【ドラフト】益田武尚(東京ガス)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、東京ガスの益田武尚です。

本記事では2022年ドラフト候補 東京ガス・益田武尚

記事の内容

をご紹介しています。

益田武尚の動画

【ドラフト2022候補】益田武尚の球質分析と点数化による評価

特徴はこちら

益田武尚のプロフィール

益田武尚

基本情報
名前益田武尚
(ますだ たけひさ)
出身地福岡県飯塚市
生年月日1998年10月6日
身長175 cm
体重86 kg
選手情報
投球・打席右投右打
守備位置投手
関連ページ東京ガスHP

益田武尚の経歴

益田武尚 投球フォーム

経歴(所属チーム)
小学校飯塚東小学校
(飯塚ビーバー)
中学校飯塚第二中学校
高校嘉穂高校
大学北九州共立大
社会人東京ガス
国際大会
U12日本代表2015年
U15日本代表2018年
全国大会
 都市対抗2021
2022

中学3年生の時に右ヒジを痛める!

飯塚東小学校4年生から軟式野球をはじめ、飯塚ビーバーに所属します。

飯塚第二中学校では軟式野球部に入り、入学当初は三塁を守りました。

中学校2年生からは投手としてもプレーしますが、中学3年生の時に登板過多となり、右ヒジを痛めます。

高校3年生春に球速145kmをマーク!

1年生秋からベンチ入りしましたが、中学校時代に痛めた右ヒジの影響もあり、1イニングに登板しただけでした。

さらに、2年生春には右肩を痛めます。

3年生春に行われた神村学園高校との練習試合では、巨人や中日が視察する中で14個の三振を奪います。

また、球速も138km/hから145km/hまで伸ばしました。

3年生夏は腰椎分離症を発症しますが、県大会には間に合い、初戦に先発として投げました。

しかし、雨によるノーゲームとなり、その後は登板機会がなく3回戦で敗退します。

大学3年生秋にリーグ優勝&球速を152km/hに伸ばす!

プロ志望届を提出せず、九州共立大(九州六大学野球連盟)に進学します。

1年生春からベンチ入りし、春のリーグ戦では3試合にリリーフとして投げました。

3年生からは先発メインとなり、福岡大学戦では14個の三振を奪い、球速を149km/hに伸ばしました。

3年生秋は、リーグ戦で5試合に先発して4勝を挙げ、リーグ優勝、MVPの表彰も受けます。

九州代表決定戦では、準決勝の日本文理大学戦で9回1失点完投勝利を挙げ、球速を152km/hに伸ばしました。

しかし、決勝の九州産業大学戦で敗れ、明治神宮野球大会出場を逃します。

4年生秋は開幕戦に当たる九州大学戦に先発し、11球団のスカウトが視察する中で9回を投げて1失点、15個の三振を奪います。

東京ガス一年目に都市対抗で153km/hを記録

東京ガスでは一年目の3月に行われたスポニチ杯で公式戦デビュー。

入社当初はリリーフとしてチームに貢献。

10月の東京都企業秋季大会ではNTT東日本戦で先発し、5回6奪三振無失点の好投を披露します。

12月の都市対抗では、初戦のミキハウス戦で先発し、自己最速を更新する153km/hを記録。

5回2失点5奪三振で勝利に貢献します。

準々決勝のENEOS戦では先発を任されるも、わき腹痛により1球で降板となり離脱しています。

チームはその後優勝をしています。

都市対抗で完封&久慈賞受賞

二年目の春に右わき腹痛から復帰し、7月の都市対抗に間に合います。

都市対抗では初戦のJR東海戦に先発し、5安打完封勝利を挙げます。

準々決勝のJR東日本戦では先発として5 1/3回3失点で試合を作り勝利に貢献。

決勝のENEOS戦でも先発を任されます。

5回まで0失点の好投を続けていましたが、6回に3者連続ホームランを打たれ降板。

チームは敗戦となり準優勝となるも、敢闘賞にあたる久慈賞に選ばれています。

益田武尚の特徴

益田武尚 投球練習

次に、益田武尚の特徴です。

動画はこちら

左足を三塁方向に上げてタメをつくっています。

肘の使い方が柔らかく、肘を下げ気味なのでリリースポイントが低いです。

益田武尚は勢いあるストレート!

