【ドラフト】今西拓弥(早稲田)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は早稲田大学の今西拓弥投手です。

2mの長身から投げ下ろすノビのある速球が武器の素材型左腕。

大学野球日本代表候補に選ばれた経験もあり、リーグ戦では3年生秋までに主にリリーフで34試合に登板しました。

4年生からは先発に挑戦します。

今回はそんな早稲田大学 今西拓弥経歴、成績や特徴を見ていきましょう。

今西拓弥(早稲田)の経歴やプロフィール!

まず、今西拓弥の経歴です。

経歴
  • 名前:今西拓弥(いまにし たくみ)
  • 出身地:奈良県橿原市
  • 生年月日:1998年6月22日
  • 身長 :200cm
  • 体重: 100kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:真菅北オークリングス(橿原市立真菅北小学校)→ 志貴ボーイズ(橿原市立橿原中学校)→ 広陵高校 → 早稲田大学

詳しく見ていきましょう。

今西拓弥は高校時代は甲子園出場なし!

小学校3年生から野球をはじめ、真菅北オークリングスに所属します。

中学生になってからは、硬式野球チームの志貴ボーイズでプレーしました。

高校は広陵高校に進みます。

1年生春の広島県大会では、初戦の山陽高校戦に先発として投げ、3回を無失点に抑えました。

しかし、1年生夏から3年生春はほとんどベンチ外でした。

3年生夏は、3試合に先発し、2回戦の加計芸北高校戦では4回を、4回戦の呉港高校戦は6回をそれぞれ無失点に抑えます。

しかし、準決勝の如水館高校戦では3回途中無失点で降板、試合も敗れ甲子園出場はなりませんでした。

1学年下には、広島の中村奨成捕手がいます。

因みに、牛乳をよく飲み、睡眠を長くとった事もあり、中学2年生の時に身長が180cmあり、高校3年生で200cmと伸ばしました

今西拓弥は1年生冬に大学野球日本代表に選ばれる!

プロ志望届を提出せず、早稲田大学(東京六大学野球連盟)に進学します。

1年生春は、ベンチ入りできませんでしたが、フレッシュリーグ(新人戦に相当)で2勝を挙げました。

1年生秋からはベンチ入りを果たし、6試合にリリーフ登板します。

最終戦にあたる慶應大学2回戦では、球速を147km/hをマークしました。

大会後に大学日本代表候補に選ばれ代表合宿に参加します。

2年生春のリーグ戦前に左脇腹の疲労骨折をしてしまいますが、トレーニングに力を入れリーグ戦途中に復帰しました。

そして、東京大学戦で、1回を無失点に抑え、リーグ戦初勝利を挙げました。

今西拓弥は大学3年生までに34試合に登板、4年生からは先発を目指す!

2年生冬に50m走ダッシュの練習をしている時に足を怪我してしまいます。

リハビリ期間中は、上半身のトレーニングと増量に力を入れました。

また、これまで90㎏前後で細いと言われていた体重を100㎏に増やします。

3年生秋までに、主にリリーフで34試合に登板しました。

また、4年生からは先発として活躍することを目指しています

同じ2020ドラフト候補の早川隆久投手は、同学年です。

今西拓弥(早稲田)の成績

次に、今西拓弥の成績です。

成績
  • リーグ戦通算(17秋~19秋):34試合、6勝2敗、56 1/3投球回、防御率2.72、被安打率6.71、奪三振率9.75、四死球率5.91

成績は、2019年終了時点のものです。

ヒットはそこまで打たれておらず、失点も抑えられてます

ただ、四死球を出しやすく、四死球を減らせるかが今後の課題となりそうです。

イニング数以上の三振を奪えており、三振を奪うことができるピッチャーといっていいでしょう。

3年生までで先発は2試合でしたが、4年生からは先発を行うそうなので、先発としての活躍にも期待です。

今西拓弥(早稲田)の特徴や動画

続いて、今西拓弥の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

広陵高校では4番手!?体もスケールも超BIG!早稲田大で才能開花の大巨人 今西拓弥選手!2mから投げ下ろす豪快なフォーム!

長身で、手足が長いですね。

スリークォーターに近いフォームで、右足を大きく上げてタメを作っています。

ワインドアップで投げていますが、大学に入学する前はノーワインドアップで投げていたそうです。

テイクバックはそこまで大きくないですが、手足の長さを活かした大きな腕の振りで投げています。

肘の使い方も柔らかそうです。

今西拓弥はノビのあるストレート!

バッターが振り遅れており、ストレートにノビがあるようです。

ストレートは常時140km/h前後、最速147km/hですが、球速以上に速く感じるかもしれません。

また、手足が長く腕の振りが大きいので、角度が付いています

今西拓弥は鋭く曲がるスライダーと緩く変化するカーブ!

動画では、スライダー、カーブを投げています。

スライダーは打者の手元で鋭く曲がっており、右バッターの内角を突くのに使えそうです。

カーブは緩い変化をしています。

コースが決まれば、ストライクカウントをとったり、空振りを取るのに使えそうです。

その他にはチェンジアップも投げます。

今西拓弥の制球力はまずまず!

動画を見ると、概ねキャッチャーの構えた場所に投げられており、内角などストライクゾーンぎりぎりの所にも投げられています。

一方で、明らかなボール球となった場面も見られ、四死球も多めでした。

制球力はまずまずといったところで、細かいコントロールが今後の課題となりそうです。

今西拓弥の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • ノビのある最速147km/hのストレート
  • 変化球は、スライダー、カーブ、チェンジアップ
  • 制球力はまずまず

です。

ノビのある最速147km/hのストレートと打者の手元で鋭く曲がるスライダーなどの変化球が持ち味で、ストレートと変化球を投げ分けて抑えます。

大学に入ってから、フォームを変え、増量を行っており、伸びしろもまだありそうです。

今西拓弥(早稲田)のスカウト評価や指名の可能性

次に、今西拓弥のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 横浜・八馬スカウト「あの大きさは、なかなかいない。夢がある投手ですね」
  • ヤクルト・山本スカウト「これからまだまだ伸びしろがある。楽しみ」

現時点で横浜・ヤクルトのコメントが出ています。

長身ということで、将来性に期待したコメントが出ていますね。

長身で手足が長く、貴重な左投手なので2020ドラフトで指名される可能性も高く、活躍次第では、上位指名もあるかもしれません。

また、先発に挑戦することに関して、本人は「上の世界(プロ)でやりたいと思っているので、アピールする意味でも先発として投げる事は必要だと思う」と考えており、意欲十分です。

合せて読みたい!

【2020】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

今西拓弥(早稲田)のまとめ!

以上が、早稲田大学 今西拓弥経歴、成績や特徴でした。

ノビのある最速147km/hのストレートと打者の手元で鋭く曲がるスライダーなどの変化球が持ち味です。

2020ドラフトでの指名もあるかもしれません。

4年生になってからは、先発としてどれだけ活躍できるか注目です。

今後の動向に注目していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です