平野大地(専大松戸)【ドラフト】

ドラフト 候補の平野大地(ひらの だいち)は、181cm・84kgの右投右打の投手。茨城県稲敷市出身。専大松戸所属。

最速151km/hのノビのあるストレートを武器に、変化球はスライダー、カーブ、フォークを操る。

基本情報
名前平野大地
(ひらの だいち)
出身地茨城県稲敷市
生年月日2005年7月9日
身長181 cm
体重84 kg
血液型不明
SNS不明
選手情報
投打右・右
守備位置投手
最高球速151 km/h
球種スライダー、カーブ、フォーク
好きな球団不明

平野大地の経歴・プロフィール

経歴(所属チーム)
小学校新利根エンゼルス
竜ケ崎リトル
中学校取手リトルシニア
(大利根中学校)
高校専大松戸
国際大会
全国大会
春の選抜2023年

中学校時代は捕手

小学校1年生時に新利根エンゼルスで野球を始め、4年生時から竜ケ崎リトルに所属。

大利根中学校では取手リトルシニアで捕手としてプレーしていました。

専大松戸では一年時に捕手から投手に転向

専大松戸では1年生時に投手に転向。

秋季県大会からベンチ入りを果たします。

2年生夏の選手権予選では背番号11として、4回戦の千葉英和戦でデビュー。

自己最速を更新する150km/hを計測し、1回無失点の好投を披露します。

準々決勝の成田戦では先発、7回1失点の好投でチームを準決勝に導きます。

準決勝の木更津総合戦では登板なく、チームは敗戦となっています。

二年生秋に関東準優勝で選抜当確に

秋季県大会では背番号18を任され、準々決勝の木更津総合戦で先発。

自ら2ランホームランを放ち、8奪三振、2失点(自責点0)で完投勝利を挙げ、チームの勝利に貢献します。

準決勝の市立船橋戦でも先発し、延長11回を投げ、8奪三振、4失点(自責点0)で完投勝利し、チームを決勝に導きます。

決勝では登板なく、チームは優勝し、関東大会進出を決めます。

県大会後には右肩の炎症でノースロー調整を余儀なくされますが、関東大会では背番号1を任されます。

準々決勝の作新学院戦では、3回途中から登板し、6 2/3回2失点でチームの勝利に貢献。

準決勝の慶応高校戦では、6回途中から登板し、4 1/3回0失点、7奪三振の圧巻の投球でチームを決勝に導きます。

決勝の山梨学院戦では6回からリリーフ登板するも、1 1/3回3失点で降板し、チームは敗戦となっています。

なお、選抜2023の出場は濃厚となっています。

平野大地の動画と特徴

来秋のドラフト候補、ロングリリーフも好救援!最速151キロの本格派右腕 専大松戸 平野大地投手

くの字ステップの投球フォームからは奥川恭伸を彷彿とさせます。

ノビのあるストレート

力はストレートです。

最速151km/hで、常時140km/h中盤を計測する出力の高さが魅力です。

肘を柔らかく使え、上から叩けているので、回転の質も良さそうです。

空振りが奪えるノビのあるボールといえます。

変化球はカーブが特徴的

変化球はスライダー、カーブ、フォークが持ち球です。

中でも100km/h台の緩いカーブが持ち味です。

緩くて縦割れの大きな変化を見せ、カウント球だけでなく、空振りも奪えます。

こういったボールをしっかり操れるところから、器用さを持ち合わせていることがわかります。

その他には、130km/h前後のスライダーやフォークも投げます。

制球面で課題がある?

制球面では課題があります。

成績を見ると与四死球が4前後と高く、四死球でランナーを貯めてしまうケースが見られます。

たしかに、映像でも変化球の際に抜け球や大きく外れるケースが見られ、制球のバラつきが見られています。

ただ、先ほども言ったように器用さもありそうなので、経験を積んでいけば自然と解消されていくでしょう。

素材としても一級品

2年生秋時点でこれだけのパフォーマンスを出せているので、世代トップクラスの実力と言っていいでしょう。

投手経験も浅さ、投球フォームの良さ、体格の良さを考えると、まだまだ成長途中だと思います。

なので、3年生時に爆発的に伸びそうな、非常に楽しみな選手といえます。

唯一の懸念は、秋季大会で肩を痛めていることで、登板過多が無いことを祈るばかりです。

平野大地の成績

試合投球回防御率奪三振率与四死球率被安打率
22夏281.1310.133.387.88
22秋532 1/31.678.634.186.96

成績は2022年終了時です。

2022年秋季大会では32 1/3回を投げ、防御率1.67という抜群の安定感を記録しています。

イニング数に近い三振数が奪えており、三振が奪えるタイプであることがわかります。

被安打率はやや高く、痛打を打たれるケースも見られます。

さらに、与四死球率が4台と高く、安打や四球でランナーを貯めてしまうケースが多い事がわかります。

防御率の数字以上に打ち込まれている感を感じるかもしれません。

平野大地のスカウトコメント・視察情報と指名予想

現時点で横浜からのコメントが出ています。

2年生夏時点で「今年(2022年ドラフト)でも1位クラス」という非常に高い評価をしています。

順調に成長すれば、上位指名は確実で、1位指名の可能性が高そうです。

選抜2023の出場も当確となっており、今後の活躍次第では多くのコメントが出てくるでしょう。

皆様のドラフト指名予想

読者の皆様のドラフト指名順位予想をしています。

是非ご投票ください!

平野大地のドラフト指名順位を予想しよう!

平野大地のまとめ

以上が、平野大地のご紹介でした。

最速151km/hのノビのあるストレートや高いポテンシャルが魅力の本格派右腕です。

ドラフト2023では1位指名の可能性が高そうです。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

合せて読みたい!

【ドラフト2023】注目候補ランキングと候補一覧!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA