【ドラフト】山本ダンテ武蔵(国学院大)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、国学院大の山本ダンテ武蔵です。

抜群の飛距離と広角に長打を打ち分ける打撃技術が持ち味のスラッガー。

大阪桐蔭時代には4番として選抜優勝を経験しています。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 国学院大・山本ダンテ武蔵

記事の内容

をご紹介しています。

山本ダンテ武蔵の経歴やプロフィール

山本ダンテ武蔵

まずは、山本ダンテ武蔵の経歴です。

プロフィール
  • 名前:山本ダンテ武蔵(やまもと だんて むさし)
  • 出身地:広島県江田島市
  • 生年月日:2000年3月16日
  • 身長:174cm
  • 体重:93kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:外野手
  • 経歴:大柿スポーツ少年団(江田島市沖美町三高小学校) → 広島瀬戸内リトル(江田島市立三高中学校) → 大阪桐蔭高校 → 国学院大
  • 関連ページ:Twitter国学院大野球部HP

詳しく見ていきましょう。

中学時代に西日本選抜に選出

兄の影響で江田島市沖美町三高小学校一年生時から大柿スポーツ少年団でソフトボールを開始。

江田島市立三高中学校では広島瀬戸内リトルに所属。

捕手として西日本シニア代表に選出されています。

高校時代には甲子園優勝を経験

大阪桐蔭高校では外野手に転向。

二年生秋からライトのレギュラーを任されます。

秋季大会では、主に三番打者としてチームの府大会三位、近畿大会ベスト4入りに貢献し、選抜出場を決めます。

三年生春の選抜では4番としてチームを牽引し、甲子園優勝に貢献しています。

続く春季近畿大会では決勝の東海大仰星戦で4打数4安打4打点の活躍で優勝に貢献。

二期連続の甲子園出場

夏の選手選手権予選では、全試合で安打を放つ活躍で、自身2季連続の甲子園出場を決めます。

甲子園でも全試合安打を放つ活躍を見せるも、三回戦の仙台育英戦で敗戦となっています。

なお、この時のチームメイトにはドラフト2021候補の徳山壮磨岩本久重、福井章吾がいました。

大学四年生時に覚醒

国学院大学では一年生春からベンチ入りを果たし、主に代打や代走として出場しています。

二年生春の春季リーグでは、東洋大二回戦でリーグ戦初ホームランを記録、規定打席に乗せ、4割近い出塁率を記録しています。

三年生秋季リーグでは出場機会が減り、主に代打として打率.333を記録。

その後、肉体改造により体重を10kg増量し、打撃改造に着手。

四年生春季リーグでは、三番DHとしてレギュラーの座を奪取。

開幕戦の亜細亜大戦でホームランを放つと、翌日には2打席連続ホームランを放っています。

山本ダンテ武蔵の特徴や動画

次に、山本ダンテ武蔵の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2021候補】山本ダンテ武蔵の打撃シーン&守備シーン

足を大きく上げる打撃フォームです。

トップの位置が安定しており、そこからスムーズにバットが出ていることがわかります。

抜群の長打力

魅力は抜群の長打力です。

身長174cmですが、体重93kgでどっしりした体格です。

また、常にフルスイングで、スイングスピードが速いので、飛距離が出ます。

広角に打ち分ける打撃技術

動画内では3本のホームランが見れます。

1本目は外角のボール、2本目・3本目は内角寄りで、3本目は内角高めの厳しいボールです。

どのコースでも対応が上手く、コースに逆らわない広角に打ち分ける打撃技術があることがわかります。

守備面では課題がある

50m走は6秒0走力は高く、下級生時には代走として盗塁を決める場面もありました。

しかし、三年生冬の増量によって、現在はそこまで速くないと思われます。

また、シートノックを見ると、肩の強さもありません。

その為、現在リーグ戦ではDHでの出場となっており、守備面では厳しい評価となるでしょう。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 抜群の長打力
  • 広角に打ち分ける打撃技術
  • 走力は高かったが、現在は増量でそこまで速くないと思われる
  • DH出場の為、守備面では評価が厳しくなっている

です。

一番の魅力は打撃です。

長打力もさることながら、広角に打ち分ける打撃技術が魅力です。

山本ダンテ武蔵の成績

続いて、山本ダンテ武蔵の成績を見ていきましょう。

成績
  • リーグ戦計(~20秋):28試合、打率.210、2二塁打、0三塁打、1本塁打、7打点、出塁率.351、OPS.641、11三振、5盗塁
  • 21春季リーグ:11試合、打率.390、1二塁打、0三塁打、5本塁打、16打点、出塁率.440、OPS1.220、4三振、1盗塁

成績は2021年5月11時点です。

三年生時までは打率は残せていませんが、四球を選ぶことが多く、出塁率が高い傾向にありました。

四年生時に覚醒し、11試合でホームラン5本と、三冠王を狙える位置にいます。

振る割には三振がそこまで多くなく、四球も選べており、選球眼はまずまずといえるでしょう。

山本ダンテ武蔵のスカウト評価や指名の可能性

続いて、山本ダンテ武蔵のスカウト評価です。

現時点で大学時代に寄せられたスカウトコメントはありません。

しかし、注目度が高い東都大学リーグなので、視察をしている球団は多いと思われます。

守備面で課題があるので、パリーグ中心に注目度は高いと思います。

この調子で結果を残せれば、ドラフト2021での指名の可能性は十分あるといえるでしょう。

今後の活躍に注目です。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

山本ダンテ武蔵の関連ニュース

続いて、山本ダンテ武蔵の関連ニュースです。

>>国学院大・山本ダンテ武蔵はなぜ、覚醒したのか

山本ダンテ武蔵のまとめ

以上が、国学院大 山本ダンテ武蔵経歴、成績や特徴でした。

抜群の長打力と広角に打ち分ける打撃技術が持ち味のスラッガー。

2021ドラフトで指名される可能性もあると思います。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です