【ドラフト】田村俊介(愛工大名電)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、愛工大名電の田村俊介です。

左腕投手として145km/hを計測しながらも、抜群の打撃力が魅力の二刀流です。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 愛工大名電・田村俊介

記事の内容

をご紹介しています。

田村俊介の経歴やプロフィール

田村俊介

まずは、田村俊介の経歴です。

プロフィール
  • 名前:田村俊介(たむら しゅんすけ)
  • 出身地:京都府舞鶴市
  • 生年月日:2003年8月25日
  • 身長:178cm
  • 体重:88kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:一塁、投手
  • 経歴:共楽少年クラブ(舞鶴市立中舞鶴小学校) → 明徳義塾中学校 → 舞鶴市和田中学校 → 愛工大名電
  • 関連ページ:愛工大名電HP

詳しく見ていきましょう。

中学時に全国準優勝を経験

幼稚園年長から野球を開始。

舞鶴市立中舞鶴小学校では共楽少年クラブに所属。

六年生時には最速125km/hを記録しています。

明徳義塾中学校では三年生時に主将を務め、全日本少年野球軟式野球大会では準優勝を経験しています。

また、中学在籍中にはビートたけしのスポーツ大将やネクスト甲子園球児SPといったテレビ出演もしています。

愛工大名電では一年生で背番号1

三年生二学期に、県外の高校へ進学する予定でいたため退学。

地元の舞鶴市和田中学校に転向してから愛工大名電へ進学します。

一年生春からベンチ入りを果たし、6月には星稜との練習試合で7回無失点に抑え、奥川恭伸との投げ合いを制しています。

夏の選手権予選では背番号1を任されるも、四回戦敗退となります。

秋季県大会では、愛知大会を優勝し東海大会に進出。

東海大会では、三重高校戦で3番投手として出場し、公式戦初ホームランを放つ活躍も、4回に足がつるアクシデントで降板します。

その後、寺嶋大希の好リリーフでチームは勝利をおさめています。

続く二回戦の県岐阜商戦では4 1/3回3自責点の投球でチームは敗戦となっています。

二年生秋から主将を任される

二年生夏の県大会では五回戦の至学館戦でリリーフ登板し、サヨナラホームランを打たれ敗戦。

秋からは主将としてチームをけん引するも、秋季県大会では二回戦敗退となります。

三年生春季大会では背番号5として、2番サードとして出場。

決勝の享栄戦では先発し、3回1失点ながら打撃では2安打を放つ活躍でチームの優勝に貢献します。

続く東海大会では登板はなく、2試合で3安打を放つ活躍も、準決勝の掛川西戦で敗戦となっています。

夏の甲子園でホームラン!

夏の選手権予選では再び背番号1を任されます。

三回戦の杜若、四回戦の誉、五回戦の至学館戦で先発し勝利に貢献します。

決勝の享栄戦では、2回からリリーフを任され、4回無失点の好投で、チームの逆転勝利に繋がる投球を見せ、優勝に貢献します。

続く甲子園では初戦の東北学院戦で先発し、2 1/3回で降板。

打撃では八回には豪快なホームランを放つ活躍を見せますが、チームは敗退となっています。

田村俊介の特徴や動画

次に、田村俊介の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

足をゆっくり上げ構える姿からは雰囲気を感じますね。

抜群の長打力

しっかりしたスイングで、スイングスピードが速いです。

また、ボールの捉えるポイントが良く、打球角度が付きやすいスイングをしています。

その為、飛距離が非常に出る選手であることがわかります。

高い打撃技術

打撃内容を見ると高い打撃技術力があることがわかります。

内角の難しいボールに対応しており、バットコントロールが巧いです。

また、外角のボールには逆らわずに打ち返せており、逆方向にも長打が打てるタイプでしょう。

高い選球眼

しっかりフルスイングをするタイプなので、空振りが多くなる傾向ですが、動画ではボール球をしっかり見送れています。

低めの変化球に振りに行きながら止まっており、しっかり見極めが出来ていると言えます。

直近の夏の選手権予選では、四死球を多く選びながら三振が少なく、選球眼が良いと言えるでしょう。

投手としては厳しいか

プロ注目の 二刀流 田村俊介 初めての甲子園 初回 1番打者へのピッチング⚾️

投手としては最速145km/hで、常時130km/h後半です。

全体的にまとまった投手という感じですが、逆に言えばこれといった特徴が無いという事にもなります。

投手として即プロ、というのは厳しいでしょう。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 抜群の長打力
  • 内外角をさばける打撃技術
  • 高い選球眼
  • 投手としては厳しいか

です。

魅力は打撃です。

長打力だけでなく、打撃技術の高さや選球眼の高さも兼ね備えており、巧打者の素質を感じます。

打者に専念したらどうなるのか見てみたいです。

田村俊介の成績

続いて、田村俊介の成績を見ていきましょう。

打撃成績
  • 2021年公式戦:14試合、打率.446、5二塁打、3三塁打、1本塁打、13打点、3三振、出塁率.523、OPS1.220

2021年の公式戦は、打率4割超えという高いアベレージを残しています。

また、長打も多く、出塁率も高いのでOPSは1を大きく超えています。

さらに3三振と三振数も少なく、選球眼の高さも光ります。

田村俊介のスカウト評価や指名の可能性

続いて、田村俊介のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 榑松アマスカウト統括「リストの利いたバッティングが光っていました。パンチ力に優れていて、前川とともに左の大砲候補です。」
  • 阪神・筒井和也スカウト「柔と剛を兼ね備えた打者。甲子園で誰にもまねできないパワーを見せたのは素晴らしい。仮に打者としてやっていくなら、どこまでいくんだろうと楽しみな選手。」
  • 中日米村アマスカウトチーフ「(愛工大名電・田村は)投手というより打者として評価。ウチの構想にはまる選手。体もいいし、力もある。根尾、石川昂のように先を見据えた評価をしている。」「体、スイングに迫力があり、変化球を一発で仕留める力がある。真っすぐを捉える力が上がれば、100点満点」
  • 中日・清水スカウト「警戒されている中でも、ちょっと甘くなると持っていく。打力は頭一つ抜けている」
  • 中日・近藤スカウト「(3回の右越え三塁打の)あの打球の高さは天性のもの」
  • 横浜・河原スカウティングディレクター「打席で雰囲気がある。スイングスピードも速い。投手としても強い球を投げるけど、打者として評価しています」
  • 横浜・中川スカウト「長打も打てて、打率も残せる。佐野のような選手」
  • ヤクルト・中西スカウト「スイングスピードが速い。高評価は変わらないです」
  • ホークス・永井智浩編成育成本部長兼スカウト部部長「飛距離が魅力」
  • 楽天・山田スカウト「投げる方でも打つ方でも体の強さを感じる。打撃は逆方向に器用に打つうまさもある。1年時から順調に成長しているし、キャプテンシーもいい」
  • リックス・下山真二スカウト「打球を上げられるバットの入れ方を持っている。主将として最後までみんなを鼓舞する姿も野球人として素晴らしいと思います。」

複数球団からのコメントが出ています。

スイングスピードの速さや、打球を上げる技術、広角に打てる、といったコメントがあり、多くの球団から打者として評価を受けていることがわかります。

投手をやりながらこれだけの打撃ができるので、打者に専念した時の伸びしろもあるでしょう。

そうった背景もあり、ドラフト2021では指名は確実で、上位指名の可能性も十分ありそうです。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

田村俊介の関連ニュース

続いて、田村俊介の関連ニュースです。

>>甲子園の逸材たち「プロ目線」での評価は ソフトバンクの編成トップに聞く

>>「どんな球にもアジャスト」県岐阜商・高木「制球力いい」広島新庄・花田 甲子園で光った今秋ドラフト候補

>>【甲子園】智弁学園・前川右京はパワー+確実性 高校生離れした打撃技術…巨人・榑松スカウトが初戦を総括

>>敗退の愛工大名電・田村が“夏の甲子園1700号”、プロ志望明言「この経験生かす」

>>決勝で涙の享栄・竹山は「かつての小松辰雄くらいの力」中日スカウト/愛知

>>『マルチな才能』持つ愛工大名電の左腕エース「雰囲気ある」「器用」スカウト評も上々【高校野球愛知大会】

田村俊介のまとめ

以上が、愛工大名電 田村俊介経歴、成績や特徴でした。

左腕投手として145km/hを投げながら、抜群の打撃力が魅力の二刀流です。

2021ドラフトで指名される可能性は高いでしょう。

今後の動向や活躍に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です