【ドラフト】佐藤隼輔(筑波大)の成績・経歴・特徴

今回、紹介する選手は筑波大学の佐藤隼輔投手です。

キレのある最速150km/hのストレートが武器の本格派左腕です。

大学2年生夏に大学野球日本代表として日米大学野球に出場しています。

今回はそんな筑波大学 佐藤隼輔

記事の内容

をご紹介しています。

佐藤隼輔の経歴やプロフィール

佐藤隼輔(筑波大)の投球

まず、佐藤隼輔の経歴です。

経歴
  • 名前 : 佐藤隼輔(さとう しゅんすけ)
  • 出身地 : 山形県(宮城県仙台市育ち)
  • 生年月日 : 2000年1月3日
  • 身長 : 180cm
  • 体重 : 78kg
  • 投打:左投左打
  • ポジション:投手
  • 経歴:愛子スポーツ少年団(宮城県仙台市立愛子小学校)→ 折立スパローズ → 宮城県仙台市立広瀬中学校(軟式野球部)→ 仙台市立仙台高校 → 筑波大学
  • 関連ページ:筑波大HP侍ジャパンHPTwitter

詳しく見ていきましょう。

中学校時代に県の選抜チームに選ばれる!

小学校4年生の時に野球をはじめ、愛子スポーツ少年野球団に入ります。

小学校6年生からは折立スパローズでプレーし、全国選抜大会で優勝しました。

中学1年生秋以降は中学校の野球部に所属し、東北大会で準優勝、宮城県の選抜チームにも選ばれます

高校3年生春に144km/hをマーク!

高校は仙台市立仙台高校に進み、高校1年生からベンチ入りします。

1年生夏は県大会初戦の宮城広瀬高校戦で9回を投げ3失点、7奪三振、球速は135km/hを計測しました。

1年生冬は、安定した投球に近づけるため、走り込みや筋力トレーニングに力を入れます。

2年生夏の県大会は、3試合全てに先発しベスト8でした。

3年生春は、県大会2回戦の仙台育英高校戦では、9回を投げ7失点しますが、この試合で最速144km/hをマークします。

その後、股関節痛を発症しますが夏の県大会には間に合いました。

初戦の名取北高校戦では、9回を完封し18個の三振を奪います。

この試合は、プロ10球団のスカウトが視察しました。

3回戦までの3試合は連続で完封勝利を挙げ、全5試合に完投しますが、準々決勝で敗れ甲子園出場はなりませんでした。

大学2年生夏に球速150km/hをマーク

高校時代から注目されていましたが、プロ志望届は提出せず、筑波大学(首都大学野球連盟)に進学します。

大学1年生秋からリーグ戦に出場し、5試合に先発しました。

初登板した武蔵大学戦で勝利し、東海大学戦にも6回を無失点に抑え勝利します。

リーグ2位で出場した関東大会では、神奈川大学との代表決定戦(準決勝)に先発し、6 2/3回を無失点に抑えました。

ちなみに、リーグ戦開始から関東大会準決勝まで、31 2/3回を連続無失点だそうです。

2年生春のリーグ戦では、桜美林大学をわずか3安打に抑え、公式戦初となる完封勝利を挙げます。

リーグ戦の後は、大学野球日本代表候補に選ばれ、選考合宿では球速を150km/hに伸ばしました

大学野球日本代表に選ばれる!

日本代表として出場した2年生夏の日米大学野球では、5試合すべてにリリーフ登板します。

2年生秋のリーグ戦後も、大学野球日本代表候補に選ばれ、2年連続で日本代表入りなるか注目です。

佐藤隼輔の特徴や動画

続いて、佐藤隼輔の特徴です。

まず、こちらの動画を見ていきましょう。

【ドラフト2021候補】佐藤隼輔(筑波大)の投球まとめ

右足を一塁方向に上げてタメを作ったあとは、体重移動を使って投げています。

腕を大きく振って投げており、肘も柔らかく使えていそうです。

キレのあるストレート!

バッターが振り遅れていたり、空振りしている場面も見られました。

ストレートは最速150km/h、常時140㎞/h中盤で、球速以上に早く感じるかもしれません。

また、肘を柔らかく使って投げているので、キレのあるボールを投げられ、空振りを取れるのでしょう。

鋭く曲がるスライダー!

動画ではスライダーを投げています。

スライダーは打者の手元で鋭く曲がり、縦に大きく変化しています。

左右どちらにでも決め球として使えそうです。

その他にはチェンジアップも投げます。

制球力はまずまず!

動画を見ると、概ねキャッチャーの構えた所に投げられています。

打者のインコースにもしっかり投げ切れていますね。

四死球もそこまで多くないので、制球力はまずまずといったところです。

一方で、投球が抜けて明らかなボール球となる事もありました。

こういった無駄球を無くせると、さらに安定した投球が出来るようになるでしょう。

特徴まとめ!