球速は最速153km/hで勢いを感じます。

回転数は多めですが、回転軸の傾きが多く、シュート変化が大きい球質のようです。

そのため、空振りを奪える球質ではありませんが、打たせて取るには有効です。

変化量の大きさや球速の速さもあるので、打ちにくい球質でしょう。

益田武尚は多彩な変化球

変化球はカットボール、カーブ、スライダー、フォークと多彩です。

カットボールを軸に投げており、自信があるボールのようです。

また、フォークでも空振りが奪えており、決め球として使えそうです。

その他にスライダー、カーブを投げ、変化球は多彩です。

益田武尚の制球力はまずまず!

制球力はまずまずです。

どのボールも全体的に制球出来ており、器用さを感じます。

四死球で崩れるタイプではないでしょう。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 最速153km/hの勢いあるストレート
  • ストレートはシュート変化の大きい打たせて取るタイプ
  • 変化球はカットボール、スライダー、カーブ、フォーク
  • 変化球はカットボールが軸
  • 制球力はまずまず

です。

最速153km/hが注目されますが魅力は完成度の高さです。

どのボールもしっかり精度よく投げられ、変化球も多彩です。

突出したボールはないものの、球速の速さと全球種のコンビネーションで打ち取っていくタイプです。

益田武尚の成績

続いて、益田武尚の成績です。

投球回防御率奪三振率与四死球率被安打率
公式戦通算492.948.272.206.25

成績は2022年都市対抗までです。

公式戦通算で防御率2.94とまずまずです。

奪三振率が8を超えており、三振が奪えるタイプであることがわかります。

また、与四死球率が2前半、被安打率が6前半で低くなっており、ランナーを出しにくいことがわかります。

三振が奪え、ランナーを出しにくいことが安定した結果に繋がっているようです。

益田武尚のスカウト評価

続いて、益田武尚のスカウト評価です。

*評価はスカウトコメントで一位同等コメント有が◎、上位候補同等コメント有が〇、コメント有が△

球団評価コメント
ヤク橿渕スカウトグループデスク「きょうはよくなかったが評価は変わらない」
阪神
巨人脇谷亮太スカウト「(益田について)大学の時から見ているが、社会人になっていろいろな面でレベルアップしている。体の強さがあるし、コーナーに投げられる制球力もある。」
広島
中日松永幸男スカウト部長「後半もスピードは落ちなかった。(故障が)いい意味でケガの功名だったかな」
横浜河原隆一スカウティングディレクター「腕の振りもシャープだし、コントロールで苦しむような投手でもない。(直球は)もっと良くなると思うので期待している。」
欠端スカウト「都市対抗で準優勝して結果を出しているし、評価は変わらない」
オリ
千葉榎スカウト部長「フォームのバランスが良く、変化球も器用に投げて緩急を使える。伸びしろを感じる投手」
楽天
福岡
ハム
西武

現時点で複数球団からコメントが出ています。

制球面や球速について評価されていることがわかります。

その他に、楽天が一位候補として視察、阪神が上位候補としてリストアップしたとの報道も出ており、注目度は高そうです。

今後の動向に注目です。

合せて読みたい!

【ドラフト2022】指名予想と注目候補ランキングと評価一覧!

益田武尚の関連ニュース

続いて、益田武尚の関連ニュースです。

益田武尚の指名予想

読者の皆様のドラフト指名順位予想をしています。

是非ご投票ください!

益田武尚のドラフト指名順位を予想しよう!

益田武尚のまとめ

以上が、東京ガス 益田武尚の経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

最速153km/hのストレートと多彩な変化球を精度よく投げ分ける即戦力右腕。

2022ドラフトでは上位指名確実でしょう。

今後の活躍や動向に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA