【ドラフト】寺本聖一(広島商)の成績・経歴・特徴

【ドラフト】寺本聖一(広島商)の成績・経歴・特徴

今回ご紹介するのは、広島商業高校の寺本聖一外野手です。

長打力、広角に打てるバッティングや足の速さ、肩の強さが武器。

プロ志望高校生合同練習会では、フリーバッティングで木製バットで2本塁打を放ちました。

今回は、そんな2020年ドラフト候補 広島商業高校・寺本聖一

記事の内容

をご紹介しています。

寺本聖一(広島商)の経歴やプロフィール

まずは、寺本聖一の経歴です。

プロフィール
  • 名前:寺本聖一(てらもと せいいち)
  • 出身地:広島県広島市
  • 生年月日:2002年度
  • 身長:169cm
  • 体重:77kg
  • 投打:右投左打
  • ポジション:外野手
  • 経歴:広島南リトルシニア(広島市立国泰寺中学校) → 広島県立広島商業高校

詳しく見ていきましょう。

寺本聖一は高校2年生春からベンチ入り!

野球を始めた時期は不明ですが、中学校の時は、硬式野球チームの広島南リトルシニアでプレーしました。

高校は、広島県立広島商業高校に進みます。

高校2年生春からベンチ入りし、県大会では、3番・ライトで出場し、決勝の如水館高校戦で2安打するなどチームの優勝に貢献しました。

中国地区大会では、準決勝の関西高校(岡山)戦で7番を打ち、ヒットを打ちますが、試合は敗れます。

2年夏の県大会では、スタメンでの出場1試合を含む3試合の出場にとどまり、ヒットもありませんでした。

広島商業高校は県大会で優勝し、甲子園出場を決めましたが、ベンチ入り人数が県大会よりも2人少ない18人ということもありベンチ外となります。

2年生秋からは、外野のレギュラーとなりましたが、秋の県大会では2回戦の広島新庄高校戦で延長戦の末に敗れました。

寺本聖一は高校3年生夏の県大会で2本塁打、プロ志望高校生合同練習会にも参加!

2年生冬以降は、「振り回すだけではダメ」と考えるようになり、ミートなどを意識して練習を行いました。

その結果、「ボールをとらえる力が上がった」そうです。

3年生夏の県大会(独自大会)では1番を打ちます。

準々決勝の呉港高校戦で先頭打者本塁打と三塁打を打ち、決勝の広陵高校戦ではタイムリーを打つなど、打率.536、13打点、2本塁打と活躍し優勝に貢献しました。

大会後は、プロ志望届を提出し、プロ志望高校生合同練習会に参加します。

練習会初日のフリーバッティングでは、木製バットでホームランを2本を打ちました。

その翌日の、シートバッティングでは、プロ志望の高校生相手に2本の二塁打を打ちます。

また、外野守備では、送球の速さや肩の強さをアピールしていました。

本人は、「自分の力を発揮でき、スカウトの方に良いアピールができたと思う。シート打撃で1打席目は打った後、一塁へ走るのを忘れるくらい集中していた」と合同練習会を振り返っています

寺本聖一(広島商)の成績

続いて、寺本聖一の成績を見ていきましょう。

成績
  • 地方大会通算(中国大会:19春、県大会:19夏20夏):11試合、打率.457、2二塁打、3三塁打、2本塁打、13打点
  • 2020夏:7試合、打率.536、2二塁打、3三塁打、2本塁打、13打点

この成績を見る限りでは、高い打率を残しており、長打を打てるバッターであると言えそうです。

しかも、長打(二塁打、三塁打、本塁打)は全て3年生夏に打っており、2年生冬から打撃練習に力を入れた成果も表れたのかもしれません。

それ以外では、出塁率.250、三振0(19春19夏、4試合、打率.143)で、打てない時でも四死球を選んで出塁することができています。

盗塁はありませんが、三塁打を打っているので、足も速そうです。

寺本聖一(広島商)の特徴や動画

次に、寺本聖一の特徴です。

こちらの動画を見ていきましょう。

二塁打2本 強肩強打の外野手 寺本聖一(広島商) 【高校生合同練習会】

右足を上げてタイミングを取っています。

そこまで大きな体格ではないですが、体全体を使った大きなスイングで、バットを振り抜いていました。

寺本聖一は長打力!

動画の2分過ぎでは、フリー打撃ですがスタンドまで運んでいます。

大柄ではないものの、体全体を使ってバットを振り抜いているので、長打を打てるのでしょう。

木製バットを使っているので、木製バットにも対応できそうです。

寺本聖一は広角に打てる!

動画3分過ぎでは外角の球を左中間へのヒットに、3分55秒辺りでは低めの球を右中間への二塁打としていました。

逆方向(左方向)を含む広角に打てるほか、いろいろな球に対応することができそうです。

寺本聖一は足が速い!

二塁を打った時の、二塁到達タイムは8秒強でした。

足の速さはまずまずと言っていいでしょう。

寺本聖一の選球眼はまずまず!

ボール球やボールに近い球を見送っていました。

選球眼はまずまずといったところでしょう。

寺本聖一は肩が強い!

動画の最後はシートノックを取り上げていましたが、素早く内野に返球できています。

肩が強く、遠投は最高で115mまでできます。

寺本聖一の特徴まとめ!

わかりやすくまとめると

特徴まとめ
  • 長打を打てる
  • 広角にも打てる
  • 足が速い
  • 選球眼はまずまず
  • 肩が強い

です。

長打力、広角に打てるバッティングや足の速さ、肩の強さが強みと言っていいでしょう。

寺本聖一(広島商)のスカウト評価や指名の可能性

続いて、寺本聖一のスカウト評価です。

スカウト評価
  • 日本ハム・熊崎スカウト「合同練習会で、外野からよく声を出ていて、動きがよく、バットも振れていた。身長があと10センチ大きかったら、もっと目立っていただろう」
  • ヤクルト・小川GM「打者で目を引いたのは左中間、右中間と二塁打2本の寺本聖一(広島商)。169センチ、77キロながらオリックス・吉田正尚のようなスイングで芯の強さを感じる左打者」
  • 中日・中田アマスカウトアドバイザー「体は小さいけど、良い打撃をする子が目立った。広島商の子とか高知商の子」
  • オリックス・牧田編成部副部長「みんなプロを目指しているという気持ちで来ていて、その熱意を重要視して見ていた。(近江)土田君、(中京大中京)中山君、(広島商)寺本君、(神村学園)井上君とか体の強さ、木製バットへの対応力が伝わりました」

いずれも、合同練習会を視察したコメントで、スイングの強さ、木製バットへの対応力などの打撃面での評価が高く、その一方で、「声が出ている」、「動きが良い」などのコメントもあります。

木製バットへの対応を含めた、合同練習会でのアピールもあり、2020ドラフトで指名される可能性も高くそうです。

高校の荒谷監督は「今どきの高校生は格好つけて野球をする子も多いが、そういうタイプではなく意識の高い選手なので、コロナ禍の自粛期間でもよく練習していた。足りないのは身長だけ」と話しています。

合せて読みたい!

【超速報】ドラフト2020指名結果と全球団の採点&評価しちゃいます!

寺本聖一(広島商)のまとめ

以上が、広島商業高校 寺本聖一経歴、成績や特徴、スカウト評価でした。

長打力、広角に打てるバッティングや足の速さ、肩の強さが魅力です。

2020ドラフトで指名される可能性もあると思います。

今後の動向や活躍に期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です