特徴をもう一度まとめると

特徴まとめ
  • キレのある最速150km/hのストレート
  • 変化球はスライダー、チェンジアップ
  • 制球力はまずまず

です。

最速150km/hの勢いあるストレートが武器の本格派左腕です。

スライダーは切味抜群で、制球力も安定しており、全体的なレベルの高さを感じますね。

佐藤隼輔の成績

次に、佐藤隼輔の成績です。

成績
  • 国際試合(日米19):5試合、6球回、防御率1.50、被安打率7.50、奪三振率6.00、四死球率1.50
  • 関東大会(18秋)・リーグ戦(18秋~19秋)通算:19試合、9勝3敗、122 1/3投球回、防御率0.97

成績は、2019年終了時点のものです。

奪三振率などが分かっているリーグ戦の成績は、11試合(67 2/3投球回)、防御率0.93、被安打率5.45、奪三振率6.78、四死球率2.26で、安定した投球ができています。

日米野球では、打たれたヒットは少し多かったものの、四死球が少なく、失点も多くありませんでした。

また、奪三振率は高くはないですが、三振を奪う事も出来そうです。

佐藤隼輔のスカウト評価や指名の可能性

次に、佐藤隼輔のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 阪神・和田豊テクニカルアドバイザー「マウンドで落ち着いている。得点圏に走者を置いてもバタバタせず、ギアを上げることができる。同じ球種でも強弱をつけることができ、内・外に投げ分ける制球力もある 体の後ろにボールが隠れるので、打者からボールの出どころが見えづらいのではないか」
  • 阪神・平塚スカウト「上々でしょう。全部いい」「素晴らしい。投げっぷりがよく、体もすごくいい」
  • 中日・松永編成部長「大学生ではトップクラスのピッチャーで、間違いなく上位で消える。早い段階で1回見ておきたかった」
  • 中日・小山スカウト「負けないピッチング。すごい丁寧に投げている」
  • 横浜・河原スカウティングディレクター「ソフトバンク和田投手のようなイメージ。チェンジアップも速い球も抜いた球を投げ分けられている。1位指名の能力、ポテンシャルは十分にある」
  • ヤクルト・伊東編成部長「球の質が非常によさそう。変化球の制球力もあり、まとまっている印象。左腕でコントロールもよく、球速もある。間違いなく上位候補の1人」
  • ヤクルト・丸山スカウト「3年生だが、左ピッチャーが貴重という中で、来年のドラフト候補としてみていくことになるでしょう」
  • ホークス・松本スカウト「左でこれだけスピードが出るのは魅力。見づらいフォームは和田に似ている」
  • 楽天・後関昌彦スカウト部長「良かった。まして、仙台の子だからね。右打者のインコースにキレのあるボールを投げ込めていた。特にチェンジアップが良かった。打者は真っすぐと思って振っていた。それだけ腕が振れているということ。今のままいけば間違いなく上位候補」「去年のドラフト候補に入れて見ても、上位候補に入ってきただろう」「左打者に対しても、自信をもってチェンジアップを投げられている。直球も試合の中でメリハリを付けて投げている。当然、上位候補です」
  • 日本ハム・多田野数人スカウト「いつ開幕してもおかしくないくらいの仕上がり。制球がよく、変化球の曲がりに、直球もいい」
  • オリックス・牧田勝吾編成部副部長「体の軸がブレずに、ボールに力がしっかり伝わっている。スケールが大きく、これからどうなるのか楽しみ」

現時点で複数球団からコメントが出ています。

「一位指名の能力」「トップクラス」「上位候補」というコメントも出ており、非常に高い評価を受けています。

左腕ということもあり、ドラフト2021の上位確実と言っていいでしょう。

今後の成長次第では一位指名の可能性も十分あるでしょう。

合せて読みたい!

【ドラフト2021】ドラフトの指名予想や注目候補選手の評価一覧とまとめ!

佐藤隼輔の関連ニュース

次に、佐藤隼輔の関連ニュースです。

>>筑波大・佐藤が開幕戦を完封勝利「間違いなく上位候補の1人」スカウト評

>>ドラフト上位候補の筑波大・佐藤隼が完封発進 スカウト「ソフトバンクの和田みたい」

>>筑波大・佐藤圧巻5K、地元仙台の思い胸にドラ1へ

>>筑波大の佐藤隼輔が148キロで5回0封5K―11球団スカウトに猛アピール、「間違いなく上位候補」

>>【大学野球】筑波大の151キロ左腕・佐藤の今季初登板に11球団18人のスカウト大集結!

>>筑波大・佐藤隼、最速150キロ5Kでアピール 11球団スカウト陣が熱視線

>>筑波大ドラフト候補佐藤「1位で指名されるように」

>>プロ注目の筑波大3年・佐藤隼輔7回1失点 早大・早川を意識「目指してやってきた」

>>大学侍24人発表 ハイレベルな左腕2人に期待 早大・早川&筑波大の150キロ左腕・佐藤隼

佐藤隼輔のまとめ!

以上が、筑波大学 佐藤隼輔経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

最速150km/hのストレートが武器の本格派右腕。

切れ味抜群のスライダーやチェンジアップといった変化球も魅力があります。

2021ドラフトでは上位指名確実と言えるでしょう。

今後の活躍や動向に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です