【2021】巨人(読売ジャイアンツ)のドラフト指名予想

本記事では巨人(読売ジャイアンツ)のドラフトの指名予想をご紹介しています。

具体的には

本記事の内容

となっています。

【2021】巨人ドラフトの指名予想

まずは指名予想をご紹介します。

この章のあとに説明している戦力分析や報道を加味しての予想です。

情報が出次第、随時更新していきます。

本命対抗
一位指名小園健太森木大智
二位指名石田隼都吉野創士
三位指名梶原昂希前川右京

順番に説明していきます。

一位指名予想

巨人の場合、そこまで緊急性を要する補強は必要なので、純粋に一番良い投手の指名となるでしょう。

一位クラス同等のコメントを多数出しているのは、小園健太、森木大智、畔柳亨丞、風間球打です。

その中でも小園については「即戦力に近い高校生」「社会人くらいの完成度」という非常に高い評価となっています。

個人的にも「一年目からやれるのは小園しかいない」と思っています。

やや投手陣に課題がありますし、一年目から出てくる可能性がある小園を本命としました。

対抗は森木です。

スカウトは「小園と双璧」というコメントを出しており、こちらも非常に高い評価です。

ここ最近、クジを外し続けており、小園は競合の可能性も有るため、回避という選択肢もあるかもしれません。

二位指名予想

石田を上位候補としてリストアップしているという記事が出ています。

東海大相模という事もあり、指名したい選手でしょう。

ただし、巨人の二巡目の指名は遅い方となるので、石田が残っていない場合も考えられます。

その場合は、補強ポイントである高校生外野手でしょう。

そこで白羽の矢が立つのは吉野です。

走攻守揃った右の大砲候補で、残っていたら指名したい選手でしょう。

三位指名予想

二位で石田を獲得出来た想定で、三位は補強ポイントの外野手となるでしょう。

三巡目は早めに順番が来ますので、良い選手が取れそうです。

本命としては、梶原です。

巨人は大柄な選手が好みですが、2019年に育成指名した加藤壮太に近いイメージの選手で、大柄でありながら抜群の身体能力が持ち味です。

対抗としては前川です。

守備や走力はあまり期待できませんが、打撃力は抜群です。

本拠地が東京ドームなので、そこまで守備を気にする必要もなく、打撃に特化した外野手を獲得しても良いでしょうね。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

【2021】巨人(読売ジャイアンツ)の戦力分析

現状の戦力分析です。

現状戦力と年齢構成

年齢右投手左投手捕手内野手外野手
16ティマ
17デラクルーズ
18笠島尚樹秋広優人
19木下幹也阿部剣友坂本勇人岡本大翔
中山礼都
20堀田賢慎井上温大山瀬慎之助菊田拡和伊藤海斗
山下航汰
21平井快青
戸郷翔征
直江大輔
沼田翔平
戸田懐生
横川凱黒田響生
湯浅大
増田陸
松井義弥
22田中優大
山崎伊織
太田龍
大江竜聖前田研輝ウレーニャ
加藤廉
23堀岡隼人
與那原大剛
奈良木陸
山﨑友輔
平内龍太
山本一輝喜多隆介
萩原哲
保科広一
加藤壮太
24伊藤優輔髙橋優貴岸田行倫廣岡大志
平間隼人
八百板卓丸
25ダニエル・ミサキ
谷岡竜平
鍬原拓也
岡本和真
香月一也
26古川侑利
山川和大
北村拓己
吉川尚輝
松原聖弥
27畠世周
桜井俊貴
田中豊樹
今村信貴
メルセデス
中川皓太
28ビエイラ戸根千明大城卓三若林晃弘
増田大輝
石川慎吾
重信慎之介
ハイネマン
29高梨雄平
30鍵谷陽平
31サンチェス
菅野智之
立岡宗一郎
32デラロサ高木京介小林誠司中田翔
坂本勇人
丸佳浩
33梶谷隆幸
34山口俊
野上亮磨
ウィーラー
スモーク
陽岱鋼
テームズ
35井納翔一
36
37
38大竹寛
39中島宏之亀井善行

巨人選手一覧

投手は右左とも20代前半から30代までバランスよく揃っています。

捕手は30歳前後の中心選手がいて、20歳中盤、20歳以下の数を確保出来ています。

内野手は20代中盤以下が多いです。

外野手も30代から20代後半が多くなっており、20歳前後の若手が少ないです。

2021シーズンの成績

続いて2021シーズンの投打の成績です。

*9月13日時点です。

打者

まず、打撃成績です。

数値順位
得点442四位
打率.247五位
本塁打137一位
盗塁59三位
OPS.724三位
UZR20.6一位

得点数は勝率と相関がありますが(ピタゴラス勝率)、現時点で四位となっています。

二位から四位はそこまで差がなく、OPSも僅差の三位の為、打撃陣はそこまで問題はないでしょう。

また、守備の指標であるUZRではトップを走っており、守備面でも優れた野手陣であることがわかります。

捕手

大城が台頭しており、バックアップ要因の小林もいますので、現状は十分な体制です。

また、若手では岸田の評価が高く、次世代の捕手要因もいます。

現状では、捕手は揃っており、急な補強はそこまで必要なさそうです。

獲得するのであれば、さらに下の年代の高校生捕手か岸田の競争相手でしょうか。

内野手

中島、坂本と30代以上の選手が主力でいる反面、中堅の若林、増田、若手の岡本、吉川、北村、香月といった若手選手の出場も多いです。

有望な若手も多く、20歳前後の素材型の選手たちも多いです。

現状は獲得する必要はないでしょう。

外野手

梶谷、丸、といった30代前半の選手が主力で、亀井というベテランもいます。

また、20代後半には石川、重信、20代中盤の松原が台頭しており、さらに層が厚くなった印象です。

しかし、さらに若手の有望外野手が少なく、頭数も少なくなっています。

次世代を担う、外野の中軸候補が欲しい所でしょう。

投手

続いて投手成績です。

数値順位
失点423三位
防御率3.64三位
tRA4.31五位
先発防3.66三位
中継防3.62四位

失点数や防御率などからリーグ平均くらいかと感じますが、守備の影響を除いた投手の成績を表すtRAでは五位となっています。

野手の項でも初回しましたが、守備力が非常に高いことで失点を防げている、という事になります。

その為、数字以上に課題がある投手陣と言えるでしょう。

右投手

30代の菅野、山口が主軸ですが、そこに続くのが20代中盤から後半の選手が、桜井、畠、鍬原拓也とやや不安があります。

しかし、20歳前後の戸郷は次期エース候補ですし、昨年ドラフトで獲得した平内、山崎と有望株が揃っています。

頭数も揃っており、課題があるわけではないですが、良い投手は余るほど欲しいのが本音でしょう。

その為、次期エース候補となる高校生投手は積極的に獲りに行きたいところです。

左投手

先発の左投手は左のエースに育った高橋がいます。

また、実績のある今村がいますが、やや伸び悩んでいる現状もあり、やや不安があります。

20歳前半以下の左腕投手も少なく、将来性のある左腕は補強したいポイントでしょう。

リリーフとしては、中川、高梨がいて、若手の大江が台頭しており、現状は十分でしょう。

補強ポイント

以上を踏まえた巨人の補強ポイントまとめです。

右投左投捕手内野手外野手
即戦力××
育成×

*優先順位:高い ◎ > 〇 > △ > × 低い

補強ポイント
  • 右投手:多いに越したことはない
  • 左投手:高校生左腕
  • 捕手:獲得するなら高校生
  • 内野手:必要無し
  • 外野手:高校生

