

合せて読みたい!

2019年ドラフト 横浜高校 及川 雅貴は152キロ左腕!成績・経歴・特徴は?

廣澤優(日大三高)のスカウト評価は?

続いて廣澤優のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 巨人・青木スカウト「角度があって力強く(腕が)振れる。安定していたし、変化球もうまく使えていた」

現時点では巨人のスカウトコメントのみです。

長身を生かした角度あるボールを高く評価していますね。

潜在能力の高さや伸びしろを考えると、2019年のドラフト指名の可能性もあるでしょう。

個人的には、伸びしろを考え上位指名しても良い素材だと思います。

合せて読みたい!

【ドラフト2019】指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

廣澤優(日大三高)のまとめ

以上が日大三高 廣澤優の経歴や成績、特徴やスカウト評価でした。

現時点の実績は、まだまだといった印象です。

しかし、投げているボールは素晴らしいですし、実力は高いでしょう。

そして、なんといっても長身で細身の体から、これからまだまだ成長しそうだ、といった印象を受けます。

伸びしろもまだまだありそうなので、今後の成長に期待したいですね。

合せて読みたい!

【2019】高校生ドラフト候補まとめ!投手、野手の注目選手をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です