【ドラフト】遠藤泰介(刈谷)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、刈谷の遠藤泰介です。

最速150km/hのノビのあるストレートや一級品のスプリットが持ちあじの本格派右腕。

今回は、そんな2021年ドラフト候補 刈谷・遠藤泰介

記事の内容

をご紹介しています。

遠藤泰介の経歴やプロフィール

まずは、遠藤泰介の経歴です。

プロフィール
  • 名前:遠藤泰介(えんどう たいすけ)
  • 出身地:愛知県碧南市
  • 生年月日:2003年7月29日
  • 身長:179cm
  • 体重:75kg
  • 投打:右投右打
  • ポジション:投手
  • 経歴:新川ペガサス(碧南市立新川小学校) → 新川中学校 → 刈谷
  • 関連ページ:刈谷高校HP

詳しく見ていきましょう。

中学時代は軟式野球部

碧南市立新川小学校一年生時に新川ペガサスで野球を開始。

新川中学校では軟式野球部に所属していました。

高校二年生夏に145km/hを計測

刈谷高校では、一年生夏に背番号16でベンチ入り。

二年生夏の選手権予選では、背番号10として最速145km/hを計測。

二年生秋から背番号1を任されるも、地区一次予選の杜若戦で敗戦しています。

三年生春に150km/hを計測

三年生春季県大会では、二回戦の豊橋南戦でノーヒットノーランを達成。

続く愛工大名電戦では、9回2失点ながら敗戦となっています。

その後、5月上旬の東邦高校との練習試合では自己最速を更新する150km/hを記録しています。

夏の選手権予選では、初戦から三回戦まで自責点0の好投でチームの勝利に貢献。

四回戦の中部大春日丘戦では、ビハインドからリリーフで登板し、4回1失点の好投も敗戦となっています。

遠藤泰介の特徴や動画

次に、遠藤泰介の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

刈谷(愛知/公立)・遠藤泰介 2回戦 2021.7.17 5回6奪三振無失点無四死球【2021ドラフト候補】

ノーワインドアップから、やや上体を傾け腕を縦に振る投球フォームです。

ノビのあるストレート

ストレートの最速は150km/hで、常時140km/h中盤を投げ込んでいます。

多くの空振りを奪っており、勢いを感じます。

上体をやや傾けて投げており、腕を縦に振れるので、回転の質が良さそうです。

その為、ホップ量が多い球質であると思われます。

抜群の変化球

変化球はスライダー、カーブ、スプリットを投げています。

スプリットは130km/h中盤となっており、球速帯が速めです。

落差も大きく多くの空振りが奪えており、一級品のボールとなっています。

上のレベルでも通用するボールでしょう。

その他には、130km/h弱のスライダーや115km/hの緩いカーブを投げています。

制球面はまずます

制球力はまずまずです。

やや高めに入るケースや抜けるケースも見られますが全体的にまとまっています。

特に、右打者のへ投げ込む外角スライダーや、低めへのスプリットは安定した制球です。

四死球で崩れるタイプではなさそうです。

特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 最速150km/hのストレート
  • ストレートは質の良いノビのある球質
  • 変化球はスライダー、カーブ、スプリット
  • 中でもスプリットは一級品
  • 制球面ではまずまず

です。

最速150km/hの質の良いストレートとスプリットのコンビネーションが抜群です。

全体的な完成度も高く、非常にレベルの高い投手であることがわかります。

遠藤泰介の成績

続いて、遠藤泰介の成績を見ていきましょう。

成績
  • 21夏選手権予選:4試合、22投球回、防御率0.82、奪三振率9.82、与四死球率1.64、被安打率5.73

三年生夏の選手権予選の成績では、防御率0.82という抜群の安定感でした。

奪三振率は9を超えており、三振が奪えることがわかります。

さらに、与四死球率が低く、被安打率が低い為、ランナーを出す確率が低いことが安定感に繋がっているのでしょう。

成績的には文句なしですね。

遠藤泰介のスカウト評価や指名の可能性

続いて、遠藤泰介のスカウト評価です。

スカウトコメント
  • 阪神・筒井スカウト「しっかり腕を振って投げられるし、目いっぱい投げた時のフォームも悪くない。楽しみな選手です」
  • DeNA・中川大志アマスカウト「馬力があって投球の選択肢が多い。小川泰弘投手(ヤクルト)のようなタイプ。将来性がある」「春より、かなり良くなっている。ストライクゾーンに投げるのに苦労していない。いい投手で楽しみです」
  • オリックス・下山スカウト「体は大きくないけど、全身を使って投げられるし、変化球もしっかり操れる。進学するかもしれないけど、追い掛けたい選手です」

複数球団からコメントが出ています。

将来性や完成度の高さを評価しているようです。

現時点での実力を考えれば、ドラフト指名は確実で、上位指名の可能性も十分ありそうです。

ただ、スカウトコメントにもあるように、進学の可能性もあるようです。

一部報道では、三月に行われた某大学との練習会に畔柳亨丞と参加していたようですが、その大学の可能性が高そうですね。

プロ志望届を提出するか注目しましょう。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

遠藤泰介の関連ニュース

続いて、遠藤泰介の関連ニュースです。

>>阪神スカウト「しっかり腕振れる楽しみな選手」注目右腕は113球1失点9奪三振【高校野球愛知大会】

>>ドラフト候補の刈谷・遠藤泰介4回無失点で初戦突破、最速147キロ/愛知

>>“公立の星”だ!プロ注目右腕の刈谷・遠藤 147キロ快幕!雨で中断も「自分のボール投げることを意識」

>>“公立の星”刈谷・遠藤 最速150キロ直球武器に甲子園1勝狙う 「行くことが目的じゃなく1勝が目標」

遠藤泰介のまとめ

以上が、刈谷 遠藤泰介経歴、成績や特徴でした。

最速150km/hのノビのあるストレートや抜群のスプリットが特徴の本格派右腕です。

2021ドラフトで指名される可能性は高いですが、進学の可能性もありそうです。

プロ志望届の提出を含め、今後の動向や活躍に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です