です。

昨年は佐藤を逃し、FAで梶谷を獲得したことで、即戦力の外野手は当分必要ないでしょう。

しかし、20歳前後の外野手が不足しており、優先的に補強したいポイントです。

また、捕手や内野手の補強の優先度が低いので、課題がある投手陣の整備を今の内から進めたいところです。

ただし、頭数自体はいるので、次世代を担う高校生投手を中心に指名をしたいところです。

巨人ドラフトの過去の傾向

巨人の過去のドラフトの傾向です。

データは2008年から2019年のドラフトを対象に集計しています。

競合の傾向

まず、競合についての傾向です。

くじ引き回数12回
成功率17%

くじ引き回数は、他球団と比べて平均的で、成功率は他球団と比べて低かったです。

なので、競合については気にしないものと思われます。

経歴の傾向

続いて、学歴別の傾向です。

一位指名

高校生率36%
大学生率45%
社会人率18%

一位指名では、大学生の割合が45%と半数近くを占めていました

12球団の平均と比べると、大学生が多く、高校生が少ない指名となっています。

全体

高校生率41%
大学生率30%
社会人率14%
独立割合13%
専門割合2%

指名全体では、高校生の割合が多くなっています

また、他球団と比べると、独立リーグや専門学校の選手を指名する割合が多いです。

出身地の傾向

続いて、出身地の傾向です。

一位指名

地元率9%
地元地域率32%

全体

地元率5%
地元地域率25%

12球団平均に比べると、地元や地元地域出身の選手が多めでした。

ですが、人口の多い関東地方なので、そこまで地元出身を考慮しているわけではなさそうです。

ポジションの傾向

次に、ポジションの傾向です。

一位指名

投手率59%
捕手率9%
内野率23%
外野率9%

投手の指名が多いですが、どこの球団も投手中心なので、そこまで多いというわけではありません。

むしろ、投手の指名は12球団の中でも少なめです。

逆に、捕手の割合が12球団で一番多いです。

全体

投手率52%
捕手率10%
内野率26%
外野率11%

全体では、内野手の指名の割合が12球団最多で、それ以外は平均的な値となっています。

ドラフトの傾向まとめ

ドラフトの傾向をまとめると、

ドラフトの傾向まとめ
  • 競合は気にしない
  • 一位指名は大学生中心
  • 二位指名以降は高校生の指名が増える
  • 地元枠の考慮はない
  • 一位指名は捕手、全体では内野手の指名割合が多い

です。

ただし、これらは過去の傾向なので、参考程度に見ておきましょう。

巨人のドラフトに関するニュースや報道まとめ

続いて巨人のドラフトに関する情報をピックアップしました。

情報が出次第、随時更新していきます。

一位指名のニュースや報道

>>巨人1位と2位は「投手」指名へ「即戦力もいるし有望な高校生も」

>>巨人ドラフト1位指名は投手の方針「補強ポイントは誰が見てもピッチャー」即戦力か高校生か「まだ」

>>【巨人】ドラフト1位指名「投手に行くしかない」…大塚淳弘副代表編成本部長が明かす

上位指名のニュースや報道

・石田隼都

>>26回43Kの東海大相模・石田「巨人&ソフトB」リスト急浮上

【2021】巨人(読売ジャイアンツ)のドラフト指名予想まとめ

以上が巨人のドラフト指名予想でした。

再度まとめると

本命対抗
一位指名小園健太森木大智
二位指名石田隼都吉野創士
三位指名梶原昂希前川右京

です。

戦力的にも余裕があるため、一位は高い評価をしている投手となるでしょう。

本命は小園で対抗は森木ですが、スカウト評価は「双璧」です。

ただ、個人的には早くから一軍で結果を残せそうな小園になると思っています。

二位は石田です。

プロ志望を出すかは未定ですが、東海大相模ということもあり、欲しい選手でしょう。

残っていなければ、補強ポイントである外野手の吉野は欲しい所です。

二位で石田獲得前提で、三位は補強ポイントの外野手狙いで本命は梶原としました。

巨人の好きな大柄なタイプの選手で、身体能力抜群の選手です。

対抗としては前川で、やや守備や走塁に課題があるものの、本拠地が東京ドームという事を考えれば、問題はないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA