【ドラフト】山田龍聖(JR東日本)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、JR東日本の山田龍聖です。

小さなテイクバックから投げる最速153km/hのストレートや抜群のチェンジアップが魅力の本格派左腕。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 JR東日本・山田龍聖

記事の内容

をご紹介しています。

山田龍聖の経歴やプロフィール

まずは、山田龍聖の経歴です。

プロフィール
  • 名前:山田龍聖(やまだ りゅうせい)
  • 出身地:富山県氷見市
  • 生年月日:2000年9月7日
  • 身長:182cm
  • 体重:80kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:窪スポーツ少年団(氷見市立窪小学校) → 西条中学校 → 高岡商業高校 → JR東日本
  • 関連ページ:JR東日本HP侍ジャパンHPInstagram

詳しく見ていきましょう。

中学校時は軟式野球部

氷見市立窪小学校四年生時から窪スポーツ少年団で野球を開始。

西条中学校では軟式野球部に所属していました。

高岡商では一年生からベンチ入り

高岡商業高校では一年生秋からベンチ入り。

秋季県大会ではリリーフとして3試合に登板し、4回無安打9奪三振の好成績で、チームの優勝に貢献しています。

続く北信越大会では登板機会が無かったものの、チームは準優勝となり、センバツ出場を決めています。

二年生夏の甲子園で143km/hをマーク

二年生春のセンバツでは、初戦の盛岡大付戦で敗戦となり、登板機会がなく終わります。

夏の選手権予選では、準々決勝の富山戦でリリーフ登板し、1回3奪三振の好投を披露。

決勝の高明戦では先発として、2失点9奪三振の好投でチームを優勝に導いています。

甲子園では、初戦の東海大菅生戦でリリーフ登板し143km/hを計測するも、1 1/3回6失点(自責4)で敗戦となっています。

三年生春からエースの座に

秋季県大会では、三回戦の富山工戦で8者連続奪三振を奪う活躍を見せます。

準決勝の富山商戦では3失点16奪三振ながらも敗戦となっています。

三年生春からは背番号1を任され、県大会優勝に貢献。

三年生夏には二度目の甲子園&U18日本代表

夏の選手権予選でも県大会優勝を決め、甲子園出場を決めます。

甲子園では、初戦の佐賀商戦で先発し、7回1失点(自責0)7奪三振、二回戦の佐久長聖戦では4失点(自責3)8奪三振完投で勝利に貢献。

三回戦の大阪桐蔭戦では3失点11奪三振完投も敗戦となっています。

大会後にはU18日本代表に選出されています。

なお、プロ志望届は提出しませんでした。

社会人一年目から公式戦に出場

JR東日本では一年目からベンチ入りし、4月に行われたJABA岡山大会で公式戦デビュー。

その後は、のちにドラフト指名された伊藤将司太田龍などの厚い投手陣もあり、公式戦出場機会がありませんでした。

三年目の4月に行われたJABA静岡大会では、日本製鉄東海REX戦で2 2/3回を3奪三振の好投。

続く日立市長杯では、西濃運輸戦で8回2失点(自責1)11奪三振の好投を見せています。

6月に行われた日本選手権関東予選では、8球団のスカウトが視察する中、リリーフ登板。

1回2奪三振の好投も、チームは日本選手権出場を逃しています。

山田龍聖の特徴や動画

次に、山田龍聖の特徴です。

やや画質がわるいですが、こちらの動画を見ていきましょう。

JR東日本 山田龍聖 ドラフト候補 2021

ランナーがいない場面でも常にセットポジションで、クイック気味に投げています。

テイクバックが小さく、腕を体に隠すように投げる投球フォームは、JR東日本OBの伊藤将司によく似ています。

勢いあるストレート

ストレートの最速は153km/hです。

球速があり、独特の腕の振りから投げるので、打者がタイミングを取るのが難しそうです。

空振りやファールを奪えており、力強さを感じますね。

抜群のチェンジアップ

動画では、変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップを投げています。

中でもチェンジアップで空振りが奪えています。

右打者の外角で多くの空振りを奪えており、決め球として十分使えそうです。

また、緩めのカーブや、カット気味のスライダーも投げています。

制球面でもまずまず

動画を見る限りは、制球面でもまずまず安定しています。

概ね狙ったコースに投げ分けが出来ている印象です。

ストレートを高めに投げ、チェンジアップを低めに投げ空振りを奪う、という明確な意図が伝わる投球ができていますね。

四死球で崩れるタイプではなさそうです。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 最速153km/hのストレート
  • 独特のテイクバックから投げる勢いある速球
  • 変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ
  • チェンジアップで空振りが奪える精度の高さ

です。

左腕で独特のテイクバックから最速150km/hを投げ込みます。

さらに、チェンジアップの精度が高く、三振を多く奪えるタイプでしょう。

社会人では選手層の厚いチームの為、出場機会が多くありませんでしたが、今年からは多くの公式戦に出場しています。

高卒三年目という若さもあり、まだまだ伸びしろを感じる楽しみな選手です。

山田龍聖の成績

続いて、山田龍聖の成績を見ていきましょう。

成績
  • 2021年公式戦:6試合、16 2/3投球回、防御率1.62、奪三振率12.42、与四死球率1.62、被安打率6.48

成績は、2021年7月時点です。

JABA主催の公式戦では、6試合で防御率1.62という抜群の成績を残しています。

奪三振率も非常に高く、イニング数を大きく超える数を記録しています。

さらに、与四死球率が非常に低く、被安打率もまずまずの数値ということが、安定感に繋がっているのでしょう。

今後もさらに登板機会が増えるでしょうから、今後の活躍に期待が掛かります。

山田龍聖のスカウト評価や指名の可能性

続いて、山田龍聖のスカウト評価です。

コメントは社会人時代のみご紹介します。

スカウトコメント
  • 巨人・榑松スカウト部次長「速球派のイメージに加え、変化球も交え、うまく投げていた。(ドラフトの)上位24人には入ると思う。 」
  • 中日・米村アマスカウトチーフ「2回からは球速を落とし、制球を重視していた。馬力だけでなく、大人びた投球を見せてくれた。」
  • 広島・苑田聡彦スカウト統括部長「チェンジアップが良い。先発タイプ。若くて(高卒3年目)将来性もある」
  • ヤクルト・斉藤スカウト「球速はそれほど出なかったが、変化球が良かった。新しい山田を見せてもらった」
  • 楽天・沖原スカウト「立ち上がりも、なんだかんだで1失点。大荒れしない。」
  • ロッテ・永野育成・スカウト部長「2回からは力が抜けていた。大事な試合で修正できたのは成長したところ。」
  • 西武・渡辺GM「球の切れ、制球力があり、ピンチでも冷静だった。貴重な左腕です。」
  • 日本ハム・大渕スカウト部長「若いわりに修正できる。(大学生の有力左腕と)比較することになる。」
  • 日本ハム・坂本スカウト「あれだけ思い切って腕が振れるのは素晴らしい。まだ今年で21歳。楽しみ以外の何ものでもない」
  • 他球団のスカウト「間違いなく上位で消える存在」

現時点で複数球団からコメントが出ています。

巨人は「24人に入る」というコメントが出ており、上位候補の評価をしていることがわかります。

現時点での実力や高卒三年目という若さを考えれば、ドラフト2021では上位指名の可能性が高いでしょう。

今後、圧倒的な成績を残せるようであれば、一位指名も見えてくるでしょう。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

山田龍聖の関連ニュース

続いて、山田龍聖の関連ニュースです。

>>10球団視察 JR東日本153キロ左腕・山田龍聖ドラフト上位候補に浮上

>>JR東日本の153キロ左腕・山田龍聖が好投も敗戦 スカウト「将来性もある」

>>JR東日本の153キロ左腕・山田龍聖ドラフト上位指名候補に急浮上…10球団から高評価

>>ドラフト候補左腕のJR東日本・山田”大人の投球”で中日など10球団スカウトにアピール【都市対抗予選】

>>佐藤輝に続き今年のドラフトもTG戦!即戦力左腕のJR東日本・山田に熱視線

>>【社会人野球】JR東日本の150キロ左腕・山田龍聖が成長ぶりをアピール 3年前のU18日本代表

山田龍聖のまとめ

以上が、JR東日本 山田龍聖経歴、成績や特徴でした。

小さなテイクバックから最速153km/hのストレートとチェンジアップのコンビネーションが魅力の左腕投手。

2021ドラフトで上位指名される可能性が高そうです。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です