【ドラフト】足立駿(大分)の成績・経歴・特徴は?

ドラフト2019候補 足立駿(大分)の成績・経歴・特徴は?

2019ドラフト注目選手を紹介します。

今回、紹介する選手は、大分高校の足立駿内野手です。

恵まれた体格の大型二塁手で、2019センバツ甲子園にも出場し、攻守に存在感を見せました。

今回はそんな大分高校 足立駿経歴、成績や特徴、スカウト評価を見ていきましょう。

足立駿(大分高校)の経歴は?

足立駿の経歴です。

経歴
  • 名前:足立駿(あだち すぐる)
  • 出身地:大分県大分市
  • 生年月日:2002年2月10日
  • 身長 :183cm
  • 体重 : 80kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:二塁手
  • 経歴:滝尾野球スポーツ少年団(大分市立滝尾小学校)→ 大分中学リトルシニア(大分中学校)→ 大分高校

詳しく見ていきましょう。

足立駿は中学生時代に2度、全国大会に出場!

小学校の時に滝尾野球スポーツ少年団で野球を始めます。

小学校6年生になると福岡ソフトバンクJr.に選ばれプロ野球ジュニアトーナメントに出場

中学校は、中高一貫校の大分中学校に進み、硬式野球部に相当する大分中学シニアに所属。

主に二塁手としてプレーし、中学3年生の春と夏に全国大会に出場しました。

高校は、そのまま大分高校に進学します。

足立駿は高校2年生の時に腰痛を発症!

高校1年生秋からベンチ入り。

しかし、2年生夏の県大会は、腰痛を発症したため出場できませんでした

それでも、2年生秋に復帰し、キャプテンに選ばれます。

足立駿は2019センバツ甲子園に出場!

秋の県大会からは、二塁手として出場、1番を打ちます。

大分県大会準優勝で九州大会進出。

九州大会では、15打数7安打の活躍で準優勝に導き、2019年センバツ甲子園出場を決めます。

センバツ甲子園1回戦の松山聖陵高校(愛媛)戦では第1打席にヒットを打ちました。

2回戦の明石商業高校(兵庫)戦では、1回表の守備で味方野手と交錯し、右膝を負傷するも治療を受けながらそのまま出場。

試合は敗れましたが3安打、内に2安打をプロ注目の中森俊介から放つなど全打席で出塁しました。

試合後は、「初回に自分がけがをしてしまった。それが敗因だと思う」とキャプテンとして責任を感じたそうです。

2019年夏は、キャプテンとしてチームを引っ張り、県大会優勝、甲子園出場を目指します。

足立駿(大分高校)の成績は?

足立駿の成績です。

成績
  • 2018年秋季大会:8試合、打率.345、1本塁打、3打点、5四死球、3三振、出塁率.441、長打率.483
  • 甲子園通算成績(2019春):2試合、打率.714、5安打、1四死球、0三振、出塁率.750、長打率.714

安定して高い打率をマークしていますね。

四球で出塁も出来ていますし、出塁率が高い印象です。

甲子園での三振がなく、2018年秋以降の公式戦では、計36打席で3三振なので三振が少ないといっていいでしょう。

甲子園での長打はなかったですが、県大会でホームランを打つなど長打も打てるバッターです。

一方で、2018年秋以降の公式戦では県大会で1つ盗塁を決めただけで、1番バッターの割には盗塁は少なく、盗塁は状況によって行うようです。

夏に怪我で離脱していただけに実戦経験はまだまだ少ないです。

経験をさらに積んで、成績を上げて行って欲しいですね。

足立駿(大分高校)の特徴は?

足立駿の特徴です。

まずは、こちらの動画を見ていきましょう。

ガッチリとした体格ですね。

タイミングを取る時に足を少し小刻みに上げ、足をあまり開かないで打っています。

コンパクトなスイングながらも、最後まで振り切っています。

足立駿は広角に打てる!

動画では、内角は引っ張り外角は流し打ちといったように、コースに逆らわないバッティングが出来ています。

内角の厳しいボールもしっかり捌くことができていますね。

それでいながら、外角低めの難しいボールをレフト前に打ち返しています。

こういった対応を見ると、非常に高いバッティング技術を持っていることがわかります。

広角に打てているので安定して高い打率を残せそうですね。

足立駿は内角のさばきが上手い!

次にこちらの動画を見ていきましょう。

甲子園での打撃練習ですが、見事スタンドに運んでいます。

内角の厳しいコースですが、しっかり対応出来ていますね。

この動画から内角のさばきが得意なのがよく分かります。

足立駿の守備は?

最初の動画の後半・42秒以降には守備のシーンがあります。

打球への反応が早く、捕ってからも素早く投げています

動画の一番最後の守備では、投げるというより、捕球した流れでボールを渡すイメージに近く、肩が強そうです。

遠投は最高で100mまでできることからも肩が強いと言えるでしょう。

50m走は6秒2と足の速さもそこそこです。

打撃だけでなく高い身体能力も兼ね備えていますね。

足立駿(大分高校)の特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • コースに逆らわないバッティング
  • 内角のさばきが上手い
  • 守備は軽快で肩も強い
  • 50m走は6秒2で高い身体能力がある

です。

左右広角に打ち分ける高いバッティング技術が特徴の左打者です。

特に内角のさばきが上手く、高い打撃センスを感じますね。

また守備も軽快で遠投100m、50m走6秒2という高い身体能力もあります。

本人も「肩の強さが強み」と話しています。

三拍子揃った選手として、今後の活躍に期待して位ですね。

足立駿(大分高校)のスカウト評価は?

足立駿のスカウト評価です。

スカウト評価
  • ソフトバンク永井智浩編成育成本部長兼スカウト育成部長「遊撃もできると思うし、体を見ても、ポテンシャルがある」

こちらは甲子園1回戦後のコメントです。

編成育成本部長が、コメントを残していて期待の高さが伺えます。

内容を見ると、守備や恵まれた体格等を評価されているようです。

ショートはどちらかと言うとセカンドより肩の強さが求められますが、「ショートでもできると思う」とあるので、肩の強さも評価しているのかも知れません。

実力的にも2019年ドラフトでは将来性を考えて指名される可能性はあると思います。

今後の活躍次第では上位指名もあるかもしれませんね。

合せて読みたい!

【ドラフト2019】指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

足立駿(大分高校)のまとめ!

以上が、大分高校 足立駿経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

左右広角に打ち合分ける高い打撃技術と、肩の強さが売りの三拍子揃ったセカンドです。

センバツ甲子園で痛めた右膝が心配な所ですが、今後の公式戦に万全なコンディションで臨みたい所ですね。

今後も足立駿の活躍や動向に注目していきましょう。

合せて読みたい!

【高校生】ドラフト2019候補まとめ!投手、野手の注目選手をご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です