【ドラフト】峯村貴希(日大)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、日本大学の峯村貴希内野手です。

身長187cmの恵まれた体格が魅力の三拍子揃った遊撃手。

大学1年生春からベンチ入りし、大学3年生秋には大学野球日本代表候補に選ばれます。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 日本大学・峯村貴希

記事の内容

をご紹介しています。

峯村貴希の経歴やプロフィール

峯村貴希

まずは、峯村貴希の経歴です。

プロフィール
  • 名前:峯村貴希(みねむら たかき)
  • 出身地:千葉県成田市
  • 生年月日:1999年4月27日
  • 身長:187cm
  • 体重:86kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:遊撃手
  • 経歴:並木ベイシェンス → 佐倉リトルシニア(成田市立公津の杜中学校)→ 木更津総合高校 → 日本大学
  • 関連ページ:Twitter日大HP

詳しく見ていきましょう。

中学校3年生の時に全国大会で優勝!

野球をやっていた兄の影響で、幼稚園の年長から野球をはじめ、軟式野球チームの並木ベイシェンスでプレーします。

小学校6年生の時に全国大会でベスト16まで勝ち上がりました。

中学校に入ってからは、硬式野球チームの佐倉リトルシニアに所属します。

中学校3年生の時に、シニアの全国大会とジャイアンツカップ(硬式野球チームが出場する全国大会)で優勝しました。

因みに、母は、元プロバスケットボール選手だったそうです。

1年生秋の明治神宮野球大会で本塁打を打つ!

高校は木更津総合高校に進みます。

「高校でも日本一になりたい」と思い、甲子園出場経験のある高校を選んだそうです。

高校1年生春からレギュラーとなります。

高校の五島監督は「とにかく運動能力が高く、入部したばかりの1年春から公式戦に出場させた選手は今までいなかった」と話したそうです。

1年生夏の県大会では6番・サードで出場し、準々決勝の成田高校戦で本塁打を打ちます。

1年生秋の県大会では、決勝の千葉明徳高校戦で二塁打と三塁打を含む3本のヒットを打ち、優勝に貢献しました。

関東大会では、決勝の常総学院高校(茨城)戦で二塁打を打ち、優勝します。

1番・ショートで出場した明治神宮野球大会では、2回戦(初戦)の大阪桐蔭高校戦で、高山優希(現・北海道日本ハム)から先頭打者本塁打を含む2本のヒットを打ちました。

本塁打を打った場面は「相手は全国でトップレベル。思い切り振っていこうと思ったのがホームランにつながった」と振り返る一方で、3打席目以降でヒットを打てなかったことについて「チャンスで回ってきて1本出なかったのが悔しい。気持ちで負けていたと思う」と反省も口死にます。

甲子園に3回出場!

2年生春のセンバツ甲子園では、2回戦まではノーヒット、準々決勝の秀岳館高校(熊本)戦で甲子園初安打を含む2本のヒットを打ちますが、試合は敗れました。

2年生夏も県大会で優勝し、甲子園に出場します。

2回戦・3回戦はヒットを打てず、準々決勝・作新学院高校(栃木)戦はヒットを打ち盗塁も決めますが、ベスト8で敗退しました。

2年生秋からはキャプテンとなります。

2年生冬からは、体が前に突っ込み、バットが外から出るクセを直す事を意識した上で、1日1時間、ティーバッティングに力を入れました。

3年生夏は3度目となる甲子園に出場、1回戦の日本航空石川高校戦では3番・ショートで出場しヒットを打ちますが、試合は敗れます。

因みに、高校通算本塁打は28本です。

また、高校の1学年上には、東北楽天の早川隆久がいます。

大学3年生秋に大学野球日本代表候補に選ばれる!

高校卒業後は、日本大学(東都大学野球連盟二部)に進学します。

大学1年生春のリーグ戦からベンチ入りし、5番・サードで出場、打率.476で首位打者となりました。

リーグ優勝し、中央大学との入れ替え戦に出場しますが、3試合で11打数2安打と成績を残せず、チームも一部昇格を逃します。

2年生春からは、ショートを守ります。

3年生秋は、打率.366(リーグ4位)、2本塁打、3盗塁の成績を残しました。

リーグ戦後は、二部リーグながら大学野球日本代表候補に選出されています。

峯村貴希の特徴や動画

次に、峯村貴希の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2021候補】峯村貴希の打撃シーン&走塁シーン&打撃フォーム&守備シーン

右足を大きく上げてタイミングを取っています。

がっしりとした体型を活かした体全体を使って打ち、バットを振りぬいていました

低めの球にも対応でき、足の速さもまずまず!

動画では、低めの球に上手く対応し、二塁打にしていました。

二塁への到達タイムは8秒余り、50m走のタイムも5秒9で、足の速さもまずまずといっていいでしょう。

選球眼はまずまず!

ボール球やボールに近い球を見送り、ストライクゾーンギリギリの球はファウルにできていました。

選球眼はまずまずといったところでしょう。

逆方向にも打てる!

次にこちらの動画を見ていきましょう。

外角寄りの球を、レフトへのヒットとしていました。

上手くバットが出ているので、逆方向にも打てるのでしょう。

肩が強い!

肩が強く、遠投は95mまでできます。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 低めの球に対応でき、逆方向にも打てる
  • 足の速さはまずまず
  • 選球眼はまずまず
  • 肩が強い

です。

低めの球にも対応でき逆方向にも打てるバッティングや足の速さ、肩の強さが強みの選手と言っていいでしょう。

峯村貴希の成績

続いて、峯村貴希の成績を見ていきましょう。

成績
  • リーグ戦計(18春~20秋):59試合、打率.294、4二塁打、7三塁打、4本塁打、39打点、出塁率.366、34三振、4盗塁

成績は、3年生秋までのものです。

3割近くの打率を残せており、四死球を選んでの出塁もできています。

ただ、三振数が四死球数(24四死球)よりも多く、今後は、三振を減らしていけるといいでしょう。

一方で、本塁打を打っており、長打を打てるバッターです。

また、盗塁を決め、三塁打を打っているので、足が速い選手と言っていいでしょう。

峯村貴希のスカウト評価や指名の可能性

続いて、峯村貴希のスカウト評価です。

現時点でスカウトが寄せたコメントはありません。

しかし、大学野球日本代表候補に選ばれており、強化合宿などでの活躍次第では注目度が高くなるかもしれません。

また、新しく就任した巨人片岡コーチの兄、片岡昭吾監督によると現中日の強打と比べ「総合力は互角。ヒットを打つ能力なら峯村の方が上」とコメントしています。

今後の活躍によっては、2021ドラフトで指名される可能性もあると思います。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

峯村貴希の関連ニュース

続いて、峯村貴希の関連ニュースです。

>>早大・蛭間、日体大・矢沢ら/侍大学代表候補一覧

>>日大が2部優勝 中大と入れ替え戦、1部復帰目指す

峯村貴希のまとめ

以上が、日本大学 峯村貴希経歴、成績や特徴でした。

低めの球にも対応でき逆方向にも打てるバッティングや足の速さ、肩の強さが魅力です。

2021ドラフトで指名される可能性もあると思います。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です