プロ野球リクエスト制度の成功率・誤審率・回数は?ルールや対象プレーもご紹介!

プロ野球 リクエスト 制度 回数 ルール 成功率 誤審率 まとめ

2018年から導入されたリクエスト制度。

以前はリプレー検証とかビデオ判定とか言われていましたが、2018年からバージョンアップしました。

今回はそんなリクエスト制度の内容から、リクエスト制度でどうプロ野球が変わったのか?

さらにプロ野球で行われた最新のリクエストの回数や成功率、さらに!!このブログでしか明らかにされていない審判別の誤審率まで公開。

世界一詳しいプロ野球リクエスト制度の分析です!

NPBが公式でデータを公開してくれるまで、定期的に更新していく予定(笑)

また最後にリクエスト制度についてのアンケートもしています。投票してくれると嬉しいです!

*記事中のグラフは定期的に更新しますが、文章の更新が遅れる場合があります。また、データの間違えがある場合があります。ご了承ください。

お願い

最近、ここで紹介しているデータがネットやSNSで出回るようになってきました。嬉しいことです。

データ引用はどんどんして頂いて構いませんが、出来ればこの記事のURLも一緒にご紹介いただけるとアクセスアップになりますので、管理人のモチベーションUPに繋がります。

苦労してデータをかき集めていますので、是非よろしくお願いします(笑)

 

プロ野球リクエスト制度とは?

昨年までは「チャレンジ」とか「リプレー検証」とか「ビデオ判定」と呼ばれており、2010年に導入されました。

当時はポール際のホームランの判定のみの導入でしたが、審判の判定に異議があった場合に、ビデオでその判定が正確だったかを見直すことが可能に。

2014年からはホームラン以外のフェンス際の打球にもビデオ判定が拡大され、2016年にコリジョンルール(ホームでの接触プレー禁止)によって、ホームでのクロスプレーについてもビデオ検証が導入されました。

こうして年々対象プレーが拡大。

そして、2018年に「リクエスト制度」と名称が変更され、ホームランやホームクロスプレーの判定以外にも、ビデオ映像によるリプレー検証が出来るようなりました。

という経緯があるんですね。

プロ野球リクエスト制度はどこまで可能?適用範囲は?

リクエスト制度は下記のプレーではリクエスト出来ません。

リクエスト対象外プレー
  • ストライク判定
  • ハーフスイング
  • 自打球
  • 守備妨害
  • 走塁妨害
  • インフィールドフライ
  • 審判員(累進)より前方の打球
  • ボーク

なので、これ以外のプレーであれば全てリクエスト可能です。

一塁などの判定はもちろんですが、下の動画のかすったような死球だったり、

下記のような打撃妨害もリクエスト可能です。

ここまで幅広くビデオでの検証が出来るようなったことで、リクエスト制度が2018年のプロ野球の目玉として注目されています。

なぜここまで注目されているのか?

それは、野球には誤審がつきもので、私たち野球ファンは誤審により様々な苦痛を強いられてきたからです(笑)

プロ野球に誤審はつきもの!?

私も長年野球を見てきましたが、今までの野球は誤審がつきのもでした。もちろんどんなスポーツでも同じですが・・・

悔しいですが、あきらかな誤審があっても、諦めるしかなかったのです。

ファンとしても悔しいのだから、選手や首脳陣はもっと悔しいはずですよね。

そして判定に選手が怒り退場になったり、選手をかばって監督やコーチが退場になったり・・・

誤審があった為に敗戦なんてことも。逆に勝利もあったり(笑)

そんな誤審に対しての不満があるからこそ、リクエスト制度の導入が話題となっているんですね。

ただ、ビデオ検証すると試合の流れとか、時間が掛かるとかの意見もあります。

その通りですね。

なので、リクエスト制度はルールが新たに設けられました。

プロ野球リクエスト制度のルール!

2018年から始まったリクエスト制度には下記のルールがあります。

リクエスト制度のルール
  • リクエストは監督が行う
  • リクエストの回数は9イニングまでに各チーム2回
  • 延長時になったら回数は各チーム1回
  • 判定が覆ったリクエストは回数にカウントされない
  • ビデオ検証の時間は5分以内。確証が無ければ審判団の判断を尊重
  • ビデオ検証の判定について異議があった場合は退場
  • 例えば二塁→一塁などの併殺で両方の塁にリクエストした場合は2回のカウントとなる

まずは回数制限です。

何回もリクエストがあれば試合が進まないので、回数制限があります。

ただし、リクエスト成功(判定が覆る)した場合は回数にカウントされないので、1試合2回以上も可能です。

実際に4月24日に福良監督が3回リクエストをしています。

またビデオ検証には時間制限があり、5分以内に判定を行うというルールがあります。

このようになるべく試合の時間が長引かないようにルールを設けているんですね。

リクエスト制度で試合時間が長引く?

実際にリクエスト制度導入で試合時間はどうなっているのでしょうか?

プロ野球 リクエスト 制度 回数 ルール 成功率 誤審率 まとめ

NPB公式サイトより(http://npb.jp/statistics/2018/time.html)

上の写真は5月23日時点です。

9回イニングのみも全試合でもここ4年で一番短くなっていますね

まだ始まったばかりなので変動はしますが、そこまで試合時間に影響ない感じです。

リクエスト自体は当然時間が掛かりますが、その分無意味な長い抗議が無くなって、トータルとして以前と試合時間が変わらない、という感じでしょうか。

導入前は試合時間が長くなることについての指摘が多くありましたが、やってみると意外な結果となっていますね。

合せて読みたい!

プロ野球人気は低迷?視聴率、観客動員数、競技人口は?サッカーとの比較は?

リクエスト制度をやって気付いたメリット

実際にリクエスト制度を見てきて「やって良かった」と思えるのは下記点です。

リクエスト制度でのメリット
  • 正確な判定
  • 退場者の減少?
  • 誤審のデータ化による審判のレベルアップ
  • ビデオ検証での意外な盛り上がり

まずは誤審の減少ですね。

この後に最新のリクエストの回数や判定が覆った回数などのデータを公開しますが、リクエストした約1/3ほどの判定が覆っています。

これを少ないとみるか、多いとみるかは様々な意見があると思いますが、リクエストにより覆った分、正確な判定が出来たということです。

判定が正確になったことで、退場者が減る可能性が有ります。

2017年は6回の退場処分があり、7名が退場となっています。

2018年は今のところ2回の退場処分で2名の退場です。メッセンジャーのストライクボール判定の暴言と青木の暴言なので、監督の退場は今のところありません。

リクエスト制度で退場処分が減ってくれることを期待したいですね。

また、リクエストにより審判のレベルアップが可能です。

リクエストの傾向はNPBにて全てのデーターを集計しているはず。

なので、このデーターを見れば、どの審判が誤審が多いのか?どの審判が正確な判定をしているのか?一目瞭然です。

現在の審判としての実力を可視化することにより、誤審率が高い審判を教育出来ますし、教育によって改善したのかという効果も可視化できます。

しっかり分析して審判のレベルアップに繋げて欲しいですね。

最後に、ビデオ検証で球場が盛り上がるということです。

リクエストすると球場内にリプレーが流れるので、それを見てお客さんが盛り上がっています。

思った以上に盛り上がっているので、中断していても気になりませんね(笑)

リクエスト制度をやって気付いたデメリット

実際にリクエスト制度をやってみて気付いたデメリットもあります。

リクエスト制度のデメリット
  • リプレーが中継と兼用なので最適化されていない
  • ゲームの流れを変える為に意図的に使われる可能性がある
  • 他のプレーにもリクエストしたくなる

まず一つ目はリプレーの映像が中継と兼用なので、角度によってはビデオで判定出来ない場合があるということです。

また最悪の場合、対象プレーがビデオで追えていないという場面にも遭遇するかもしれません。

実際に私が見てきた中でも「これはわからね~(笑)」というシーンもありました。

メジャーリーグではこのようなことが無いよう、球場外に数十億円もする設備を準備して、ビデオ判定専門の審判も配備されているようです。

球場の審判はそこからの判定結果を受け取るだけです。

日本の場合はそこまでやらなくても、複数台のリクエスト専用カメラの設置とスロー再生に対応するくらいで、かなり良くなるはずです。

二つ目はゲームの流れを変えたいが為に、意図的に間を作る為にリクエストをする場合があるということです。

ルール違反ではありませんが、このような使い方は本質的ではありませんので、白けてしまいます。

各監督はそのようなことが無いようにして欲しいですね。

最後は個人的な意見ですが、他のプレーにもリクエストがしたくなるんですよね(笑)

例えばボークやハーフスイング。さらに回数制限があるのだからストライク判定でもリクエストしたい!

このようにどんどん欲が出てきてしまうんですよね(笑)

まあ、初めての試みなので、今シーズンやってみて、良かった点はもちろん、色々問題も出てくるかと思います。

そしてどんどん改善して良い制度にして行って欲しいですね。

中村晃のリクエストでのホームランは誤審だった!?

先ほど説明した、映像の最適化をしていないことで悲劇が・・・

それは6月22日のオリックス対ソフトバンク戦で起きました。

3対3の同点から中村晃の放った打球はファールに。

ここで工藤監督がリクエストをして判定はホームランに覆りました。

ホームランなのに納得していない中村・・・

確かに映像を見るとポールを巻いているようにも見えるが・・・

ただネットがあり非常に見ずらい(笑)

結果このホームランでソフトバンクが勝利しました。

しかし、この後が問題です。

なんと判定に納得がいかない福良監督やオリックス陣営が試合後に猛抗議。

試合後にオリックス陣営と審判団が映像を再び 確認したようです。

そこでなんと!審判団が誤審を認めてしまったのです。

もちろん試合後なので誤審であっても判定は覆りませんし、試合結果も変わりません。

でもこれを聞いてオリックスファンは納得いかないですよね。

なぜこんなことが起きたのでしょう?

それは映像の最適化をしていなかった為です。

もし別角度からの映像があれば、正確な判断も出来たかもしれません。

審判を攻めたい気持ちもわかりますが、私もあの映像を見てホームランだと思いましたし、今見直してもホームランにしか見えません。

これは審判のせいではなく、システムの欠陥です。

起こるべくして起きた誤審ですね。

今年中の改善は無理でしょうが、来年以降はこういったことが無いように改善をして行って欲しいですね。

合せて読みたい!

楽天イーグルスの田中和基は新人王を取れるか?成績・経歴・特徴もご紹介!

リクエスト制度の回数や成功率、誤審率の分析!

続いてリクエスト制度の分析を公開します。

NPBが公開してくれないので、個人で調べました(笑)今後もNPBが公開してくれるまでは更新していくつもりです!

精度には自身がありますが、間違えもあるかもしれませんのでご了承頂ければと思います。

データは6月17日時点のデータです。この記事では下記のデータを公開しています。

  • プロ野球界全体のリクエスト回数と成功率
  • チーム別リクエスト回数と成功率
  • 審判別リクエスト回数と成功率
  • 打球別リクエスト回数と成功率
  • 得点差別リクエスト回数と成功率

ここで成功というのは判定が覆ったということです。つまり成功=誤審です。

以上の5項目を順番に公開していきますね。

プロ野球界全体のリクエスト回数と成功率

まずはプロ野球全体のリクエスト状況です。

全体でリクエストは311回されています。

7月31日時点で542試合消化していますので、1.75試合に1回のペースでリクエストされているということですね。

そして注目したいのは、リクエストで審判の判定が覆ったのが110回、つまり現時点でのリクエストの成功率は35.5%ということです。

これを多いとみるか?少ないとみるか?意見は分かれると思いますが、試合に影響を与えているのは確実と言えます。

リクエスト制度により、このように誤審がはっきり数字として出ました。

ここからどう改善していくか、が課題ですね。

打球別リクエスト回数と成功率

続いて一塁や二塁、さらにHR判定などの打球別でのリクエスト回数です。

全体で310回のリクエストがあります。内138回が一塁の判定にリクエストされているんですね。

約半数が一塁の判定でリクエストです。

続いて打球別のリクエストの成功率です。

これを見ると三塁や死球での判定で成功率が高いですが、回数が少ないので参考程度にしておきます。

一塁やホームランの判定では成功率が40%となっていますが、平均と比べてもそこまでの大きな差はありませんね。

ホームでの判定と二塁の判定でのリクエストはかなり低の成功率となっています。

得点差別リクエスト回数と成功率

続いて点数差別のリクエスト回数や成功率データです。

まずは回数から。

得点差が少ない方がリクエストが多くなっており、1点差の場合が一番多いですね。

3点差以上になると回数は少なくなっており、2点差以内が8割くらいを占めています。

続いて成功率です。

思った以上に傾向が出ていますね。

全体の平均が35.5%ですが、同点だと成功率が30%となっており低いですね。

1~3点差の場合は成功率は平均を超えており、2点差については約半分が成功しています。

チーム別リクエスト回数と成功率

続いてチーム別成功回数、失敗回数、成功率です。

リクエスト回数の1位はロッテ(井口監督)と楽天(梨田監督+平石監督代行)で35回となっています。

最下位は阪神の金本監督で17回。

楽天の平石監督代行は既に14回も実行しており、すぐに追い抜きそうですね(笑)

また、審判自身でリクエストを10回しています。

成功回数ではロッテの井口監督が13回で1位

続いてチーム別成功率です。

成功率一位はオリックスの福良監督で、45%を記録しています。

平均の成功率が35.5%なので、高い成功率ですね。

逆に最下位は巨人の高橋監督で26%。

ただ、横浜のラミレス監督や日本ハムの栗山監督も僅差なので、油断は出来ませんね。

審判別リクエスト回数と誤審率

審判別のリクエスト成功率です。

成功率は言い換えると誤審率です(笑)

まずは、審判別のリクエストされた回数です。7回以上リクエストされた方をピックアップしています。

一番多いのは中村さん、橋本さん。13回リクエストされていますね。誤審回数は有隅さんが7回でNo.1です。

ちなみに佐藤さんは福良監督に1試合で3度リクエストされています(笑)

続いて審判別リクエスト成功率(誤審率)です。

リクエスト回数自体が少ないので、大きめに数字が出てしまう方もいますので、参考程度にしておきましょう。

一位は有隅さんの88%、二位は名幸さんの71%となっています。

審判団の方はこの内容をしっかり把握してもらって、改善を行っていって欲しいですね。

プロ野球のリクエスト制度の回数やルールや成功率まとめ!

プロ野球 リクエスト 制度 回数 ルール 成功率 誤審率 まとめ

以上がプロ野球のリクエスト制度の回数やルールや成功率まとめでした!いかがでしたでしょうか?

個人的にはこのリクエスト制度は大成功だと思います。

一番懸念されていた試合時間も長くなっていませんし、球場で盛り上がったりと意外と面白い(笑)

選手も楽しんでる感じですよね!

また、面白いデータも取れるので、新しい楽しみ方も増えた感じです。

もちろんまだまだ課題はありますし、新たに見えてきたこともあります。

これを今後のプロ野球の為にどう生かしていくか?が重要でしょうね。

もっとリクエスト制度の詳細を知りたい方は、下記の記事を参考にしてみて下さい!

合せて読みたい!

【最新】プロ野球リクエスト制度の回数?チーム別成功率や審判別誤審率のまとめ!

アンケート実施中です!是非投票をお願いします~

プロ野球リクエスト制度 あなたは賛成?反対?






プロ野球 リクエスト 制度 回数 ルール 成功率 誤審率 まとめ

Twitterで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です