【ドラフト】前川右京(智弁学園)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】前川右京(智弁学園)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは智弁学園高校の前川右京選手です。

長打力と巧みなバットコントロールが持ちあじの大砲候補。

小坂将商監督は「飛距離やパワーは、岡本和真(現・巨人)の1年生の時よりも上」と評価している逸材です。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 智弁学園高校・前川右京経歴や成績、特徴をご紹介します。

前川右京(智弁学園)の経歴やプロフィール

まずは、前川右京の経歴です。

経歴
  • 名前:前川右京(まえがわ うきょう)
  • 出身地:三重県津市
  • 生年月日:2003年度
  • 身長:175cm
  • 体重:80kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:外野手、一塁手
  • 経歴:白塚バッファローズ(津市立白小学校) → 津ボーイズ(津市立身田中学校)→ 智弁学園高校

詳しく見ていきましょう。

前川右京は中学校時代にボーイズリーグの全国大会に出場!

小学校2年生の時からソフトボールをはじめ、白塚バッファローズに所属します。

中学生になってからは、硬式野球チームの津ボーイズに入り、センターを守りました。

中学2年生春に、ボーイズリーグの全国大会に出場し、三重県選抜にも選ばれます。

3年生には、中日本選抜に選ばれ、出場した鶴岡一人記念大会で優勝に貢献、最優秀選手にも選ばれました

鶴岡一人記念大会とは、ボーイズリーグの設立に携わった元プロ野球選手の故・鶴岡一人氏の功績をたたえて設けられた大会の事です。

津田学園高校でプレーしていた前川夏輝内野手は2学年上の兄で、中学校までの所属チーム、学校が同じでした。

前川右京は高校1年生夏の甲子園に出場!

高校は、三重を離れ奈良県の智弁学園高校に進みます。

1年生春の県大会で5番・レフトのスタメンで出場し、高田商業高校戦では、初打席で本塁打を打つなど、2安打を打ちました。

甲子園常連校で1年生春からクリーンアップを打っているので、長打力などの才能を期待されているのでしょう。

県大会で優勝し、近畿大会1回戦の智弁和歌山高校戦ではヒットを打ちますが、準決勝の近江高校(滋賀)戦ではノーヒットに終わり、試合も敗れました。

1年生夏は、県大会で優勝し、甲子園に出場します。

2回戦(初戦)の八戸学院光星高校(青森)戦では4番で出場し、2本のヒットを打ちますが試合は敗れました。

前川右京は高校通算21本塁打、2季連続の甲子園出場も濃厚!

1年生秋も県大会で優勝し、近畿大会では初戦の神戸国際大学付属高校(兵庫)戦では4番をファーストで出場し、2本の本塁打を打ちました。

準々決勝の智弁和歌山高校戦ではタイムリー二塁打を含む3安打を打ちます。

しかし、準決勝の大阪桐蔭高校戦ではノーヒットに終わり、試合も敗れました。

また、近畿大会ベスト4なので、2020年春のセンバツ甲子園への出場は濃厚で、センバツ甲子園での活躍も期待です。

因みに、高校1年生秋の時点で高校通算本塁打は21本で、通算本塁打をどこまで伸ばせるか注目していきましょう。

前川右京(智弁学園)の成績

続いて、前川右京の成績を見ていきましょう。

成績
  • 甲子園(19夏):1試合、打率.400、1二塁打、3打点、1三振、出塁率.400、0失策
  • 地方大会通算(近畿大会:19春秋):5試合、打率.333、1二塁打、2本塁打、7打点、1三振、出塁率.364、1失策

成績は2019年終了時点でのものです。

甲子園でもヒットを打っており、高い打率を残せています。

二塁打や本塁打などの長打を打っており、長打を打てるバッターと言っていいでしょう。

三振は少な目ですが、中軸の割には出塁率はそこまで高くありません。

また、エラーの数が少なく守備も問題なくできていそうです。

前川右京(智弁学園)の特徴や動画

次に、前川右京の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

右足を上げてタイミングを取り、足を踏み込んでからは、体全体を使って打っています。

最後までフルスイングしており、振りも鋭いです。

前川右京は長打力!

動画の55秒過ぎと1分45秒過ぎでは、それぞれ高めの球を本塁打にしています。

どちらも少し崩されながら、上手くバットに乗せて打ったホームランとなっています。

体全体を使った鋭いスイングなので、少し崩されても遠くに飛ばせるのでしょう。

前川右京は巧みなバットコントロール!

次にこちらの動画を見ていきましょう。

動画ではレフト方向へのヒットの他、1分過ぎでは、外角の球をライト方向に打っており、逆方向に打っています。

ストレート、変化球、内角、外角といった、どんな球でもうまく対応できています。

先ほどのホームランもそうですが、バットコントロールの巧さが目立ちます。

前川右京はまずまずの選球眼!

動画を見ると、追い込まれてからは、ボール球を見極める事ができています。

また、際どい球はファウルで粘る事ができており、選球眼はまずまずと言っていいでしょう。

ただ、追い込まれる前はボール球や難しいボールに手が出がちです。

こういったボールを見逃せるようになると、出塁率が増えるでしょうし、ホームランもさらに増えてくるでしょう。

前川右京は複数ポジションを守れる!

中学校時代はセンター、高校時代はレフトとファーストを守っており、複数ポジションを守る事ができます

また、エラーの数が少ないので、守備も問題なくできそうです。

前川右京の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 抜群の長打力
  • 巧みなバットコントロール
  • まずまずの選球眼
  • 複数ポジションを守れる

です。

鋭いフルスイングから長打を打つことができるほか、巧みなバットコントロールが魅力です。

高校1年生ですが、既に20本以上の本塁打を打っており、今後どこまで数字を増やせるのか注目ですね。

前川右京(智弁学園)のスカウト評価や指名の可能性

続いて、前川右京のスカウト評価です。

残念ながら、現時点でスカウトの寄せたコメントはありません。

まだ高校1年生で、知名度は低いのかもしれませんが、夏の甲子園などを視察したスカウトはいると思います。

また、春もセンバツ甲子園に出場するので、甲子園でアピールできれば注目度が上がりそうです。

今後の活躍次第では、2021ドラフトでの指名は十分考えられ、場合によっては上位指名もあるかもしれません。

一方で、小坂将商監督は「飛距離やパワーは、岡本和真(現・巨人)の1年生の時よりも上」と高い評価をしています。

前川右京(智弁学園)のまとめ

以上が、智弁学園高校・前川右京経歴や成績、特徴でした。

鋭いフルスイングから長打を打て、巧みなバットコントロールがあるほか、複数のポジションを守れるのも魅力な選手です。

2021ドラフトで指名される可能性も高いと思います。

また、高校1年生秋の時点で21本の高校通算本塁打をどこまで伸ばせるかも注目です。

センバツ甲子園の出場は濃厚なので、センバツ甲子園での活躍も期待されます。

今後の動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です