【ドラフト】毛利海大(福岡大大濠)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、福岡大大濠の毛利海大です。

球持ちの良い投球フォームからノビのあるストレートや縦割れの緩いカーブが特徴の左腕投手。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 福岡大大濠・毛利海大

記事の内容

をご紹介しています。

毛利海大の経歴やプロフィール

毛利海大

まずは、毛利海大の経歴です。

プロフィール
  • 名前:毛利海大(もうり かいと)
  • 出身地:福岡県田川市
  • 生年月日:2003年9月14日
  • 身長:176cm
  • 体重:75kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:伊田レッドスター(田川市立伊田小学校) → 鷹羽ボーイズ(田川市立伊田中学校) → 福岡大大濠
  • 関連ページ:instagram

詳しく見ていきましょう。

中学時代に世界大会で準優勝を経験

田川市立伊田小学校二年生時に伊田レッドスターで野球を開始。

六年生時にはホークスジュニアに選出され、NPBジュニアトーナメントに出場。

田川市立伊田中学校では鷹羽ボーイズに所属。

二年生時に西日本大会で優勝を果たしています。

三年生時にはボーイズ日本代表に選出され、世界少年野球大会準優勝に貢献しています。

福岡大大濠では一年生時からベンチ入り

三浦銀二に憧れ、福岡大大濠に進学します。

一年生夏からベンチ入りし、選手権予選では3試合の登板を果たし、秋季大会では2試合の先発を任されました。

二年生夏の代替大会では、三年生のみの布陣でベンチ外となっています。

二年生秋からエースに

二年生秋からエースの座をつかみます。

秋季県大会準決勝の北筑戦では自己最速の140km/hを記録し、7回2失点12奪三振で勝利に貢献。

優勝で迎えた九州大会では、初戦の大分商戦で1失点完投勝利、準々決勝の具志川商戦では9奪三振完封勝利を挙げています。

その後は登板がなく、チームは準優勝で選抜出場を決めました。

選抜では全試合に登板

三年生春には選抜で甲子園初登板を果たします。

初戦の大崎戦で先発し、1失点10奪三振完投勝利を挙げます。

二回戦の具志川商戦では、9 2/3回を8奪三振4失点と試合を作り、チームの勝利に貢献しています。

三回戦の東海大相模戦では、リリーフとして2回途中から登板し、7 2/3回を3失点に抑えるも、敗戦となっています。

毛利海大の特徴や動画

次に、毛利海大の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【センバツ】福岡大大濠 毛利海大 投手 大崎戦 ピッチング

柔らかい腕の振りから球持ちの良い投球フォームです。

投球フォームは早川隆久(楽天)をお手本にしているようです。

ノビのあるストレート

最速は140km/hで、常時135km/h前後となっています。

ストレートで空振りやファールが多く奪えており、力強さを感じます。

下記のサイトによると回転数は約2200rpmほどで、球速の割にはやや多めの数値となっています。

>>【ドラフト2021】回転数調査ランキング

また、中継のスロー映像を見ると、回転軸がバックスピンに近くなっていました。

その為、ホップ量の多いボールであることがわかります。

緩いカーブが持ち味

変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークを投げています。

中でも100km/h台の緩いカーブの投球割合が一番多くなっています。

回転数は球速相応ですが、トップスピンの綺麗な回転となっています。

その為、縦に大きく変化する特徴的なボールとなっています。

また、120km/h前後のチェンジアップは右打者への外角に沈み、有効的に使えている印象です。

まずまずの制球力

選抜の投球を見る限りは、まずまずの制球力でした。

緩いカーブは変化量が大きいのでストライクゾーンに入れられる投手は少ないですが、高確率でストライクゾーンに投げ込めていました。

プロでもなかなかできない事なので、非常に器用な投手であることがわかります。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 最速140km/hのストレート
  • 球速の割には回転数は多め
  • 回転軸がきれいでノビのあるボール
  • 変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォーク
  • 縦割れの緩いカーブが持ち味
  • まずまずの制球面

です。

最速140km/hながら空振りが奪えるノビのあるストレートを投げ込みます。

縦割れの大きなカーブが特徴的です。

今後の成長が非常に楽しみな選手ですね。

毛利海大の成績

続いて、毛利海大の成績を見ていきましょう。

成績
  • 20秋季大会:8試合、49投球回、防御率1.47、奪三振率11.57、四死球率5.14、被安打率4.96
  • 21選抜:3試合、26 1/3投球回、防御率2.39、奪三振率7.86、四死球率2.05、被安打率7.18

秋季大会では防御率1点台と抜群の安定感でした。

四死球率は5を超えており多いですが、奪三振率が非常に高く被安打率が低いことで、安定した成績が残せた要因でしょう。

選抜ではやや被安打率が高いですが、その分四死球率が大幅に低くなっています。

毛利海大のスカウト評価や指名の可能性

続いて、毛利海大のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 中日・三瀬スカウト「左腕は魅力だし、スピードが上がっていけば、来年がとても楽しみ。リリースが前まで引っ張ってこれるので、打者には速く見えると思う」
  • ホークス・永井智浩編成育成本部本部長兼スカウト部部長「球速以上にベース付近で球が切れている」
  • 西武・渡辺GM「ボールの質がいい。総合的な印象は、高校時代の早川(現楽天)に似ている」
  • ロイヤルズ・大屋博行国際スカウト「毛利君は特にカーブの制球が抜群で、ソフトバンク・和田のような投手になれるのではないか。」

現時点で複数球団からスカウトコメントが出ています。

ボールの質の良さや勢い、球持ちなどを評価されています。

今後の伸びしろを加味し、ドラフト2021で指名される可能性は高いと思います。

夏までに球速がさらに上がるようなことがあれば、上位指名も見えてくるでしょうね。

今後の成長を楽しみにしましょう。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

毛利海大の関連ニュース

続いて、毛利海大の関連ニュースです。

>>【メジャースカウトの眼】福岡大大濠・毛利は「びっくりカーブ」 成瀬似 和田、杉内もほうふつ

>>西武GM「早川に似ている」福岡大大濠・毛利を評価

>>山下の次は毛利!福岡大大濠が完封4強センバツ確実

毛利海大のまとめ

以上が、福岡大大濠 毛利海大経歴、成績や特徴でした。

球持ちの良い投球フォームからノビのあるストレートと特徴的な縦割れのカーブが特徴です。

2021ドラフトで指名される可能性もあると思います。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です